シビックのモデルチェンジ

シビックのモデルチェンジ タイプR・ハッチバック・セダンそれぞれの特徴

新型シビックは2017年9月29日にフルモデルチェンジを迎え、日本市場では2010年以来の復活を遂げました。日本仕様のほか、海外での動向にも注目しながら走行性能・安全装備ともにも充実した新型シビックのモデルチェンジ情報をまとめていきます。

シビックのモデルチェンジ タイプR・ハッチバック・セダンそれぞれの特徴

新型シビックの日本導入はいつ?セダン・ハッチバック・タイプRの特徴を解説!

北米や中国で販売している10代目Civic(シビック)が、6月23日に日本でも販売することが発表され、2017年9月29日にセダン・ハッチバック・タイプRが同時発売しました。
販売される仕様は、アクティブに使える「ハッチバック」、静粛性に富み落ち着いて走行が出来る「セダン」、走りへの情熱を忘れない大人に向けた「タイプR」の3種類。シビックの日本仕様の販売は実に7年ぶりとなります。

新型シビックの基本スペックや一部改良・モデルチェンジ情報を解説していきます。

マイナーチェンジ版「シビックセダン」「シビックハッチバック」を公式サイトで先行発表!

シビックセダンとシビックハッチバックのエクステリアシビックセダンとシビックハッチバックのエクステリア

ホンダのシビックセダンとシビックハッチバックの改良版に関する情報が、先行サイトにて解禁されました。
シビックセダンとシビックハッチバックは2020年1月10日にマイナーチェンジ発表して2020年1月23日に発売しますが、タイプRは2020年4月に発表されるとのこと。今回の改良では、エクステリアデザインの刷新やトップロードサンルーフをハッチバックにオプション設定するなどの変更が加えられます。価格帯はハッチバックが2,948,000円から3,212,000円、セダンは2,761,000円から2,953,500円です。

シビックハッチバックのエクステリアとインテリアシビックハッチバックのエクステリアとインテリア

オプションのトップロードサンルーフオプションのトップロードサンルーフ

ワイドで低重心なボディが特徴のシビックハッチバック。ハッチバックのCVTモデルには室内を自然光で満たすトップロードサンルーフをオプションで装備可能としています。

シビックセダンのエクステリアシビックセダンのエクステリア

従来からの流れるようなフォルムはそのままに、先進性を取り入れたシビックセダンのエクステリア。インテリアはハッチバック・セダンで共通となっており、ソフトウィーブとプライムスムースを組み合わせたコンビシートを採用します。

ボディカラーのラインナップについてはハッチバックとセダンで異なります。詳細は以下の表を参照してください。

シビックハッチバック/セダンの車体色リスト
ボディカラー ハッチバック セダン
プラチナホワイト・パール
クリスタルブラック・パール
ソニックグレー・パール
オブシダンブルー・パール
フレームレッド
ルナシルバー・メタリック
コスミックブルー・メタリック
プレミアム
クリスタルブルー・メタリック
プレミアム
クリスタルレッド・メタリック

フィリピン市場で販売されるシビックハッチバックに最上級グレード「RS」が登場!

フィリピン市場のホンダ・シビックハッチバックに、最上位グレードとして「RS」が追加設定されたことがわかりました(画像は入手し次第紹介します)。
価格はおよそ442万円から。厳密には、従来から存在していたスポーツモデルの「1.5 Trubo」が「1.5 Trubo RS」へと進化していて、専用ボディカラーを用意するほかエクステリアも専用デザインに刷新されています。

1.5 Trubo RSで選べるボディカラーは「ソニックグレーパールミルクグレー」「クリスタルブラックパール」「プラチナホワイトパール」「ラリーレッド」「モダンスチールメタリックグレー」の5色。ソニックグレーパールミルクグレーとクリスタルブラックパールは+約2.2万円、プラチナホワイトパールは+約3.6万円となる有料色です。

1.5 Trubo RSのパワートレインは最高出力173hp、最大トルク220Nmを発生させる 1.5L直列4気筒ターボエンジンにトランスミッションCVTを組み合わせます。
インテリアはRS専用デザインを採用するほか、ホンダコネクトやオーディオディスプレイのキーパッド追加、スポーティーなアルミペダル、レッドステッチ入り本革シート、Honda SENSINGなどの多彩な装備を用意します。

中国でマイナーチェンジ版ホンダ・シビックの開発車両がスパイショット!

