フィットのモデルチェンジ

フィットのフルモデルチェンジは2019年10月で大幅なデザイン変更とSUVモデルを追加か

フィットのフルモデルチェンジの時期は2019年10月に行われると考えられています。ホンダセンシングをアップグレードして後方誤発進抑制機能や渋滞追従クルーズコントロールの搭載、価格帯は据え置きになるなど、フィットのモデルチェンジ情報を紹介。

フィットのフルモデルチェンジは2019年10月で大幅なデザイン変更とSUVモデルを追加か

フィットのフルモデルチェンジは2019年10月 装備や価格帯まとめ

フィットのフルモデルチェンジはいつ行われるのでしょうか?2013年に行われたフルモデルチェンジでフィットは3代目となり、2017年にはマイナーチェンジを行って安全装備である「ホンダセンシング(Honda SENSING)」を搭載してより便利な車へと進化しました。

歴代のフィットは6年ごとにフルモデルチェンジを行っているので、3代目フィットから4代目フィットへ進化する時期は2019年10月だと予想します。そこで、フィットのフルモデルチェンジ後のエクステリアやボディサイズ、搭載エンジン、搭載装備に発売日や価格帯を紹介します。

新型フィットのインテリア画像をキャッチ!

新型フィットの開発車両新型フィットの開発車両からインテリアが確認できる

走行テストを繰り返している新型フィットですが、車内のインテリアの様子が少しずつ明らかにされています。

もっとも目を惹くのは、大型ナビゲーションディスプレイ。6年ぶりのフルモデルチェンジですから、最先端のナビゲーションシステムなどを積極的に搭載し、ユーザーの利便性を大きく向上させるのだろうと期待が高まります。

新型フィットの内装新型フィットの開発車両から大型ディスプレイが搭載されているのが確認できる

ディスプレイのメタルフレームによって車内全体はメカニカルな印象に。ディスプレイ下には、エアコン調整用と思われるダイヤルの存在が見て取れます。

新型フィット(FIT4)はHonda SENSINGを標準装備し高い安全性能を有するモデルへ

新型フィット(FIT4)新型フィット(FIT4)は安全面に注目

ホンダ新型フィットについて、ホンダ独自の安全運転支援システム「Honda SENSING」が全車に標準装備されるという新情報が入ってきました。
新型フィットに搭載されるHonda SENSINGの内容は、2019年7月18日に発売されるホンダ・N-WGNが装備するものと同等、あるいはそれらに加え新機能が追加される可能性が高いとされています。なお、エヌワゴンが標準装備するホンダ・センシングの機能は以下の通りです。

ホンダ新型N-WGNのホンダセンシングの機能一覧

  • 衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • 路外逸脱抑制機能
  • タ渋滞追従機能付ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
  • LKAS〈車線維持支援システム〉
  • 後方誤発進抑制機能
  • オートハイビーム

さらに、新型フィットはサイドブレーキから電動パーキングブレーキ(EPB)に変更されるのではないかと予想します。これは、新型N-WGNやフィットをベース車両とするホンダ・ヴェゼルが電動パーキングブレーキを搭載しているためです。

また、現在日本の各所で目撃されている開発車両は、4穴のブラック塗装アルミホイールを装着したスポーティーなエクステリアです。ホイールデザインを含め、次期フィットのグレード間での違いがどうなるのかにも注目が集まります。

なかなか見えてこない次期フィットのエクステリア グリルレスになるとの情報も

東京モーターショー2019に登場すると言われている時期フィットですが、開発車両がまだヴェールを脱がないのでどんなエクステリアになるのか、想像の域を出ていませんが、グリルレスになるのではないかとの噂があります。グリル代わりにスリットが入り、ヘッドライトとスリットでつながるのではないかとの予想です。

エクステリアは、ボディサイドのキャラクターラインがなくなり、シンプルなデザインになるのではないでしょうか。

インパネで目を見張るのは、ステアリングの一に影響がでない、上面が平らになった形状が採用されていることです。メーターバイザーがなく、完全にメーターパネルが埋め込まれている状態になるとみられます。

モニター画面はフローティング方式を採用し、基本的なナビやオーディオ機能だけではなく、コネクティッド機能も搭載し、さまざまな情報を通信で得ることができるでしょう。なお、コネクティビティサービスは、月額使用料が必要になるとのことです。

パワートレインは、以前紹介したとおり、2モーター式のi-MMDが採用されます。ホンダでi-MMDがすでに採用されているインサイトやステップワゴン、アコードではモーターの走行領域の広さに魅了され、エンジンが高速域で直結状態になることも見逃せません。

