パジェロのモデルチェンジ

パジェロのモデルチェンジは2021年 日産と共同開発したPHEV新型モデルに移行か

パジェロはモデルチェンジで、より使いやすい車へと進化します。GC-PHEVコンセプトは、次期パジェロのショートモデル、GT-PHEVコンセプトがアッパーラインのデューククロスになると見られていて、三菱のSUVに新たなラインナップが加わります。

パジェロのモデルチェンジは2021年 日産と共同開発したPHEV新型モデルに移行か

新型パジェロのモデルチェンジは2021年で日産と共同開発した新型モデルに生まれ変わる可能性も

4代目パジェロのエクステリア

三菱が販売するSUV「パジェロ」は、ダカール・ラリー(パリダカ)も制覇した実績を持つ車で、2006年から4代目のパジェロが販売されています。初代から数えても4代目パジェロは販売から11年が経ち歴代で1番長いモデルライフです。

次期パジェロと予想されるコンセプトカーが続々と発表され、そろそろフルモデルチェンジすると噂されています。コンセプトカーの概要、搭載すると予想されるエンジンや装備、発売日や価格帯を紹介します。

パジェロが消滅!?一世風靡した三菱の看板車種パジェロが2019年8月で生産終了の噂

デリカD5のマイナーチェンジが話題になっている2018年ですが、パジェロについて気になる噂が入りました。
三菱の看板車種ともいえる本格クロスカントリー4WDの「パジェロ」が2019年8月に消滅する可能性があるとのことです。パジェロは2018年2月21日にショートボディの生産を終了していますがロングボディはいまだ根強い人気をもっています。

パジェロの生産終了で考えられるのは、一旦生産終了して数年後に復活するパターンです。世界のラリー選手権で活躍したパジェロは世界的にも有名です。そのため簡単には「パジェロ」の名前は捨てないでしょう。2021年に日産と共同開発したPHEVの新型モデルをOEM(どちらが提供元かは不明)で販売してパジェロの後継モデルにする、という情報もあります。

もう一つの可能性はパジェロを生産終了して主にアジア地域で販売している「パジェロスポーツ」を導入することです。シャープなスタイルで人気のパジェロスポーツは海外専売車種ですが、2017年以降に日本でも目撃例が増えています。

海外で取材を受けた三菱のマンCOOの発言では「次期型の開発は現在停止中」ということや「環境規制に適合するために電動化(PHEV)は不可欠」という旨の発言をしています。日産が海外で販売するパトロールと車体を共有する可能性も低いとしているので、総合的に見るとパジェロ廃止の方向に傾いているようにも思えます。
パジェロの生産終了は噂に終わるのか、追加情報が入り次第お伝えします。

新型パジェロの発表に先立って2018年10月11日には4代目パジェロに一部改良のマイナーチェンジが施された

2018年10月11日に行われた一部改良のマイナーチェンジでは、エントリーグレードの「GR」に人気のあるメーカーオプションを標準装備にしたお買い得感溢れるアップグレードです。ディスチャーチドヘッドライト(HID)やLEDポジションランプ・ハロゲンフォグランプの標準装備や、ステアリングやシフトレバーを本革にするなど快適装備が初めから装備されています。

一部改良でパジェロGRに搭載された標準装備

・プロジェクター式HIDヘッドライト
・ヘッドライトウォッシャー
・オートライトコントロール
・電動格納ドアミラー
・LEDポジションランプ
・ハロゲンフォグランプ
・本革巻きステアリング
・本革巻きシフトレバー
・本革巻きトランスファーレバー
・本革巻きパーキングブレーキ

2018年以降の車種には主流になってきているLEDヘッドライトではなく、HID(ディスチャーチドランプ)が搭載されています。フロントフォグランプもハロゲンと旧世代の装備ですが、雪の中を走るときはLEDでは溶けない雪を融かしてくれるハロゲンフォグランプやHIDヘッドライトは頼もしい存在です。

また、上級グレードのEXCEEDとSUPER EXCEEDには、ルーフレールと電動スライド・チルトサンルーフをパッケージメーカーオプションとしてまとめています。
一部改良後の価格帯は、EXCEEDとSUPER EXCEEDは据え置きですが、GRは113,400円値上がりしています。

パジェロ一部改良後の価格帯
ガソリン ディーゼル
GR 3,391,200円 3,865,320円
EXCEED 3,839,400円 4,282,200円
SUPER EXCEED 4,951,800円

次期パジェロのショートボディと予想されるコンセプトカー「GC-PHEVコンセプト」

GC-PHEVのエクステリア5代目パジェロのショートボディと噂されるGC-PHEVコンセプト

2013年の東京モーターショーで発表された「GC-PHEVコンセプト」で、5代目パジェロのショートボディとなる予想があります。

GC-PHEVのバックショット

「GC」とは「Grand Cruiser」のことで、アウトランダーにも搭載されているPHEV技術を使うことで、1回の給油で長距離の航続距離を可能にします。

GC-PHEVコンセプト諸元
全長 4,930mm
全幅 1,940mm
全高 1,980mm
定員 4名
エンジン 3.0リットルV型6気筒
駆動方式 フルタイム4WD
トランス 8速AT

GC-PHEVのフロントマスク

フロントマスクはダイナミックな顔立ちで、グリルと繋がったポジションとウィンカー、独立したヘッドライト、グリル内に埋め込まれたフォグランプが印象的です。

GC-PHEVの内装

車内への乗車は、Bピラー(車体中央の柱)がない構造になっていて、乗り降りがとても楽になっています。フロントシートから後部座席に渡り様々な情報を表示できるタッチスクリーン式のテーブルが配置されていて、とても未来感のある車です。

