ラパンのマイナーチェンジ

ラパンのマイナーチェンジ情報! ハイブリッドを搭載して「可愛い」以外の魅力も追求

ラパンのマイナーチェンジに関する情報。2019年一部改良をした新型モデルについて紹介します。次期ラパンに搭載予定のマイルドハイブリッドシステムやデュアルセンサーブレーキサポートなど、「可愛い」以外の魅力も追求する見込み。2018年12月6日に誕生した特別仕様車「MODE」の特徴についても紹介します。

ラパンのマイナーチェンジ情報! ハイブリッドを搭載して「可愛い」以外の魅力も追求

ラパンの次期マイナーチェンジ情報 追加設定された特別仕様車「MODE」の特徴も紹介

アルトをベース車にして2002年1月に初代モデルが誕生したラパンは、女性からの支持率が高いスズキの軽自動車です。

累計販売台数が75万台を超えるラパンは、女性の購入割合が90%近くに達し、その年齢構成に着目すれば、約60%が20代~30代となっている同車は、若い女性をメインユーザーとする車です。

販売台数の勢いが収まってきたラパンは、2020年頃にマイナーチェンジを行って予防安全性能を強化する見込みです。

ここでは、マイナーチェンジによって誕生する新型ラパンの特徴だけではなくて、2019年6月に行われた一部改良や、2018年12月6日に発売された特別仕様車「MODE」についての情報も紹介します。

スズキ新型「アルト・ラパン」が一部改良で予防安全技術が充実して標準装備へ!

スズキ新型「アルト・ラパン」が一部改良スズキ新型「アルト・ラパン」が一部改良!女性が嬉しい機能が満載

女性の人気を集めているスズキの新型「アルト・ラパン」が一部改良をし、2019年6月17日より販売をスタートさせています。

今回の一部改良は、スズキの予防安全技術である「スズキセーフティサポート」の機能を充実させており、標準装備として、車や歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキや、後退する際のブレーキサポートを装備しています。

新型アルト・ラパンに標準装備されているスズキセーフティサポート

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト
  • 標識認識機能
  • 後退時ブレーキサポート
  • 後方誤発進抑制機能
  • リヤパーキングセンサー

新型アルト・ラパンのマルチインフォメーションディスプレイ

マルチインフォメーションディスプレイには、女性には嬉しいうさぎのキャラクターと音声で情報を知らせてくれます。

記念日や誕生日を設定することで、音楽を流してくれたりと、エンジンを始動するたびにワクワクする機能が満載です。

スズキ新型「アルト・ラパン」が一部改良

最上位グレードの「X」に、新しいデザイン「キャメル」と「スカーレット」が追加され、シート表皮を自分らしく選ぶことができます。

スズキ新型「アルト・ラパン」が一部改良キャメル内装(X:左)スカーレット内装(X:中央)ベージュ内装(S、L、G:右)

「G」と「L」グレードでは標準装備としてオートライトシステムを採用し、2WDの「G」には運転席シートヒーターを、4WDの「G」には運転席だけではなく、助手席シートヒーターと、後席の足元にリヤヒーターダクトが装備されているため、寒い季節には嬉しい機能です。ボディカラーの変更はありません。

一部改良の新型アルト・ラパンのパワートレインと価格
グレード エンジン 駆動方式 販売価格
G 0.66L DOHC吸排気VVT 2WD 1,107,000円
4WD 1,217,160円
L 0.66L DOHC吸排気VVT
(エネチャージ)
2WD 1,227,960円
4WD 1,338,120円
S 2WD 1,306,800円
4WD 1,409,400円
X 2WD 1,411,560円
4WD 1,514,160円
モード 2WD 1,385,640円
4WD 1,485,000円

ラパンのマイナーチェンジは2020年になる見込み エクステリアやインテリアには大きなデザインの変更点はないと思われる

ラパンのエクステリア2018年アルトのマイナーチェンジ後の2020年までにラパンのマイナーチェンジを行うと考える

ラパンの次期マイナーチェンジは2020年に実施する予想します。

ベース車になっているアルトの次期マイナーチェンジは、2019年を予定しています。そのタイミングよりも遅れて実施されるラパンのマイナーチェンジは、2020年に行うのがベストであると判断できます。

