ノートのモデルチェンジ

ノートのフルモデルチェンジは2020年12月 全モデルで第2世代のe-POWERを採用

ノートのフルモデルチェンジは2020年12月23日です。3代目ノートはボディタイプは変わらず全長が55mm短く、全高は15mm低くなりました。マイナーチェンジが入ると自動運転技術のプロパイロットを導入し搭載技術も進化して一般道でも使えるようになっているのではないかと考えています。

ノートのフルモデルチェンジは2020年12月 全モデルで第2世代のe-POWERを採用

ノートのフルモデルチェンジは2020年12月 パッケージングやパワートレインを解説

日産が販売するコンパクトカーのノートが2020年12月23日にフルモデルチェンジします。2012年に発売した2代目ノートから約8年が経過して、3代目へ待望のモデルチェンジになりました。

3代目ノートはどのようなパッケージングなのか、ノートから搭載されてセレナにも搭載されているe-powerはどのようになるのか、自動運転技術であるプロパイロットは3代目ノートに搭載されるのかなどを予想していきます。

新型ノートのフルモデルチェンジが2020年12月23日に決定

2020年にフルモデルチェンジした新型ノート2021年に発売するアリアのような大きなVモーショングリルが特徴の新型ノート

日産ノートの次期型モデルが2020年11月24日にオンラインでワールドプレミア、2020年12月23日に発売することを発表しました。4WDモデルは2021年2月に、カスタムモデルのオーテックも2021年2月から販売開始予定です。

ノートのフロントグリルは新型アリアのような、伸びやかなVモーションを採用して、リヤは一文字に見えるガーニッシュに「NISSAN」の文字を配置する完成度の高いエクステリアになっています。
新たなプラットフォームを採用して軽量化することで、燃費性能を向上するとともに安全装備もアップグレード。プロパイロット技術を導入してライバル車と差別化しています。

パワートレインは3気筒の1.2L直列ガソリンエンジンに、モーターとインバーターを刷新した第2世代のe-POWERを全てのグレードに搭載しました。
注目装備として電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドを標準装備、スカイラインに採用するプロパイロット2.0は見送られましたが、上級グレードプロパイロット1.0をオプション設定しています。

グレードは3種類でエントリーグレードのF、中間グレードのS、上級グレードのXです。駆動方式は2WDのFFで、4WDモデルは2020年2月に発売予定です。現行のノートと比較するとグレード体系がスッキリしていて、選びやすくなっています。

3代目新型ノートX 2WDのスペック
全長 4,045mm
全幅 1,695mm
全高 1,520mm
ホイールベース 2,580mm
室内長 2,030mm
室内幅 1,445mm
室内高 1,240mm
最低地上高 120mm
最小回転半径 4.9m
車両重量 1,220kg
総排気量 1.198L
エンジン最高出力 60kW(82ps)/6,000rpm
エンジン最大トルク 103Nm(10.5kgm)/4,800rpm
モーター最高出力 85kW(116ps)/2,900-10,341rpm
モーター最大トルク 280Nm(28.6kgm)/0-2,900rpm
乗車定員 5名
WLTCモード燃費 28.4km/L
3代目新型ノートの販売価格一覧
グレード 駆動方式 販売価格
F 2WD(FF) 2,054,800円~
S 2WD(FF) 2,029,500円~
4WD 2,288,000円~
X 2WD(FF) 2,186,800円~
4WD 2,445,300円~

フルモデルチェンジした3代目新型ノート発表前に噂された情報まとめ

新型ノートが2020年11月24日に発表されました。ノートはシリーズハイブリッドのe-powerを初めて搭載した、日産を象徴するモデルなので、モデルチェンジ発表前までに様々な噂がありました。
3列シートモデルが登場するという噂や、スライドドアを搭載するという噂など、3代目ノートの情報も含めまとめました。

次期型ノートは新プラットフォームCMF-Bを採用し3列シートモデルは設定なし

日産ノートのフルモデルチェンジが2020年11月24日に発表、2020年12月23日に発売します。次期型モデルに5人乗り/7人乗りの3列シートが設定されるという情報がありましたが、3列モデルはラインナップされませんでした。

ノートの3列モデルの噂では、従来とは異なる新プラットフォームCMF-Bを採用し、ホイールベースを延長してスライドドアを搭載。ボディサイズは全長4,045mm、全高1,695mm、全高1,505mmで現行型とほぼ同数値になるという情報がありました。

アメリカ市場で販売中の「ヴァーサノート(日本名:ノート)」は2020年以降ラインナップしないことが明らかに!

