フリードのモデルチェンジ

フリードのモデルチェンジ2024年夏頃予測の最新情報!広い室内に注目

ホンダの新型フリードのモデルチェンジ情報を紹介。広い室内と最大7人が乗れるコンパクトミニバンであるフリードの歴史を振り返り2016年にフルモデルチェンジした新型フリードの特徴を解説します。次のマイナーチェンジの時期なども予想しているのでチェック!

フリードのモデルチェンジ2024年夏頃予測の最新情報!広い室内に注目

コンパクトミニバン新型フリードのモデルチェンジ最新情報

ホンダが販売する大人気のコンパクトミニバンであるフリードのモデルチェンジ最新情報を紹介します。フリードは女性でも運転しやすいコンパクトなボディサイズと、最大7人が乗車できる広い室内が魅力です。

2016年9月16日にフルモデルチェンジした新型フリードのエクステリアやインテリア、価格や諸元などを振り返り、2024年夏頃のモデルチェンジ時期も解説します。
コンパクトミニバンの元祖とも言えるフリードは、今後どのような進化を辿るのかチェックしましょう。

新型フリードのフルモデルチェンジは2024年夏頃が有力 ライバルのシエンタは2022年8月モデルチェンジ

フリードの次期モデルが2024年夏頃(2024年前半)に登場する可能性があるようです。
現行の2代目モデルは2016年に発売、2021年7月7日には初代フリードから累計100万台を突破したことをホンダ公式が発表した大人気モデルです。

フリードがモデルチェンジする可能性が高い2024年夏頃、最大のライバルになるトヨタのシエンタもマイナーチェンジ(一部改良)をする可能性も。2020年に発売したホンダフィットVSトヨタヤリスに似た、販売台数争いにも注目が集まりそうです。

3代目の新型フリードのパワートレインは今までの1モーター式から、新型シビックや新型ヴェゼルなどに搭載する2モーター式のスポーツe:HEVシステムに。
安全予防装備のホンダセンシングも最新式にアップグレードすることで安全性を向上。ホイールベースを現行モデルから10mm延長、オットマンや後席にエアコン吹き出し口を追加することで前モデルから評判の高い2列目、跳ね上げ式の3列目を使う多人数乗車がより快適になります。

エクステリアは2022年にモデルチェンジした6代目ステップワゴンのようなスクエアでプレーンな印象に変化、ボディのプレスラインも水平基調になることで、引き続き5ナンバーを維持しながらもボディサイズは数字以上に大きく見えるように。

フリードの燃費性能も28.0km/L程度まで向上すると見られ、2代目フリードの20.9km/Lから大幅に改善する可能性が考えられます。
ライバルのシエンタが28.8km/Lを達成しているので、燃費性能だけをみても見劣りしないことになります。

新型シエンタにはない、フリードの強みは2列目にキャプテンシートを設定すること。左右独立式シートはベンチシートにはない快適性があるため、シエンタよりも快適性を優先するユーザーに選ばれています。またSUVテイストのクロスターが3ナンバー化され引き続き設定するようです。

フリード特別仕様車ブラックスタイル2023年6月9日追加

フリード ブラックスタイルのエクステリアとインテリア特別仕様車ブラックスタイルはクロスター・ハイブリッドクロスターに設定

フリードクロスター・ハイブリッドクロスターへ、ブラックカラーをアクセントにした特別仕様車BLACK STYLE(ブラックスタイル)を2023年6月9日に発売。
グリルガーニッシュやライセンスガーニッシュにはブラッククロームを、スポイラーやリヤガーニッシュはガンメタリック塗装として統一感を持たせた特別仕様車です。

フリードBLACK STYLE(ブラックスタイル)特別装備

  • フロントグリルガーニッシュ
  • フロントグリル
  • リアライセンスガーニッシュ
  • 専用ステッチ コンビシート&インテリア
  • ドアミラー
  • アウタードアハンドル
  • CROSSTAR専用デザイン 15インチアルミホイール
  • LEDハイマウント・ストップランプ
  • フロントロアースポイラー&フロントロアーガーニッシュ
  • リアロアースポイラー&リアロアーガーニッシュ
  • ルーフレール

