アルトのモデルチェンジ

アルトのフルモデルチェンジは2019年10月か 新型はSエネチャージで低燃費を実現

アルトのフルモデルチェンジに関する最新情報。2019年10月に発売が予定される新型モデルは、新たに導入される税制に対応するために「Sエネチャージ」を搭載する見込み。同車の販売価格や安全性能、エクステリアの特徴についても予想を交えて紹介します。

アルトのフルモデルチェンジは2019年10月か 新型はSエネチャージで低燃費を実現

アルトが2019年10月にフルモデルチェンジ?車に課される新たな税制である「環境性能割」に対応するためにSエネチャージを搭載して更なる低燃費を実現する見込み

スズキを代表する軽自動車であるアルトは、2016年12月に同社が販売する車として初めて国内累計販売台数500万台を超えました。軽自動車を数多くラインナップするスズキの中でも、低価格帯とフットワークの軽さを特徴とするアルトは特別な車です。

2015年12月に軽自動車ではトップクラスのスポーツ性能を誇る「アルトワークス」を復活させ、2018年12月に実施したマイナーチェンジでは、デュアルセンサーブレーキサポートを装備して安全性を向上させた、アルトの次期フルモデルチェンジのタイミングは2019年10月頃と予想されます。

新型アルトは、同時期に消費税が10%へと引き上げられて、自動車取得税が廃止されるのに伴って、導入される新税制「環境性能割」に対応するために、スズキのマイルドハイブリッドシステム「Sエネチャージ」を搭載する見込みです。

ここでは、次期フルモデルチェンジが行われて誕生する新型アルトの販売価格等についても予想を交えて紹介します。また、2020年と噂される「アルトワークス」のフルモデルチェンジに関する最新情報もお届けします。

次世代アルト「エスプレッソ」のフロントマスク

インドのマルチ・スズキで発売予定の次期アルト「エスプレッソ」。以前、開発車両のリヤが目撃されていましたが、今回はサイドと少しだけですがフロントマスクがスパイショットされています。
サイドミラー越しに撮影された「エスプレッソ」の開発車両は、ヘッドライトの位置が非常に高いのが特徴です。

横から見ると、コンセプトカー「フューチャーS コンセプト」に比べて、スクエア型なのがよく分かります。デザイン的にはこの開発車両の方がアルトとの類似性を感じられます。アルトの車高を上げ、ボンネットを平らにした印象です。

次世代アルト「エスプレッソ」のエクステリアはコンセプトカーから大きく変更?

2019年9月発売予定、インドのマルチ・スズキでアルトの後継となる可能性もある新型車「エスプレッソ(S-Presso Concept)」の開発車両のエクステリアがスパイショットされました。

エスプレッソはコンセプトカー「フューチャーS コンセプト」をベースに開発しています。
しかし、目撃された開発車両はコンパクトクロスオーバーらしい車高の高さなどは健在なものの、「フィーチャーSコンセプト」とはまったく異なるエクステリアです。

躍動的だった「フィーチャーSコンセプト」に対して、リアから見たエスプレッソはシンプルで、基本的にはスクエア型。クロスビーをかなり大人しくしたような印象です。LEDテールライトの形も大きく変更されています。

コンセプトモデルとかけ離れた量産車は珍しくありませんが、こうなるとフロントマスクも気になるところ。東南アジアでの競合車としては、ルノー・クウィッドが挙げられるので、どう差別化するかも注目です。

インドのマルチ・スズキが次世代アルト「エスプレッソ」を発売決定!

