リーフのモデルチェンジ

リーフのフルモデルチェンジは2025年頃でハッチバックからクーペSUVに転身か

新型リーフがフルモデルチェンジ、2017年10月2日に販売開始。世界一の販売台数を誇るEV車のリーフの進化に注目が集まります。今回のフルモデルチェンジで航続距離が400kmになり、自動運転技術であるプロパイロットの2.0が搭載され、世界初の技術e-Pedal(e-ペダル)も搭載。

リーフのフルモデルチェンジは2025年頃でハッチバックからクーペSUVに転身か

新型リーフのモデルチェンジ最新情報!自動運転技術プロパイロットを搭載

排ガス規制などで低燃費の車が注目され始めた時期の1997年12月に、トヨタのプリウスが世界初のハイブリッド車を開発し全世界で大ヒットを記録しました。その13年後にあたる2010年12月に日産から販売された100%電気で走るEV(電気自動車)がリーフです。

当時は低燃費の車と言えばハイブリッド車が全盛となっていたため、電気のみで走るEV車は革新的な技術であったにもかかわらず、早すぎる技術として捉えられる意見もありました。

そんな日産リーフが2017年10月2日にフルモデルチェンジを果たし、EV車の弱点でもあった航続距離を400kmと大幅に伸ばしました。そして自動運転の第一歩である日産の「プロパイロット」や「プロパイロット パーキング」さらに注目の1ペダルで運転できる「e-Pedal」を搭載しました。
フルモデルチェンジ後のリーフはどのような進化をみせるのか注目しましょう!

リーフ

リーフが2025年頃のフルモデルチェンジでクーペSUVになる可能性

  • 日産 リーフ 90周年記念車日産 リーフ 90周年記念車
  • 日産 リーフ 90周年記念車日産 リーフ 90周年記念車
  • 日産 リーフ 90周年記念車日産 リーフ 90周年記念車

リーフのモデルチェンジを2025年頃に予定しているという噂があり、新型切り替えと同時に現在ハッチバックだったリーフのボディタイプをピュアEVのアリアのようなクーペSUVに変更、コンセプトカーのチルアウトがモデルになる可能性が高いようです。
最低地上高は225mmになるとのことで、これはトヨタが販売するランドクルーザー300と同じ数値になることから、本格的な走行性能を持つBEVに生まれ変わるようです。
欧州の日産幹部の発言では、今後はクロスオーバー化する新型リーフを含め、エクストレイルやEVのアリア、欧州で販売しているキャシュカイなどのSUVを強化していくとのこと。

またリーフは通常通りのボディタイプを継続販売して、SUVタイプの派生車種としてリーフクロスを投入する噂もあるようです。
どちらにしろリーフにSUVタイプのモデルを用意している可能性があるということなので、3代目リーフの誕生を楽しみに待ちましょう。

リーフへ日産創立90周年を祝す特別仕様車 リーフ 90th Anniversaryを設定

リーフ 90th Anniversaryのエクステリアカッパーガーニッシュで華やかなイメージになるリーフ 90th Anniversary

リーフの40kWh XVセレクションと60kWh e+ Xをベースにする日産創立90周年特別仕様車 リーフ 90th Anniversaryを2023年12月14日に設定。
この特別仕様車は2023年のジャパンモビリティショーで発表され、バンパーのカッパーフィニッシャーやカッパーストライプのドアミラー、ブラックの専用17インチアルミホイールなどを装備する華やかなモデル。

インテリアはクリスタルスエードと革のような見た目をもつ専用レザレットのコンビネーションシートなどを採用します。
リーフ 90th Anniversaryの販売価格はリーフ XV セレクション 90th Anniversaryが4,412,100円、リーフ e+ X 90th Anniversaryが5,584,700円です。

