シトロエン C5エアクロス

新型C5エアクロスが日本市場に上陸!シトロエン初となるSUVモデルのスペックを徹底解説

新型シトロエンC5エアクロスSUVのエクステリア・インテリア・ボディサイズ・エンジン・荷室・安全装備等を解説します。C5エアクロスSUVは2017年に中国で発売、その後欧州・日本と市場を拡大。フランス車らしいユニークでおしゃれなデザインや「魔法の絨毯」のような乗り心地に注目です!

新型C5エアクロスが日本市場に上陸!シトロエン初となるSUVモデルのスペックを徹底解説

シトロエンの新型C5エアクロスSUVがついに日本へ上陸!スペック・エクステリア・インテリアなど解説

2019年5月28日、シトロエン初となるミドルサイズSUVの「シトロエンC5エアクロスSUV」が日本市場での販売をスタートしました。C5エアクロスSUVは2015年にコンセプトカーとして発表された「AIRCROSS(エアクロス)」にインスパイアされたモデルです。元々2017年に中国で販売されていましたが、今回ついに日本でもデビューの日を迎えることとなりました。

新型C5エアクロスSUVにはシトロエン伝統のサスペンション「ハイドロニューマチック」を現代版へと進化させた「プログレッシブ・ハイドローリック・クッション」を採用しており、快適な乗り心地を実現。その他、先進安全装備やハイセンスなインテリアカラーにも注目です。

新型シトロエンC5エアクロスSUVの基本スペックをチェック!

シトロエンC5エアクロスのボディサイズ

新型シトロエンC5エアクロスSUVのボディサイズは全長4,500mm、全幅4,850mm、全高1,710mmで、車両重量は1,640kg(ナッパレザーパッケージ装着車の場合1,670kg)です。
トランスミッションは最新世代の8速AT、エンジンにはターボチャージャー付直列4気筒DOHC(ディーゼル)を採用し、最高出力177psを発揮します。パワフルでスムーズな加速と「魔法の絨毯」のような滑らかな乗り心地を実現しています。

C5エアクロスのスペック
全長 4,500mm
全幅 4,850mm
全高 1,710mm
ホイールベース 2,730mm
最低地上高 190mm
最小回転半径 5.6m
車両重量 1,640kg(ナッパレザーパッケージ装着車は1,670kg)
乗車定員 5名
トランスミッション 8速AT
エンジンレイアウト 直列4気筒
駆動方式 前輪駆動
総排気量 1,997cc
燃料供給装置 電子制御式燃料噴射
最高出力 130kW(177ps)/3,750rpm
最大トルク 400Nm/2,000rpm
燃料・タンク容量 軽油・52L
燃料消費率 WLTCモード(国土交通省審査値):16.3km/L
市街地モード(WLTC-L):13.8km/L
郊外モード(WLTC-M):15.9km/L
高速道路モード(WLTC-H):18.1km/L
主要燃費向上対策 コモンレール式筒内直接噴射
アイドリングストップ
電動パワーステアリング
タイヤサイズ 235/55R18
ホイールサイズ 18インチ

シトロエン新型C5 Aircross SUVのエクステリアはフランス車らしい個性あふれるデザイン

シトロエンC5エアクロスSUVのボディカラーはバイトーンルーフカラーを含め9色がラインナップしています。モノトーンカラーはブラン バンキーズ・グリ プラチナム・ノアール ペルラネラ・ブルー チジュカ・ルージュ ボルカーノ・ブランナクレの6種類、バイトーンルーフカラーはグリ プラチナム・ブルー チジュカ・ブラン ナクレの3種類です。ルーフカラーにはノアール ペルラネラが採用されています。

シトロエンC5エアクロスSUVのモノトーンカラー

  • ブラン バンキーズ
  • グリ プラチナム(59,400円高)
  • ノアール ペルラネラ(59,400円高)
  • ブルー チジュカ(59,400円高)
  • ルージュ ボルカーノ(59,400円高)
  • ブラン ナクレ(70,200円高)

ブラン バンキーズのC5エアクロスブラン バンキーズ

グリ プラチナムのC5エアクロスグリ プラチナム(59,400円高)

ノアール ペルラネラのC5エアクロスノアール ペルラネラ(59,400円高)

ブルー チジュカのC5エアクロスブルー チジュカ(59,400円高)

ルージュ ボルカーノのC5エアクロスルージュ ボルカーノ(59,400円高)

ブラン ナクレのC5エアクロスブラン ナクレ(70,200円高)

シトロエンC5エアクロスSUVのツートンルーフカラー

  • グリ プラチナム×ノアール ペルラネラ(89,400円高)
  • ブルー チジュカ×ノアール ペルラネラ(89,400円高)
  • ブラン ナクレ×ノアール ペルラネラ(100,200円高)

グリ プラチナム×ノアール ペルラネラのC5エアクロスグリ プラチナム×ノアール ペルラネラ(89,400円高)

ブルー チジュカ×ノアール ペルラネラのC5エアクロスブルー チジュカ×ノアール ペルラネラ(89,400円高)

ブラン ナクレ×ノアール ペルラネラのC5エアクロスブラン ナクレ×ノアール ペルラネラ(100,200円高)

SUVらしい堂々とした佇まいに、エアバンプやダブルシェブロンなどのシトロエンらしい個性的なディテールを覗かせるC5エアクロス。男性から女性まで親しみやすいエクステリアデザインで、ドライバーのおしゃれ心をくすぐります。

