エルグランドのフルモデルチェンジ

エルグランドがフルモデルチェンジで「プロパイロット」と「e-POWER」を追加か

日産のエルグランドのフルモデルチェンジが2019年以降に行われる予定です。新型モデルでは、ライバルであるトヨタのアルファードなどを意識し「e-POWER」を搭載し低燃費を実現、「プロパイロット」を導入し安全性を向上させる見込みです。モデルチェンジ車の販売価格や室内サイズを予想も交えて紹介します。

エルグランドがフルモデルチェンジで「プロパイロット」と「e-POWER」を追加か

エルグランド2019年以降にフルモデルチェンジ!日産の先進技術プロパイロットなどを搭載し新登場

日産の大型ミニバン・エルグランドのフルモデルチェンジが2019年以降に行われる予定です。1997年に発売を開始したエルグランドは以前、大型サイズのラグジュアリーミニバンの絶対的な存在でした

現状の販売台数は、同車を意識して開発されたトヨタのアルファードやヴェルファイアには遠く及びません。

かつての勢いを取り戻そうと、新型エルグランドには日産の先進技術であるプロパイロットを搭載して安全性を高め、e-POWERを搭載した車をラインナップさせて低燃費を実現すると考えます。その他、予想されるエクステリアの改良点や販売価格などについても紹介していきます。

フルモデルチェンジ予定のエルグランドは大型サイズのラグジュアリーミニバンのパイオニア

日産の新型エルグランドのエクステリア

初代モデルが1997年に発売されたエルグランドは、大型サイズのラグジュアリーミニバンのパイオニア的な車です。

1997年に発売された初代モデルと2002年にフルモデルチェンジが行われて登場した2代目モデルはミニバンとしては珍しいFR駆動方式でした。2010年にフルモデルチェンジによって誕生した3代目モデルではFF方式へと変更が行われました。3代目モデルではその他に乗り降りがしやすいように床を低く設定するなどの改良も行われました。

ここ最近のエルグランドの販売台数は下降気味で、ライバルであるトヨタのアルファードやヴェルファイア勢いの差を見せつけられているのが現状です。

エルグランドのライバルはトヨタのアルファード・ヴェルファイア

トヨタ新型アルファードのエクステリア

兄弟車にあたるトヨタのアルファードとヴェルファイアは、大型サイズのラグジュアリーミニバン市場を切り開いたエルグランドを意識して開発された車です。

両車はエルグランドにはないハイブリッドモデルをラインナップ、室内スペースを広く設計するなどした戦略がユーザーから支持を集めて好調な売上をキープしています。

フルモデルチェンジ後の新型エルグランドのエクステリアは日産「Vモーション2.0」を取り入れると予想

霧の中を走る新型エルグランド現行モデルのエルグランドのエクステリア

最近の車のエクステリアの流れは、車のエンブレムを見なくとも特徴的なフロントマスクなどを見ただけで、どのメーカーの車であるかを峻別できるという事です。レクサスのスピンドルグリルや三菱自動車のダイナミックシールドがそれに当たります。

新型のエルグランドのエクステリアには、日産の車ではミドルクラスのSUV「ムラーノ」や4ドアタイプのスポーツカー「マキシマ」などの車種に取り入れられているVモーションのデザインをさらに魅力的にさせたVモーション2.0のコンセプトを取り入れると予想します。

現行モデルでも評価の高いエルグランドの大型メッキグリルやヘッドライトなどのフロントマスクは、Vモーション2.0を取り入れる事で更に迫力を増すものと期待します。

新型エルグランドの室内はフルモデルチェンジでラグジュアリー感をグレードアップ

新型エルグランドの内装現行モデルのエルグランドのインテリア

車の名前に「グランド」という華やかな・威厳のある・壮大なという意味を持つ単語を含んでいるエルグランドは、大型サイズのミニバンにプレミアムさを取り入れたパイオニアです

現行モデルにおいても十分にゴージャスな装いもありますが、フルモデルチェンジによって誕生する4代目エルグランドではシート素材をもっと魅力的にするなどして、ラグジュアリー感をさらに引き立てるはずです。

新型エルグランドに安全性能を充実させる事で魅力アップにつながる

エルグランドは最大で8人乗れて、ロングドライブ志向のユーザーから一定の支持を集めている車です。乗車人数が多くて、ロングドライブ向けの車には安全性が強く求められます。

現行モデルでは、ステアリングと連動するタイプのヘッドライトであるアクティブAFSを設置しています。新型エルグランドでヘッドライトとして採用する可能性が高いのは、LEDランプが車載カメラと連動して周囲の状況を読み取り、状況に応じてハイビームを一部分にのみに点滅させる事ができる「LEDヘッドライト」です。

車の安全性を高めるため、その他導入が見込まれるのは日産の自動運転技術である「プロパイロット」です。プロパイロットを導入することで、車間距離の維持・センターライン走行がサポートされます

