新型MX-30

MX-30はマツダの新世代ピュアEVで2020年9月発売!フリースタイルドアで積載性の高い一台

MX-30のコックピット・インパネ周りやエクステリアデザイン、パワートレインなどを紹介。MX-30の次世代モデルならではの先進装備やRX-8以来となるフリースタイルドアを採用している点にも注目していきます。

MX-30はマツダの新世代ピュアEVで2020年9月発売!フリースタイルドアで積載性の高い一台

新型MX-30は2020年に国内で発売!エクステリア・インテリア・各種装備・パワートレインを解説

東京モーターショー2019でマツダ初となる量産型EV車「MX-30(エムエックス サーティ)」がワールドプレミアされました。マツダからは事前に新型EVを出展するとの予告やティーザー動画の公開はありましたが、車名や具体的なデザインについては出展当日の発表となりました。

新型MX-30は自然体でいられる創造的な時間と空間を提供し、EVモデルにおいてもマツダが掲げる人馬一体の走りを実現。丸本明社長が開いた2020年1月6日の記者会見では、2020年内に国内市場へ投入すると明かされています。マツダ新世代商品の第3弾にあたるMX-30の気になるエクステリアやインテリア、走行性能、先進装備などを解説します。

新型MX-30の生産が2020年5月19日から宇品第1工場でスタート

MX-30の生産が国内で開始。マツダ初のEV(電気自動車)ということで、世界中から注目されているモデルです。
生産は2020年5月19日から広島県広島市南区にある宇品第1工場で始まり2020年の秋頃に欧州市場へデリバリーが開始されます。日本国内でも2020年中に予約・販売が行われると予想されています。

また日本国内の市場にはEVモデルではなくガソリンモデルを先行販売するという情報もあります。欧州市場ではEVモデルから投入するということで、MX-30のEVモデルは欧州から遅れて日本市場に登場する可能性が高いと考えます。

英国市場でMX-30がプレオーダー開始!

MX-30のイギリスモデルイギリス仕様のMX-30のエクステリア

ソウルレッドクリスタルメタリックペイントのMX-30ソウルレッドクリスタルメタリックペイント

セラミックメタリックペイントのMX-30セラミックメタリックペイント

ポリメタルグレーメタリックのMX-30ポリメタルグレーメタリック

セラミックメタリックのMX-30セラミックメタリック

イギリス市場において、マツダ・MX-30のプレオーダーがスタートしました。500台限定販売となる「MX-30ファーストエディション」は2021年3月から発売開始で、価格は2万7495ポンド(日本円でおよそ360万円)からとなります。
ボディカラーは全4色で、「ソウルレッドクリスタルメタリックペイント」「セラミックメタリックペイント」「ポリメタルグレーメタリック」「セラミックメタリック」が用意されています。

MX-30がドイツで先行予約をスタート 予約金はおよそ10万円

MX-30のエクステリアMX-30のエクステリア

東京モーターショーでワールドプレミアされたマツダのピュアEV車「MX-30」が、ドイツ市場で先行予約を開始しました。初回限定モデルの「MX-30ファーストエディション」の予約金は約10万円、車両価格は約410万円から。納車時期は2020年9月となる見込みです。
パワートレインは35.5kWhのバッテリーを搭載。最高出力は143ps、最大トルクは265Nmで航続可能距離は200kmとなります。

ボディカラーは「ムーンストーンホワイトメタリック」「ホワイトメタリック」「ソウルレッドクリスタル」「ポリメタルグレーメタリック」の4カラーを用意。足元にはがっしりとしたデザインの18インチアルミホイールが装備されます。

車内はクローム加飾を施した上質感あふれるスタイル。ナビゲーションシステムやインフォテインメントディスプレイを搭載し、スマートフォンと車両をつなぐインフォテインメントシステム「マツダコネクト」を装備します。ヘッドアップディスプレイや8スピーカーサウンドシステムなどの装備も充実しています。
また、i-Activsenseセーフティスイートを標準装備とし、駐車操作から走行中まで安全運転に貢献します。

