V型エンジンの搭載車種

V型エンジンとは?国産車にもV10やV12エンジン搭載車もある

V型エンジンは、直列エンジンに比べて気筒数が多くなるほどコンパクトにできるメリットがあります。速いイメージのあるV6エンジンもハイブリッドが主流となり、燃費も向上しています。V6やV8エンジンを搭載している車種をチェックしていきましょう。

V型エンジンとは?国産車にもV10やV12エンジン搭載車もある

V型エンジンとは?何気筒まであるの?搭載している日本車まとめ

V型エンジンとは、シリンダーと呼ばれる気筒をV型に並べたエンジンのことで、気筒の数によってV6やV8、V10にV12などと呼ばれています。一般的な市販車にはV6が搭載されることが多く、スポーツカーや高級車になるにつれてV8やV10、V12エンジンが搭載されています。

V16やV18、V12を2つ並べたV24エンジンも存在しますが、超大型トラックや船舶、航空機などに搭載されていて、日本車では採用された例はありません。

そこで、V型エンジンの特徴や気筒数ごとに分類されるV6やV8、V12などのエンジンを搭載した日本車をまとめました。

V型エンジンはシリンダーがV字に配置されている

V型エンジンの参考画像アルファベットのVに見えるためV型エンジンと呼ばれる 直列エンジンよりもサイズがコンパクト

V型エンジンは、シリンダーとも呼ばれる気筒がV字に配置されたエンジンで、横並びにシリンダーが並んでいく直列エンジンに比べて多気筒の場合コンパクトにできるメリットがあります。

一般的な市販車に搭載されているエンジンはV型6気筒(V6エンジン)が多く、スポーツタイプの車や高級車などにV8エンジンが搭載されている例もありました。V10やV12エンジンまで視野を広げると、ほんの限られた車種にしか搭載されていない特別感のあるエンジンです。

日本車では直列4気筒や直列3気筒エンジン、V6エンジンが多いですが、アメリカ車ではV8やV10エンジンが多く採用されています。

V型6気筒(V6エンジン)

スポーツカーや一般的な市販車などに採用されることが多いのがV型6気筒の通称V6エンジンです。コンパクトに収まるエンジンなので、2ドアの車にも人気のエンジンです。

JNC型のV型6気筒エンジンを搭載したNSX/ホンダ

NSXのエクステリアJNC型水冷V型エンジンを採用 NSXは燃費性能も高いスーパーカー

2016年からホンダが発売している2代目NSXには、「JNC」型のV型6気筒エンジンが搭載されています。排気量は3,492cc、最高出力は373kW、最大トルクは550Nmを記録していて、価格は2,370万円です。ハイブリッドモデルなので燃費は12.4km/Lと、スーパーカーとしては燃費が良く技術の進歩を感じられる1台です。

NSX搭載V6エンジンスペック
型式 JNC
種類 水冷V型6気筒縦置
排気量 3,492cc
最高出力 373kW/6,500~7,500rpm
最大トルク 550Nm/2,000~6,000rpm
燃費 12.4km/L

JNB型のV型6気筒エンジンを搭載したレジェンド/ホンダ

レジェンドのエクステリア2018年2月にマイナーチェンジした新型レジェンドは水冷V型6気筒エンジンを採用

ホンダのフラッグシップセダンであるレジェンドは、2015年に5代目が発売されて2018年2月にはアキュラフェイスを採用したマイナーチェンジを行いました。搭載しているエンジンは、「JNB」型のV型6気筒エンジン、排気量は3,471cc、最高出力は231kW、最大トルクは371Nmで、価格帯は707万円です。

レジェンド搭載V6エンジンスペック
型式 JNB
種類 水冷V型6気筒横置
排気量 3,471cc
最高出力 231kW/6,500rpm
最大トルク 371Nm/4,700rpm
燃費 16.4km/L

2GR-FKS型のV型6気筒エンジンを搭載したアルファード・ヴェルファイア/トヨタ

アルファードのエクステリアアルファードは2GR-FKSのV型エンジンを搭載

ヴェルファイアのエクステリアヴェルファイアはアルファードと同じパワートレイン

トヨタのフラッグシップミニバンであるアルファードは2015年1月に3代目へとモデルチェンジし、2017年12月にはマイナーチェンジが行われました。姉妹車であるヴェルファイアも同じ時期に行われています。

