トヨタ新型車2017~2030

トヨタの新型車カレンダー・モデルチェンジ情報2017~2030

トヨタの新型車やマイナーチェンジ、フルモデルチェンジの2017年~2030年の情報を一覧で紹介。ヤリスやSUV人気が高まり注目されるハリアー、RAV4 PHV、海外でも人気のランドクルーザーやプラド、FCVに生まれ変わる噂があるエスティマなどが、どのような進化をするのか注目しましょう。

トヨタの新型車カレンダー・モデルチェンジ情報2017~2030

トヨタ新型車2017年~2030年カレンダー

トヨタ新型車

トヨタから2017年~2030年に発売される新型車やマイナーチェンジ、フルモデルチェンジの車は大物揃いです。大人気のコンパクトカー、ヴィッツはマイナーチェンジで待望のハイブリッド車を投入し、SUVブームの火付け役となったハリアーも、ビックマイナーチェンジを果たす予定です。

新型車プリウスPHVも販売を開始して、自動車市場もこれまで以上の盛り上がりを見せることでしょう。トヨタの本気が感じられる、2017年~2030年に販売する注目車をチェックしましょう!

プリウス/プリウスPHV フルモデルチェンジ 2023年1月10日

5代目プリウスのエクステリア5代目プリウスはプリウスPHVと一本化

プリウスが2023年1月にフルモデルチェンジ。
トヨタの最先端技術を投入するフラッグシップとも言えるモデルだけに、当初はパワートレインに水素エンジンやBEV(100%モーターで走る電気自動車)を採用するのではないかと言われていましたが、1.8Lと2.0Lエンジン+モーターの改良型ハイブリッドシステム(第五世代THS)を採用することに。

ボディサイズは全高を低くしたクーペスタイルで、4代目までのずんぐりしたフォルムから、トヨタの新デザインアイコンのハンマーヘッドを採用した、スタイリッシュなスポーツハッチバックに生まれ変わりました。
またプリウスPHVが、プリウスのグレードの1つに集約されるのもトピックです。

スープラGRMN 新型 2023年春頃

最強モデルのGRMNを追加するスープラスープラGRMNを最後に2025年で生産終了の噂もあるスープラ

トヨタはかねてから噂のあった、スープラ最強モデル「GRMN」を設定することを明らかにしました。
ニュルブルクリンでもGRスープラの新グレードとみられる開発車両が目撃されていて、噂では最高出力550psのスーパースポーツ級の動力性能をもつとのことです。

また2025年にスープラが生産終了するという噂もあり、今回のスープラGRMNが最終モデルになるとも言われています。
数量限定生産のため競争率が高いことが予想され、希少性の高いモデルになることは間違いないと考えます。

C-HR フルモデルチェンジ 2023年5月

初代C-HRのGRスポーツ2代目C-HRはbZ Compact SUVを踏襲した挑戦的なエクステリアになる可能性も

C-HRのフルモデルチェンジが2023年5月頃に予想されています。
コンセプトモデルのbZ Compact SUVが次期C-HRのエクステリアに反映されるのではないかと言われており、初代同様にコンセプトモデルを忠実に再現した市販モデルであれば、今までにない挑戦的なスタイリングになるでしょう。

2代目C-HRはハイブリッド4WDを設定することでユーザーの選択肢を広げ、弱点であった居住性も改善するという噂です。
トヨタSUV群の中でも走行性能に特化したモデルなのでパワートレイン高性能化にも期待できるでしょう。

アルファード・ヴェルファイア フルモデルチェンジ 2023年6月頃

3代目アルファードのエクステリア4代目アルファードは先代モデルよりも居住性が向上すると予想されている

アルファードのモデルチェンジが2023年6月頃に実施される可能性。
トヨタのフラッグシップミニバンとして君臨するアルファードは居住性を向上するためサイズアップする可能性があるようです。
押し出しの強いフロントマスクはそのままに、パワートレインにも変更が加えられることで、走りだしも軽やかになるでしょう。

度々噂されるヴェルファイアとの統合については、詳細情報は展開されていませんが単独モデルとして残る可能性もあるようです。
一説ではそのまま販売される、アルファードのグレードの1つとして存続する、など様々ですが、2023年には詳細が発表されるかもしれません。