ホンダ・シビックのマイナーチェンジ版のプロトタイプがカメラに捉えられました(画像は入手し次第紹介します)。

今回目撃されたのはバリケードテープや白いビニールテープにぐるぐる巻きにされた個体で、4ドアハッチバックと推測。エクステリアについては、ヘッドライト以外のフロントマスクが大幅にデザイン変更される可能性があります。インテリアは車載インフォテインメントディスプレイが現行型シビックのものとは多少異なることがわかります。
日本でのシビックのマイナーチェンジ時期は2019年11月、シビックTYPE Rは2020年以降となる見込みです。

ホンダ・シビック(セダン/ハッチバック)が2019年11月にマイナーチェンジか

ホンダのシビックセダンとシビックハッチバックが販売終了前にマイナーチェンジするとの情報を入手しました。マイナーチェンジ時期は2019年11月で、フロントを中心にエクステリアデザインを変更し、静粛性を向上するため遮音材を追加する可能性が高いとのことです。
COBBYでは引き続きシビックのモデルチェンジの動向に注目していきます!

ホンダ・シビックのディーゼルモデルが欧州で販売を終了

欧州市場で販売されているシビックのディーゼルモデルが、2021年に販売を終了することがわかりました。
EVモデルへの移行に伴い今回の販売終了が決まったとのこと。今後ホンダは電動化に向けてディーゼルモデルだけでなくガソリンモデルについても廃止していく考えを示しています。

新型シビックハッチバックが一部改良で米市場にて発売へ

新型シビックハッチバックが2020年モデルとしてマイナーアップグレード新型シビックハッチバックが2020年モデルとしてマイナーアップグレード

アメリカ市場で販売されている新型シビックハッチバックが一部改良されることがわかりました。発売日は2019年8月17日で、今回の改良モデルが2020年型となる模様。内外装のアップデートに加え、「Sport」「Sport Touring」の2グレードの装備内容も更新されています。

従来モデルではSport TouringグレードにはCVTのみがラインナップしていましたが、今回の改良で6速MTも選択できるようになりました。
エクステリアはリヤバンパーアンダーやフォグライトハウジングのデザインを変更。アルミホイールのデザインも一新され、ダークグレー×ブラックのスタイリッシュなアルミを装備します。

新型シビックハッチバックのインテリア新型シビックハッチバックのインテリア

ブラックのインテリアカラーを採用した新型シビックハッチバック。スポーティーで居住性に優れた車内空間が広がります。EXグレードではステアリングやシフトノブが本革仕様と変更され、8way電動パワーシートが標準装備となっています。

なお、新型シビックハッチバックの価格帯は以下の通り。改良前からの価格アップは2万円程度に抑えられています。

  • LX・・・約240万円
  • Sport(6MT/CVT)・・・約251万円/約260万円
  • EX・・・約266万円
  • EX-L・・・約279万円
  • Sport Touring(6MT/CVT)・・・約307万円/約316万円

ホンダ・シビックがイギリス工場の閉鎖に伴い生産終了 今後の動向は?

シビックハッチバック・シビックTYPE R・シビックセダンシビックハッチバック・シビックTYPE R・シビックセダン

ホンダ・シビックがイギリス・スウィンドン工場の閉鎖に伴い販売終了を迎えます。これはモデル自体の販売終了ではなく、あくまでイギリス工場での生産を完了するということであって、今後は別の工場へと生産拠点を移したのち販売を再開する予定です。

ホンダ公式サイトのシビックのページでは、既にシビックTYPE Rが「まもなく販売終了となります。」、シビックハッチバックとシビックセダンが「一部タイプ・カラーがお選びいただけない場合があります。」とのアナウンスがあります。現行型がほしいという方は早めに店舗へ問い合わせることをおすすめします。

