モデルチェンジの新着記事

新型eKワゴン・eKクロスがフルモデルチェンジで自動運転支援MI-PILOT搭載やハイブリッドを設定

eKワゴン/eKクロスのモデルチェンジ

eKワゴン・eKクロスのフルモデルチェンジは、2019年3月28日に行われました。従来どおりのガソリンエンジンのほかにも、先進運転支援技術を搭載したハイブリッドモデルも発売します。燃費もよくなりさらに使いやすくなったeKワゴンとeKクロスを紹介。

新型eKワゴン・eKクロスがフルモデルチェンジで自動運転支援MI-PILOT搭載やハイブリッドを設定

ヴォクシーのフルモデルチェンジは2022年前半 TNGAと2.0Lハイブリッド採用で力強く進化

ヴォクシーのモデルチェンジ

トヨタのミニバン「ヴォクシー」がフルモデルチェンジを行う可能性があります。2022年に誕生が実現すると4代目ヴォクシーは、世界最高レベルの熱効率を実現するエンジンを搭載し、TNGAを採用してクラスNo.1の低燃費になるでしょう。

ヴォクシーのフルモデルチェンジは2022年前半 TNGAと2.0Lハイブリッド採用で力強く進化

メルセデス・ベンツ「GLS」がフルモデルチェンジ~PHEV・マイルドハイブリッドも登場か

ベンツ GLSのモデルチェンジ

メルセデス・ベンツのフラッグシップSUV「GLS」がフルモデルチェンジを行いました。早ければ2019年に欧州で先行発売した新型モデルは、MHAプラットフォームを採用し・部分的自動運転が可能な運転システムを搭載。

メルセデス・ベンツ「GLS」がフルモデルチェンジ~PHEV・マイルドハイブリッドも登場か

デリカD2のマイナーチェンジ(一部改良)で夜間歩行者対応の自動ブレーキを装備

デリカD2のマイナーチェンジ

デリカD2に2018年8月に一部改良のマイナーチェンジが入りました。全車サポカーSワイドに該当するようになり、自動ブレーキも夜間歩行者に対応・オートハイビームも搭載し夜のドライブも安心して行けるようになります。

デリカD2のマイナーチェンジ(一部改良)で夜間歩行者対応の自動ブレーキを装備

タンクがマイナーチェンジ スマアシ3を搭載し特別仕様車Cozyエディション追加

タンクのマイナーチェンジ

2016年に誕生した「タンク」のマイナーチェンジが初めて行われました。2018年11月1日に発売された新型モデルは、OEM供給を行うダイハツの先進予防安全機能「スマートアシスト3」を搭載しました。

タンクがマイナーチェンジ スマアシ3を搭載し特別仕様車Cozyエディション追加

ルーミーがマイナーチェンジで安全装備を強化 タンクを統合して押し出しの強いスタイルに

ルーミーのマイナーチェンジ

ルーミーは2020年にマイナーチェンジ。2018年11月1日にも一部改良のマイナーチェンジが入り、安全装備がスマートアシスト3になるなど大幅な進化を遂げています。Gグレードをベースとする特別仕様車のCozy Editionも設定され、撥水ファブリックシートが装備されるなど使い勝手も良くなっている。

ルーミーがマイナーチェンジで安全装備を強化 タンクを統合して押し出しの強いスタイルに

BMW Z4がフルモデルチェンジを行って復活~新型エンジンと電動ルーフを搭載

BMW Z4のモデルチェンジ

BMWを代表する2シータークーペ「Z4」がフルモデルチェンジを行って復活。トヨタのスープラと共同開発を行う新型モデルは、メッシュタイプのキドニーグリルを採用し、新開発エンジンと電動ルーフを搭載。

BMW Z4がフルモデルチェンジを行って復活~新型エンジンと電動ルーフを搭載

アルティスがマイナーチェンジ(一部改良)安全機能を強化、デザインの改良で2021年2月発売

アルティスのマイナーチェンジ

アルティスのマイナーチェンジは2021年2月に行われていて、今回で2回目の一部改良となります。前回のマイナーチェンジの方法も含め、アルティスの一部改良の詳細を詳しく説明していきます。歩行者検知の安全機能や電気式4WDシステムの追加など。

アルティスがマイナーチェンジ(一部改良)安全機能を強化、デザインの改良で2021年2月発売

アウディTTクーペがマイナーチェンジ 新デザインのシングルフレームグリルで日本導入

アウディ TTクーペのマイナーチェンジ

コンパクトスポーツカーを代表するアウディTTクーペ・ロードスターのマイナーチェンジが欧州では2018年後半に行われます。最新のバーチャルコックピットを搭載するなど全ての面で進化した同車の魅力を紹介。

アウディTTクーペがマイナーチェンジ 新デザインのシングルフレームグリルで日本導入

カムリのマイナーチェンジ(一部改良)で2021年2月1日から発売。エクステリア・インテリアも刷新

カムリのマイナーチェンジ

カムリのマイナーチェンジ(一部改良)が2021年2月1日に行われ最新の予防安全パッケージを実装、ディスプレイオーディオを8インチから9インチに変更して、パノラミックビューモニターをオプション設定できるように改良がされました。またデザインも新型へと変更となりました。