搭載しているV6エンジンは「2GR-FKS」型で、排気量は3,456cc、最大出力は221kW、最大トルクは361Nmです。V型6気筒エンジンを搭載しているグレードは、アルファードで「Executive Lounge系統」、「GF」、「SC」、ヴェルファイアで「Executive Lounge系統」、「ZG」、「VL」になっていて、価格帯は463万円からです。

アルファード・ヴェルファイア搭載V6エンジンスペック
型式 2GR-FKS
種類 V型6気筒
排気量 3,456cc
最高出力 221kW/6,600rpm
最大トルク 361Nm/4,600~4,700rpm
燃費 10.6km/L

クラウンの各モデルもV型6気筒エンジンを搭載する

クラウンマジェスタのエクステリアトヨタを代表するセダンのクラウンシリーズにもV型エンジンをラインナップ

トヨタのフラッグシップセダンであるクラウンは、2012年に14代目にフルモデルチェンジし、2018年には15代目へフルモデルチェンジするという噂があります。V型6気筒エンジンを搭載しているモデルは、マジェスタ、ロイヤル、アスリートのガソリン車に搭載されています。

マジェスタでは2WDのみ、ロイヤルでは2.5Lのみ、アスリートにはガソリン車の2WDに3.5L、4WDには2.5LのV6エンジンが装備されています。価格帯はアスリートで409万円から、ロイヤルで381万円から、マジェスタで642万円からです。

クラウンアスリート搭載V6エンジンスペック
型式 2GR-FSE 4GR-FSE
種類 V型6気筒 V型6気筒
排気量 3,456cc 2,499cc
最高出力 232kW/6,400rpm 149kW/6,400rpm
最大トルク 377Nm/4,800rpm 243Nm/4,800rpm
燃費 9.6km/L 10.2km/L

クラウンと同様のV型エンジンを搭載しているマークX/トヨタ

マークXのエクステリアマークXはクラウンと同じV型エンジンを採用

トヨタが販売するスポーツセダンのマークXは、2009年に2代目へとフルモデルチェンジしていますが、新型カムリに統合されるのではないかという噂が立っています。2016年に2度目のマイナーチェンジ、2017年にGRスポーツが発表されています。
搭載しているエンジンは3.5Lと2.5Lのエンジンで、クラウンと同様のエンジンが搭載されています。3.5Lは2WDのみ、2.5Lは2WDと4WDがラインナップしていて、価格帯は2.5Lで291万円から、3.5Lモデルは385万円からになっています。

マークX搭載V6エンジンスペック
型式 2GR-FSE 4GR-FSE
種類 V型6気筒 V型6気筒
排気量 3,456cc 2,499cc
最高出力 234kW/6,400rpm 149kW/6,400rpm
最大トルク 380Nm/4,800rpm 243Nm/4,800rpm
燃費 10.0km/L 11.8km/L

VQ35DEのV型エンジンを搭載したエルグランド/日産

エルグランドのエクステリアV型エンジンはスポーツカーに採用されることが多いがミニバンのエルグランドにも採用されている

高級ミニバンの元祖ともいえる日産のエルグランドは、2010年に3代目へとフルモデルチェンジしていて、2018年1月には特別仕様車の「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」が発売されています。

エルグランドに搭載されているV6エンジンは、「VQ35DE」と呼ばれるエンジンで、排気量は3,498cc、最高出力は206kW、最大トルクは344Nmあります。燃費は9.4km/L、駆動方式は2WDと4WDが用意されています。

エルグランド搭載V6エンジンスペック
型式 VQ35DE
種類 V型6気筒
排気量 3,498cc
最高出力 206kW/6,400rpm
最大トルク 344Nm/4,400rpm
燃費 9.4km/L