アルトの次世代モデル新型「エスプレッソ」アルトの次世代モデル新型「エスプレッソ」のベースとなると思われるコンセプトカー「Future S」

東南アジアで大きなシェアを持つマルチ・スズキ・インディアがアルトの次世代モデル新型「エスプレッソ」を2019年9月に発売することが正式決定しました。

ベースとなったコンセプトカー「フューチャーS コンセプト」のエクステリアやパワートレインは既にお伝えしている通りですが、なんとこのコンセプトカーそのままに「シーケンシャルウィンカー」を搭載する見込みです。

新型「エスプレッソ」にシーケンシャルウィンカーを搭載か新型「エスプレッソ」にシーケンシャルウィンカーを搭載か

シーケンシャルウィンカーは、通称「流れるウィンカー」とも呼ばれており、LEDライトが内側から連鎖点灯するのが特徴です。国内ではトヨタのクラウンやレクサス車など、比較的高級車での採用が多く、スズキには採用車種がありません。
エスプレッソがシーケンシャルウィンカーを採用すれば、スズキ初の「流れるウィンカー」となります。

ただし、エスプレッソの全グレードに搭載するかは不明で、オプション扱い、または最上級グレードのみの搭載となる可能性が高いでしょう。

新型「エスプレッソ」のリヤビュー新型「エスプレッソ」のベースと考えられるコンセプトカー「Future S」のリヤビュー

最近ではホンダN-BOXカスタムなど軽自動車にもシーケンシャルウィンカーが採用されています。国内発売される次期アルトやアルトワークスに、シーケンシャルウィンカーが採用される可能性もでてきました。

インドのスズキが「アルト」の次世代型モデル「エスプレッソ(S-Presso)を2019年秋に発表か!?

マルチ・スズキエスプレッソ・コンセプトのベースとなるコンセプトカー フューチャーS コンセプト

スズキのインドの子会社、マルチ・スズキの勢いが加速しています。2019年秋に、「アルト」の次世代モデル「エスプレッソ」を発表する可能性があるとの情報をキャッチしました。日本のスズキからマルチ・スズキの研究開発部門がサポートを受けて設計と開発を進めていたプロジェクトで誕生したモデルです。

マルチ・スズキコンセプトカー フューチャーS コンセプトから次世代型エスプレッソが想像できる

インドの日刊誌The Economic Timesからの情報によると、2018年に行われたAuto Expoで発表されたコンセプトカー「フューチャーS コンセプト」をベースにした「エスプレッソ・コンセプト」と呼ばれる1台です。

アルトに代わる次世代型といわれる「エスプレッソ」は、すでに公道を走行する開発車両が目撃されていることから、SUV風のデザインで、コンパクトクロスオーバーになるでしょう。すでにインドでも話題になっており、主要モデルになっていくと思われます。

開発コストの軽減のため、スズキからできるだけパーツの流用をし、プラットフォームもHeartectプラットドームをベースにする予定です。

マルチ・スズキステアリングの形状が特徴的なコンセプトカー フューチャーS コンセプト

安全面でも運転席エアバッグはもちろんのこと、高速警告アラート、リヤパークセンサーなど、基本となる安全機能を全て搭載するとのことです。

マルチ・スズキコンセプトカー フューチャーS コンセプトはコンパクトクロスカンロチーになるだろう

「エスプレッソ」に搭載されるパワートレインは1.0L K108型直列3気筒エンジン(BS4)、最高出力68ps、最大トルク90Nmを発揮、トランスミッションは5速MTと5速ATのいずれかを選択することになります。

発表は2019年秋と言われていますが、販売開始時期はまだ明らかになっていません。2019年内にはグレード別の価格が発表されるのではないかと予想します。
快進撃を続けるマルチ・スズキから目が離せません。

パキスタンのパックスズキ社で新型「アルト」を発表!マルチ・インドでは新型「アルト」に「CNG」モデルを追加

パックスズキ社の新型「アルト」パックスズキ社の日本の軽自動車規格と同じ新型「アルト」

パキスタンのスズキの子会社、パックスズキ社から、日本の軽自動車規格のアルトと同じボディを採用した新型「アルト」を発売しました。

海外で好評価を受けているスズキですが、日本の軽自動車規格と同じボディや排気量を採用するのはこれが初となります。パキスタンにおいて、高性能で信頼性が高いスズキのコンパクトカーの普及を図るものとしています。