フリード特別仕様車ブラックスタイルの販売価格は、ハイブリッドクロスターが3,033,800円から3,198,800円、クロスターが2,703,800円から2,868,800円。
フリードプラス ハイブリッドクロスターが3,050,300円から3,215,300円、フリードプラスクロスターが2,720,300円から2,885,300円です。

フリードはコンパクトミニバンの地位を築いた立役者

雪上を走る新型フリード

それまでホンダが販売していたモビリオとモビリオスパイクを統合したコンパクトミニバンとして、2008年5月30日に販売されたのがフリードの始まりです。
フリードが販売されるまで統合前のモビリオ、トヨタのシエンタがありましたが、販売台数は想定よりも伸びませんでした。またミニバンと言えばミドルクラスの大型の車種が殆どで、最低サイズでもトヨタのノアやヴォクシーなどが該当していました。

ホンダのフリードは今までのミニバンでは大きすぎるユーザーへコンパクトミニバンを提案する形で商品化され、販売が開始された2008年下半期のミニバン販売台数ランキングでは首位に輝きました
ミニバン需要の高い東南アジアの地域へも海外展開され、日本はもとより、海外でもコンパクトミニバンの地位を築いた名車です。

フリードのグレード別販売価格
グレード 駆動方式 乗車定員 販売価格
フリード B Honda SENSING FF 6人 1,997,600円
G Honda SENSING FF 6人 2,160,400円
7人 2,182,400円
4WD 6人 2,396,900円
7人 2,418,900円
フリード CROSSTAR Honda SENSING FF 6人 2,380,400円
4WD 6人 2,616,900円
フリード+ G Honda SENSING FF 5人 2,182,400円
4WD 5人 2,418,900円
フリード+ CROSSTAR Honda SENSING FF 5人 2,402,400円
4WD 5人 2,638,900円
フリード HYBRID G Honda SENSING FF 6人 2,561,900円
FF 7人 2,583,900円
4WD 6人 2,798,400円
フリード HYBRID CROSSTAR Honda SENSING FF 6人 2,781,900円
4WD 6人 3,018,400円
フリード+ HYBRID G Honda SENSING FF 5人 2,583,900円
4WD 5人 2,820,400円
フリード+ HYBRID CROSSTAR Honda SENSING FF 5人 2,803,900円
4WD 5人 3,040,400円

2016年9月16日に新型フリードへフルモデルチェンジ

縦列駐車をする新型フリード

新型フリードはそれまで一体感のある丸いヘッドライトを一新しキレのある鋭いヘッドライトに変更しました。またボディ全体に立体感を持たせ、流れるようなサイドラインを作り出したことで車体に迫力が増し、より存在感のある車に進化しました。

ハイブリッドモデルにはトランスミッションへSPORT HYBRID i-DCDを採用し、コンパクトミニバントップクラスのJC08モード27.2km/Lを実現しています。
使いやすいボディサイズで個性的なエクステリア、そして最大7人乗れる燃費の良い車へと進化しました。

フリード
ガソリンモデル
フリード
ハイブリッドモデル
全長 4,265mm 4,265mm
全幅 1,695mm 1,695mm
全高 1,710mm 1,710mm
室内長 3,045mm 3,045mm
室内幅 1,455mm 1,455mm
室内高 1,285mm 1,275mm
総排気量 1,496L 1,496L
車両重量 1,340kg 1,400kg
ホイールベース 2,740mm 2,740mm
最低地上高 135mm 135mm
最小回転半径 5.2m 5.2m
駆動方式 FF/4WD FF/4WD
乗車定員 6名/7名 6名/7名
ボディカラー 全8色 全8色
燃費 19.0km/L 27.2km/L
価格 1,880,000円~ 2,256,000円~