次期フィットでは、実用燃費が向上するだけではなく、高速走行時の静粛性や効率アップは、とても優秀であることは間違いないでしょう。

次期「フィット」は東京モーターショー2019で発表確実!i-MMD採用の2モーターHV搭載

新型フィットハイブリッドエンブレムヨートッパホンダが発表したi-MMDを採用した新型スィットのハイブリッドエンブレムのティザー画像

これまで次期「フィット」について、プロトタイプなど、様々な情報を掲載してきましたが、新型フィットの発表が、2019年10月の、東京モーターショー2019であることが正式に決定しました。

ヨーロッパホンダが正式発表したのは「i-MMDハイブリッド」の存在です。i-MMDを採用したハイブリッドの存在が明らかになりましたが、ターボモデルがあるという情報はまだ明らかになっていません。

現行のフィットに搭載されているハイブリッドはi-DCDで1モーターなのに対し、i-MMDは走行用と発電用の2つのモーターを持ち、走行モードもバッテリーから電力が供給される「SVドライブモード」エンジンから発電される「ハイブリッドモード」に加え、「エンジンドライブモード」の3つの走行モードを使い分けることができます。

多くの国で愛されているフィットが日本でワールドプレミアされるのは嬉しいことです。更なる新しい情報を求めて、新型フィットを追及していきます。

新型フィットの追加情報を入手!気になるパワートレインを予想!

すでに紹介している新型フィットのプロトタイプですが、新情報を入手しました。今回とらえられたプロトタイプでは、ヘッドライトやテールライトなど、前回のプロトタイプと比べると、カモフラージュが落とされている箇所がいくつか確認できます。

新型フィットの最新プロトタイプ新型フィットの最新プロトタイプをスクープ!大型LEDライトが確認できる

新型フィットの最新プロトタイプのリアエンド新型フィットのプロトタイプからテールライトがワイドになっているのがわかる

ワンディングロードを走行する車両を確認すると、新LEDデイタイムランニンウグライトを装備した大型のヘッドライトがあらわになっています。フロントグリルはワイドで横スラットが3本入っており、躍動感のあるコーナーエアインテークの形も確認できます。リアエンドはテールライトがリアゲートをまたぐように配置されています。

新型フィットのウィンドウ越し新型フィットには大型ディスプレイを搭載か!?

インテリアの詳細はまだ明らかになっていませんが、走行中のウィンドウ越しに、大型ナビゲーションディスプレイが搭載されているのが確認できます。

気になるパワートレインですが、1.0L直列3気筒エンジンで最大出力110psを発揮するモデルと、1.3L直列3気筒ガソリンエンジンで最大出力153psを発揮するモデル、1.5L直列4気筒+i-MMDハイブリットエンジンを搭載する3つのパワートレインを搭載すると考えられます。また航続距離330kmのEVもラインナップする可能性も考えられます。

ワールドプレミアは早くて2019年秋ころで、東京モーターショー2019で公開するかもしれません。また、遅れた場合は2020年前半にずれ込む可能性もあるでしょう。

秋のフルモデルチェンジで新型フィットRSに待望のターボ登場か!?

2019年10月にフルモデルチェンジする新型フィットRSのエクステリアの予想イラストフルモデルチェンジする新型フィットRSにターボが登場の期待

秋にフルモデルチェンジ予定のフィットですが、「RS」がスポーツバージョンとして設定されるのではないかと噂されています。

現在、フィットRSはガソリンエンジンの1.3Lと1.5L、ハイブリッドの1.5Lの3つのラインナップがありますが、モデルチェンジ後は新開発された1L3気筒ターボ、1.5Lガソリン、1.5Lハイブリッドのラインナップになえると予想されます。

ですが、RSにターボを搭載する場合、現在の1.5LのNAエンジンの走行能力を高めるためトルクフルに改修し、より進化させたエンジンになると思われます。

1.5Lハイブリッドユニットも新開発となることから、モデルチェンジ後のハイブリッドにも「RS」を設定するという噂もあります。

海外で撮影された新型フィットのスパイショットを紹介

2019年10月にフルモデルチェンジを行う可能性が高い新型フィットの走行中のスパイショットが海外で撮影されました。

撮影された新型フィットは1.0Lエンジンを搭載している、またはEV(電気自動車)だ、としている意見もあり新型フィットにはガソリンエンジンの他にEVやPHEVのパワートレインも用意されるのではないかと考えています。

2019年10月にフルモデルチェンジする新型フィットのスパイショットフルモデルチェンジする新型フィットのスパイショット

2019新型フィットのフロントビューのスパイショット新型フィットはエクステリアが大幅に変化する噂もある

2019新型フィットのリヤビューのスパイショットリヤビューは従来のフィットを受け継ぐボリュームあるスタイリング

新型フィットの発売はまだまだ先なので、パワートレイン・エクステリア・インテリアなど重要な部分の詳細は明らかになっていませんが、いち早くスパイショットが撮影されたことで新型フィットの開発は順調なのではないでしょうか。