パキスタンでの新型アルトの主要緒元
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,490mm
パワートレイン 660cc直列3気筒DOHC R06A型エンジン
トランスミッション 5速MT/AGS
販売価格 779,000~1,010,000円(日本円換算)

マルチ・スズキの新型「アルト CNG」マルチ・スズキが新型「アルト」に新グレード「CNG」を追加

スズキのインドの子会社、マルチ・スズキはこれまで立て続けにスイフトやイグニス、ワゴンRを発売してきましたが、今回は新型アルトに新しいグレード「CNG」を設定して発売しました。

新型「アルト CNG」のパワートレインは800cc直列3気筒エンジン、最高出力48ps、最大トルク69Nmで、普段乗りにはちょうど良いスペックとなっていますが、排ガス規制に準じ、さらに燃費性をアップさせるために、任意で最高出力41ps、最大トルク60Nmにパワー調整が可能となっています。
CNGバージョンのパワートレインは1.2L直列4気筒エンジンを搭載するとのことです。
トランスミッションは5速MTのみのラインナップとなります。

マルチ・スズキの新型「アルト CNG」マルチ・スズキが新型「アルト CNG」の室内空間は広々としている

販売価格はLXiグレードが638,000円から、LXi(O)が643,000円からとなります。

マルチ・スズキの新型「アルト CNG」マルチ・スズキが新型「アルト CNG」の標準装備は海外仕様だがかなり充実している

新型アルト CNGの標準装備

  • パワーステアリング
  • エアコン
  • フロントパワーウィンドウ
  • 助手席側エアバッグ:LXi(O)グレードのみ
  • シルバーアクセントトリム
  • 格納式リヤシートベルト
  • リヤチャイルドロック
  • リモートブート
  • フューエルリッドオープナー

スズキ アルトが誕生40周年を記念して特別仕様車「Lリミテッド」を発売

スズキ アルト40周年特別仕様車「Lリミテッド」スズキがアルト40周年を記念して特別仕様車「Lリミテッド」を発売

スズキはアルトの誕生40周年を記念して、40周年記念特別仕様車「Lリミテッド」を2019年6月13日に発売しました。8代に渡って愛され続けてきたアルトの「Lリミテッド」には快適装備、安全装備が充実していて、さらに価格も抑えているといううれしい1台です。

スズキ アルト40周年特別仕様車「Lリミテッド」のボディカラースズキ アルト40周年特別仕様車「Lリミテッド」のボディカラーは全5色

ボディカラーは全5色で、特別装備やスズキの予防安全技術、Safety Supportが充実している1台です。

スズキ アルト40周年特別仕様車「Lリミテッド」スズキ アルト40周年特別仕様車「Lリミテッド」の特別装備

アルト特別仕様車「Lリミテッド」の特別装備

  • インパネカラーパネル(ブラック)
  • サテンメッキ調エアコンサイドルーバーリング
  • サテンメッキ調エアコンセンタールーバー
  • 電動格納式リモコンドアミラー
  • カラードドアミラー
  • ヒーテッドドアミラー(4WD車)
  • メッキインサイドドアハンドル
  • ピアノブラック調ドアアームレスト(フロント)
  • スモークガアス(リヤ・バックドア)
  • 全面UVカット機能付ガラス
  • 専用エンブレム[40th Anniversary](バックドア)

スズキセイフティサポート

アルト特別仕様車「Lリミテッド」の安全装備

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 後退時ブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト
アルト特別仕様車「Lリミテッド」主要緒元
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,475mm
ホイールベース 2,460mm
パワートレイン 水冷4サイクル直列3気筒エンジン
トランスミッション CVT
駆動方式 2WD/フルタイム4WD
販売価格(税抜き) 2WD:885,000円/4WD:985,000円

アルトの「顔」が変わった!スズキのインド部門が改良新型アルトを発表!燃費は驚きの22km/L!

改良新型アルトのエクステリアスズキインド部門マルチスズキから改良新型アルトが発表!

