スカイラインのフルモデルチェンジ

スカイラインのフルモデルチェンジは2021年!プロパイロット3.0を搭載しEVモデルも発売か

スカイラインのフルモデル情報です。2021年にフルモデルチェンジが行われて誕生する新型モデルは、日産の最先端技術「プロパイロット3.0」や「VCターボエンジン」を搭載する可能性があります。未来のニーズに応えて、厳しい環境基準をクリアするEVモデルもラインナップすると考えられます。

スカイラインのフルモデルチェンジは2021年!プロパイロット3.0を搭載しEVモデルも発売か

2021年にフルモデルチェンジよって誕生するスカイラインはプロパイロット3.0を搭載しEVもラインナップする可能性がある

2021年にフルモデルチェンジが行われて誕生する14代目スカイラインは、日産の最先端技術「プロパイロット3.0」を搭載して、車に求められる環境性を満たしたEVモデルもラインナップすると考えられます。

日本を代表する高級スポーツセダンである「スカイライン」は、1957年に初代モデルが発売されてから60年以上もの長い歴史の中で、12回のフルモデルチェンジが行われました。

スカイラインシリーズの中には、ハコスカやケンメリなど通称で親しまれている名車が数多くあります。マイナーチェンジやフルモデルチェンジを何度も経験してきたスカイラインは、ハイブリッド車や、レーシング仕様車を販売させたりして車社会のニーズに的確に応えてきました。

未来の車社会のニーズに応えて「プロパイロット3.0」などを搭載し、EVモデルもラインナップする可能性が高い新型スカイラインの特徴を紹介します。

スカイラインのフルモデルチェンジは「プロパイロット3.0」を搭載しEVモデルもラインナップする可能性が高いため2021年となる

スカイラインのエクステリア先代モデルがフルモデルチェンジするまで約7年だったことを考慮すると現行モデルのフルモデルチェンジは2021年に行われると考えられる

次回のスカイラインのフルモデルチェンジは、日産の先進の自動運転技術「プロパイロット3.0」を搭載し、各国が設定する厳しい環境基準をクリアするEVモデルもラインナップさせるために2021年のタイミングになると考えられます。

現行モデルのスカイライン(V37型)は、海外市場ではインフィニティQ50という車名で販売されています。日産のラグジュアリーブランドであるインフィニティは、2018年1月に行われたデトロイトモーターショーで2021年以降に発売する新型車に電動車をラインナップする計画を発表しました。

スカイラインは1957年に初代モデルが誕生してから約60年間で全12回のフルモデルチェンジが行いました。平均すれば5年に1回のタイミングでフルモデルチェンジが行われている事になります。

直近のフルモデルチェンジ(12代目が誕生してから13代目が誕生するまで)の期間は約7年と平均からは遅れている傾向があります。

2021年は13代目スカイラインが発売されてから7年が経過するという直近の周期とも重なりますし、日産の技術を結集して完成を目指す「プロパイロット3.0」の実用化のタイミングとも近いため、フルモデルチェンジを行うベストなタイミングです。

これまでスカイラインは日産を代表する車として、数々の先端技術を初搭載してきました。14代目スカイラインは初めて「プロパイロット3.0」を搭載して、インフィニティブランドから初のEVモデルもラインナップする車種となる可能性も高いです。

スカイラインのモデルチェンジ年表(セダン型)
1957年4月 初代スカイライン誕生
1960年2月 マイナーチェンジ
1962年9月 マイナーチェンジで後期型へ
1963年9月 2代目スカイライン誕生
1966年10月 マイナーチェンジで後期型へ
1968年8月 3代目スカイライン誕生(通称:ハコスカ)
1969年10月 マイナーチェンジ
1970年10月 マイナーチェンジ
1971年9月 マイナーチェンジで後期型へ
1972年9月 4代目スカイライン誕生(通称:ケンメリ、ヨンメリ)
1975年5月 マイナーチェンジで後期型へ
1977年8月 5代目スカイライン誕生(通称:ジャパン)
1979年7月 マイナーチェンジで後期型へ
1981年8月 6代目スカイライン誕生(通称:ニューマンスカイライン)
1983年8月 マイナーチェンジで後期型へ
1985年8月 7代目スカイライン誕生(通称:セブンス)
1987年8月 マイナーチェンジで後期型へ
1989年5月 8代目スカイライン誕生(通称:超感覚スカイライン)
1991年8月 マイナーチェンジで後期型へ
1993年8月 9代目スカイライン誕生
1996年1月 ビッグマイナーチェンジで後期型へ
1998年5月 10代目スカイライン誕生
2000年8月 マイナーチェンジで後期型へ
2001年6月 11代目スカイライン誕生
2004年11月 マイナーチェンジで後期型へ
2006年11月 12代目スカイライン誕生
2008年12月 マイナーチェンジで後期型へ
2014年2月 13代目スカイライン誕生
2017年12月 マイナーチェンジで後期型へ
2021年 14代目スカイライン誕生?