「Human Modern」をコンセプトとしたマツダMX-30のエクステリアはフリースタイルドアを採用

新型MX-30のエクステリア新型MX-30のエクステリア

新型MX-30のサイドビュー新型MX-30の斬新なフリースタイルドア

Human Modern(ヒューマン モダン)をデザインコンセプトに掲げる新型MX-30のエクステリアは、魂動デザインをさらに進化させた流麗なスタイル。ソリッドで滑らかなボディラインにシャープなヘッドライトが特徴です。

新型MX-30のエクステリア(リヤスタイル)新型MX-30のエクステリア(リヤスタイル)

東京モーターショーで展示された個体はホワイトのボディカラーにブラックルーフを搭載する2トーンカラー。MX-30のボディサイズは4,395mm×1,795mm×1,570mmでホイールベースは2,655mm。CX-30よりも全高が30mm高いコンパクトなサイズ感です。足元には215/55R18のタイヤを装着します。

フリースタイルドアを採用したMX-30フリースタイルドアを採用したMX-30。観音開きのドアはRX-8以来の導入となる

フリースタイルドアを採用している点も、新型MX-30の大きな特徴でしょう。デザイン面で自由な発想を取り入れるとともに、実用性の向上に貢献しています。ピラーレスでドアが大きく開くので、荷物の積載性も抜群です。

MX-30のアルミホイール高級感のあるグロスブラックが目をひくMX-30のアルミホイール

足元には艶やかなグロスブラックのアルミホイールを装着。たくましく躍動感のある5本のスポークがリムオーバーしており、強い存在感を放ちます。

なお、新型MX-30(欧州仕様車)に搭載されるパワートレインについては以下の通り。搭載電池量は35.5kWhとコンパクトで、フル充電での後続可能距離は200kmとなります。駆動方式はFFですが、今後重量の問題を解決できれば4WDが設定される可能性もあるでしょう。

MAZDAMX-30のパワートレイン
パワートレイン e-SKYACTIV
駆動用バッテリー 角型(prismatic)355Vリチウムイオン電池
総電力量(バッテリー容量) 35.5kWh
充電 DC充電:COMBO規格
AC充電:最大入力6.6kW

MX-30のインテリアデザインはナチュラルな風合いの素材を散りばめた安心感のあるスタイル

マツダMX-30のシートインテリアマツダMX-30のシートインテリア

マツダMX-30のコックピットマツダMX-30のコックピット

新型MX-30には、グレーにブラウンのアクセントカラーをきかせたファブリックシートを装備。水平基調のコックピット・インパネ周りはスタイリッシュなブラックでまとめられており、操作系は整然とレイアウトされています。メーターはハイコントラストで昼間の運転中も視認性の高い作りです。

ヘリテージコルク素材を使ったコンソールトレイヘリテージコルク素材を使ったコンソールトレイはナチュラルな質感

MX-30のテールゲートは開口部が大きいMX-30のテールゲートは開口部が大きく低床フロアで荷物の積載がスムーズに行える

マツダMX-30のセンターコンソールは空間に浮かび上がっているような形状が特徴的。岡山県にある内山工業株式会社との協働でヘリテージコルクのトレイを設置しています。木の皮を剥いで作られる温もりの感じられるコルク素材は地球環境にも優しく、MX-30の心地よい空間づくりに大きく貢献します。
また、ラゲッジスペースもコンパクトサイズながら十分なスペースを確保します。

MX-30は先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を搭載しドライバーの安全運転をサポート

MX-30のエネルギー吸収構造高強度で安全性能の高いMX-30のエネルギー吸収構造

新型MX-30は、カメラやミリ波レーダーを駆使した先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を装備。交差点での衝突事故を防止する機能がついた「スマート・ブレーキ・サポート」や、白線のない道路での逸脱防止システムを追加しています。

重量のあるバッテリーパックをフロア下に積みつつも、優れた走行安定性を実現。ボディ剛性も強化されており、効率的なエネルギー吸収構造を採用することで衝突安全性能を大幅にアップ。バッテリーにも保護構造が導入されています。

新型MX-30はヨーロッパで先行予約受付をスタートし2020年に日本導入

マツダMX-30については、東京モーターショーに登場した2019年10月23日から欧州市場で予約受付を開始しており、2020年初めより発売されることが明らかになっています。
日本市場での発売についても、2020年1月に開かれた記者会見では「2020年内に国内市場へ投入する」との発表がありました。COBBYでは今後もマツダ初の量産型EVである新型MX-30の動向について注目していきます。