マイナーチェンジで誕生する新型ラパンのエクステリアやインテリアには大きな変更点はなくて、フロントグリルやブレーキランプの一部デザインが改良される見込みです。

マイナーチェンジで誕生する新型ラパンは「デュアルセンサーブレーキサポート」を搭載して予防安全性能を向上させる見込み

次期マイナーチェンジで誕生する新型ラパンは、2017年12月にフルモデルチェンジを実施したスペーシアのように、デュアルセンサーブレーキサポート等の先進の予防安全技術を搭載する可能性が高いと判断します。

ラパンの現行モデルは、フロントガラスに搭載をレーザーレーダーによって、対象物と衝突する恐れが高い場合に、自動ブレーキをかけてくれる「レーダーブレーキサポート」を搭載します。

新型モデルへの搭載が見込まれる「デュアルセンサーブレーキサポート」は、レーザーレーダーだけではなくて単眼カメラもセンサーとして用いて、双方の特徴を組み合わせる事で、レーダーブレーキサポートよりも優れた予防安全性能を実現させます。

その他には、スペーシアが軽自動車として初搭載したリヤバンパーに4つの超音波センサーを内蔵させて、車両後方部にある障害物を検知して衝突を回避する「後退時ブレーキサポート」の導入も期待されます。

次期マイナーチェンジで誕生する新型ラパンはマイルドハイブリッドシステムを搭載する見込み

次期マイナーチェンジで誕生する新型ラパンは、マイルドハイブリッドシステムを搭載すると予想します。

スズキは、ISGモーター機能付発電機と専用リチウムイオンバッテリーによって、減速時に発生するエネルギーを発電・充電に利用して、加速シーンなどでモーターアシストを行って低燃費を実現させる「マイルドハイブリッドシステム」を得意とします。

軽自動車の中でも車体が軽く、ボディサイズも小さいアルトをベース車とするラパンの2WD車は35.6km/L(JC08モード)と燃費が優れています。

同車にマイルドハイブリッドシステムを搭載すれば、40km/Lを超えるインパクトの大きな低燃費の実現も見込まれます。そのため、新型ラパンはマイルドハイブリッドシステムを搭載する可能性が高いと判断します。

マイナーチェンジで誕生する新型ラパンの販売価格の上昇は10万円以下となる可能性が高い

次期マイナーチェンジで誕生する新型ラパンが、デュアルサポートブレーキサポートやマイルドハイブリッドシステムを搭載したとしても、販売価格の上昇は10万円以下となる可能性が高いと予測します。

販売価格の上昇が10万円以上であれば、デュアルセンサーブレーキサポートやマイルドハイブリッドシステムを搭載する事のメリットよりも、価格上昇のインパクトの方が勝ってしまって、メインユーザーである20代~30代の女性の購買意欲が低下してしまう恐れがあるため、マイナーチェンジで誕生する新型ラパンの販売価格の上昇は10万円以下に抑えるものと予想します。

アルトラパン(現行モデル)のグレード別の販売価格表
グレード 駆動 変速機 価格
G 2WD 5AGS 1,077,840円~
4WD 5AGS 1,188,000円~
L 2WD CVT 1,202,040円~
4WD CVT 1,312,200円~
S 2WD CVT 1,285,200円~
4WD CVT 1,387,800円~
X 2WD CVT 1,389,960円~
4WD CVT 1,492,560円~

マイナーチェンジのタイミングで男性ユーザーを意識したスポーツモデルである「ラパンSS」の復活も期待される

2008年11月にラパン初のフルモデルチェンジが実施された際に、ターボエンジンを搭載し、足回りも強化するラパンのスポーツモデルである「SS」が廃止されました。

フルモデルチェンジやマイナーチェンジによって、メインユーザーである20代~30代の女性を意識した可愛さを追求するラパンは、男性の購入割合が圧倒的に少ない車です。

販売台数が低調気味のラパンは、男性ユーザーを意識するスポーツモデル「ラパンSS」を復活させて巻き返しを図ると予想します。

2018年12月6日にアルトラパンに可愛いに上質感も加わった特別仕様車「MODE」が誕生した

ラパンモードのエクステリア2018年12月6日に追加したラパンの特別仕様車「モード(MODE)」

スズキはプレスリリースにて、2018年12月6日にグレードSをベース車とする特別仕様車「MODE」を発売した事をアナウンスしました。

ラパンの特別仕様車であるMODEは、初代モデルのHE21S型でも登場しました。内外装のデザインに落ち着いた上質な雰囲気を与える同車は、40代以上の女性をメインユーザーとして開発された商品です。