また4代目エルグランドには、日産のリーフではすでに搭載している自動運転技術のプロパイロットとプロパイロット・パーキングを採用する可能性も高いです。同自動運転技術は大型サイズのミニバンの購入を検討しているけれど、これまでコンパクトなサイズの車ばかりを運転してきたので、駐車する際に不安を感じてしまう方の購買意欲を刺激するシステムです。

フルモデルチェンジが行われる4代目エルグランドは室内スペースの拡大が濃厚

2019年以降にフルモデルチェンジが行われるエルグランドでは、以前の勢いを取り戻すために室内スペースの拡大が見込まれます。

ライバルであるトヨタのアルファード・ヴェルファイアがエルグランドよりも室内空間を広く設定している事もミニバン市場で人気を集めている理由の一つです。

新型エルグランドではアルファード、ヴェルファイアよりも室内スペースを広く設定することでミニバンを購入する際には室内スペースの広さを意識している人達の購買意欲の刺激を狙います。

現行エルグランド アルファード・ヴェルファイア 新型エルグランド(予測値)
室内長 3,025mm 3,210mm 3,240mm
室内幅 1,580mm 1,590mm 1,600mm
室内高 1,300mm 1,400mm 1,390mm

日産の新ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載して燃費性を大幅に向上させたモデルも登場か

現行モデルのエルグランドでラインナップされているグレードにおいて、最も低燃費を実現しているは数値10.8km/Lです。ライバル車でアルフォード・ヴェルファイアのハイブリッドモデルの燃費19.4km/Lと比較すると2倍近い差があります。

エルグランドにはハイブリッドモデルがないことも売上が低迷する理由です。そこで2019年以降にフルモデルチェンジが行われる予定の新型エルグランドでは、現状を打開するために日産のノートに搭載されている先進のハイブリッドモデルであるe-POWERを搭載している車をラインナップさせて燃費を大幅に向上させると考えます。

現行エルグランド アルファード・ヴェルファイア(ハイブリッド) 新型エルグランド(予測値)
燃費 10.8km/L 19.4km/L 19.6km/L

日産の新技術e-POWERではバッテリーを小型化できるので室内サイズも拡充できる

電気自動車にも近いとも言える日産の新たなハイブリッドシステムでもあるe-POWERでは、バッテリーの小型化も可能です。コンパクトサイズのバッテリーは前列のシートに設置する事が出来るため、室内サイズの拡充を目指すエルググランドにとっては、低燃費を実現する以外の効果も得る事ができるので、新型モデルに搭載する可能性は高いです。

新型エルグランドの販売価格はハイブリッドモデル427万円・ガソリン車325万円と予想

フルモデルチェンジが行われれば4代目モデルとなる新型エルグランドの販売価格は当然のようにライバルであるトヨタのアルファードやヴェルファイアを意識したものとなります。

2019年以降に発売が予想される新型エルグランドでは、ヴェルファイアやアルファードにはない安全性・室内スペースの充実をアピールしていくはずです。そのため、販売価格は単にライバル車よりも安くするのではなくて、性能面が充実している事をアピールするために販売価格はライバル車よりも高く設定すると判断して、ハイブリッドモデルは427万円・ガソリン車は325万円と予想しました。

販売価格
ヴェルファイア(ガソリン) 3,197,782円~
ヴェルファイア(ハイブリッドモデル) 4,155,055円~
現行モデル・エルグランド 3,213,000円~
新型モデル・エルグランド(ガソリン) 3,250,000円~
新型モデル・エルグランド(e-POWER搭載) 4,270,000円~

フルモデルチェンジによって誕生する新型エルグランドの発売時期は2019年以降

新型エルグランドの後ろ姿

初代エルグランドが1997年に発売されてから2代目モデルが誕生するまでには5年、その後3代目モデルが誕生するまでには8年のタイミングを要しました。3代目モデルに移行したのは2010年であった事を考えると、そろそろ4代目へとモルモデルチェンジが行われてもおかしくないタイミングです。

エルグランドのフルモデルチェンジは2017年に行わるだろうという見方もありましたが、その説の説得力が失われつつあるので2019年以降に行わる見通しが強まってしまいました。

その時期の根拠としては2019年よりもタイミングが遅れてしまうと、ハイブリッドモデルも発売しているライバル車であるアルフォードやヴェルファイアにさらなる後れをとってしまうこと。2017年の末に発売が予想される日産セレナのe-POWER搭載モデルへの影響を少なくするためには、新型エルグランドの発売は2019年以降がタイミング的にはベストだからです。

エルグランドのフルモデルチェンジで大型サイズのラグジュアリーミニバン市場は盛り上がる

日産から新型エルグランドに関する公式発表は行われていませんが、これまでのフルモデルチェンジが行われていた時期を目安として考えると、2019年にフルモデルチェンジが行われる可能性は高いと言えます。

かつては一時代を築いていた新型エルグランドの登場後には、今はエルグランドと比べると圧倒的な販売台数を誇っているアルファードやヴェルファイアの地位は安定とは言えないかもしれません。
今後は日産が公表した最新情報も踏まえて新型エルグランドに関する話題を提供していきます。