スバル新型車2017~2020

スバルの新型車カレンダー・モデルチェンジ情報2017~2020

スバルの新型車2017年~2020年に発売される車種をカレンダー形式で紹介:ボクサーエンジンがグレードアップして搭載される予定のフォレスターSTI、人気のWRX S4やSTI、新型レヴォーグ、注目される新型クロスオーバークーペSUVなど、2020年に発売が予定される車の情報をお届けします。

スバルの新型車カレンダー・モデルチェンジ情報2017~2020

スバル新型車カレンダー2017年~2020年

2017年~2020年に発売(見込みも含めて)されるスバルの新型車をカレンダー形式で紹介します。

スバルの車といえば、水平対向エンジン(ボクサーエンジン)に、安全支援技術アイサイトが有名です。2017年以降に発売される車は、ユーザーの期待を裏切らずボクサーエンジンやアイサイトのグレードアップが行われています。
また、海外でも人気の高いスバルは車の開発を、世界各地で効率的に行うため、今後は新プラットフォームであるSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用します。

レヴォーグ フルモデルチェンジ 2020年 10月

レヴォーグプロトタイプのエクステリア東京モーターショー2019で発表された新型レヴォーグプロトタイプ

フルモデルチェンジすると言われているレヴォーグのプロトタイプが東京モーターショー2019でお披露目されましたが、市販型もほぼそのままのデザインになるのではないかと言われています。

現行のインプレッサと同じプラットフォームを採用するとみられることから、インプレッサと同じホイールベースになると思われます。パワートレインは新しく開発された1.8リットル水平対向直噴エンジンが採用されるでしょう。

フォレスター STI 新型 2020年以降

フォレスターSTIスポーツのエクステリア東京オートサロン2019で公開されたフォレスターSTIスポーツコンセプト

東京オートサロン2019でフォレスター STI スポーツコンセプトが公開され、2020年に新型フォレスターC型として登場するとみられます。

19インチのアルミホイールにbrembo製のフロントモノブロック対向6ポットキャリパーを装備しているところがSTI Sportにふさわしい足回りになっています。
パワートレインはe-BOXERを採用、2.0リットル水平対向4気筒DOHC直噴エンジン+モーターアシストとなり、最高出力は107kWにアップ、最大トルクも188Nmの高トルクとなるでしょう。

レガシィアウトバック フルモデルチェンジ 2021年 3月

2020年3月にフルモデルチェンジ予定のアウトバック北米で人気のアウトバックがフルモデルチェンジ

アウトバックは日本だけでなく北米でも大ヒットしている、ステーションワゴンとSUVの中間に位置するモデルです。「積載性の高いSUV」を武器にした唯一無二のアウトバックが2020年3月にフルモデルチェンジを行います。

新型アウトバックはフォレスターやスバルXVに搭載するマイルドハイブリッド「eボクサー」を設定、スバルが掲げるダイナミック×ソリッドを体現するスタイリングに進化します。
2018年はフォレスターのフルモデルチェンジで話題を集めたスバルですが、2020年3月はアウトバックで攻勢をかけます。

WRX S4 フルモデルチェンジ 2021年中頃

WRX S4のエクステリア現行型WRX S4は精悍な顔つきのスポーツセダン

2019年5月に年次改良を行ったWRX S4が2021年中盤にフルモデルチェンジを行い、2代目WRX S4として生まれ変わります。

気になるエクステリアですが、ヘキサゴングリルやエアインテーク、ホークアイヘッドライトのデザインが刷新され、よりスポーティな印象になると思われます。

プラットフォームは、スバル・グローバル・プラットフォームを採用するとみられ、このプラットフォームはハイブリッドやPHV、EVなどにも利用できるため、新型WRX S4にハイブリッドモデルが設定される可能性も出てきました。

WRX STI フルモデルチェンジ 2022年 前半

ヴィジヴパフォーマンスのエクステリア東京オートサロン2018で発表された「SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT」

WRX STIのEJ20型は2019年12月をもって生産が終了となりましたが、後継モデルが2022年前半にも登場すると噂されています。新しいデザインは、東京オートサロン2018に出展されたコンセプトカー「SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT」をベースにするのではないかと考えられます。

フルモデルチェンジと言いながらも、従来のデザインのイメージを残しつつ、シームレスのフロントLEDデイタイムライトを採用し、フロントグリルのデザインも刷新される可能性があります。ブレーキキャリパーもスポーティなカラーになることでしょう。