シビックハッチバックに「シビック・スポーツライン」追加 イギリス市場限定販売で日本には導入されず

シビックハッチバック「シビック・スポーツライン」の内外装シビックハッチバック「シビック・スポーツライン」はイギリスのホンダで発表された特別仕様車

イギリスのホンダがシビックハッチバックに特別仕様車の「シビック・スポーツライン」を追加したと発表しました。ボディカラーは「ホワイトオーキッドパール」「ラリーレッド」「ブリリアントスポーティブルー」の3色が設定され、サイドミラやウインドウフレームやフロント・リヤ・サイドのスポイラー部分に艶のあるブラックを採用した2トーンカラーのようなスポーティなエクステリアが特徴です。

アップルカープレイ(Apple CarPlay)・アンドロイドオート(Android Auto)対応7インチタッチスクリーンや安全装備のホンダセンシングも標準装備しています。
1.0L直列3気筒ターボエンジンは最高出力129psを発揮してシビックらしい走りを楽しめ、販売価格は22,445ポンド(日本円で約3,233,000円)から販売しました。
今回発表されたシビックの特別仕様車「シビック・スポーツライン」は2018年を締めくくるサプライズモデルなので、日本導入はないでしょう。

シビックセダンに2019年モデルが登場 北米で発売され今後日本に導入される可能性も

2019シビックセダンのフロントビュージュエルアイLEDヘッドライトが輝く2019シビックセダン

2019シビックセダンのサイドビューホンダセンシングは最新のものにアップデートされコネクティッド機能も強化された

2019シビックセダンのリヤビューリヤスポイラーも新しいデザインに変更されイメージを一新

2017年に日本復活を果たしたシビック3兄弟ですが、北米(アメリカ)では2015に発表・販売されています。発売から3年が経ち日本でマイナーチェンジにあたるモデルチェンジが2019年9月24日に発表されました。

モデルチェンジの内容はエクステリアのフェイスリフト、最新コネクティビティの追加、先進運転支援システムのアップデートです。
グロントグリル・ヘッドライト・新デザインのホイールなどを今までのイメージを一新する多いなフェイスリフトを行いました。
インフォテインメントシステムはアップルカープレイ・アンドロイドオートに対応してコネクティビティを強化、安全技術のホンダセンシングも自動ブレーキホールド機能付きのパーキングブレーキを標準装備するなど最新版へアップデートしています。

2019年モデルのシビックには「スポーツ」と呼ばれる新グレードを設定しているのも特徴で、このグレードには2.0LのNA(自然吸気エンジン)の直列4気筒ガソリンエンジンを採用し最大出力158hp/6500rpm、最大トルク19.1kgm/4200rpmを発揮します。

新型シビックは北米で2018年に販売開始、価格は19,450ドル(日本円で約2,197,500円)です。
日本導入についてホンダ公式からアナウンスはありませんが、日本でシビックを販売したのが2017年だったことから2018年では期間が短いため2019年以降に導入されると考えられます。
また発表されたのがシビックセダンのみだったため、今後はセダン・ハッチバック・タイプRはそれぞれ違う時期にモデルチェンジすると見られます。

新型シビックハッチバックは流麗なスタイリングが特徴の人気モデル

新型シビックハッチバックのフロントビュー

新型シビックハッチバックは2010年のハッチバック以来、実に7年ぶりに復活したモデルです。大胆に吊り上がったヘッドライトと低い姿勢のフォルムは、走りへの喜びを湧き起してくれます。もちろん、安全装備であるホンダセンシング(Honda SENSING)も採用していて車からも助けてくれるのでドライバーも安心して運転することができます。

新型シビックハッチバックのリアビュー

リアビューは、緩やかに傾斜したクーペスタイルが特徴的で、2017年1月まで販売していたCR-Zを想像させるスタイリングです。センター2本出しマフラーがスポーティな印象を与えてくれて、引き締まったイメージがあります。

新型シビックハッチバックのフロントマスク

ヘッドライトデザインは、ジュエルアイLEDを搭載していてとても綺麗な発光をしています。フォグランプもLEDを採用して視認性の高い光で前方が見やすいことはもちろん、車全体の省電力にも役立っています。サイドマーカー(ウィンカー)は、従来のドアミラー付近ではなくホイールハウス付近に取りつけられています。

