シトロエンC3エアクロスSUV

シトロエンC3エアクロスSUVが日本に導入!先進装備を充実しユニークな内外装が魅力

シトロエンC3エアクロスSUVの基本スペックを紹介。新型シトロエンC3エアクロスSUVはコンパクトサイズながらもSUVとしての走破性に長けた一台で、Citroenらしいデザイン性の高いエクステリア・インテリアと広いラゲッジルームを備えます。

シトロエンC3エアクロスSUVが日本に導入!先進装備を充実しユニークな内外装が魅力

新型シトロエンC3エアクロスSUVが登場!新しい小型SUVとして日本国内での躍進を狙う

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社が2019年7月16日、新型シトロエンC3エアクロスSUVを発売しました。シトロエンC3エアクロスSUVはシトロエンC5エアクロスSUVに続き日本市場に投入される第二弾のコンパクトSUVです。
ユニークなエクステリアに気の利く快適装備、取り回しの良さや高い悪路走破性など、この一台にたくさんの魅力が詰め込まれています。

シトロエンC3エアクロスSUVのエクステリアを公開 ボディカラーは全部で6色

シトロエンC3エアクロスSUVユニークで個性あふれるスタイルが特徴の新型シトロエンC3エアクロスSUV

新型シトロエンC3エアクロスSUVはアクセントカラーが目をひくポップなエクステリアデザインを採用しています。ボディカラーは全部で6色がラインナップしており、2色のルーフカラーと3色のカラーパックも用意されています。

ナチュラルホワイトナチュラルホワイト

インクブラックインクブラック

グリプラチナムグリプラチナム

サーブルサーブル

ブリージングブルーブリージングブルー

スパイシーオレンジスパイシーオレンジ

新型シトロエンC3エアクロスSUVのボディサイズはコンパクトで運転しやすい

新型シトロエンC3エアクロスSUVのボディサイズ

シトロエンC3エアクロスSUVのボディサイズは全長4,160mm、全幅1,765mm、全高1,630mm、ホイールベース2,605mmでちょうどC5エアクロスSUVより一回り小さめです。狭い道でもスマートに走ることができます。

シトロエンC3エアクロスSUVの基本スペック
全長 4,160 mm
全幅 1,765 mm
全高 1,630 mm
ホイールベース 2,605 mm
最低地上高 160 mm
最小回転半径 5.5 m
車両重量 FEEL 1,270kg / SHINE 1,290kg(SHINE パッケージは1,310 kg)
乗車定員 5名
トランスミッション 6速オートマチック
エンジン ターボチャージャー付直列3気筒DOHC
駆動方式 前輪駆動
総排気量 1,199 cc
燃料供給装置 電子制御式燃料噴射
最高出力 81 kW(110 ps)/5,500 rpm
最大トルク 205 Nm /1,750 rpm
燃料・タンク容量 プレミアムガソリン・45L
燃料消費率 WLTCモード(国土交通省審査値):14.7 /L
市街地モード(WLTC-L):11.6 km/L
郊外モード(WLTC-M):15.0 km/L
高速道路モード(WLTC-H):16.4 km/L
主要燃費向上対策 可変バルブタイミングコントロール
筒内直接噴射
アイドリングストップ
電動パワーステアリング
タイヤサイズ 195/60R16
ホイールサイズ 16インチ
価格 FEEL 2,590,000円 / SHINE 2,740,000円

シトロエンC3エアクロスSUV SHINEパッケージオプションの内容

シトロエンC3エアクロスSUV SHINEに搭載できるSHINEパッケージオプションの価格は230,000円です。グリップコントロールやマッドandスノータイヤを備え、さらに悪路走破性に長けた一台となります。内容は以下のようになります。

シトロエンC3エアクロスSUV SHINEパッケージオプション

  • パノラミックサンルーフ(電動メッシュサンシェード付)
  • グリップコントロール(ヒルディセントコントロール付)カラーマルチファンクションディスプレイ
  • 17インチアロイホイール(215/50R17)
  • マッドandスノータイヤ(スノーフレークマーク付)

シトロエンC3エアクロスSUVはパッケージオプションでグリップコントロールを搭載可能

グリップコントロールグリップコントロールでは路面状況に応じて5つの走り味を選べる

前輪駆動での走破性を高めるヒルディセントコントロール付きグリップコントロールは、シトロエンC3エアクロスSUV SHINEグレードにパッケージオプションで装着可能です。グリップコントロールでは、「ノーマル」「スノー」「マッド」「サンド」「オフ」の5つのモードから道路状況に応じた走行モードを選ぶことができます。

新型シトロエンC3エアクロスSUVのコックピット シートデザインは2タイプ

シトロエンC3エアクロスSUVのコックピット快適な運転環境が整ったシトロエンC3エアクロスSUVのコックピット

ミラースクリーンミラースクリーンはApple CarPlayとAndroid Autoに対応する

ワイヤレスチャージャーシトロエンC3エアクロスSUV SHINEにはワイヤレスチャージャーを標準装備

ドライバー主体に設計されたシトロエンC3エアクロスSUVのコックピット。タッチパネルの見やすさやドライビングポジション、スイッチ類の操作性にこだわっているほか、Citroen車らしい遊び心の感じられるディテールが特徴的です。

シトロエンC3エアクロスSUV のファブリックシート

シトロエンC3エアクロスSUV のグレード構成はC3 AIRCROSS FEELとC3 AIRCROSS SHINEの2つとなっています。SHINEに装備されるのはおしゃれなメトロポリタングレーのファブリックシート、FEELにはシックで落ち着きのあるブラックのファブリックシートが設定されます。

シトロエンC3エアクロスSUVの多彩な安全装備

シトロエンC3エアクロスSUVの安全装備全グレードに充実した安全装備が備えられているシトロエンC3エアクロスSUV

シトロエンC3エアクロスSUVにはさまざまな先進安全装備が搭載されていて、ドライバーの安全運転をしっかりサポートします。エントリーモデルのFEELを選んでもグレード間での装備差はなく、全グレードに高い安全性能が約束されています。

標準装備されているシステムとして、駐車操作を支援する「パークアシスト」や前方状況に応じてハイ/ローの切り替えを自動で行う「インテリジェントハイビーム」、制限速度をインパネに映し出す「スピードリミットインフォメーション」、「アクティブセーフティーブレーキ(被害軽減ブレーキ)」などがあります。

新型シトロエンC3エアクロスSUVのラゲッジルームの容量は520Lを確保

シトロエンC3エアクロスSUVのラゲッジルームコンパクトサイズなのにたくさん積めるラゲッジルームもシトロエンC3エアクロスSUVの魅力のひとつ

通常時は410L、最大で520Lの荷室容量を誇る新型シトロエンC3エアクロスSUVのラゲッジスペース。後部座席を折りたたむと1,289Lのスペースを確保できます。

SHINEグレードには2段階調整が可能なフロアボードを標準装備し、フラットなフロアを作り出せます。バンパーは無塗装のため、キズをつけることなく使えるヘビーデューティーな作りです。

シトロエンC3エアクロスSUVは日本市場にマッチしたモデル!今後の売れ行きに期待

自然の中でも都市部でも馴染む個性的なデザインを有する新型シトロエンC3エアクロスSUVは、悪路走破性にも長けていてユーティリティの高い一台です。
新車販売台数では前年実績を4年連続で下回っているシトロエンですが、コンパクトSUVの需要が高まっている昨今、新型シトロエンC3エアクロスSUVの日本市場投入による巻き返しを図ります。