カムリのマイナーチェンジ(一部改良)で2021年2月1日から発売。エクステリア・インテリアも刷新

ポルシェマカンがマイナーチェンジ テールランプを一体化してボディカラーを4色追加

ポルシェ マカンのマイナーチェンジ

ポルシェのコンパクトSUV「マカン」が2019年にマイナーチェンジを行いました。新型モデルはボディカラーを4色追加し、テールランプは左右を一体化させて、タイヤやホイールは新デザインを採用します。

ポルシェマカンがマイナーチェンジ テールランプを一体化してボディカラーを4色追加

ノアのフルモデルチェンジは2022年 ハイブリッド車はクラスNo.1の低燃費を実現か

ノアのモデルチェンジ

家族のミニバン「ノア」が2022年春頃にフルモデルチェンジを行う可能性があります。新型モデルは世界最高レベルの熱効率を達成するダイナミックフォースエンジンを搭載、新タイプの無段変速機を組み合わせてクラスNo.1の低燃費を実現か。

ノアのフルモデルチェンジは2022年 ハイブリッド車はクラスNo.1の低燃費を実現か

ヴェゼルのモデルチェンジは2021年4月23日 ボディ同色グリルのクーペスタイルに進化

ヴェゼルのモデルチェンジ

ヴェゼルのフルモデルチェンジは2021年4月23日で、ガソリンモデルには1.5Lのガソリンエンジンを、ハイブリッドモデルにはe:HEVと1.5Lエンジンを組み合わせています。

ヴェゼルのモデルチェンジは2021年4月23日 ボディ同色グリルのクーペスタイルに進化

スカイラインのフルモデルチェンジは2024年か 現行モデルで生産終了の噂も

スカイラインのモデルチェンジ

日産を代表する車スカイラインのフルモデルチェンジが2024年以降に行われえ可能性があります。14代目スカイラインが未来のニーズに応えて搭載する「プロパイロット3.0」や「VCターボエンジン」の魅力を紹介します。

スカイラインのフルモデルチェンジは2024年か 現行モデルで生産終了の噂も

カローラアクシオのモデルチェンジ情報 法人向けモデルとしてカローラと併売

カローラアクシオのモデルチェンジ

カローラアクシオのモデルチェンジ情報を解説。トヨタのコンパクトセダン「カローラアクシオ」は今後も法人向けモデルとして2019年9月発売の新型カローラ(セダン)と併売されます。

カローラアクシオのモデルチェンジ情報 法人向けモデルとしてカローラと併売

アルファードのフルモデルチェンジは2023年か TNGAプラットフォームを手に入れる

アルファードのモデルチェンジ

アルファードのモデルチェンジは2023年になると予想されています。モデルチェンジやマイナーチェンジ周期の周期から少し経過した約6年でフルモデルチェンジすることになり、4代目アルファードになる時期は2023年になると考えられます。

アルファードのフルモデルチェンジは2023年か TNGAプラットフォームを手に入れる

ハリアーがモデルチェンジでクーペSUVに スペックや内装など新型画像も

ハリアーのモデルチェンジ

ラグジュアリーSUVハリアーのフルモデルチェンジは2020年6月を予定。4代目ハリアーは調光ムーンルーフやドラレコ付きデジタルインナーミラー、第2世代のトヨタセーフティセンスを搭載します。

ハリアーがモデルチェンジでクーペSUVに スペックや内装など新型画像も

ステップワゴンのフルモデルチェンジは2022年 5ナンバー維持で乗りやすい車に

ステップワゴンのモデルチェンジ

ステップワゴンのフルモデルチェンジはいつになるのでしょうか?モデルチェンジ周期を見てみると東京オリンピックが開催される2022年4月頃になると予想でき、エクステリアはキープコンセプトになると考えられます。

ステップワゴンのフルモデルチェンジは2022年 5ナンバー維持で乗りやすい車に

オデッセイはフルモデルチェンジせず狭山完成車工場閉鎖に伴い2021年内で生産終了

オデッセイのモデルチェンジ

オデッセイはフルモデルチェンジせず生産終了を決定。2013年に発売した5代目オデッセイはハイルーフミニバンとなり、のちにハイブリッドエンジンの追加やホンダセンシングのクルーズコントロールに渋滞追従機能をつけるなど期待されているモデルです。

オデッセイはフルモデルチェンジせず狭山完成車工場閉鎖に伴い2021年内で生産終了

シエンタのフルモデルチェンジはいつ?コネクティッドカーとなり2022年に登場

シエンタのモデルチェンジ

シエンタのフルモデルチェンジは早くて2022年に行われると予想されていて、エクステリアはキープコンセプトになり、機能も両側スライドドア・3列シート7人乗りのコンセプトを受け継ぐと考えられます。

シエンタのフルモデルチェンジはいつ?コネクティッドカーとなり2022年に登場