GC-PHEVのタッチ式テーブルタッチスクリーン式テーブルのイメージ

充電中のGC-PHEV

PHEV(プラグイン・ハイブリッド)システムを備えているので、近場への移動なら電気だけで走行してガソリンの消費を抑えるEV走行が可能です。ハイブリッド走行では、3リットルV6エンジンのパワーだけではなく、モーターの出力も手伝い、低速からトルクのある走りができます。

また、アウトランダーPHEVに搭載されている「AC100V電源・1500W」の車内コンセントを使うことにより、アウトドアでホットプレートやドライヤーを使うことができます。他にも、家庭へ電力を供給することも出来るので、停電時や緊急時に役立つ1台です。

パジェロ・デューククロスと予想されるコンセプトカー「GT-PHEVコンセプト」

GT-PHEVのエクステリア5代目パジェロになる噂のGT-PHEVコンセプト

2016年パリモータショーで発表された「GT-PHEVコンセプト」で、5代目パジェロの派生モデル「デューククロス」になると予想されている1台で、三菱自動車の次世代最上級SUVモデルです。

GT-PHEVのバックショット

「GT」とは「Grand Tourer」のことで、進化していくPHEV技術を使いEV走行を120km、ガソリンを使った総合距離で1,200km以上の長距離運転を目指しています。

GT-PHEVのフロントマスクGT-PHEVコンセプトフロント

GT-PHEVのライト点灯イメージライト点灯イメージ

フロントフェイスは「ダイナミックシールド」を採用し、GC-PHEVコンセプトと同様にグリルと繋がったポジションライトやウィンカー、独立したヘッドライトユニットが見えます。ヘッドライトは単独ではなく、3つ縦に配置されています。

GT-PHEVの側面画像

サイドビューは、クロスオーバーSUVに多いクーペスタイルで、高級感があります。フロントからテールまで大胆に入ったサイドスリットや、サイドまで伸びるテールが印象的なデザインです。

GT-PHEVの内装

ドアは観音開きで、Bピラーが無く、後部座席にもスムーズに乗車できます。

GT-PHEVのコクピット

センターコンソールに配置されているスイッチ類は、ドライブレンジセレクター、S-AWC走行モードセレクター、プッシュスタートボタンやインフォメーションディスプレイが見えます。また、サイドミラーが細いデザインになっているので最新のカメラ型ミラーを装備し、運転席のマルチインフォメーションディスプレイの左右にミラーの映像も見えます。

PHEVシステムは、次世代バッテリーやトリプルモーターを搭載し、フロントに1つ・リアに2つのモーターで制御する「S-AWC(フルタイム4WD)」により、安定した走りを実現します。

MITSUBISHICONNECTのイメージ

また「MITSUBISHI CONNECT」も搭載し、スマートフォンとの連携・他のサービスとの通信により得られる情報を表示し、最適なルートや電費・燃費を実現してくれると予想します。

新型パジェロに搭載が予想されるエンジンはPHEVとディーゼルエンジン

5代目パジェロに搭載予定のエンジン

5代目パジェロに搭載されるエンジンは「GC-PHEVコンセプト」に積んでいるエンジンになると予想されています。

エンジンスペックは、3.0L V型6気筒スーパーチャージドMIVECエンジンで、最高出力は250kWあります。また、4代目パジェロにも搭載されている3.2リットルクリーンディーゼルエンジンを続投する可能性もあり、次期パジェロのエンジンラインナップは「ガソリンPHEV・ディーゼルエンジン」の2種類になると予想します。

ディーゼルエンジンスペック
型式 4M41
種類 直列4気筒
排気量 3,200cc
最高出力 190ps/3,500rpm
最大トルク 441Nm/2,000rpm
燃料 軽油
タンク容量 88L
燃費 10.0km/L

新型パジェロの搭載が予想される装備・PHEVも設定すると考える

GT-PHEVのフロントイメージ

モデルチェンジするパジェロに搭載されると予想される装備は、安全装備の「e-Assist」や「MITSUBISHI CONNECT」に、パジェロでは初のPHEV(プラグイン・ハイブリッド)システムを搭載します。

「衝突被害軽減ブレーキシステム」や「車線逸脱警報システム」「レーダークルーズコントロール」「誤発信抑制機能」などの安全装備や、周りの車や道路状況と通信して情報共有するコネクテッドカーの技術、モーターと電池を使ったEV走行・ハイブリッド走行を可能にするPHEVシステムを装備します。

モデルチェンジするパジェロの発売日は2021年・販売価格帯は350万円から

GT-PHEVのリヤイメージ

モデルチェンジするパジェロが発売される時期は、2019年の東京モーターショーか2021年の東京モーターショーで発表、その後間もなく発売すると予想します。

販売される価格帯は、4代目のパジェロが290万円~500万ですので、最新の安全装備やPHEVシステムを搭載することを考えると「GC-PHEV」のショートモデルが350万~450万、ロングモデルが400万~500万になると予想します。また、「GT-PHEV(デューククロス)」は、600万になると考えます。

パジェロはモデルチェンジで未来の車に近づく

公開されたGT-PHEV

5代目パジェロの「GC-PHEVコンセプト」、アッパーラインであるパジェロ・デューククロスの「GT-PHEVコンセプト」が実現すると、AR技術やセンターコンソールテーブルを大胆に配置するインテリアデザイン、カメラを使った安全技術やサイドミラーなど、また1歩未来の車に近づきます。

また、技術面だけではなく燃費も、パジェロでは初のPHEVシステムを導入してGT-PHEVコンセプトの目標値である航続距離1,200km以上の実現や、アウトランダーのように、アウトドアで電気を使ったり、停電などの時に家庭へ電源を供給したりなど、より便利な車へと進化します。
2021年に発売されると見られているモデルチェンジした新型5代目パジェロが街中を走る日が楽しみです。