2019年版の日産ヴァーサノートのエクステリア2019年版の日産ヴァーサノートのエクステリア

日本では高い支持を得ている日産・ノートは、アメリカでは「ヴァーサノート」の名前で販売されています。このヴァーサノートが2020年以降は米市場においてラインナップから姿を消すことが公式発表されました。2019年型の車両在庫がなくなり次第販売終了となります。

日産ヴァーサノートは最大出力109ps、最大トルク14.8kgmを発揮する自然吸気1.6L直列4気筒ガソリンエンジンを搭載。トランスミッションはエクストロニックCVTです。
北米日産は今回のヴァーサノートの販売終了に伴い、今後は4ドアセダン「ヴァーサ」の販売に集中する計画です。

2020年12月にフルモデルチェンジ予定の新型「ノート」にまさかのスライドドアを採用か

現行型ノートe-POWER現行型ノートe-POWERのエクステリア

正面から見た現行型ノートe-POWER正面から見た現行型ノートe-POWER

2020年12月にフルモデルチェンジをするという噂のある日産「ノート」ですが、プラットフォームを変更し、剛性やボディのサイズアップだけではなく、更なる軽量化へも取り組みます。プロパイロットシステムもアップグレードして搭載されるでしょう。

現行型ノートe-POWERのサイドビューノートe-POWERのサイドビュー 果たしてスライドドアは採用されるのか

大きく期待されるのが、スライドドアの採用です。ファミリー層からの要望も多く、スムーズにクルマの乗降ができるスライドドア機構が新たに取り入れられる可能性が高いという情報があります。実現すれば、ファミリー層にとってますます使いやすい1台になるでしょう。

現行型ノートe-POWERのリアビューリアゲートが大きく開くのでラゲッジルームへの荷物の積み下ろしが楽に行える

パワートレインはe-POWERの性能をアップさせたモデルと、ガソリンを利用する内燃機関モデルのラインナップになる予定で、排気量や排出ガスを低く抑えつつ、トランスミッションの改良で力強い走りを実現してくれることでしょう。

販売価格はまだ明らかになっていませんが、1,500,000円~2,600,000円になるのではないかと予想します。

ノートのフルモデルチェンジ周期から3代目ノートが発売される時期を予想

日産ノートのエクステリア2016年にe-powerを追加したノート モデルチェンジの周期から考えるとフルモデルチェンジは2020年12月になると考える

ノートのモデルチェンジは2020年12月になると噂されていますが、初代から2代目へのモデルチェンジや2代目のマイナーチェンジは発売からどのくらいの期間で行われたのでしょうか?さっそくノートのマイナーチェンジ時期やモデルチェンジ時期をチェックしてみましょう。

ノートのモデルチェンジ周期
2005年1月 初代ノート発売
2008年1月(3年) マイナーチェンジ(後期型)
2012年9月(4年8ヶ月) 2代目へモデルチェンジ
2013年12月(1年3ヶ月) マイナーチェンジ
2014年10月(10ヶ月) マイナーチェンジ
2015年7月(9ヶ月) マイナーチェンジ
2016年11月(1年4ヶ月) マイナーチェンジでe-power追加(後期型)
2020年12月 モデルチェンジで3代目へ?

2016年11月のマイナーチェンジでフェイスリフトを行いVモーショングリルを採用しました。前期型では小さく控えめだったフロントグリルは大きく存在感が増し、V字のメッキが施されています。e-powerエンジンではVメッキのグリル周りに青い装飾が加飾されていて特別感があります。

初代ノートがモデルチェンジするまでの年月は7年8ヶ月で、2012年12月に発売された2代目ノートは2020年12月にモデルチェンジすると考えます。e-powerを普及させた後期型の2代目ノートは、ボディタイプはそのままでセレナやエクストレイルに搭載されているプロパイロットを手に入れてモデルチェンジすると考えます。

ノートのフルモデルチェンジ後のパッケージングは5ナンバーを維持?5ドアハッチバックの形は変わらない

ノートがモデルチェンジしたあとのボディサイズは、コンパクトハッチバックの5ナンバーサイズを維持すると考えます。初代ノートの全長は4,020mm、2代目ノートの全長は4,100mmになっていて、3代目では4,110mmになり、荷室が更に広く使えるようになるのではないかと予想します。

