トヨタ新型車2017~2030

トヨタの新型車カレンダー・モデルチェンジ情報2017~2030

トヨタの新型車やマイナーチェンジ、フルモデルチェンジの2017年~2030年の情報を一覧で紹介。ヤリスやSUV人気が高まり注目されるハリアー、RAV4 PHV、海外でも人気のランドクルーザーやプラド、FCVに生まれ変わる噂があるエスティマなどが、どのような進化をするのか注目しましょう。

トヨタの新型車カレンダー・モデルチェンジ情報2017~2030

アクア フルモデルチェンジ 2021年7月19日

2021年7月19日のフルモデルチェンジした新型アクア

トヨタの大人気ハイブリッドコンパクトカー、アクアが2021年7月19日にフルモデルチェンジしました。アクアは2017年にマイナーチェンジを行い、コンパクトカートップクラスの燃費性能をもっていましたが、今回のフルモデルチェンジでは世界初のバイポーラ型ニッケル水素電池を採用することで燃費性能を従来比で約20%向上。

2011年の発売以来、一度もフルモデルチェンジが行われていなかったため、今回は待ちに待った待望のフルモデルチェンジになり、最新安全装備のトヨタセーフティセンスや給電機能を全車に搭載するなど、生活にかかわる安全にも配慮した優しいモデルに生まれ変わりました。

ランドクルーザー300系 フルモデルチェンジ 2021年8月2日

ランドクルーザー300のエクステリア新型ランドクルーザー300はGA-Fプラットフォーム採用で走破性をさらに向上

世界中にファンを持つランドクルーザーが200系から300系にフルモデルチェンジしました。ラダーフレーム構造はそのままですが、ランドクルーザーとしては初めてGA-Fプラットフォームを採用、最新版のトヨタセーフティセンスも搭載しています。

ランドクルーザー200系の発売から約14年。フルモデルチェンジで300系に生まれ変わるランドクルーザーは世界中から注目されています。

カローラクロス 新型車 2021年9月14日

カローラクロスの日本販売モデル2021年の新型モデルの中でも注目度の高いカローラクロス

カローラクロスは、数々のSUVをラインナップするトヨタの車種の中でも、サイズ感や使い勝手の良さが魅力的な新型モデルです。
先行して海外で販売してましたが、2021年9月に日本市場でも販売開始して、注目度が高まっています。ライバルにはホンダのヴェゼルや日産のキックスなどがあり、カローラクロスがどれだけ販売台数を伸ばすのか、期待が高まります。

ヤリス フルモデルチェンジ 2020年2月10日

新型ヤリス2020年2月にフルモデルチェンジするヤリス

世界で活躍するグローバルコンパクト「ヴィッツ」が、「ヤリス」に車名を変更して2020年2月にフルモデルチェンジしました。「B-Dash!」をコンセプトとした躍動感あふれるエクステリアと、スポーティーで快適なインテリアを備えます。

新型ヤリスはTNGA思想の新開発ブラットフォーム「GA-B」を搭載し、剛性を強化して低重心・高剛性化を実現。コンパクトカートップクラスの優れた乗り心地となります。

エンジンはガソリンとハイブリッドの2本立てで、現行モデルの34.4km/Lを大きく更新する優れた燃費性能を発揮。予防安全パッケージ「トヨタ・セーフティ・センス」をM packageを除く全車に標準装備するほか、トヨタ初採用の先進機能を多数搭載します。

ハリアー フルモデルチェンジ 2020年6月17日

フルモデルチェンジしたハリアー4代目の新型ハリアーはスタイリッシュなエクステリアが特徴

2020年6月17日に人気のSUV、ハリアーが4代目にフルモデルチェンジしました。次世代のTNGA-Kプラットフォームを採用し、プレミアムクーペSUVとしてラグジュアリー感を出し、全長と全幅を拡大、全高を低くすることでワイド&ローを強調したボディサイズになります。

パワートレインはガソリンの2.0L直列4気筒エンジンと、ハイブリッドの2.5L直列4気筒エンジン+電気モーターの設定で、のちにPHVの設定を追加する可能性もあるでしょう。
車載DCMやディスプレイオーディオ、トヨタで初めて採用する調光ムーンルーフなど最新装備にも注目が集まります。

RAV4 PHVモデル 新型 2020年6月8日

RAV4プライムのエクステリアロサンゼルスオートショーに出展された「RAV4 Prime」

2019年4月に復活を遂げたRAV4ですが、PHVモデルが2020年6月8日に発売開始しました。

RAV4 PHVは2019年11月に開催されたロサンゼルスオートショーで世界初公開され、「RAV4 Prime」として初登場し、トヨタ公式によると「警戒なハンドリングとパワフルな加速を実現する一台」になっています。
2.5L ダイナミックフォースエンジン+新開発リチウムイオンバッテリー+モーターを搭載し、加速性能に優れたパワフルな一台になっています。

ヤリスクロス 新型 2020年8月31日

新型ヤリスクロスのエクステリアロバストデザインを採用する頑強なエクステリアが特徴の新型ヤリスクロス

2020年8月31日に発売した新型ヤリスクロスは、トヨタが販売するライズと、C-HRの中間を埋めるモデルです。スクエアに近いボディ形状で、「ロバスト」を再現したというパワフルなエクステリアが特徴的です。

X、G、Zのグレード展開で、それぞれにガソリンモデルとハイブリッドモデルを設定、安全装備も最新のトヨタセーフティセンスを採用するため、運転な苦手な方にもおすすめの新型SUVモデルです。

GRヤリス 新型 2020年9月4日

ヤリスGRのエクステリア先行予約限定モデル 新型GRヤリス 特別仕様車 RZ“High-performance・First Edition”

トヨタは2020年1月10日~1月12日に幕張メッセで開催される東京オートサロンにおいて、ヤリスのハイパフォーマンスモデル「GRヤリス」をワールドプレミア、日本では2020年9月4日に発売します。

新型GRヤリスには特別仕様車の「RZ“First Edition”」と「RZ“High-performance・First Edition”」が設定され、東京オートサロンの開幕日でもある2020年1月10日から6月30日まで、先行予約をWEB限定で半年間行いました。

超小型EV C+pod(シーポッド) 新型 2020年12月25日

トヨタが発表した超小型EV C+pod(シーポッド)のエクステリア東京モーターショー2019で注目を集めた超小型EVのC+pod(シーポッド)

東京モーターショー2019でトヨタが発表した超小型EVの市販モデルC+pod(シーポッド)を2020年12月25日に発売しました。

超小型とはいえ定員は2名で、1度の充電で約150kmの距離を走行でき、最高速度は60km/hです。ちょっとした買い物や高齢者の移動を目的としているほか、ビジネス向けコンセプトモデルも発表されていることから、業務用車両としてのニーズもあるでしょう。

MIRAI(ミライ) フルモデルチェンジ 2020年12月9日

MIRAIのエクステリア東京モーターショー2019に出展されたMIRAI Consept

燃料電池車のMIRAI(ミライ)が2代目となってフルモデルチェンジします。東京モーターショー2019ではMIRAI Conceptが公開され、次期型MIRAIを示唆しています。

エクステリアはスポーティで、インテリアはブラックを基調とし、アクセントのカッパーブラウンが目を引くカラーになっています。
パワートレインのFCVはそのままに、新開発のFCシステムを搭載することで航続距離を30%伸ばし、プラットフォームはGA-Lを採用、後輪駆動となります。