リーフの注文受付が部材の高騰を理由に2022年9月22日に一時停止

日産自動車は2022年9月1日に現在販売中のバッテリーEV車のリーフの注文を一時停止、注文の一時停止理由は世界的な物価高による原材料の高騰が理由となっています。2022年12月22日に車両価格4,081,000円から5,616,600円へ価格改定され、販売開始しました。

2022年リーフの販売価格一覧
グレード バッテリー容量 値段
X 40kWh 4,081,000円~
XV セレクション 4,318,600円~
G 4,448,400円~
NISMO 4,642,000円~
e+ X 60kWh 5,253,600円~
e+ G 5,834,400円~
AUTECH 40kWh 4,444,000円~
e+ AUTECH 60kWh 5,616,600円~

2019年1月23日にバッテリーが大型化した長距離走行モデル「リーフEプラス」を発売

充電中の新型リーフEプラスバッテリーが大型化して航続距離を延長した新型リーフeプラス

2017年にフルモデルチェンジした新型リーフは、発表会の場でもバッテリーを大型化した長距離モデルの投入を示唆していました。このバッテリーを大型化したモデルは「リーフeプラス」で、海外でも充電中のリーフeプラスが撮影されていました。

リーフeプラスの最大出力は218PSで、現在販売中の40kWhバッテリーのリーフの150psから68psも出力が向上しました。バッテリーの大型化は航続距離を延長するだけでなく運動性能にも影響を与え、よりスポーティなリーフになります。

リーフEプラスのバッテリー容量は60kWhで現行リーフのWLTCモード航続距離322kmから約40%向上した458kmを達成します。航続距離が問題視されていたリーフですが、e+のグレード追加でその問題も解決されました。

大型バッテリーを積み航続距離を延長したリーフeプラスの発表は2019年1月9日で、発売日は2019年1月23日です。

新型リーフNISMOが2018年7月30日から販売開始

2017年の新型リーフ誕生から話題になっていたスポーツモデル「リーフNISMO」が2018年7月19日に発表され、2018年7月30日に販売開始されました。

リーフNISMOはジュークやセレナ、GT-Rなどに設定されるスポーツモデルで専用のエアロパーツなどを多数装備したコンプリートカーです。

リーフNISMOの内外装リーフNISMOは内外装に専用デザインの装備を採用しコンピューターをチューニングして運動性能もアップ

リーフNISMOの装備エクステリアには専用エアロパーツを、室内にはパワースイッチの加飾など細かな点がNISMOカラーになっている

リーフの内外装にNISMOのカラーであるレッドを採用、18インチのアルミホイールも専用デザインになった豪華な仕様になっています。

リーフの力強いモーターを制御するため専用のコンピューターを搭載して、運動性能も一新されました。

新型リーフNISMOの装備

  • NISMO専用エンブレム
  • 専用LEDハイパーデイライト
  • 専用フロントグリル
  • 専用フロントバンパー
  • 専用サイドターンランプ付電動格納式リモコンブラックドアミラー
  • 専用サイドシルプロテクター
  • 専用リヤバンパー
  • 専用リヤフォグランプ
  • 専用本革・アルカンターラ巻3本スポークステアリング
  • 専用電制シフト
  • 専用コンビメーター
  • 専用カーボン調フィニッシャー
  • NISMO専用エンブレム
  • 専用レッドフィニッシャー
  • 専用シート地&ドアトリムクロス
  • 専用18インチアルミホイール
  • コンチネンタル ContiSportContactTM 5タイヤ
  • 専用車速感応式電動パワーステアリング
  • 専用サスペンション
  • 専用電動型制御型ブレーキ
  • 専用チューニングコンピューター
  • 専用インテリジェント トレースコントロール
  • 専用VDC
  • 専用ABS

ボディカラーはリーフNISMO専用色2つを含む9種類をラインナップ

リーフNISMOのボディカラーは専用色の「ブリリアントシルバー/スーパーブラック 2トーン」「ダークメタルグレー/スーパーブラック 2トーン」を含む全9色をラインナップしています。
ピュアBEVらしい先進性のある2トーンカラーが揃っているのもリーフの特徴で、選びごたえのあるランナップに。