スズキのインド部門であるマルチスズキが、改良新型アルトを発表しました。2014年11月に現行のアルトもインドで発表されています。

アルトは、インドの最量販車に15年連続で輝いているほどの人気で、2018年度では約26万台、インドで発売されてからは累計販売台数は370万台を突破しています。

フロントノーズは新しいデザインを採用したフロントグリルやヘッドライトで、現行のアルトと比べて刷新されています。バンパーやフェンダーを見ても、新しいデザインが採用されているのが分かります。

ボディカラーは全6色で、アップタウンレッド、スーペリアホワイト、モヒートグリーン、シルキーシルバー、セルリアンブルー、グラナイトグレーとなっています。

改良新型アルトのインテリア改良新型アルトの機能性を重視したインテリア

改良新型アルトのインテリア改良新型アルトの落ち着いたシートカラー

インテリアはシートにデュアルトーンを使い、ダッシュボードも新しいデザインになっていて、新しいインフォテインメントシステム、「Smart Play Dock」を搭載しました。Bluetoothを使い、音楽デバイスが接続できるため、自分好みのサウンドを車内で楽しむことができます。

改良新型アルトのインパネ改良新型アルトのシンプルかつ無駄のないメーター

現行アルトではオプション装備となっていた運転席用エアバッグ、EBS付ABS、スピードアラートシステム、リバースパーキングセンサ、シートベルトリマインダ(運転席および助手席)が標準装備となりました。インパネもいたってシンプルで、メータもスピードメーターのみでタコメーターの搭載はありません。

改良新型アルトのエンジン改良新型アルトのF8D型直列3気筒ガソリンエンジン

パワートレインはF8D型直列3気筒ガソリンエンジンを搭載し、排気量は約800ccです。最大出力は48hp、最大トルクは69Nm、燃費性能は驚きの22.05km/Lを実現。トランスミッションは5速MTのみになっています。

グレード別の価格は、「アルトVXI」が約59万円、「アルトLXI」が56万円、「アルトSTD」が47万円となっています。日本で発売されるかどうかは分かりませんが、新しい「顔」を持つ新型アルトの今後に期待します。

次期フルモデルチェンジが行われて新型アルトが誕生するのは2019年10月となる見込み

スズキアルト現行モデル2019年10月にフルモデルチェンジ予定のスズキアルト 新型モデルはツートンルーフを採用したスタイリッシュなモデルになると予想

アルトは初代モデルであるSS30V型が1979年5月に誕生したスズキを代表する軽自動車です。約40年の車歴の中で、アルトは計7回のフルモデルチェンジを行ってきました。

アルトの現行モデルは2014年12月22日に発売をスタートした8代目です。過去に実施されたフルモデルチェンジの周期は5年~6年、及び誕生40周年にあたる記念すべき年と重なる事から、次期フルモデルチェンジのタイミングは2019年10月頃になると予想します。

2019年10月には、消費税が10%へと引き上げられて、自動車取得税が廃止されて、燃費に応じて税率の異なる「環境性能割」と呼ばれる新たな税制が創設される見込みです。

そのため、次期フルモデルチェンジで誕生する新型アルトは、Sエネチャージを搭載する車両をラインナップするなどして、燃費を更に改善して、新たな税制に対応するものと思われます。

次期フルモデルチェンジで誕生する新型アルトはツートンルーフを採用する可能性がある

2014年12月に実施された前回のフルモデルチェンジで誕生した8代目アルトでは、バックドアのカラーに特徴を持たせる「2トーンバックドア」をオプション設定可能とした事に話題が集まりました。

2018年12月13日に行われたマイナーチェンジでは、エクステリアに大きな変更点はありませんでした。次期フルモデルチェンジで誕生する新型アルトも同様に、エクステリアのデザインはキープコンセプトとしながらも、ツートンルーフを設定するなどの遊びを採り入れて、ユーザー心理を刺激する可能性もあると判断します。