VR38DETT型のV型エンジンを搭載したGT-R/日産

GT-RのエクステリアプレミアムスポーツのGT-Rは専用のV型エンジンを採用

日産のフラッグシップスポーツカーの「GT-R」は、2007年にR35型へとフルモデルチェンジし、毎年進化を続けている車両です。搭載されているエンジンは「VR38DETT」型で、R35型のGT-R専用のエンジンです。排気量は3,799cc、最大出力は419kW、最大トルクは637Nmを記録していて、価格帯は1,023万円からです。

GT-R搭載V6エンジンスペック
型式 VR38DETT
種類 V型6気筒
排気量 3,799cc
最高出力 419kW/6,800rpm
最大トルク 637Nm/3,300~5,800rpm
燃費 8.8km/L

VQ37VHR型のV型エンジンを搭載したフェアレディZ/日産

フェアレディZのエクステリア大排気量スポーツのフェアレディZはVQ37VHRのV型エンジンを採用

日産のスポーツカーであるフェアレディZは、2008年にZ34型のフェアレディZとしてフルモデルチェンジし、毎年マイナーチェンジや一部改良、特別仕様車の発表などを行っているスポーツカーです。2018年5月には、レーシーなエクステリアの「ヘリテージエディション」を発売することが決定されています。

搭載しているエンジンは「VQ37VHR」型で、排気量は3,696cc、最大出力は247kW、最大トルクは365Nmになっていて、価格帯は390万円からになっています。

フェアレディZ搭載V6エンジンスペック
型式 VQ37VHR
種類 V型6気筒
排気量 3,696cc
最高出力 247kW/7,000rpm
最大トルク 365Nm/5,200rpm
燃費 9.0km/L

フェアレディZと同じV型エンジンを搭載するフーガ/日産

フーガのエクステリアフェアレディZと同じV型エンジンを採用するフーガ

フーガは日産のフラッグシップセダンのうちの1つであり、海外で展開しているインフィニティのQ70と兄弟車でもあります。フーガに搭載されているエンジンは「VQ37VHR」型で、フェアレディZと同様のエンジンです。排気量は3,696cc、最高出力は245kW、最大トルクは363Nm、価格帯は480万円からになっています。

フーガ搭載V6エンジンスペック
型式 VQ37VHR
種類 V型6気筒
排気量 3,696cc
最高出力 245kW/7,000rpm
最大トルク 363Nm/5,200rpm
燃費 9.4km/L

3.5LのV型6エンジンを採用するスカイライン/日産

スカイラインのエクステリア日産を代表するスポーツセダン 3.5LのV型6エンジンを採用

スカイラインは、1957年の初代発売から続く歴史のある車で、スポーツセダンとして有名な車種です。2014年に13代目のV37スカイラインが発売され、北米のインフィニティではQ50が兄弟車として存在します。搭載されているエンジンは「VQ35HR」で、排気量は3,498cc、最高出力は225kW、最大トルクは350Nm、燃費は17.8km/Lを記録しています。

スカイライン搭載V6エンジンスペック
型式 VQ35HR
種類 V型6気筒
排気量 3,498cc
最高出力 225kW/6,800rpm
最大トルク 350Nm/5,000rpm
燃費 17.8km/L

スカイラインと同じVQ35HR型V型エンジンを搭載するシーマ/日産

シーマのエクステリアフラッグシップセダンとして2012年に復活したシーマ

シーマは日産のフラッグシップセダンで、1度は販売が途切れましたが2012年に復活したモデルです。ハイブリッド専用モデルで、インフィニティにQ70Lと呼ばれる兄弟車があります。搭載しているエンジンはスカイラインと同様に「VQ35HR」で、排気量3,498cc、最大出力225kW、最大トルク350Nmで、燃費は15.6km/Lを記録しています。

シーマ搭載V6エンジンスペック
型式 VQ35HR
種類 V型6気筒
排気量 3,498cc
最高出力 225kW/6,800rpm
最大トルク 350Nm/5,000rpm
燃費 15.6km/L

燃費性能も高い6G72型のV6エンジンを搭載するパジェロ/三菱

パジェロのエクステリアパジェロのガソリンモデルはV型エンジンを搭載

パジェロは三菱のフラッグシップモデルで、ラダーフレームを溶接した頑丈なモノコックボディを持つ車種です。パジェロといえばディーゼルエンジンのイメージですが、ガソリンモデルに「6G72」型のV6エンジンを搭載しています。