  • ブリリアントホワイトパール/スーパーブラック 2トーン(70,200円高)のリーフNISMOブリリアントホワイトパール/スーパーブラック 2トーン(70,200円高)
  • ブリリアントシルバー/スーパーブラック 2トーン(54,000円高・リーフNISMO専用)のリーフNISMOブリリアントシルバー/スーパーブラック 2トーン(54,000円高・リーフNISMO専用)
  • ダークメタルグレー/スーパーブラック 2トーン(54,000円高・リーフNISMO専用)のリーフNISMOダークメタルグレー/スーパーブラック 2トーン(54,000円高・リーフNISMO専用)
  • ラディアント レッド/スーパーブラック 2トーン(54,000円高)のリーフNISMOラディアント レッド/スーパーブラック 2トーン(54,000円高)
  • ブリリアントホワイトパール(43,200円高)のリーフNISMOブリリアントホワイトパール(43,200円高)
  • ブリリアントシルバーのリーフNISMOブリリアントシルバー
  • ダークメタルグレーのリーフNISMOダークメタルグレー
  • スーパーブラックのリーフNISMOスーパーブラック
  • ラディアントレッドのリーフNISMOラディアントレッド

リーフNISMO専用色の2トーンカラーはNISMOのレッドカラーとマッチするブラックルーフを採用していて高級感ある先進的な色合いです。

リーフNISMO専用ボディカラーの「ブリリアントシルバー/スーパーブラック 2トーン」と「ダークメタルグレー/スーパーブラック 2トーン」は54,000円のオプションカラーになっています。

新型リーフのエクステリアは低重心と躍動感を強調

新型リーフのエクステリア

新型リーフは前モデルより全長が35mm、全幅が20mm伸び大型化しました。全高も10mm低くなったことによりスポーティーさが増しました。 日産が強調したという低重心、躍動感を存分に表現したクールなEV車となっています。

新型リーフのVモーショングリル

フロントグリルには深みのあるクリアブルーのVモーショングリルを採用。
BEVらしい洗練された印象で、このグリルパターンはリーフにしか設定しないプレミアム仕様です。

新型リーフのテールランプ

EVらしい先進性を感じるブーメラン型のテールランプ。
プレスラインに沿って配置されているため、一体感のある見た目にもなります。空気抵抗にも強く燃費性能向上にも貢献します。

新型リーフのヘッドライト

可愛らしい印象からクールな印象となった新型リーフのヘッドライト。
連なる2つのヘッドライトでリーフらしさを表現、クリアランスランプは上にあるライン状のランプで存在感もあります。

新型リーフのアルミホイール

新型リーフ専用で新たにデザインされたアルミホイールはグレードにより16インチと17インチのホイールが用意されています。足元に存在感を与えるデザインで迫力があります。

新型リーフのボディカラーは2トーンカラーを含む全14色

新型リーフのボディカラーは2トーンカラー6色とモノトーンカラー8色の全14色のラインナップです。

  • ブリリアントホワイトパール×オーロラフレアブルーパールの新型リーフブリリアントホワイトパール×オーロラフレアブルーパール(72,000円高)
  • スーパーブラック×ダークメタルグレーの新型リーフスーパーブラック×ダークメタルグレー(54,000円高)
  • チャイナブルー×スーパーブラックの新型リーフチャイナブルー×スーパーブラック(54,000円高)
  • サンライトイエロー×スーパーブラックの新型リーフサンライトイエロー×スーパーブラック(72,000円高)
  • ラディアント レッド×スーパーブラックの新型リーフラディアント レッド×スーパーブラック(54,000円高)
  • ブリリアントホワイトパール×スーパーブラックの新型リーフブリリアントホワイトパール×スーパーブラック(72,000円高)
  • スプリングライトグリーンの新型リーフスプリングライトグリーン(43,200円高)
  • スーパーブラックの新型リーフスーパーブラック
  • タンジェリンオレンジの新型リーフタンジェリンオレンジ(43,200円高)
  • ブリリアントホワイトパールの新型リーフブリリアントホワイトパール(43,200円高)
  • ダークメタルグレーの新型リーフダークメタルグレー
  • オーロラフレアブルーパールの新型リーフオーロラフレアブルーパール(43,200円高)
  • ラディアント レッドの新型リーフラディアント レッド
  • ブリリアントシルバーの新型リーフブリリアントシルバー

