新型ヤリスクロス

新型ヤリスクロスが2020年8月発売か ライズとC-HRの中間を担う新型SUV

新型ヤリスクロスの最新情報。トヨタのSUVに新型車のヤリスクロスが登場、Bセグメントのコンパクトカー「ヤリス」ベースの運転しやすいサイズ感が特徴で、ガソリンモデルの他にハイブリッドモデルも販売します。新型ヤリスクロスのエクステリア・インテリア・燃費など最新情報を紹介。

新型ヤリスクロスが2020年8月発売か ライズとC-HRの中間を担う新型SUV

新型ヤリスクロスが2020年8月31日に発売か

新型ヤリスクロスはヤリスをベースに開発されたBセグメントに該当するコンパクトクロスオーバーSUVです。トヨタのラインナップで言うとリッターカーのライズと、プリウスベースのC-HRの中間サイズに該当していて、街乗りにもレジャーにも丁度いいサイズ感が特徴のモデルです。

2020年2月に発売した新型ヤリスにあわせて「ヤリスベースのクロスオーバーSUV発売する」という噂が駆け巡るなど、発売を楽しみにしていたユーザーも多いのではないでしょうか。
2020年7月中旬から先行予約が始まり、2020年8月31日に発表・発売の可能性が高いトヨタ新型ヤリスクロスの最新情報を紹介します。

ヤリスクロスのエクステリアは「頑強さ」をコンセプトにした力強いスタイル

ヤリスクロスのエクステリアコンセプト通りの「頑強さ」を感じる迫力あるエクステリア

新型ヤリスクロスは走る楽しさや、クラスレスの高い質感を基に開発された新しいクロスオーバーSUVです。そのエクステリアデザインにはロバスト(頑強さ)があり、シンプルながらに逞しいスタイリングが特徴です。

開発はTNGAのGA-Bプラットフォームを採用、新型ヤリスとベースですが本家ヤリスとは違う迫力が伴います。ヤリスクロスのサイズ感は、トヨタ最小の1.000ccエンジンを採用するリッターカー「ライズ」より大きく、プリウスをベースに開発されたGA-Cプラットフォームの「C-HR」よりもコンパクトな「ちょうどいいサイズのSUV」になっています。

ヘッドライトは上部にありますが、デイタイムライトやウインカーはサイドが光る仕様になるようで、流れるウインカーのシーケンシャルターンライトは採用されないようです。
ボディ全体はスクエアなので実際のサイズより大きく、迫力のあるルックスに見えます。

新型ヤリスクロスの販売スケジュール

  • 見積もり開始予定 2020年7月下旬
  • オーダー開始予定 2020年8月上旬
  • 記者発表 2020年8月31日
  • 納車開始 2020年9月下旬
新型ヤリスクロスのスペック
ガソリンモデル ハイブリッドモデル
全長 4,180mm
全幅 1,760mm
全高 1,560mm
ホイールベース 2,560mm
最低地上高 170mm
車両重量
最小回転半径
乗車定員 5名
駆動方式 4WD/2WD(FF)
WLTCモード燃費 FF:19.4km/L
4WD:18.0km/L
FF:31.1km/L
4WD:28.0km/L

パワートレインはヤリスと同じく、ガソリンモデルは直列3気筒1.5L直噴エンジンとダイレクトシフトCVTを採用、最高出力120ps、最大トルク140Nmを発揮します。
ハイブリッドモデルは直列3気筒1.5L直噴エンジンとモーターで、最高出力116ps、最大トルク120Nmを発揮します。

ヤリスクロスのグレードは「X」「G」「Z」の3種類を設定

ヤリスクロスのグレードはベースグレードのX、中間グレードのG、上級グレードのZの3種類を設定。ハイブリッドモデルのグレードも同様で、ガソリンモデルにはXに装備が充実したBパッケージも設定されます。全てのグレードでディスプレイオーディオが標準装備されグレードにより大きさが異なります。
またヤリスにはない電動パーキングブレーキとブレーキホールドがヤリスクロスでは全グレードに標準装備、上級グレードにはハイビームを自動補正するアダプティブハイビームシステム(AHS)も標準装備します。

