2021年新型車・モデルチェンジ一覧

2021年の新型車モデルチェンジ最新情報 メーカー・車種一覧

2021年に登場する新型車やモデルチェンジする車の最新情報を紹介。2020年2月はフィットやヤリスの人気コンパクトカー2車種がフルモデルチェンジ、eKスペース・デイズルークスの新型車、次期型ハリアーやランドクルーザー、ジュークの穴を埋めるキックスのデビューなど。

2021年の新型車モデルチェンジ最新情報 メーカー・車種一覧

2021年の新型車とモデルチェンジ予定の車

2021年にデビューを予定している新型車や、フルモデルチェンジ・マイナーチェンジを行う車種をカレンダー形式でまとめました。
2021年はSUVのアウトバックやランドクルーザーなど、世界的に注目のモデルがフルモデルチェンジします。その他にも2021年にはどのようなモデルが登場するのか期待しましょう。

ホンダ ヴェゼル フルモデルチェンジ 2021年4月23日

2021年新型ヴェゼルのエクステリア新型ヴェゼルとキックスやヤリスクロスのライバル対決が楽しみ

新型ヴェゼルが2021年4月23日に登場しました。ワールドプレミアは2021年2月18日にホンダのYoutubeチャンネルを使ったオンラインで行い、2021年1月18日からはホンダの公式Twitterも開設されています。

パワートレインには2モーターのハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載、クーペスタイルで走行性能も進化しています。新型ヴェゼルは2021年の新型SUVで最も注目されていて、国内SUVのシェア争いも楽しみなモデルです。

アリア 新型車 2021年6月4日

日産アリアのフロントビュー日産アリアのエクステリア

日産で初めてのクロスオーバーEVとして新型アリアが2021年6月4日に発売。最大航続距離約610km、販売価格は補助金を使うと500万円前後と、購入しやすく実用的なのが特徴です。

PHEVモデルではトヨタのRAV4PHVや、三菱のアウトランダーPHEVが販売されていますが、エンジンを持たないクロスオーバータイプのEVは、日本市場ではアリアが初めてなので、とても注目度の高いモデルになっています。

トヨタ アクア フルモデルチェンジ 2021年7月19日

キープコンセプトでフルモデルチェンジした新型アクア世界初のバイポーラ型ニッケル水素電池を採用する新型アクア

トヨタ史上最速で100万台を販売した大ヒットコンパクトカーのアクアが発売以来初めてのフルモデルチェンジを実施。2021年7月19日から発売しました。
新型アクアのエクステリアはキープコンセプトで、世界初のバイポーラ型ニッケル水素電池を使用することで、燃費性が約20%向上しました。

右左折時の交差点を広くカバーする最新型のトヨタセーフティセンスを導入するなど、燃費性能だけでなく安全性もコンパトクラストップレベルに進化しています。
日本のコンパクトカー市場を席捲したアクアだけに、大注目のフルモデルチェンジになりました。

トヨタ ランドクルーザー フルモデルチェンジ 2021年8月2日

ランドクルーザー300系のエクステリア力強さが増した300系のランドクルーザー

200系の登場から10年以上が経過したランドクルーザーは2021年8月2日フルモデルチェンジ。トヨタ初の防犯システムとして指紋認証のスタートスイッチを搭載するなど、世界中がランクル300系の発売を心待ちにしていました。

ランクル300は力強いエクステリアデザインに、レザーなどの質感の高いインテリアを装備。3.3LのV6ツインターボディーゼルエンジンや新採用のTNGA-Fプラットフォームで走りの質感をアップデートしています。

トヨタ カローラクロス 新型車 2021年9月14日

日本市場で販売しているカローラクロスヤリスクロスとRAV4を埋める丁度いいサイズ感が特徴の新型カローラクロス

カローラクロスが2021年9月14日に発表。
サイズ感はヤリスクロスとRAV4の中間で、C-HRと同じTNGA-Cプラットフォームを採用しています。スクエアボディなので積載性が良くアウトドアでも活躍できる新型クロスオーバーです。

海外向けのカローラクロスと、日本向けのカロ-ラクロスは、エクステリアだけでなく装備にも違いがあり、日本市場向けに採用する電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドは、魅力的な追加装備になっています。