3代目ノートのボディサイズ(予想)
全長 4,110mm
全幅 1,695mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,600mm

日産ノート メダリスト日産ノート メダリスト

高級感のあるコンパクトカーとして人気だったティーダの後継モデルとして登場したのがノートメダリストでしたが、ノートの中のグレードですので全長は同じで内装はティーダに追いついていないと感じたティーダオーナーも多くいたと考えます。

そこで、3代目ノートではティーダのボディサイズに近づけ全長は4,200mmに設定し、乗員の室内空間確保と荷室の拡大を行って本格的にティーダの後継モデルとしての役割を担うものと考えます。

2018年現在ではティーダが生産終了したのは2012年7月で、すでに6年が経過しています。2008年のマイナーチェンジで購入した人は10年が経過しているためそろそろ車体も10年10万kmに到達しようとしているところで、3代目ノートがティーダユーザーの心を掴まえることができるのかが勝負どころだと感じます。

ノートのフルモデルチェンジでプロパイロットを追加

ノートのモデルチェンジで更なる高級感や使い勝手を追求し、同一車線自動運転技術のプロパイロットが導入されると考えます。ボディタイプ別で分けるとハッチバック・SUV・ミニバンの3種類にプロパイロットが導入されていて、残るはコンパクトカーと軽自動車、セダンそしてスポーツカーです。

プロパイロット導入済み・搭載決定車種

  • リーフ(日本・北米・欧州)
  • セレナ(日本)
  • エクストレイル(日本)
  • ローグ(北米)
  • ローグスポーツ(北米)
  • アルティマ(北米)
  • キャシュカイ(欧州・カナダ)

日産は「MOVE to 2022」という計画の中で、プロパイロットを20車種に搭載して様々な市場に投入すると発表しています。現在プロパイロットが導入されている、今後導入することが決定している車種は、リーフ・セレナ・エクストレイル・ローグ・ローグスポーツ・キャシュカイ・アルティマの7車種です。

北米のアルティマに導入されるということは、日本市場のティアナかフーガに搭載される可能性も高く、コンパクトカーの3代目ノートに搭載されるかどうか注目が集まります。

また、2022年ごろに導入されると考えると搭載技術も進化して一般道でも使えるようになっているのではないかと考えていて、コンパクトカーのノートは通勤・買い物などに使う人が多いため一般道で使えるプロパイロットはとても助かる機能なのではないかと思います。

ノートのモデルチェンジ後はe-powerの性能がアップするかもしれない

2代目ノートの後期型へのマイナーチェンジで追加されたパワートレインがe-powerと呼ばれるもので、従来の3気筒1.2Lエンジンとリーフのパワートレインを搭載したものです。リーフはピュアEVですので充電が必要ですが、ノートe-powerはガソリンエンジンで発電するため従来のガソリン車のように扱うことができます。

2代目ノートe-powerの燃費は37.2km/Lですが、車両各部の見直しにより燃費は40.0km/Lを目指すと考えます。駆動部分を担当するEM57は、リーフでは最高出力150PSに対しe-powerでは95PSになっていて、3代目ノートe-powerでは100PSを超える出力を確保するのではないかと予想します。

ノートe-powerのモデルチェンジは2020年12月に行われプロパイロットはオプション設定になると予想

初代ノートの時代は絶好調だった2代目キューブや3代目マーチの影に隠れてひっそりと販売されていたノートですが、モデルチェンジされてからはe-powerを初搭載する車種としてコンパクトクラスの主役をはるくらい出世しました。

フルモデルチェンジしたあとすぐの頃は、エンジンが直列4気筒1.5Lから直列3気筒1.2Lになりダウンサイジングエンジンを比較的早い段階で展開していましたが、直4エンジンから直3エンジンになってグレードダウンした、スーパーチャージャー搭載モデルでも先代よりパワーがないというマイナスイメージからか、出足は良くなかった印象でした。

ですが、マイナーチェンジでのフェイスリフトでスタイリッシュになり、e-powerを搭載したことで燃費やパワーも向上したことによりユーザーの支持を得て爆発的に売れています。仕様変更によりe-powerに4WDも追加されたことで、雪国のユーザーも興味が湧いているのではないでしょうか。
モデルチェンジ時期は2020年12月になると考えていて、プロパイロットは最上級グレードにオプション設定されると予想します。