新型シビックハッチバックのシフトレバー

トランスミッションには6速マニュアルが用意されていて、自分で車を操る感覚を楽しみたい人には嬉しい装備です。オートマにはCVTが用意されています。

シート地には、オデッセイLタイプにも使われているソフトウィーブ素材が設定され、内装カラーは黒になっています。メーカーオプションで、本革シートにも設定できる点が嬉しいです。

ソフトウィーブ×黒のシート地ソフトウィーブ×黒のシート地

本革×黒のシート地本革×黒のシート地

新型シビックハッチバックのエンジン

新型シビックハッチバックに搭載しているエンジンは、1.5L直噴VTECターボエンジンで、最高出力は182PS・最大トルクは240Nmあります。

新型シビック ハッチバック スペック
トランスミッション 6MT CVT
全長 4,520mm
全幅 1,800mm
全高 1,435mm
室内長 1,910mm
室内幅 1,465mm
室内高 1,160mm
ホイールベース 2,700mm
最低地上高 135mm
最小回転半径 5.5m
車両重量 1,320kg 1,350kg
乗車定員 5名
総排気量 1.496L
エンジン 1.5L VTEC TURBO
最高出力 134kw(182PS)
5,500rpm
134kw(182PS)
6,000rpm
最大トルク 240Nm(24.5kgm)
1,900-5,000rpm
220Nm(22.4kgm)
1,700-5,500rpm
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
JC08モード燃費 17.4km/L 18.0km/L
ボディカラー 全5色
価格 2,800,440円~

他にも、ハッチバック専用装備として、「235/40R18」の18インチアルミホイール、テールゲートスポイラー、センターデュアルエキゾーストマフラー、カーゴエリアカバー、リアドアとテールゲートのプライバシーガラスなどが搭載されボディカラーは全5色で展開します。

ホワイトオーキッド・パールの新型シビックセダンホワイトオーキッド・パール(37,800円高)

ルナシルバー・メタリックの新型シビックセダンルナシルバー・メタリック

クリスタルブラック・パールの新型シビックセダンクリスタルブラック・パール

フレームレッドの新型シビックセダンフレームレッド

ブリリアントスポーティブルー・メタリックの新型シビックセダンブリリアントスポーティブルー・メタリック

新型シビックセダンは正統派スタイルで乗り心地も良好

新型シビックセダンフロントビュー

新型シビックセダンも、2010年の日本で終売以降、海外では販売されてきましたが、日本では実に7年ぶりの復活となるタイプです。ハッチバックと同じくサイドマーカーはフロントバンパーとの境界線付近に設置され、ジュエルアイLEDを装備していることが分かります。
搭載エンジンは、ハッチバックと同じ1.5L直噴VTECターボエンジンですが、最高出力と最大トルクが変わっています。

新型シビック セダン スペック
トランスミッション CVT
全長 4,650mm
全幅 1,800mm
全高 1,415mm
室内長 1,930mm
室内幅 1,525mm
室内高 1,160mm
ホイールベース 2,700mm
最低地上高 135mm
最小回転半径 5.3m
車両重量 1,300kg
乗車定員 5名
総排気量 1.496L
エンジン 1.5L VTEC TURBO
最高出力 127kw(173PS)/5,500rpm
最大トルク 220Nm(22.4kgm)/1,700-5,500rpm
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
JC08モード燃費 19.4km/L
ボディカラー 5名
価格 2,650,320円~

新型シビックセダンのアルミホイール

セダンタイプの車は、他のボディタイプに比べて静粛性が高いことが特徴で、新型シビックセダンでは、骨格剛性を高めることの他に、直接道路から響いてくるノイズを少しでも軽減させるために、イズリデューシングアルミホイールを採用しています。

シート地とカラーは、新型シビックハッチバックと同様に標準装備では「ソフトウィーブと黒」、メーカーオプションで「本革と黒」のシート素材とカラーを選べます。また、新型シビックハッチバックと同様に、ホンダセンシング(Honda SENSING)も採用しています。

新型シビックセダンの専用装備は、「215/55R16」の16インチアルミホイール、トランクスポイラー、クロームメッキのアウタードアハンドル、リアドア・リアクォーターガラス・リアガラスにソフトプライバシーガラスを採用していてボディカラーは全5色で展開します。