レクサスNX フルモデルチェンジ 2021年10月7日

レクサスNXのフロントビューレクサスNXのエクステリア

レクサスNXは2014年に発表されたコンパクトクロスオーバーSUVです。2017年にマイナーチェンジを実施しており、4年後となる2021年にフルモデルチェンジするという情報があります。

次期型レクサスNX のヒントとなるのは、2018年のデトロイトモーターショーで発表された「Lexus LF-1 Limitless」。Lexus LF-1 Limitlessのローandワイドなボディやデザインは新型NXにも反映されると予想されています。パワーユニットにはダイナミックフォースエンジンや新開発のハイブリッドシステムを採用するでしょう。

スバル WRX S4 フルモデルチェンジ 2021年10月

フルモデルチェンジするWRX S4のエクステリアスバルWRX S4の新型モデル2021年10月に日本市場で発表

スバルが販売するWRX S4は2014年に発売したスポーツセダンで、毎年改良が入ったり特別仕様車が販売されたりなど手を加えられているモデルです。

2021年9月に発表したWRX S4の米国モデルは2.4Lターボエンジンやスバルグローバルプラットフォームの新型プラットフォームを採用するなど中身の大幅アップデートがありました。価格面でも300万円から400万円ほどで、コストパフォーマンスが高いWRX S4のフルモデルチェンジが楽しみです。

スバル レガシィアウトバック フルモデルチェンジ 2021年12月

フルモデルチェンジしたレガシィアウトバックのエクステリアスバルのレガシィアウトバックは2021年12月にフルモデルチェンジを行って水平対向1.8Lターボエンジンを搭載

2014年から発売された5代目のレガシィアウトバックは、2021年12月にフルモデルチェンジを行い6代目へと進化します。パワートレインは水平対向1.8Lの4気筒直噴ターボDTIエンジンを搭載、新型プラットフォームのSGPを搭載して、樹脂パーツを多用した力強いエクステリアが特徴です。

ジャガーXJ フルモデルチェンジ 2021年

ジャガーXJのフロントビュージャガーXJのエクステリア

FセグメントのフラッグシップモデルであるジャガーXJは、2021年の次期型の移行に伴いEV化することが発表されていましたが、EV化はさらに先送りになるようです。

現行モデルはスタンダードホイールベースとロングホイールベースがラインナップし、価格は11,700,000円から。EVモデルではさらなる価格アップとなるのは確実です。贅を尽くした内外装に、EVモデルらしい先進性と最先端の装備が加わると予想します。

日産・エクストレイル フルモデルチェンジ 2022年

エクストレイルのフロントビュー日産・エクストレイルのエクステリア

日産エクストレイルは2022年にフルモデルチェンジし、4代目を迎える予定です。海外では既に次期エクストレイル(ローグ)が発売されています。

過去の目撃情報によると、新型エクストレイルでは大型のVモーショングリルを搭載し、ヘッドライトは2019年9月に発表された新型ジューク寄りのデザインとなる見込み。e-POWER搭載モデルを設定し、基本性能を大幅に高めるでしょう。

ホンダ・ステップワゴン フルモデルチェンジ 2022年

ステップワゴンのフロントビューホンダステップワゴンのエクステリア

ホンダ・ステップワゴンは2022年にフルモデルチェンジするとの情報が浮上しています。2019年12月時点では、公式サイトのボディカラー一覧に「※こちらのカラーは、まもなく生産終了となります。」との表記があることからも、モデルチェンジを実施する可能性は非常に高いでしょう。

ボディサイズは現行モデルと同じく5ナンバーサイズをキープし、標準仕様は親しみやすくも洗練されたデザインに、スパーダはメッキ加飾を多用したスタイリッシュなエクステリアになると予想します。安全装備も強化され、2019年10月にマイナーチェンジした新型フリードと同等のホンダセンシング(Honda SENSING)を採用するでしょう。

トヨタ セリカ フルモデルチェンジ(復活) 2022年以降

フルモデルチェンジ(復活)するセリカのエクステリアトヨタが2006年まで販売していたセリカが復活するという噂があり2022年以降に市販化する可能性がある

トヨタが販売していたセリカが2022年以降に復活する可能性があります!トヨタはスープラを復活させたあとにセリカとMR2を復活させる可能性もあり、ハイブリッドカーとなる可能性もあります。

トヨタセーフティセンスなどの安全装備も搭載し安心して走ることができるセリカは、次世代のスポーツカーとなるでしょう。