新型フリードのボディカラーは全8種類から選択

新型フリードのボディカラーは全8種類となっています。
グレード毎に選べるボティカラーが限られ好きな色が選べない、というケースはフリードにはなく、全グレードで好きなボディカラーを自由に選択できます

家族でドライブするのが楽しくなる発色の良いカラーも揃っています。

  • ブルーホライゾン・メタリックの新型フリードブルーホライゾン・メタリック
  • シトロンドロップの新型フリードシトロンドロップ
  • コバルトブルー・パールの新型フリードコバルトブルー・パール
  • プレミアムディープロッソ・パールの新型フリードプレミアムディープロッソ・パール(32,400円)
  • ホワイトオーキッド・パールの新型フリードホワイトオーキッド・パール(32,400円)
  • ルナシルバー・メタリックの新型フリードルナシルバー・メタリック
  • モダンスティール・メタリックの新型フリードモダンスティール・メタリック
  • クリスタルブラック・パールの新型フリードクリスタルブラック・パール

プレミアムディープロッソ・パールとホワイトオーキッド・パールはオプション設定されていて32,400円高となっています。

フリードのシートカラーとインパネはグレード毎に4色を設定

新型フリードのシートはグレード毎に4色のカラーを選ぶことができます。モカが2種類、ベージュが1種類、ブラックが1種類となり、どのカラーも高級感があり上質な空間となっています。

モカのファブリックシートとウォームガンメタのインパネ内装の新型フリードモカのファブリックシート×ウォームガンメタ

適用されるグレード

  • フリード B
  • フリード HYBRID B

モカのファブリックシートと白木目調のインパネ内装の新型フリードモカのファブリックシート×白木目調

適用されるグレード

  • フリード G
  • フリード G・Honda SENSING
  • フリード HYBRID G・Honda SENSING

ベージュのファブリックシートと白木目調のインパネ内装の新型フリードベージュのファブリックシート×白木目調

適用されるグレード

  • フリード HYBRID G・Honda SENSING
  • フリード G・Honda SENSING

ブラックのコンビシートと黒木目調のインパネ内装の新型フリードブラックのコンビシート×黒木目調

適用されるグレード

  • フリード HYBRID EX

※フリード HYBRID G・Honda SENSING、フリード G・Honda SENSING、フリード GはSパッケージとしてオプション設定

フリードは6色から自由にカスタマイズできるコクピットのメーターカラーを装備

カラフルなコクピットを楽しめる全6色のメーターカラーも新型フリードの特徴です。

  • フリードのバイオレッドカラーのコクピットバイオレッド
  • フリードのピンクカラーのコクピットピンク
  • フリードのアンバーカラーのコクピットアンバー
  • フリードのイエローカラーのコクピットイエロー
  • フリードのブルーカラーのコクピットブルー
  • フリードのレッドカラーのコクピットレッド

その日の気分で自由自在にカラー変更できるので、落ち込んだ日はイエローカラーで元気よく、デートの日は落ち着いたブルーカラーで会話を楽しく盛り上げるなど、車の内装の雰囲気をガラっと変更してドライブすることができます。

コンパクトミニバンのフリード唯一のライバル車はトヨタのシエンタ

シエンタのフロントビュー

新型シエンタのライバルとなるのがトヨタから販売されているシエンタです。
シエンタとフリードは長年ライバル関係にあり、販売台数ではフリードがシエンタよりも多くなっていましたが、2015年のフルモデルチェンジを機にたびたび販売台数で上位を奪われる形となっています。

後席ほど着座位置が高くなるシアターレイアウトを採用し、見晴らしの良い視野を確保しています。
コンパクトミニバンのジャンルはフリードとシエンタの一騎打ちとなっているので、車種毎の特徴を良く見極めることが大切です。