ここでは、ラパンの特別仕様車として復活した新型「MODE」の販売価格や、専用装備を充実させる内外装の特徴を紹介します。

ラパンの特別仕様車である新型「MODE」の販売価格は135万円から全方位モニター用カメラパッケージ等のメーカーオプションも充実させる

アルトラパン特別仕様車「MODE」の販売価格
商品名 駆動方式 燃費(JC08モード) 価格
アルトラパン「モード」 2WD 35.6km/L 1,353,240円~
4WD 33.2km/L 1,452,600円~

ラパンの特別仕様車「MODE」に、GPSアンテナやフロントカメラなどのアイテムが搭載される「全方位モニター用カメラパッケージ」をメーカーオプションで追加設定すれば、販売価格に51,840円が加算されます。

特別仕様車「MODE」は、その他のメーカーオプションとして、エクステリアをオーナーの好みに合わせてアレンジできるホワイト2トーンルーフとピュアホワイトパール塗装が用意します。

アルトラパン特別仕様車「MODE」のメーカーオプション価格表
メーカーオプション名 価格
全方位モニター用カメラパッケージ 51,840円~
ホワイト2トーンルーフ 43,200円~
ピュアホワイトパール塗装 21,600円~

ラパンの特別仕様車「MODE」は専用ヘリンボーンインパネ等のオシャレパーツだけではなくてナノイー内蔵のフルオートエアコン等の快適装備も充実させる

ラパンモードのヘリンボーンのインパネヘリンボーンのインパネを採用するなどモダンテイスト溢れるインテリア

ラパンの特別仕様車「MODE」は、ネイビーカラーを基調とする室内空間に、ヘリンボーン模様の木目柄が印象的なインパネ等の専用アイテムやブラックパネルを配置する事で、シックさやモダンさも追求して40代の女性も利用しやすいようなスタイリッシュな空間を完成させます。

同車は、車内で聴く音楽を瞬時に切り替えられる「ステアリングオーディオスイッチ」や、女性が喜ぶお肌に潤いを与える「ナノイー」を内蔵するフルオートエアコン等の快適装備も充実させます。

特別仕様車「MODE」はメッキ加飾が施された専用フロントグリルやドアハンドルなどの専用装備が充実している

ラパンモードのグリルとホイールラパンMODEは専用装備が充実しているお得な特別仕様車

特別仕様車「MODE」のエクステリアの特徴は、Lapinエンブレムの一部にブルーの配色を採用して、メッキ加飾を施す専用フロントグリルや、シルバーとホワイトの相性の良い色を組み合わせた14インチ2トーンフルホイールキャップ等の専用装備を充実させている事です。

ラパンの特別仕様車「MODE」のボディカラーはモノトーン5色にツートンカラー3色の落ち着いた色合いが印象的な計8色を展開する

ラパンの特別仕様車「MODE」は、フィズブルーパールメタリックなどのモノトーン5色に、フォーンベージュメタリックホワイト2トーンルーフメタリックのツートンカラー3色を合わせた計8色のボディカラーを展開しています。

ブルーイッシュブラックパール3のラパンブルーイッシュブラックパール3

ピュアホワイトパールのラパンピュアホワイトパール

フィズブルーパールメタリックのラパンフィズブルーパールメタリック

ノクターンブルーパールホワイト2トーンルーフのラパンノクターンブルーパールホワイト2トーンルーフ

フィズブルーパールメタリックホワイト2トーンルーフのラパンフィズブルーパールメタリックホワイト2トーンルーフ

フォーンベージュメタリックホワイト2トーンルーフのラパンフォーンベージュメタリックホワイト2トーンルーフ

ラパンはマイナーチェンジを実施して特別仕様車を追加設定して「可愛い」以外の新たな魅力も追求する

ラパンは、フルモデルチェンジやマイナーチェンジを行う際に、メインユーザーである20代~30代女性の購買意欲を刺激するために、もっと「可愛い」車となる事を目指して改良を行ってきました。

その結果、ラパンは20代~30代の女性以外の顧客層は購入しにくい車となりました。販売台数が低調気味なラパンは、シックで落ち着いた内外装が特徴的な特別仕様車「MODE」をラインナップさせて、次期マイナーチェンジによって「可愛い」以外の魅力も追求して、ライバル車の多い軽自動車市場での巻き返しを図ります。