14代目スカイラインは日産の先端技術が結集して完成させる「プロパイロット3.0」を搭載すると考えられる

2021年にフルモデルチェンジが行われて誕生する14代目スカイラインは、一部条件下においては市街地でも自動運転を可能とする「プロパイロット3.0」を搭載すると考えられます。

オリンピックイヤーである2020年に、日本の技術力を世界にアピールしたい政府は自動運転の更なる普及を目指して法律等を改正して、各企業が研究を行いやすくするための環境を整備します。

政府の後押しもあって急ピッチで開発が進む「プロパイロット3.0」の完成時期は、14代目スカイラインが誕生するタイミングと重なるため、同車に日産の最先端の自動運転技術が搭載される可能性は極めて高いです。

14代目スカイラインのプラットフォームはメルセデス・ベンツのMRAが採用される可能性も

フルモデルチェンジが行われて誕生するV38型スカイラインは、メルセデス・ベンツがFR専用の新型プラットフォームとして用意したMRA(Modular Rear Architecture)を採用する可能性が高いです。

2010年にルノー・日産アライアンスとダイムラーは提携関係を構築しました。その際に、日産の高級ブランド「インフィニティ」向けのガソリンエンジンとディーゼルエンジンをダイムラーが供給する合意が成されました。

V37型スカイラインのターボ車にダイムラー製のエンジンを搭載する事で、日産はコストを削減に成功しました。

更なるコスト削減と開発の効率化を目指す日産は、次期スカイラインのプラットフォームは従来のFR‐Lではなく、メルセデス・ベンツのMRA(Modular Rear Architecture)を採用する可能性あります。

メルセデス・ベンツのプラットフォームを導入すると言っても、開発及び生産に関しては日産が主導権を握って、ダイムラーはパーツデータ提供を行う形となります。

14代目スカイラインは世界初の量産型可変圧縮比エンジン「VCターボ」を搭載か

フルモデルチェンジによって誕生する14代目スカイラインのターボ車は、メルセデス・ベンツから供給されるエンジンではなく、世界初の量産型可変圧縮比エンジン「VCターボ」を搭載する可能性があります。

2016年8月15日のニュースリリースにて日産は、同エンジンを高級車ブランド「インフィニティ」に搭載する事を発表しています。

日産が20年以上もの月日をかけて開発するVCターボ(新型4気筒2リッターターボエンジン)は、運転状況に最適な圧縮比を自動選択できる先端技術によって「低燃費」「環境性能」「静粛性」「安定走行」を高いレベルで実現します。

既存エンジンと比較すれば軽くてコンパクトというメリットまである「VCターボ」は、14代目スカイラインに搭載するのに相応しい高性能エンジンです。

フルモデルチェンジによって誕生するV38型スカイラインはプラグインハイブリッド電気自動車をラインナップするかもしれない

2016年10月にルノー・日産アライアンスに加わった三菱自動車は、PHEV(プラグインハイブリッド電気自動車)技術に強みを持ちます。2021年に誕生する新型スカイラインは、三菱のEV技術を導入したPHEVもラインナップさせて、ユーザーの選択肢を広げるでしょう。

グローバルな視点でみても電気ステーションのインフラが整えられていくのは確実です。日産は確実に高まる車社会のニーズに応えるために、14代目スカイラインでPHEVもラインナップすると考えられます。

フルモデルチェンジによって誕生する14代目スカイラインはEVモデルも販売か

日産の海外向けのブランドであるインフィニティは、2018年1月に開催されたデトロイトモーターショー2018で電動化計画を発表しました。同社は2021年以降に発売するインフィニティに電動車をラインナップする事を計画します。

スカイラインは海外ではインフィニティQ50として発売されています。国内外で年々高まる環境基準をクリアするために、2021年のフルモデルチェンジによって誕生する14代目スカイラインはEVモデルも販売する可能性があります。

時代に合わせて進化するスカイラインの歴史はこれからも続いていく

サニー、ブルーバード、セドリック、グロリアなど日産の伝統を支えてきた車名が消えてしまいました。残るのはスカイラインだけです。

現行モデルがインフィニティQ50として海外市場では発売されているスカイラインは、BMW・アウディなどの世界的知名度を誇るラグジュアリーなメーカーが販売する車に対抗できるブランド力を構築しつつあります。

V37型が誕生する以前には、日本市場でもスカイラインという車名ではなくて、海外と統一したインフィニティQ50で販売しようという議論が日産の社内にて交わされました。今回のフルモデルチェンジにおいても同様の議論が行われるかもしれません。

スカイラインはフルモデルチェンジやマイナーチェンジを行う際に、車社会のトレンドに合わせて進化を続けてきたので、60年以上も支持されてきました。

2021年にフルモデルチェンジが行われて誕生する14代目スカイラインは、自動運転化時代に対応するために「プロパイロット3.0」を搭載し、各国が設定する厳格な環境基準をクリアするEVモデルもラインナップさせる可能性があります。
今後も、時代に合わせて進化するスカイラインの歴史は続いていきます。