センチュリーSUV 新型車 2023年8月頃

都会を優雅に走るセンチュリーセンチュリーベースのSUVを2023年8月頃に発売する可能性が高い

センチュリーをベースにしたトヨタのフラッグシップSUVの登場が噂されています。
ボディサイズは全長5,200mm、全幅1,950mm、全高1,750mmのフルサイズSUVで、日本国内トップクラスの大型モデルに。ライバルはロールスロイスのカリナンや、ベントレーのベンテイガなどで、世界のプレミアブランドと競争することになります。

センチュリーベースとのことで、販売価格も2,000万円オーバーという予想もあります。
2023年に登場する新型車の中でも再注目の新型モデルになりそうです。

クラウンスポーツ 新型車 2023年夏頃

横から見たクラウンスポーツのエクステリア世界を見据えたクーペSUVとして登場するクラウンスポーツ

クラウンシリーズ第二弾として登場するのがクラウンスポーツ。
クーペSUVが世界的に流行していますが、日本ブランドのスーペSUVは希少で、クラウンスポーツはメルセデスやBMW、アウディといったプレミアムブランドと競争できるポテンシャルを持つ期待のモデルです。

パワートレインはガソリンやハイブリッドのほか、PHEV(プラグインハイブリッド)やBEV(電気自動車)をラインナップするという噂も。
クラウンの若返りを象徴する注目モデルです。

ランドクルーザープラド フルモデルチェンジ 2023年夏頃

ランドクルーザープラドのエクステリア現行型ランドクルーザープラド150系のエクステリア

ランドクルーザープラドが、2023年夏頃にフルモデルチェンジをして150系から180系になるのではないかとの情報があります。

パワートレインに大きな変化があると予想されていて、これまで同様にNAガソリンエンジンとディーゼルターボエンジンの他に、V6ツインターボや新開発エンジン+ハイブリッドシステムを採用するという噂もあります。

全グレードに最新のトヨタセーフティセンスを標準装備し、5人乗りと7人乗りの設定も設けられるのではないかと考えられます。

パッソ モデルチェンジ 2023年秋頃

海岸線を走るトヨタのパッソパッソが兄弟車のダイハツブーンと同じ時期にモデルチェンジか

パッソが約7年振りにフルモデルチェンジ。
同時にOEM元のブーンも刷新されます。リッターカーというパッケージングはそのままに、新開発のパワートレインを搭載する噂があり運動性能の向上が期待されています。

プラットフォームも世代が変わり、直進安定性なども増すでしょう。安全装備は最新バージョンに以降し、運転に自身のない方も安心して乗れる優しい車に生まれ変わります。エクステリアはキープコンセプトの可能性が高く、従来通りの親しみやすい外観が特徴になるかもしれません。

クラウンセダン 新型車 2023年秋頃

斜め横から見たクラウンセダンのエクステリアクラウンシリーズ第三弾として登場するのが正統派クラウンのセダン

クラウンセダンはクラウン伝統のFR駆動(フロントにエンジンを搭載してリヤで駆動する)を採用するという噂。
そのためクラウンクロスオーバーやクラウンスポーツと同じGA-Kプラットフォームを採用せず、独自のプラットフォームを採用する可能性があるようです。

クラウンクロスオーバーの発表から、クラウンセダンの登場を心待ちにしていたユーザーも多数いるようで、クラウンの正統進化をみられるモデルになるでしょう。
全長は5mを超える威風堂々とした雰囲気があり、海外でも人気モデルになるかもしれません。

ランドクルーザー70 再再販 2023年秋頃

砂漠を走るランドクルーザー70待望のクリーンディーゼルエンジンを採用して復活するランドクルーザー70

ランクル70が2015年の終売から、待望の再再販を2023年秋に発表、2024年に販売する可能性があります。
今回は丸目ヘッドライトにTOYOTAエンブレムに、パワートレインにランクルプラドの2.8Lの1GDクリーンディーゼルエンジンを搭載したオートマチック(AT)仕様という噂があり、2014年のガソリンエンジンモデルよりもランクル70らしい、低速から力強いトルクフルな走りが楽しめるモデルになりそうです。

トランスミッションをATにすることで、最新の予防安全装備トヨタセーフティセンスを設定できるため、経済性と安全性を両立したヘビーディーティーに進化。2014年の再販では7,000台の生産枠があっという間に埋まりわずか1年で終売しましたが、2023年のランクル70も激しい争奪戦になるかもしれません。

ハイエース フルモデルチェンジ 2023年以降

2023年に発売する噂があるハイエース

ハイエースが2023年にフルモデルチェンジを実施するとの噂があります。日本だけではなく、海外での人気も凄まじい200系ハイエースが300系新型ハイエースとなることで「キャブオーバー」から「セミボンネット」仕様へ、エンジンの場所が変更になるとも言われています。