2019年10月に誕生する見込みの新型アルトはスズキのマイルドハイブリッドシステム「Sエネチャージ」を搭載すると予想する

2019年10月にフルモデルチェンジが実施されて誕生する見込みの新型アルトは、ISG(モーター機能付発電機)や専用リチウムイオンバッテリーによって実現される、スズキのマイルドハイブリッドシステム「Sエネチャージ」を搭載する可能性が高いと判断します。

2018年12月13日に実施されたマイナーチェンジのタイミングで「Sエネチャージ」を搭載する噂がありましたが、導入は見送られました。

アルトの現行モデルは、減速時に発生するエネルギーを電気エネルギーへと変換して、電装パーツや、アイドリングストップから再始動時する際に電気を利用する「エネチャージ」を搭載します。

新型アルトへの搭載が見込まれる「Sエネチャージ」は、モーターによるアシスト走行も可能とする電気の力で低燃費を実現するマイルドハイブリッドシステムです。

「Sエネチャージ」を先に導入したワゴンRなどの車では、その効果によって3km/Lほどの燃費が改善されました。

新型アルトはSエネチャージを搭載する事で40km/Lを超える低燃費を実現する可能性が高い

2019年10月に誕生する予定の新型アルトは、モーターによるエンジンアシストを可能とするスズキのマイルドハイブリッドシステム「Sエネチャージ」を搭載する事で、40km/Lを超える低燃費を実現する可能性が高いと思われます。

アルトの現行モデルは、プラットフォーム「HEARTECT」を導入する事でボディの軽量化を達成し、減速時に発生するエネルギーを、アイドリングストップからの再始動時に用いるエネチャージを搭載して37.0km/Lの燃費を実現します。

新型アルトが、モーターによるエンジンアシストを可能とする「Sエネチャージ」を搭載すれば、先に導入した車種と同様に3km/Lほどの燃費の改善が見込まれるため、新型モデルでは40km/Lを超える低燃費を実現する可能性が高いと判断できます。

フルモデルチェンジで誕生する新型アルトが40km/Lを超える低燃費を実現すれば、ライバル車であるダイハツ・ミライースの35.2km/Lの数値を大きく上回る魅力的な環境性能が達成されます。

アルトとミライースの燃費比較
  新型アルト 現行型アルト ミライース
燃費(JC08モード) 40km/L(予測値) 37.0km/L 35.2km/L

次期フルモデルチェンジで誕生するアルトは新型プラットフォーム「ハーテクト(HEARTECT)」の改良型を導入する見込み

2019年10月にフルモデルチェンジが行われて誕生する見込みの9代目アルトは、スズキの新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の改良型を導入すると思われます。

アルトは既に、サスペンションパーツを骨格パーツの一部として利用するなどして、車の基本性能を強化して、車体の軽量化と高剛性化を両立させる「ハーテクト」を導入しています。

次期フルモデルチェンジで誕生する9代目アルトは、ハーテクトの改良型を導入して、前後のサスペンションストロークを拡大させる、ねじり剛性を強化するなどして、乗り心地をさらに良くするものと期待します。

新型アルトは搭載する「デュアルセンサーブレーキサポート」の作動速度域を拡げて安全性を強化する見込み

2018年12月13日にアルトのマイナーチェンジが実施されて、単眼カメラとレーザーレーダーをセンサーとすることで、前方の歩行者や車を認識して、衝突する可能性の高さによって、前方衝突警報あるいは自動ブレーキを作動する安全システム「デュアルセンサーブレーキサポート」が搭載されました。

マイナーチェンジによって誕生したアルトの現行モデルは、その他に後退時ブレーキサポートや車線逸脱警報などを追加設定して、予防安全技術である「スズキ セーフティ サポート」を充実させて、安全性能を向上させました。

2019年10月にフルモデルチェンジが実施されて、誕生する予定の新型アルトは、車両および歩行者に対して作動する「デュアルセンサーブレーキサポート」の作動速度域を拡大させる、新たな機能を追加して、安全性をさらに強化するものと期待します。