新型シトロエンC5エアクロスのインテリアはラグジュアリーかつ先進性に満ちた車内空間となっている

シトロエンC5エアクロスのレザーシートシトロエンC5エアクロスのハーフレザーシート(スタンダード)

シトロエンC5エアクロスのナッパレザーシートシトロエンC5エアクロスのナッパレザーシート(パッケージオプション)

新型シトロエン C5 Aircross SUVはSHINEとSHINEナッパレザーパッケージの2タイプが展開しており、それぞれシートデザインが異なります。
標準仕様のSHINEにはライトandダークグレーのハーフレザーシートが、SHINEナッパレザーパッケージにはブラウン×ブラックのナッパレザーシートを標準装備しています。アドバンストコンフォートシートと呼ばれる独自のシート構造により、乗員の身体を包み込むように支え、ロングドライブでの疲労軽減につなげています。

なお、SHINEナッパレザーパッケージにはナッパレザーシートのほか、以下の特別装備が搭載されています。特にドライバー席の装備が充実しており、運転がより楽しく快適になる先進機能や質感の高いインテリアデザインが運転手の所有欲を強く刺激します。

  • アルミペダル
  • ツートーン ナッパレザー革巻ステアリングホイール
  • フロントシートヒーター
  • パノラミックサンルーフ(電動メッシュサンシェード付)
  • 運転席マルチポイントランバーサポート

シトロエンC5エアクロスのコックピットシトロエンC5エアクロスSUV SHINEナッパレザーパッケージのコックピット画像

新型C5エアクロスのコックピットはSUVらしくがっしりとタフな作りですが、それでいて品の良さを兼ね備えた美しいデザインとなっています。インパネ周りがごちゃごちゃとしておらず、運転中でも見やすく視認性に優れた12.3インチのデジタルインストルメントパネルが搭載されています。

C5エアクロスのタッチスクリーンシトロエンC5エアクロスSUVはスマホとのコネクティビティを強化しドライブ中のエンターテインメント性を高めている

8インチのタッチスクリーンは操作性が高く、Apple Car Play・Android Autoに対応しています。センターコンソールにはワイヤレスチャージャーが設置されており、ケーブルにつながなくても充電ができるのもポイントです。

C5エアクロスの車内空間新型シトロエンC5エアクロスは繭の中で守られているかのような居心地の良さを提供

シトロエンC5エアクロスSUVのフロントサイドガラスは2重ラミネート構造となっており、優れた静粛性を有しています。
また、高性能のエアクオリティシステム・アクティブカーボンフィルターを搭載することで、花粉やPM2.5のような小さな不純物を排除してクリーンな社内環境を維持します。

C5エアクロスグリップコントロールヒルディセントコントロール機能つきのグリップコントロール機能を搭載

シトロエンC5エアクロスSUVに搭載されるグリップコントロールはぬかるんだ道などの悪路にも対応します。急斜面での走行安定性を保つヒルディセントコントロール機能つきです。

シトロエンC5エアクロスSUVは事故のリスクを軽減する多彩な先進安全装備を備える

C5エアクロスは先進安全装備

新型シトロエン C5 エアクロスは先進安全装備も充実しています。衝突軽減ブレーキやトラフィック左院インフォメーション、エレクトリックパーキングブレーキなど、事故を防ぐたくさんの技術がこの一台に詰め込まれています。なお、標準仕様とナッパレザーパッケージに搭載される先進安全装備は全て共通です。

新型シトロエンC5エアクロスSUVのリアシートは3席独立しており荷室スペースも広々!

シトロエンC5エアクロスのリヤシート大きな荷室とゆとりある座席を両立しているシトロエンC5 Aircross SUV。優れた積載能力で、旅行にアウトドアにと様々なシーンで活躍する

新型シトロエンC5エアクロスはデザインや走りだけでなく、随所に散りばめられたユーティリティの高さも重視したこだわりの1台です。ラゲッジルームは通常時で580l、後部座席を最前方へとスライドすると670l、後部座席を折りたたんだ時では最大1,630lの荷室容量を確保しています。シトロエンC5エアクロスのリアシートは3席とも独立しているため、乗る人数や荷物のサイズに合わせてシートアレンジできます。

また、足を動かすだけでテールゲートを開けられるハンズフリー機能を全グレードに標準装備している点も、新型シトロエンC5エアクロスSUVの大きな魅力です。買い物やレジャーシーンではもちろん、小さな子供のいる家庭でも頼れるファミリーカーとして活躍してくれます。

新型C5エアクロスを含むシトロエンSUVの今後の躍進に期待が高まる!

シトロエン新型C5 AIRCROSS SUVはもともと中国に投入されていたモデルですが、ここ数年で欧州、そして日本へと市場を広げてきました。歴史の浅い新型車ですが、未だSUVブームが続いている日本市場において次世代SUVとしてのポジションを確立し、性別や年齢を問わず多くのユーザー層を取り込んでいくことでしょう。

独自に進化を遂げたシトロエンの先進技術と、フランス車らしい上質かつユニークなデザインを融合した新型シトロエンC5エアクロスSUV。2019年夏にはコンパクトSUVのC3エアクロスの発売も控えており、C5エアクロスを含め、今後のSUVラインナップがどのように進化を遂げていくのか楽しみです。