新型ハイエース最大の進化と言える「セミボンネット化」とは、エンジンをセミボンネットへ格納することを指します。
200系の現行ハイエースは、キャブオーバー(運転席の下にエンジンがある)で広い荷室の確保に貢献してきましたが、安全性に疑問がありました。セミボンネット化することで居住性が従来よりも狭くなる替わりに安全性を向上させたことになります。

2020年に発売予定のハイエースの内装

セミボンネットは運転者や歩行者の安全性を向上させるだけではなく、室内の静粛性も上昇させるため、300系の新型ハイエースは現行ハイエースよりも、快適なドライビングが実現します。

クラウンエステート 新型車 2024年春頃

横から見たクラウンエステートのエクステリア最期のクラウンシリーズとして登場するクラウンエステート

クラウンエステートが2024年春頃デビュー予定。
ボディサイズは全長4,930mm、全幅1,880mm、全高1,620mm、ホイールベース2,850mmの堂々としたプロポーション。後席がフルフラットになるなど使い勝手も良いクロスオーバーSUVです。

クラウンシリーズはこのエステートが最後ですが、噂ではクラウンクーペとクラウンコンバーチブル(天井が開くオープンカー)も控えているということで、今後のクラウンシリーズにも注目です。

ハイラックスサーフ フルモデルチェンジ 2024年以降

北米で販売される4ランナーのエクステリア

日本でも発売されていたピックアップトラックのハイラックス。そのSUV版であるハイラックスサーフが近年のSUVブームに乗り日本で復活するのではないかと言われています。日本国内では2009年に販売終了となっていますが、北米では「4ランナー(4Runner)」という名前で販売が続いていて人気の車種となっています。

北米モデルの4ランナーのインテリア

ハイラックスサーフが日本で復活する可能性を示唆する背景にはSUV市場の世界的なブーム、トヨタの名車復活のユーザーの声、そして生産終了が発表されたFJクルーザーがあります。
FJクルーザーの後継に関してはハイラックスサーフや2017年にコンセプトモデルが発表されたFT-4Xなど様々な憶測が飛び交います
2023年までに行われた各国モーターショーでお披露目となりませんでしたが、今後新たな新情報発表の可能性もあるので見逃せません。

新型BEV(電気自動車)bZシリーズ 2030年以降

2021年12月に公開したトヨタの新型EV16車種トヨタは2030年以降に新型EVを30車種に増やしてグローバル販売数350万台を目標にする

トヨタが新型BEV(電気自動車)16車種を2021年12月14日に発表。2030年以降にトヨタとレクサスを含め30車種まで追加して、これまでのグローバル販売台数を200万台から350万台に拡大します。

トヨタの電気自動車技術は未熟、という意見もありましたが、今回の突然の発表でトヨタのEV戦略の本気を見せつけたのではないでしょうか。
発表したBEVはコンパクトカーやSUV、スポーツモデルや商用モデルも含まれ、豊田社長の「ここは未来のショールームです。」という言葉通り、わくわくするラインナップになっています。

トヨタが2021年12月に発表した新型EV一覧

  • Lexus RZ
  • Lexus Electrified Sport
  • Lexus Electrified Sedan
  • Lexus Electrified SUV
  • bZ Small Crossover
  • bZ Compact SUV
  • bZ SDN
  • bZ Large SUV
  • Mid Box
  • Micro Box
  • SPORTS EV
  • Crossover EV
  • Compact Cruiser EV
  • Pickup EV
  • Small SUEV
  • bz4X(2022年発売予定)
  • 新型のエクステリアLexus RZ
  • 新型のエクステリアLexus Electrified Sport
  • 新型のエクステリアLexus Electrified Sedan
  • 新型のエクステリアLexus Electrified SUV
  • 新型のエクステリアbZ Small Crossover
  • 新型のエクステリアbZ Compact SUV
  • 新型のエクステリアbZ SDN
  • 新型のエクステリアbZ Large SUV
  • 新型のエクステリアMid Box
  • 新型のエクステリアMicro Box
  • 新型のエクステリアSPORTS EV
  • 新型のエクステリアCrossover EV
  • 新型のエクステリアCompact Cruiser EV
  • 新型のエクステリアPickup EV
  • 新型のエクステリアSmall SUEV
  • 新型のエクステリアbz4X(2022年発売予定)