淡い色合いのスプリングライトグリーンや発色が美しいオーロラフレアブルーパールなど、バラエティ溢れるカラー展開で電気自動車に相応しい色合いが揃っています。

フルモデルチェンジした日産の電気自動車(EV)新型リーフの画像12枚

  • 斜め前から見た2代目リーフe-POWER2代目リーフe-POWER
  • 2代目リーフe-POWERの説明2代目リーフe-POWERの説明
  • 斜め後ろから見た2代目リーフe-POWER2代目リーフe-POWER
  • 正面から見た2代目リーフe-POWER2代目リーフe-POWER
  • 横から見た2代目リーフe-POWER2代目リーフe-POWER
  • 正面から見たホワイトの2代目リーフe-POWER2代目リーフe-POWER
  • 斜めから見たホワイトの2代目リーフe-POWER2代目リーフe-POWER
  • 斜め前から見た初代リーフ初代リーフ
  • 初代リーフの説明初代リーフの説明
  • 斜め後ろから見た初代リーフ初代リーフ
  • 正面から見た初代リーフ初代リーフ
  • 初代リーフのフロント部分初代リーフ

100%電気で走行するリーフのモデルチェンジ遍歴

リーフは日産が販売する100%電気で走行する5ドアのハッチバック型のBEVです。量産電気自動車としては世界初となります。

リーフ 初代 XE0型/2010年~2018年

2010年12月、世界に先駆け、日本でBEVのリーフが誕生しました。
2012年11月、マイナーチェンジが実施され、航続距離が延長、廉価グレードの「S」を追加しました。
2014年1月、オーテックジャパン扱いの特別仕様車「エアロスタイル」を発売しました。5月、日産の創立80周年を記念した特別仕様車「X 80th Special Color Limited」を発売しました。
2015年12月、マイナーチェンジを実施。30kWhの駆動用バッテリーを搭載したモデルの追加。安全装備の強化、ボディカラーの変更が施されました。
2016年10月、世界累計販売20万台達成を記念した特別仕様車「thanks edition」を発売しました。
2017年10月、2代目と入れ替わりのため、日本での販売を終了しました。

リース 2代目 ZE1型/2017年~

2017年10月、フルモデルチェンジで2代目リーフが登場しました。
2018年6月、特別仕様車「X 10万台記念車」を発売。7月には「NISMO」を発表しました。
2019年1月、62kWhバッテリーを搭載した「リーフ e+」を発売。6月にはオーテックジャパン扱いの「AUTECH」を発売。7月、特別仕様車「X Vセレクション」を発売。12月にはマイナーチェンジを発表。安全性能が強化され、快適装備の充実、ボディカラーの変更などが施されました。
2020年1月、「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」が「AUTEC」に設定されました。
2021年4月、一部仕様向上。ボディカラーの一部変更と内外装の変更などが実施されました。
2022年4月、一部仕様向上を発表。フロントデザインの変更やボディカラーの入れ替え、グレード「S」の廃止などが実施されました。
2023年12月、日産の創立90周年を記念した記念車「90th Anniversary」を発売しました。

リーフのモデルチェンジ遍歴
リーフのモデル 販売年表
初代 XE0型 2010年~2018年
2代目 ZE1型 2017年~