ほかにも、2019年秋にモデルチェンジするという噂もあり、新型インサイトに搭載する2モーターの1.5リットルハイブリッドエンジン(i-MMD)を新型フィットにも装備するといわれています。目指す燃費は40.0km/Lで、ライバルであるノートe-powerやアクアのカタログ燃費を超えることとなるでしょう。

エクステリアはソリッドウィングフェイスとN-ONEのハッキリとしたグリルを足したようなデザインで、ヘッドライトは流行りのキリッとしたタイプから少し優しくなった初代・2代目寄りの楕円形になります。目頭部分には3つのLEDが配置されていてデイライトの役割を担うものと予想します。

ほかにも、3代目モデルでフォグランプが搭載される位置には導光タイプのLEDが装着されていて、リアテールランプにソリッドウィングフェイスを採用したような横に伸び伸びとしたデザインになります。
今後モーターショーなどでも新型フィットの情報が公開されることが考えられるため、追加情報を楽しみにしましょう。

フィットのフルモデルチェンジ後のエクステリア クロスオーバースタイル(SUVスタイル)もラインナップに追加する可能性がある

新型シャトルのエクステリアシャトルのフロントフェイス

4代目フィットのエクステリアは、ホンダの顔である「ソリッドウィングフェイス」を取り入れていますが、マイナーチェンジしたシャトルほど迫力のある顔ではありません。4代目フィットでは、メッキパーツを用いてより強調されたフェイスリフトが行われると考えられます。

ボディサイズは3代目とさほど変わらずに5ナンバーサイズを維持しますが、全長が少しだけ伸びて4mを超える可能性もあります。

また、トヨタのアクアでラインナップされている車高を上げたSUVスタイルの「クロスオーバー」も新型フィットに設定することも考えられます。

歴代フィットの全長

  • 初代:3,830mm~3,850mm
  • 2代目:3,900mm~3,920mm
  • 3代目:3,955mm~4,045mm
  • 4代目:3,995mm~4,050mm?

フィットはフルモデルチェンジを重ねるごとに全長が少しずつ伸びていて、4代目フィットではエアロパーツを装備していない標準グレードで、少しサイズアップして全長4,050mmと4mを超える全長になると予想します。全幅は5ナンバーサイズギリギリの1,695mm、全高は変わらず1,520mmになります。

4代目フィットボディサイズ(予想)
全長 4,050mm
全幅 1,695mm
全高 1,520mm
ホイールベース 2,530mm

フルモデルチェンジ後の新型フィットのハイブリッドモデルは日本初1.0Lの3気筒ダウンサイジングターボエンジンを搭載すると予想

フルモデルチェンジ後のフィットのエンジン

新型フィットのハイブリッドモデルには、日本では初搭載の「1.0Lのダウンサイジングターボエンジン」が搭載されると考えられています。

2015年にフルモデルチェンジしたステップワゴンには、「L15B」の1.5Lダウンサイジングターボエンジンを搭載していることを見ると、今後は小排気量で燃費が良くパワーはターボで補うエンジンを中心に展開していくか新型CR-Vやステップワゴンなどに搭載されている2モーター式のスポーツハイブリッドi-MMDを搭載するでしょう。またアクアやノートe-powerなどライバルの燃費を超える40.0km/Lの燃費を目指すと予想します。

1.0Lターボエンジンスペック
種類 直列3気筒
過給機 ターボ
排気量 988cc
最高出力 129PS/5,500rpm
最大トルク 20.5kgm/2,250rpm

3代目フィットのガソリンエンジンと比べてみると1.5Lの最高出力は132PSで、1.0Lターボエンジンは1.5Lの自然吸気(NA)エンジン並みのパワーがあるといえます。排気量が小さいので燃費向上も期待が出来て、税金も1,000cc以下の29,500円になります。

フィットのフルモデルチェンジ後の安全装備はN-BOXと同じホンダセンシングを搭載

幹線道路を走るフィット

フルモデルチェンジして4代目となるフィットには、3代目後期型で搭載されたホンダセンシングが引き続き搭載されます。

3代目フィットのホンダセンシング(Honda SENSING)スペック

  • 衝突軽減ブレーキ
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • アダプティブクルーズコントロール
  • 車線維持支援システム
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能

3代目後期型フィットのHonda SENSINGに搭載されている「アダプティブクルーズコントロール」は、約30km/h~100km/hの範囲で作動するクルーズコントロールで、新型フィットでは約0km/hから100km/hの全車速対応型になり便利になると考えられます。

他にも、誤発進抑制機能に前方だけではなく、新型N-BOXに搭載された後方への抑制機能も搭載されると予想します。

フィットのフルモデルチェンジは2019年10月 販売価格はボディサイズが変わらなけれた据え置きか安全装備のアップデートがある場合は微増の可能性

交差点に進入するフィット

4代目フィットの発売日は2019年10月で、9月上旬から予約開始、現行モデルは8月中で販売終了します。
歴代フィットは6年毎にフルモデルチェンジを行っていて、3代目フィットが発売された時期は2013年ですので、6年後の2019年にフルモデルチェンジを発表、発売は2019年10月に行います。

