新型ヤリスクロス

新型ヤリスクロスが2020年8月31日発売 ライズとC-HRの中間を担う新型SUV

新型ヤリスクロスの最新情報。トヨタのSUVに新型車のヤリスクロスが登場、Bセグメントのコンパクトカー「ヤリス」ベースの運転しやすいサイズ感が特徴で、ガソリンモデルの他にハイブリッドモデルも販売します。新型ヤリスクロスのエクステリア・インテリア・燃費など最新情報を紹介。

新型ヤリスクロスが2020年8月31日発売 ライズとC-HRの中間を担う新型SUV

新型ヤリスクロスが2020年8月31日発売 軽快な走りと先進安全装備が魅力

新型ヤリスクロスはヤリスをベースに開発されたBセグメントに該当するコンパクトクロスオーバーSUVです。トヨタのラインナップで言うとリッターカーのライズと、プリウスベースのC-HRの中間サイズに該当していて、街乗りにもレジャーにも丁度いいサイズ感が特徴のモデルです。

2020年2月に発売した新型ヤリスにあわせて「ヤリスベースのクロスオーバーSUV発売する」という噂が駆け巡るなど、発売を楽しみにしていたユーザーも多いのではないでしょうか。
2020年7月中旬から先行予約が始まり、2020年8月31日に正式デビューした、トヨタ新型ヤリスクロスの最新情報を紹介します。

ヤリスクロスのエクステリアは「頑強さ」をコンセプトにした力強いスタイル

ヤリスクロスのエクステリアコンセプト通りの「頑強さ」を感じる迫力あるエクステリア

新型ヤリスクロスは走る楽しさや、クラスレスの高い質感を基に開発された新しいクロスオーバーSUVです。そのエクステリアデザインにはロバスト(頑強さ)があり、シンプルながらに逞しいスタイリングが特徴です。

開発はTNGAのGA-Bプラットフォームを採用、新型ヤリスとベースですが本家ヤリスとは違う迫力が伴います。ヤリスクロスのサイズ感は、トヨタ最小の1.000ccエンジンを採用するリッターカー「ライズ」より大きく、プリウスをベースに開発されたGA-Cプラットフォームの「C-HR」よりもコンパクトな「ちょうどいいサイズのSUV」になっています。

ヘッドライトは上部にありますが、デイタイムライトやウインカーはサイドが光る仕様になり、流れるウインカーのシーケンシャルターンライトは採用していません。
ボディ全体はスクエアなので実際のサイズより大きく、迫力のあるルックスに見えます。

新型ヤリスクロスのスペック
ガソリンモデル ハイブリッドモデル
全長 4,180mm
全幅 1,765mm
全高 1,560mm
ホイールベース 2,560mm
最低地上高 170mm
車両重量
最小回転半径 5.3m
乗車定員 5名
駆動方式 2WD(FF)/4WD/E-Four
総排気量 1.490L
最高出力 88kW(120ps)6600rpm 67kW(91ps)5500rpm
最大トルク 145Nm(14.8kgm)4800-5200rpm 120Nm(12.2kgm)3800-4800rpm
ハイブリッドシステム最高出力 85kW(116ps)
WLTCモード燃費 FF:19.4km/L
4WD:18.0km/L
FF:31.1km/L
E-Four:28.0km/L

パワートレインはヤリスと同じく、ガソリンモデルは直列3気筒1.5L直噴エンジンとダイレクトシフトCVTを採用、最高出力120ps、最大トルク140Nmを発揮します。
ハイブリッドモデルは直列3気筒1.5L直噴エンジンとモーターで、最高出力116ps、最大トルク120Nmを発揮します。

ヤリスクロスのグレードは「X」「G」「Z」の3種類を設定

ヤリスクロスのグレードはベースグレードのX、中間グレードのG、上級グレードのZの3種類を設定。ハイブリッドモデルのグレードも同様で、ガソリンモデルには安全装備などが簡素化されたX Bパッケージも設定されます。全てのグレードでディスプレイオーディオが標準装備されグレードにより大きさが異なります。
またヤリスにはない電動パーキングブレーキとブレーキホールドがヤリスクロスでは全グレードに標準装備、上級グレードにはハイビームを自動補正するアダプティブハイビームシステム(AHS)も標準装備します。

ヤリスクロス Xグレードの主要装備

  • ハロゲンヘッドライト
  • 16インチホイール
  • ウレタンステアリングホイール
  • チルト&テレスコピックステアリング
  • スマートエントリー+プッシュスタート
  • 電動パーキングブレーキ
  • ブレーキホールド
  • 4.2インチマルチインフォメーションディスプレイ
  • タコメーター
  • ヒルスタートアシストコントロール
  • ヘッドレスト一体型シート
  • 6:4分割可倒リアシート
  • 7インチディスプレイオーディオ
  • 車載DCM