排気量は2,972cc、最高出力は131kW、最大トルクは261Nm、燃費は8.0km/Lを記録しています。2006年の発売から2018年ですでに12年経過しているので、そろそろフルモデルチェンジするのではないかと噂されています。

パジェロ搭載のV6エンジンスペック
型式 6G72
種類 V型6気筒
排気量 2,972cc
最高出力 131kW/5,250rpm
最大トルク 261Nm/4,000rpm
燃費 8.0km/L

8GR-FXS型のV型エンジンを搭載するフラッグシップセダンのLS/レクサス

LSのエクステリアレクサスのフラッグシップセダン 運動性能の高い8GR-FXSのV型エンジンを搭載

レクサスが販売するフラッグシップセダンのLSは、かつてトヨタでセルシオとして販売されていた車種で、2017年にフルモデルチェンジし、5代目のLSが販売されています。搭載されているエンジンは「8GR-FXS」型で、排気量は3,456cc、最高出力は220kW、最大トルクは356Nm、燃費は16.4km/Lを記録しています。

レクサスLS搭載のV6エンジンスペック
型式 8GR-FXS
種類 V型6気筒
排気量 3,456cc
最高出力 220kW
最大トルク 356Nm
燃費 16.4km/L

最高出力217kWの2GR-FXE型のV型エンジンを搭載するGS/レクサス

GSのエクステリア新型ESに統合される噂もあるGS V型6気筒エンジンを搭載

レクサスが販売するグランツーリングセダンのGSは、アリストとして販売されていた車種で、2005年からは日本でも3代目のGSが販売されました。4代目のGSは2012年にフルモデルチェンジし、2015年には後期型へとマイナーチェンジしています。

搭載されるエンジンは「2GR-FXE」型で、排気量は3,456cc、最高出力は217kW、最大トルクは356Nm、燃費は18.2km/Lを記録しています。

レクサスGS搭載のV6エンジンスペック
型式 2GR-FXE
種類 V型6気筒
排気量 3,456cc
最高出力 217kW/6,000rpm
最大トルク 356Nm/4,500rpm
燃費 18.2km/L

排気量3,456ccのV型エンジンを搭載するIS/レクサス

ISのエクステリアトヨタで販売されていたアルテッツァがベース IS350にV型の2GR-FKSエンジンを搭載

レクサスISは以前アルテッツァとして販売されていた車種で、日本でも2005年から販売されています。2013年にフルモデルチェンジを行い3代目へ進化しており、IS350に「2GR-FKS」のエンジンが搭載されています。

排気量は3,456cc、最大出力は234kW、最大トルクは380Nm、燃費は10.4km/Lを記録しています。

レクサスIS搭載のV6エンジンスペック
型式 2GR-FKS
種類 V型6気筒
排気量 3,456cc
最高出力 234kW/6,600rpm
最大トルク 380Nm/4,800rpm
燃費 10.4km/L

LSと同じV型エンジンを搭載するフラッグシップクーペのLC 500h/レクサス

LC 500hのエクステリアLCはレクサスのフラッグシップセダンと同じV型エンジンを採用

レクサスが販売するLCは、2017年3月に新発売したクーペモデルで、ハイブリッドモデルにV6エンジンを搭載しています。型式は「8GR-FXS」、排気量は3,456cc、最高出力は220kW、最大トルクは356Nmあります。燃費は15.8km/Lを記録していて、搭載エンジンはフラッグシップセダンのLSと同様のものです。

LC 500h搭載のV6エンジンスペック
型式 8GR-FXS
種類 V型6気筒
排気量 3,456cc
最高出力 220kW/6,600rpm
最大トルク 356Nm/5,100rpm
燃費 15.8km/L

ISと同じV型エンジンを搭載するRC/レクサス

RCのエクステリア最高出力234kW 最大トルク380NmのV型エンジンを採用

2014年に発売されたノッチバッククーペのレクサス RCは、3.5LのガソリンエンジンモデルにV型6気筒エンジンが搭載されています。型式は「2GR-FKS」で、排気量は3,456cc、最高出力は234kW、最大トルクは380Nmあります。レクサス ISと同様のエンジンで、燃費は10.2km/Lを記録しています。

