モデルチェンジの新着記事

クラウンスポーツ2023年10月6日正式発表 クラウンシリーズ第二弾価格590万円のプレミアモデル

クラウンスポーツのモデルチェンジ

クラウンスポーツはクラウンクロスオーバーに次ぐクラウンシリーズ第二弾として、2023年10月6日に発表・予約開始。クラウンらしい威厳を持ちながら、最もスポーティな内外装を持つモデルとしてクラウンシリーズを牽引、世界のクラウンへ羽ばたくクラウンスポーツを紹介。

クラウンスポーツ2023年10月6日正式発表 クラウンシリーズ第二弾価格590万円のプレミアモデル

センチュリー(SUVタイプ)が2023年中に発売 国内最高価格2,500万円究極のショーファーカー

センチュリーのモデルチェンジ

センチュリー(SUVタイプ)のエクステリア・インテリア・スペックなどを解説。国内最高価格の2,500万円究極のショーファーカーとして誕生したセンチュリーはフルオーダーメイドにも対応して、希望のボディカラー・シートカラーもちろんSUVタイプで初めて採用するスライドドアも設定可能に。

センチュリー(SUVタイプ)が2023年中に発売 国内最高価格2,500万円究極のショーファーカー

レイバックのモデルチェンジ レヴォーグベース最低地上高200mmの本格アーバンSUV

レイバックのモデルチェンジ

レイバックはレヴォーグの操縦安定性と200mも確保した最低地上高のおかげで雪道や悪路なども走行できる走破性が魅力。予防安全装備のアイサイトXは広角単眼カメラを採用する最新版で、ハーマンカードンサウンドシステムを標準化することで快適なドライブを楽しめるモデルに。

レイバックのモデルチェンジ レヴォーグベース最低地上高200mmの本格アーバンSUV

輸入車(外車)のモデルチェンジ・新型車のニュース速報 2023

輸入車の新型車ニュース

外車のニュースを紹介。メルセデスベンツ、アウディ、BMWのドイツプレミアブランド、ジープ、ミニ、フィアットなど日本でも人気の輸入自動車ブランド、セレブに人気のランドローバーなど外車のモデルチェンジ・新型車情報。

輸入車(外車)のモデルチェンジ・新型車のニュース速報 2023

レクサス新型LBX発表 33万通りの内装・12.3インチフル液晶ヒエラルキー超えの質感

レクサスLBXのモデルチェンジ

レクサスLBXが2023年11月9日に発表、インテリアにはオーダーメイドシステムのBespoke Buildで約33万通りのパターンを実現、フロントデザインはレクサスの新デザイン言語ユニファイドスピンドル採用、期待のプレミアムコンパクトSUV。

レクサス新型LBX発表 33万通りの内装・12.3インチフル液晶ヒエラルキー超えの質感

クラウンクロスオーバーをシリーズ第1弾で投入 初のバイカラーでグローバル展開も

クラウンクロスオーバーのモデルチェンジ

クラウンクロスオーバーのモデルチェンジ、内外装、スペックなどを紹介。クロスオーバーはクラウンシリーズの先駆けとして登場、初代から続くFR駆動を、空間スペースを有効活用できるFF駆動にするなど、15代続いたクラウンの常識を覆す進化を紹介。

クラウンクロスオーバーをシリーズ第1弾で投入 初のバイカラーでグローバル展開も

ランドクルーザー70(ランクル70)の再再販2023年11月29日 ナナマルが3ナンバーで乗用車登録に

ランドクルーザー70のモデルチェンジ

ランドクルーザー70系(ランクル70)が2023年11月29日再再販開始、エクステリアは新たにデザインされたナナマル伝統の丸目ヘッドライトに、従来までの貨物登録の1ナンバーから乗用車登録の3ナンバーに変更、1GDディーゼルエンジン採用でトルクフルなモデルに。

ランドクルーザー70(ランクル70)の再再販2023年11月29日 ナナマルが3ナンバーで乗用車登録に

レクサスRZ450e発売開始 航続距離494km初のBEVで新四輪駆動DIRECT4搭載

レクサスRZのモデルチェンジ

レクサスRZ450eが2023年3月30日発表・デリバリー開始に。サブスクリプションサービスのキントと一般向けに発売され、BEV専用プラットフォームe-TNGA、新四輪駆動システムDIRECT4、スピンドルボディなどレクサスの技術を余すことなく投入。

レクサスRZ450e発売開始 航続距離494km初のBEVで新四輪駆動DIRECT4搭載

デリカミニのモデルチェンジ情報 走破性の高い4WD性能にコールマンコラボラッピングも

デリカミニのモデルチェンジ

デリカミニのエクステリア・インテリアなどのスペックを紹介。和製ディフェンダーと言われる半円形のヘッドライト、軽自動車では珍しいブラックフェンダー、フロントバンパーに設置するDELICAのフードスタンプなど、デリカらしいギア感の強い外観が特徴。

デリカミニのモデルチェンジ情報 走破性の高い4WD性能にコールマンコラボラッピングも

レックスのモデルチェンジ スバル初スマートアシスト搭載の小型SUV誕生

レックスのモデルチェンジ

レックスが2022年11月11日に発表、スバルで初めて発売するコンパクトSUVで、最小回転半径5.0mと全長4.0mを切るコンパクトボディが特徴の普段使いに最適な新型モデル。2グレード設定があり、ボディカラーには可愛い2トーンカラーも設定しました。