シエンタ(FF)
ハイブリッドモデル
フリード(FF)
ハイブリッドモデル
全長 4,235mm 4,265mm
全幅 1,695mm 1,695mm
全高 1,675mm 1,710mm
室内長 2,535mm 3,045mm
室内幅 1,470mm 1,455mm
室内高 1,280mm 1,285mm
総排気量 1.496L 1.496L
車両重量 1,380kg 1,400kg
ホイールベース 2,750mm 2,740mm
最低地上高 145mm 135mm
最小回転半径 5.2m 5.2m
乗車定員 7名 6名
ボディカラー 全13色 全8色
燃費 27.2km/L 27.2km/L
価格 2,226,960円~ 2,256,000円~

モビリオの後継車種 フリードのモデルチェンジ遍歴

フリードはホンダが販売するコンパクトミニバンで、モビリオの後継車種になります。男女のユーザーを問わないフリースタイルなコンパクトミニバンとして人気を集めています。

フリード 初代 GB3/4/GP3型(2008年~2016年)

2008年5月、モビリオの後継車種として初代フリードがデビュー。手ごろなボディサイズから、当初の目標販売台数の5倍の売り上げを記録しました。
2009年3月、インドネシアでの販売を開始しました。5月には一部改良。新タイプの「ジャストセレクション」を設定。
2010年5月、特別仕様車「ハイウェイ エディション」を発売。11月にはマイナーチェンジで燃費性能が向上に寄与する「ECONモード」が追加されました。内装の変更と安全装備も強化されました。
2011年10月、マイナーチェンジ。タイプは「G」「G・ジャストセレクション」「Gエアロ」となります。同時に「フリード ハイブリッド」を追加。タイプは「ハイブリッド」「ハイブリッド・ジャストセレクション」の2グレードです。
2012年4月、新タイプの「GH」を追加し、11月には一部改良で燃費性能の向上。「GH」を廃止しました。
2013年11月、特別仕様車「G・ジャストセレクション+」「Gエアロ・クールエディション」「Hybrid・ジャストセレクション+」を発売。
2014年4月、マイナーチェンジを実施。快適装備の充実とボディカラーの追加が施されました。
2015年5月、特別仕様車「G・プレミアムエディション」「Hybrid・プレミアムエディション」を発売。
2016年9月、2代目と入れ替わりのため、販売を終了しました。

フリード 2代目 GB5/6/7/8型(2016年~)

2016年b9月、フルモデルチェンジで2代目フリードが誕生しました。同時に2列シートの「フリード+」も発売されました。ガソリンモデルには「B」「G」「G Honda SENSING」が、ハイブリッドモデルには「HYBRID B」「HYBRID G Honda SENSING」「HYBRID EX」が用意されました。
2017年12月、コンプリートモデルの「Modulo X」を追加設定しました。
2019年10月、マイナーチェンジを実施。内外装を刷新すると共に、クロスオーバースタイルに仕上げた「CROSSTAR」を追加しました。
2020年5月、コンプリートモデルの「Modulo X」をマイナーチェンジ。新設計のエアロバンパーやフロントグリルのデザインを一新。シート表皮の変更やボディカラーも刷新されました。
2022年6月、一部改良路共に特別仕様車「BLACK STYLE」を発売。
2023年6月、特別仕様車「CROSSTAR BLACK STYLE」を発売しました。

フリードのモデルチェンジ遍歴
フリードのモデル 販売年表
初代 GB3/4/GP3型 2008年~2016年
2代目 GB5/6/7/8型 2016年~

新型フリードは広い室内とカラフルな内装が魅力

フリード

新型フリードはファミリーで使う場合でも十分な広大な室内が魅力です。2列目シートを自由に移動できるベンチシートと、個々に座れるため特別感のあるキャプテンシートをグレード毎に選択できるのもユーザーとしては嬉しい設定です。
かっこいい内装が良いと考えている方にもお勧めできるカラフルなコクピットも長く愛される秘密です。家族にもドライバーにも上質な空間を提供してくれるのが新型フリードです。