RC 350搭載のV6エンジンスペック
型式 2GR-FKS
種類 V型6気筒
排気量 3,456cc
最高出力 234kW/6,600rpm
最大トルク 380Nm/4,800rpm
燃費 10.2km/L

2GR-FXSというV型エンジンを搭載するSUVがRX/レクサス

RXのエクステリアRXはRCやISと同じエンジン 出力はチューンされ最適化されている

レクサスRXはトヨタ ハリアーとして販売されていたモデルで、2015年にフルモデルチェンジをして4代目へと進化しています。RX450hとRX450hLの2モデルにV6ハイブリッドエンジンが搭載されていて、型式は「2GR-FXS」です。

排気量は3,456cc、最高出力は193kW、最大トルクは335Nmで、同じエンジンを搭載しているRCやISとは若干出力やトルクが違います。

RX450h搭載のV6エンジンスペック
型式 2GR-FXS
種類 V型6気筒
排気量 3,456cc
最高出力 192kW/6,000rpm
最大トルク 335Nm/4,600rpm
燃費 17.8km/L

V型8気筒(V8エンジン)

フルサイズSUVなどのボディサイズが大きい車に搭載されているのがV型8気筒の通称V8エンジンです。トヨタの高級車ブランドのレクサスにも採用されているパワフルなパワートレインです。

パワフルなV8エンジンを搭載するランドクルーザー/トヨタ

ランドクルーザーのエクステリア1UR-FE型のV型エンジンを搭載するのはランドクルーザーのみ

トヨタのランドクルーザーは、1951年から販売しているクロスカントリー車のフラッグシップモデルです。2007年から販売している200系は、2015年にマイナーチェンジを行い大幅なフェイスリフトを行いました。

搭載しているエンジンは「1UR-FE」のV型8気筒エンジンで、排気量は4,608cc、最大出力は234kW、最大トルクは460Nm、燃費は6.9km/Lです。

ランドクルーザー搭載のV8エンジンスペック
型式 1UR-FE
種類 V型8気筒
排気量 4,608cc
最高出力 234kW/5,600rpm
最大トルク 460Nm/3,400rpm
燃費 6.9km/L

ランクルと同じV8エンジンを搭載するLX/レクサス

LXのエクステリア2,680kgの車重をものともしない5,662ccのV8エンジン

レクサスのLXは、トヨタのフラッグシップSUVであるランドクルーザーの兄弟車で、2015年に日本へ導入されました。グレードはLX 570の1つのみの展開で、搭載されているエンジンは「3UR-FE」のV型8気筒エンジンです。

排気量は5,662cc、最高出力は277kW、最大トルクは534Nm、燃費は6.5km/Lを記録しています。

LX 570搭載のV8エンジンスペック
型式 3UR-FE
種類 V型8気筒
排気量 5,662cc
最高出力 277kW/5,600rpm
最大トルク 534Nm/3,200rpm
燃費 6.5km/L

スポーツモデルFシリーズのV8エンジン搭載車GS F/レクサス

GS Fのエクステリア名機と呼ばれる2UR-GSEエンジンを採用

セダンのGSにはV6エンジンが搭載されていましたが、スポーツモデルのGS Fには、V8エンジンが搭載されています。2015年に発売され、GSに比べてボディー剛性が高まっていたり、ハンドリング性能が良くなっています。

搭載しているエンジンは「2UR-GSE」で、排気量は4,968cc、最高出力は351kW、最大トルクは530Nm、燃費は8.2km/Lです。

GS F搭載のV8エンジンスペック
型式 2UR-GSE
種類 V型8気筒
排気量 4,968cc
最高出力 351kW/7,100rpm
最大トルク 530Nm/4,800~5,600rpm
燃費 8.2km/L