レックスのモデルチェンジ スバル初スマートアシスト搭載の小型SUV誕生

サクラは軽自動車初のBEVに 航続距離は最大180kmで約249万円から

サクラのモデルチェンジ

サクラは軽自動車ならではの工夫と質感高いインテリアも魅力。価格帯はEV補助金を考慮すると、N-BOXなどの人気モデルと変わらず、EVの弱点でもあった航続距離を割り切ることで、充電時間を短縮、普段使いの利便性を高めています。プロジェクター式3眼ヘッドライトも軽自動車初で、エクステリアも華やかです。

サクラは軽自動車初のBEVに 航続距離は最大180kmで約249万円から

ZR-Vのモデルチェンジ 2024年夏頃に人気の特別仕様車ブラックスタイル追加

ZR-Vのモデルチェンジ

ZR-Vはホンダの世界戦略SUVでヴェゼルとCR-Vの中間にあたるサイズに。ボリュームのあるスタイリングは欧州車のようで、存在感と力強さを感じます。ZR-Vのスペックや価格、エクステリアやインテリアなど、ZR-Vのモデルチェンジ情報を紹介。

ZR-Vのモデルチェンジ 2024年夏頃に人気の特別仕様車ブラックスタイル追加

CX-60は日本の伝統美が魅力 コスパ抜群のFRラージ商品群は322.3万円から

CX-60のモデルチェンジ

CX-60はマツダが自身を持って販売するラージ商品群第一弾車種で、フロントノーズを延長したFRプラットフォーム+直列V6気筒の3.3Lターボエンジンを搭載するパワフルな仕様で登場。販売価格も322.3万円からと国内ミドルサイズSUVトップクラスのコストパフォーマンスが魅力。

CX-60は日本の伝統美が魅力 コスパ抜群のFRラージ商品群は322.3万円から

ヤリスクロスのモデルチェンジは2024年1月頃か 専用装備ZアドベンチャーとGR SPORT販売

ヤリスクロスのモデルチェンジ

新型ヤリスクロスはヤリスをベースにしたBセグメントのコンパクトクロスオーバーSUV。発売日は2020年8月31日で、燃費性能もWLTCモードで31.1km/Lになる経済的な新型SUVです。ボディカラーも豊富で選ぶ楽しみがあるヤリスクロスの最新情報。

ヤリスクロスのモデルチェンジは2024年1月頃か 専用装備ZアドベンチャーとGR SPORT販売

グランドチェロキーのフルモデルチェンジはいつ?デザイン・パワートレインを予想!

JEEPグランドチェロキーのモデルチェンジ

グランドチェロキーのフルモデルチェンジ情報を紹介。ジープ・グランドチェロキーはジープブランドのフラッグシップモデルにあたるフルサイズSUV。2020年後半~2021年頃のフルモデルチェンジが有力です。

グランドチェロキーのフルモデルチェンジはいつ?デザイン・パワートレインを予想!

ジャスティのモデルチェンジは2024年で次世代DNGA採用・e-SMART HYBRIDを追加か

ジャスティのモデルチェンジ

ジャスティのモデルチェンジ情報まとめ。マイナーチェンジや一部改良で実施される専用ボディカラーの追加やスマアシなどの安全機能の内容などを解説。現行型のボディサイズやパワートレイン、価格帯も紹介。

ジャスティのモデルチェンジは2024年で次世代DNGA採用・e-SMART HYBRIDを追加か

タンクはフルモデルチェンジせず姉妹車のルーミーに統合してモデル廃止

タンクのモデルチェンジ

タンクのフルモデルチェンジはいつか考察。姉妹車との統合も囁かれているタンクですが、販売は好調なのでモデルチェンジする可能性もあります。新型タンクはDNGAプラットフォームを採用し、安全性と快適性が向上。

タンクはフルモデルチェンジせず姉妹車のルーミーに統合してモデル廃止

ルーミーのフルモデルチェンジ2024年予想でe-SMART HYBRID搭載か

ルーミーのモデルチェンジ

ルーミーのフルモデルチェンジ情報。現行型のスペックと改良の内容から、新型の発売はいつか考察。販売好調なルーミーだが、DNGAプラットフォームを未採用のため、モデルチェンジは意外に早い可能性もある。

ルーミーのフルモデルチェンジ2024年予想でe-SMART HYBRID搭載か

トールのフルモデルチェンジは2024年か 次期型はDNGA採用でハイブリッド設定へ

トールのモデルチェンジ

トールのフルモデルチェンジ情報。現行型のスペックと一部改良の実施時期から、新型トール発売はいつ頃か考察。新型はプラットフォームやエンジンが刷新されて、更に快適性の高いトールワゴンになるでしょう。

トールのフルモデルチェンジは2024年か 次期型はDNGA採用でハイブリッド設定へ

ポルテのフルモデルチェンジ情報 スペイドも同時に廃止されルーミーが後継車種に

ポルテのモデルチェンジ

ポルテのフルモデルチェンジせず2020年生産終了に。ルーミーなど後続の小型トールワゴンとの違いを比較しつつ考察。新型ポルテが復活する場合、どんな装備や特徴があるか予想。

ポルテのフルモデルチェンジ情報 スペイドも同時に廃止されルーミーが後継車種に

モデルチェンジの更新記事