ホワイトオーキッド・パールの新型シビックセダンホワイトオーキッド・パール(37,800円高)

ルナシルバー・メタリックの新型シビックセダンルナシルバー・メタリック

クリスタルブラック・パールの新型シビックセダンクリスタルブラック・パール

プレミアムクリスタルレッド・メタリックの新型シビックセダンプレミアムクリスタルレッド・メタリック(59,400円高)

コスミックブルー・メタリックの新型シビックセダンコスミックブルー・メタリック

新型シビックタイプRはFF駆動で市販車最速のピュアスポーツモデル

新型シビックタイプRのフロントビュー

新型シビックタイプRは、2016年に限定750台を販売以来の登場で、ニュルブルクリンク北コースで先代がたたき出した7分50秒63よりも、6秒83も更新したモデルになっています。ボディサイズは、全長4,560mm・全幅1,875mm・全高1,435mmの3ナンバーです。

新型シビックタイプRのエンジン

搭載されるエンジンは、2.0LのVTECターボを搭載し、先代よりも7kw(9.5PS)アップしたエンジンです。

新型シビック タイプR スペック
トランスミッション 6MT
全長 4,560mm
全幅 1,875mm
全高 1,435mm
室内長 1,905mm
室内幅 1,465mm
室内高 1,160mm
ホイールベース 2,700mm
最低地上高 125mm
最小回転半径 5.9m
車両重量 1,390kg
乗車定員 5名
総排気量 1.995L
エンジン 2.0L VTEC TURBO
最高出力 235kw(320PS)/6,500rpm
最大トルク 400Nm(40.8kgm)/2,500-4,500rpm
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
JC08モード燃費 12.8km/L
ボディカラー 4名
価格 4,500,360円~

ボディカラーは、「チャンピオンシップホワイト」「クリスタルブラック・パール」「フレームレッド」「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」の全4色用意されています。

チャンピオンシップホワイトの新型シビックタイプRチャンピオンシップホワイト

クリスタルブラック・パールの新型シビックタイプRクリスタルブラック・パール

フレームレッドの新型シビックタイプRフレームレッド

ブリリアントスポーティブルー・メタリックの新型シビックタイプRブリリアントスポーティブルー・メタリック

新型シビックタイプRの内装

内装は、黒と赤で統一されていて、タイプRの走りへの情熱を高めてくれます。シートカラーは黒・赤のコンビシートカラーが用意されています。

新型シビックタイプRのマフラー

エキゾーストには、2本のメインパイプの他に、レゾネーター付きセンターパイプを合わせた3本出し仕様で、あまり見ないマフラータイプなので、注目されること間違いなしです。

新型シビックタイプRのシート

他にも、タイプR専用のシート、ステアリングエンブレム、専用サスペンション、シリアルナンバー入りのアルミ製エンブレム、専用メーター、ブレンボ製のフロントベンチレーテッドディスクブレーキなどが搭載されています。

新型シビックタイプRのホイール

タイヤは「245/30ZR20」のサイズに20インチアルミホイールが標準装備されます。

新型シビックの車両価格は2,650,320円~でホンダセンシングを標準装備

新型シビックの車両価格はハッチバックで2,800,440円~、セダンが2,650,320円~、注目のタイプRが4,500,360円~となっています。全車ホンダセンシング(Honda SENSING)を標準装備することから非常にお得な価格設定となっています。

タイプ 駆動方式 変速機 消費税8%込み 消費税抜き
シビック ハッチバック FF CVT 2,800,440円 2,593,000円
6MT 2,800,440円 2,593,000円
シビック セダン FF CVT 2,650,320円 2,454,000円
シビック タイプR FF 6MT 4,500,360円 4,167,000円

新型シビックが日本復活!今後も一世を風靡したスポーツカーが日本で復活する

日本では、2016年のタイプRを除き市販車では2010年来の復活に、スポーツ走行寄りのハッチバックモデルの追加、アコードとグレイスの間を埋める新型シビックセダン、ピュアスポーツモデルである新型シビックタイプRの追加など、心がワクワクするような内容です。
今後はトヨタのスープラの日本復活が決定しており、日産のシルビアも復活のする噂があります。日本に再びスポーツカー旋風が巻き起こる可能性もあるでしょう。