GS Fと同じV型エンジンを搭載するRC F/レクサス

RC FのエクステリアRC FはGS Fと同じV型エンジンを搭載

レクサスのRC Fは、クーペのRCをベースとしたスポーツモデルで、GS Fと同様にV型8気筒の「2UR-GSE」が搭載されています。RC Fに設定されている「カーボンエクステリアパッケージ」を選ぶと、エンジンフードやルーフなどがカーボン素材となり、軽量化が可能になります。

搭載されているエンジンの排気量は4,968cc、最高出力は351kW、最大トルクは530Nm、燃費は8.2km/Lです。

RC F搭載のV8エンジンスペック
型式 2UR-GSE
種類 V型8気筒
排気量 4,968cc
最高出力 351kW/7,100rpm
最大トルク 530Nm/4,800~5,600rpm
燃費 8.2km/L

排気量4,968ccのV型エンジンを搭載するLC 500/レクサス

LC 500のエクステリアフラッグシップクーペのLCはV型エンジンを搭載するモデルをラインナップ

レクサスの新型クーペであるLCは、V型8気筒エンジンを搭載しているグレードもあり「LC 500」と呼ばれています。搭載エンジンはGS FやRC Fと同様の「2UR-GSE」で、排気量は4,968cc、最高出力は351kW、最大トルクは540Nm、燃費は7.8km/Lです。

LC 500搭載V8エンジンスペック
型式 2UR-GSE
種類 V型8気筒
排気量 4,968cc
最高出力 351kW/7,100rpm
最大トルク 540Nm/4,800rpm
燃費 7.8km/L

V型10気筒(V10エンジン)

トヨタの高級ブランド レクサスなどに搭載されているのがV型10気筒の通称V10エンジンです。レクサスで初めて製作さえスーパーカーのLFAもV10エンジンを搭載しています。

FシリーズのフラッグシップモデルはV型10気筒エンジンが搭載LFA(終売)/レクサス

LFAのエクステリアレクサス唯一のV10エンジンを搭載

レクサス LFAは、2010年から2012年の間に限定500台で販売したFシリーズのフラッグシップモデルで、全てのFのもととなっています。レクサスで唯一のV10エンジンを搭載した車種で、エンジン型式は「1LR-GUE」、排気量は4,805cc、最高出力412kW、最大トルク480Nmです。

レクサスLFA搭載のV10エンジンスペック
型式 1LR-GUE
種類 V型10気筒
排気量 4,805cc
最高出力 412kW/8,700rpm
最大トルク 480Nm/7,000rpm

V型12気筒(V12エンジン)

V12エンジンはごく限られたか車両にしか搭載されていないプレミアムなエンジンです。2018年6月現在もトヨタのセンチュリー以外では見ることはできない貴重なエンジンです。

日本車唯一のV型12気筒エンジンを搭載するセンチュリー(終売)/トヨタ

センチュリーのエクステリアV型12気筒エンジンを搭載するセンチュリー

日本車で唯一のV型12気筒エンジンを搭載した車両は、トヨタのセンチュリーでしたが、残念ながら終売になっているため中古車でしか手に入れることができません。2017年に販売を終了したセンチュリーは、2018年に3代目へとフルモデルチェンジすると噂されています。

搭載しているエンジンは「1GZ-FNE」と呼ばれ、センチュリー専用のエンジンです。排気量は4,996cc、最高出力は206kW、最大トルクは460Nmで、燃費は7.6km/Lです。

センチュリー搭載V12エンジンスペック
型式 1GZ-FNE
種類 V型12気筒
排気量 4,996cc
最高出力 206kW/5,200rpm
最大トルク 460Nm/4,000rpm
燃費 7.6km/L

時代の流れはハイブリッドエンジンが主流になっている

スポーツタイプの車種を除き、大排気量のV8エンジンは高級車と呼ばれるクラスでも少なくなり、V6エンジンもハイブリッドシステムを組み込み燃費向上させたモデルが増えてきています。

V8エンジンを搭載したモデルがあったシーマやクラウンマジェスタは、V6ハイブリッドエンジンに変わっていますし、国産唯一のV12エンジンを搭載したセンチュリーもハイブリッドエンジンになると予想されています。燃費の悪い大排気量のV8エンジンをやめて燃費のいいV6ハイブリッドエンジンを搭載するのは時代の流れなのかもしれません。