新型アルトの販売価格の上昇は5万円以内であり100万円以下で購入できる低価格モデルも引き続いてラインナップする見込み

スズキのマイルドハイブリッドシステム「Sエネチャージ」は、新型アルトの上位グレードのみに搭載される見込みです。Sエネチャージが搭載されるとしても、低価格を魅力とするアルトの商品力を維持するために、販売価格の上昇は5万円以内に抑えられる可能性が高いです。

また、標準装備は必要最小限として100万円以下で購入できるアルトの低価格モデルは、新型となってもラインナップする見込みです。

アルト現行モデルのグレード別 販売価格比較表
グレード 駆動・変速機 価格
F 2WD・5MT 847,800円~
2WD・5AGS 847,800円~
4WD・5MT 953,640円~
4WD・5AGS 953,640円~
2WD・5AGS(スズキセーフティサポート装着車) 907,200円~
4WD・5AGS(スズキセーフティサポート装着車) 1,013,040円~
L 2WD・CVT 894,240円~
4WD・CVT 1,000,080円~
2WD・CVT(スズキセーフティサポート装着車) 953,640円~
4WD・CVT(スズキセーフティサポート装着車) 1,059,480円~
S 2WD・CVT 1,061,640円~
4WD・CVT 1,162,080円~
X 2WD・CVT 1,171,800円~
4WD・CVT 1,266,840円~

次期フルモデルチェンジは2020年と予想される「アルトワークス」の新型モデルは更なる魅力的な走りを実現する

2015年12月24日にアルトのスポーティバージョン「アルトワークス」が15年振りに復活しました。

アルトワークスは、軽量ボディにR06A型ツインターボエンジンを搭載させて、専用チューニングを施すことで、本格的なスポーツ走行を可能とする軽自動車です。

そんな、アルトワークスの次期フルモデルチェンジのタイミングは2020年頃であると噂されています。フルモデルチェンジで誕生する新型アルトは「Sエネチャージ」を搭載して、更なる低燃費を実現する見込みですが、2020年に誕生する予定の新型アルトワークスは、燃費の改善は行わずに走行性能を向上させる可能性が高いと判断します。

新型アルトワークスは、高レスポンスを可能とするターボチャージャーやノッキング現象を抑制する高タンブル吸気ポートなどのユニットを進化させて、更なる魅力的な走りを実現するはずです。

アルトワークス(現行モデル)のエンジンスペック
型式 R06A型
種類 水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
弁機構 DOHC12バルブVVT
総排気量 658cc
最高出力 47kW/6,000rpm
最大トルク 100Nm/3,000rpm
アルトワークス現行モデルのグレード別 販売価格比較表
グレード 駆動・変速機 価格
アルトワークス 2WD・5MT 1,509,840円~
2WD・5AGS 1,547,640円~
4WD・5MT 1,617,840円~
4WD・5AGS 1,655,640円~

次期モデルチェンジで誕生する新型アルトもユーザーのニーズに的確に応える

1979年に初代モデルが誕生したアルトは、変化するユーザーのニーズに的確に応える事が可能な車であった為に、スズキの車としては、初めて国内累計販売台数500万台を超える事が出来ました

低価格設定が魅力的なアルトは、主婦層からの支持を集めてセカンドカーとしてのニーズを掘り起こしました。軽自動車ではトップクラスのスポーツ性能を持つ「アルトワークス」は、リーズナブルなスポーツカーを求めるユーザーの購買意欲を刺激しました。

2018年12月13日に実施したマイナーチェンジでは、「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用して、軽自動車にも求められる安全性を強化しました。2019年10月に予定される次期モデルチェンジでは、新たに導入される税制である「環境性能割」に対応するためにSエネチャージを搭載する見込みです。

アルトはこれからも、軽自動車の中でも購入しやすい価格設定を維持しながらも、時代の変化に合わせた新たな機能を追加して進化を続けていきます。