ヤリスクロス Gグレードの主要装備

  • 16インチアルミホイール
  • 8インチディスプレイオーディオ
  • バックガイドモニター
  • スーパーUVカットガラス
  • 本革巻きステアリングホイール
  • 本革巻きシフトノブ
  • 4:2:4分割可倒リアシート
  • リアセンターアームレスト
  • インテリア加飾
  • USBソケット
  • 6スピーカー

ヤリスクロス Zグレードの主要装備

  • 18インチアルミホイール
  • LEDヘッドランプ+リヤコンビネーションランプ
  • ピアノブラックグリル
  • ピアノブラックドアグリップ
  • 運転席6WAYパワーシート
  • 運転席+助手席シートヒーター

新型ヤリスクロスはトヨタのSUVラインナップの中ではライズとC-HRの中間に位置するため、車両価格はベースグレードのXで1,896,000円から、最上級グレードのZで2,210,000円からの価格になっています。

新型ヤリスクロスの販売価格一覧
グレード 駆動方式 販売価格
X Bパッケージ ガソリン仕様車 2WD(FF) 1,798,000円~
4WD 2,029,000円~
X ガソリン仕様車 2WD(FF) 1,896,000円~
4WD 2,127,000円~
X ハイブリッド仕様車 2WD(FF) 2,284,000円~
4WD(E-Four) 2,515,000円~
G ガソリン仕様車 2WD(FF) 2,020,000円~
4WD 2,251,000円~
G ハイブリッド仕様車 2WD(FF) 2,394,000円~
4WD(E-Four) 2,625,000円~
Z ガソリン仕様車 2WD(FF) 2,210,000円~
4WD 2,441,000円~
Z ハイブリッド仕様車 2WD(FF) 2,584,000円~
4WD(E-Four) 2,815,000円~

新型ヤリスクロスはヤリスのように全15色のカラフルなボディカラーラインナップ

ヤリスクロスのボディカラーはモノトーンが8色で、ブラスゴールドメタリックなど新たなボディカラーもラインナップしています。ベーシックなホワイトパールクリスタルシャインやブラック、華やかなセンシュアルレッドマイカなどもあるので、ボディカラーを選ぶ楽しみもあるモデルです。
2トーンカラーは7色設定されていますが、中間グレードのGと上級グレードのZのガソリン仕様車とハイブリッド仕様車のみ選択可能です。

新型ヤリスクロスのモノトーンカラー一覧

  • ブラスゴールドメタリック
  • ホワイトパールクリスタルシャイン(33,000円高)
  • センシュアルレッドマイカ(33,000円高)
  • シルバーメタリック
  • ブラックマイカ
  • ベージュ
  • グレイッシュブルー
  • ダークブルーマイカメタリック

ブラスゴールドメタリックの新型ヤリスクロスブラスゴールドメタリック

ホワイトパールクリスタルシャインの新型ヤリスクロスホワイトパールクリスタルシャイン(33,000円高)

センシュアルレッドマイカの新型ヤリスクロスセンシュアルレッドマイカ(33,000円高)

シルバーメタリックの新型ヤリスクロスシルバーメタリック

ブラックマイカの新型ヤリスクロスブラックマイカ

ベージュの新型ヤリスクロスベージュ

グレイッシュブルーの新型ヤリスクロスグレイッシュブルー

ダークブルーマイカメタリックの新型ヤリスクロスダークブルーマイカメタリック

新型ヤリスクロスの2トーンカラー一覧

  • ブラスゴールドメタリック×ブラックマイカ(55,000円高)
  • シルバーメタリック×ブラックマイカ(55,000円高)
  • ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラックマイカ(77,000円高)
  • ベージュ×ブラックマイカ(55,000円高)
  • グレイッシュブルー×ブラックマイカ(55,000円高)
  • センシュアルレッドマイカ×ブラックマイカ(77,000円高)
  • ブラックマイカ×ブラスゴールドメタリック(55,000円高)

ブラスゴールドメタリック×ブラックマイカの新型ヤリスクロスブラスゴールドメタリック×ブラックマイカ(55,000円高)

シルバーメタリック×ブラックマイカの新型ヤリスクロスシルバーメタリック×ブラックマイカ(55,000円高)

ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラックマイカの新型ヤリスクロスホワイトパールクリスタルシャイン×ブラックマイカ(77,000円高)

ベージュ×ブラックマイカの新型ヤリスクロスベージュ×ブラックマイカ(55,000円高)

グレイッシュブルー×ブラックマイカの新型ヤリスクロスグレイッシュブルー×ブラックマイカ(55,000円高)