ヤリスクロス Xグレードの主要装備

  • ハロゲンヘッドライト
  • 16インチホイール
  • ウレタンステアリングホイール
  • チルト&テレスコピックステアリング
  • スマートエントリー+プッシュスタート
  • 電動パーキングブレーキ
  • ブレーキホールド
  • 4.2インチマルチインフォメーションディスプレイ
  • タコメーター
  • ヒルスタートアシストコントロール
  • ヘッドレスト一体型シート
  • 6:4分割可倒リアシート
  • 7インチディスプレイオーディオ
  • 車載DCM

ヤリスクロス Gグレードの主要装備

  • 16インチアルミホイール
  • 8インチディスプレイオーディオ
  • バックガイドモニター
  • スーパーUVカットガラス
  • 本革巻きステアリングホイール
  • 本革巻きシフトノブ
  • 4:2:4分割可倒リアシート
  • リアセンターアームレスト
  • インテリア加飾
  • USBソケット
  • 6スピーカー

ヤリスクロス Zグレードの主要装備

  • 18インチアルミホイール
  • LEDヘッドランプ+リヤコンビネーションランプ
  • ピアノブラックグリル
  • ピアノブラックドアグリップ
  • 運転席6WAYパワーシート
  • 運転席+助手席シートヒーター

新型ヤリスクロスはヤリスのように全15色のカラフルなボディカラーラインナップ

ヤリスクロスのボディカラーはモノトーンが8色で、プラスゴールドメタリックなど新たなボディカラーもラインナップしています。ベーシックなホワイトパールクリスタルシャインやブラック、華やかなセンシュアルレッドマイカなどもあるので、ボディカラーを選ぶ楽しみもあるモデルです。
2トーンカラーは7色設定されていますが、中間グレードのGと上級グレードのZのみ選択可能です。

新型ヤリスクロスのモノトーンカラー一覧

  • プラスゴールドメタリック
  • ホワイトパールクリスタルシャイン(オプション)
  • センシュアルレッドマイカ(オプション)
  • シルバーメタリック
  • ブラックマイカ
  • ナチュラルベージュマイカメタリック
  • グレーイッシュブルーメタリック
  • ダークブルーマイカメタリック

新型ヤリスクロスの2トーンカラー一覧

  • プラスゴールドメタリック×ラックマイカ(オプション)
  • シルバーメタリック×ブラックマイカ(オプション)
  • ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラックマイカ(オプション)
  • ベージュ×ブラックマイカ(オプション)
  • グレーイッシュブルー×ブラックマイカ(オプション)
  • センシュアルレッドマイカマイカ×ブラックマイカ(オプション)
  • ブラックマイカ×プラスゴールドメタリック(オプション)

クルーズコントロールは全車速対応 ヤリスクロスは運転支援や安全装備も充実

ヤリスクロスのトヨタセーフティセンスには全車速追従機能付きのレーダークルーズコントロールを採用。レーントレーシングアシストも標準装備しているので、高速巡行の疲労を軽減します。
誤発進抑制のためのインテリジェントクリアランスソナーや昼・夜の歩行者や自転車に対応したプリクラッシュセーフティもあるため安心してドライブを楽しめます。

ヤリスクロスのトヨタセーフティセンスの内容

  • 昼・夜歩行者 昼自転車対応プリクラッシュセーフティ
  • レーントレーシングアシスト(LTA)
  • 全車速追従レーダークルーズコントロール
  • アダプティブハイビームシステム(Zグレードのみ)
  • ロードサインアシスト
  • インテリジェンスクリアランスソナー
  • ブラインドスポットモニター
  • セカンダリーコリジョンブレーキ
  • など

新型ヤリスクロスは安全で使いやすいコンパクトクロスオーバーSUV

ヤリスクロスはヤリスにも装備されていないブレーキホールドや、全車速対応追従型レーダークルーズコントロールを採用するなど、安全で使いやすいコンパクトクロスオーバーSUVになっています。ライズよりもサイズアップしたSUVで、C-HRよりもコンパクトなSUVをさがしているユーザーにとって、最適なモデルになるのは間違いないでしょう。