フィットのフルモデルチェンジ年表

  • 初代:2001年~2007年
  • 2代目:2007年~2013年
  • 3代目:2013年~2019年10月
  • ※最終マイナーチェンジからフルモデルチェンジまでは1年半~2年

さらに細かく見ていくと歴代のフィットは2回ずつマイナーチェンジを行っていて、前期型の販売期間は3年、中期型は1年半、後期型も1年半の合計で6年のサイクルです。

この周期を3代目に当てはめると、販売から中期型へは3年9ヶ月かかっているので、中期型から後期型へのマイナーチェンジは2018年下旬、後期型から4代目へのフルモデルチェンジは2019年秋に発表され2019年10月に発売されると予想します。

3代目フィットモデルチェンジ年表(予想)

  • 前期型から中期型:2013年10月~2017年6月末
  • 中期型から後期型:2017年7月~2018年末
  • 後期型から4代目:2018年末~2019年末

気になる価格帯は、すでにホンダセンシングを搭載していてボディサイズがさほど変わらないことを考えると据え置き価格の142万円~236万円の間になると考えられます。また予防安全技術のホンダセンシングがアップデートされた場合は販売価格が僅かに上昇することも考えられます。

3代目フィット(現行モデル)の販売価格一覧
グレード 駆動方式 販売価格
13G F 2WD(FF) 1,428,840円~
4WD 1,623,240円~
13G F コンフォートエディション 2WD(FF) 1,461,240円~
4WD 1,655,640円~
13G L ホンダセンシング 2WD(FF) 1,653,480円~
4WD 1,847,880円~
13G S ホンダセンシング 2WD(FF) 1,790,640円~
4WD 1,985,040円~
15XL ホンダセンシング 2WD(FF) 1,853,280円~
4WD 2,015,280円~
RS ホンダセンシング 2WD(FF) 2,050,920円~
13G モデューロスタイル ホンダセンシング 2WD(FF) 1,890,000円~
4WD 2,084,400円~
ハイブリッド 2WD(FF) 1,699,920円~
4WD 1,894,320円~
ハイブリッド F 2WD(FF) 1,815,480円~
4WD 2,009,880円~
ハイブリッド F コンフォートエディション 2WD(FF) 1,847,880円~
4WD 2,042,280円~
ハイブリッド L ホンダセンシング 2WD(FF) 2,079,000円~
4WD 2,241,000円~
ハイブリッド S ホンダセンシング 2WD(FF) 2,205,360円~
4WD 2,367,360円~
ハイブリッド モデューロスタイルホンダセンシング 2WD(FF) 2,257,200円~
4WD 2,419,200円~

4代目フィットのライバルとなる車はトヨタのハイブリッドカー「アクア」や日産の「ノートe-power」

新型フィットのライバル日産ノート

4代目フィットのライバルとなる車種は、e-powerを搭載して大ヒットを記録している日産・ノートや、燃費のいいハイブリッドシステムを搭載したトヨタ・アクアになります。

フィットとライバル車の価格

  • フィット・ハイブリッド:169万(37.2km/L)
  • ノート・e-power S:190万(37.2km/L)
  • アクア・L:178万(38.0km/L)

日産のノートは2代目の発売が2012年、トヨタのアクアは2011年12月と、フィットと同様の時期に発売していて、ノートもアクアもフルモデルチェンジが2019年以降に控えていると噂されています。同じコンパクトカーで5ドアハッチバックの車種なので、どの車が1番初めにフルモデルチェンジするのか期待しましょう。

モデルチェンジする4代目の次期フィットはダウンサイジングターボが目玉か

2019年以降にフルモデルチェンジされると噂されている4代目フィットの目玉は、1.0Lダウンサイジングターボエンジンの搭載で、3代目の1.3L、1.5Lを1.0Lに統合し、ハイブリッドと併売して2種類のエンジンで展開すると予想できます。

安全装備のホンダセンシング(Honda SENSING)も搭載済みで、フルモデルチェンジする際には機能がアップグレードされると考えられ、後方の誤発進抑制機能や渋滞追従クルーズコントロールの搭載が期待されます。

歴代のフィットではフルモデルチェンジごとに全長が少しずつ伸びてきていて、4代目のフィットでは4mに迫る3,995mmになり、全幅・全高は変わらない5ナンバーサイズに収まると考えられ、価格帯は据え置きです。

ノートやアクアなどのライバル車もフルモデルチェンジを控えているので、2018年初頭から2019年末はホンダ、トヨタ、日産のコンパクトカー市場がアツい2年間になりそうです。