センシュアルレッドマイカ×ブラックマイカの新型ヤリスクロスセンシュアルレッドマイカ×ブラックマイカ(77,000円高)

ブラックマイカ×ブラスゴールドメタリックの新型ヤリスクロスブラックマイカ×ブラスゴールドメタリック(55,000円高)

ヤリスクロスのインテリアは3種類でヤリスに似た内装が特徴

ヤリスクロスはX、G、Zのグレード毎にインテリアが異なっていますが、ガソリンモデルとハイブリッドモデルの違いはセンターメーター、空調ガーニッシュ、走行モードなど、大きな違いはありません。
ヤリスとヤリスクロスの違はセンターメーターで、その他の部分はほぼ共通化しています。

ヤリスクロスXグレードのインテリアヤリスクロスXグレードの内装

ヤリスクロスのXグレードの内装はブラックで、シートのヘッドレストが一体化しているのが特徴です。シート素材はファブリックで座り心地の良いベーシックなデザインを採用しています。
Xグレードのガソリンモデルのエアコンはマニュアルのダイヤル式を採用していますが、ハイブリッドモデルはオートエアコンを採用します。

ヤリスクロスGグレードのインテリアヤリスクロスGグレードの内装

Gグレードもブラックの内装で、Xグレードとの最大の違いはヘッドレストが分離していることで、シート素材も上級ファブリックにアップグレードしています。
エアコンはオートになり、質感も向上します。

ヤリスクロスZグレードのインテリアヤリスクロスZグレードの内装

Zグレードになると一気にラグジュアリー感が増して、シートやパネル類にブラウンを採用します。シート素材も合皮とファブリックのコンビシートになり、見た目も上質な雰囲気になります。
エアコンはGグレードと同じですが、センターメーターが変更され、運転席6WAYパワーシートや運転席と助手席にシートヒーターも標準装備します。

ヤリスクロスは収納も豊富でラゲッジも広々

リヤセンターコンソールを倒して荷物を積むヤリスクロス4:2:4分割可倒式のリヤシートで長尺物も載せられる

ヤリスクロスのユーティリティで最も注目したいのが、4:2:4分割可倒式のリヤシートで、真ん中部分を倒すとスキーやスノーボードなども楽々載せられる便利な仕様になっています。

ヤリスクロスの荷室ラゲッジの積載量はコンパクトクラストップレベルの390Lを確保

ラゲッジ容量も最大390Lで、同じクラスを比較するとトップクラスの収納力をもっています。ゴルフバックや自転車も積むことができるので、レジャーでも大活躍するでしょう。

ヤリスクロスの収納スペース使い勝手の良い収納スペースが豊富なのもヤリスクロスの特徴

カップホルダーやグローブボックスなど基本的な収納の他、靴などを収納できる助手席アンダートレイやカップホルダー付きリヤセンターアームレストなど、便利な収納も備えています。

ヤリスクロスの収納一覧

  • 1.助手席グローブボックス
  • 2.センターオープントレイ
  • 3.フロントコンソールボックス
  • 4.フロントカップホルダー
  • 5.充電用・通信用USB端子
  • 6.フロント/リヤドアポケットとドリンクホルダー
  • 7.助手席シートバックポケット
  • 8.リヤセンターアームレスト
  • 9.リヤコンソールボックス
  • 10.助手席シートアンダートレイ

クルーズコントロールは全車速対応 ヤリスクロスは運転支援や安全装備も充実

ヤリスクロスのトヨタセーフティセンスには全車速追従機能付きのレーダークルーズコントロールを採用。レーントレーシングアシストも標準装備しているので、高速巡行の疲労を軽減します。
誤発進抑制のためのインテリジェントクリアランスソナーや昼・夜の歩行者や自転車に対応したプリクラッシュセーフティもあるため安心してドライブを楽しめます。

ヤリスクロスのトヨタセーフティセンスの内容

  • 昼・夜歩行者 昼自転車対応プリクラッシュセーフティ
  • レーントレーシングアシスト(LTA)
  • 全車速追従レーダークルーズコントロール
  • アダプティブハイビームシステム(Zグレードのみ)
  • ロードサインアシスト
  • インテリジェンスクリアランスソナー
  • ブラインドスポットモニター(オプション)
  • セカンダリーコリジョンブレーキなど

新型ヤリスクロスは安全で使いやすいコンパクトクロスオーバーSUV

ヤリスクロスはヤリスにも装備されていないブレーキホールドや、全車速対応追従型レーダークルーズコントロールを採用するなど、安全で使いやすいコンパクトクロスオーバーSUVになっています。ライズよりもサイズアップしたSUVで、C-HRよりもコンパクトなSUVをさがしているユーザーにとって、最適なモデルになるのは間違いないでしょう。