寒冷地仕様車の装備

寒冷地仕様とは?プリウスを例にしたワイパーやバッテリーの特徴

寒冷地仕様のプリウスやジムニーなどの車種を紹介します。真冬の時期でもバッテリーが上がらないようにサイズの大型化・フロントガラスに降り積もる雪を外側へはじくようにワイパーの強化・エアコンの暖房機能を充実させるなどの装備面について詳しく取り上げます。

寒冷地仕様とは?プリウスを例にしたワイパーやバッテリーの特徴

寒冷地仕様の車の特徴を「プリウス」や「エクストレイル」などの車種から捉えよう

寒冷地仕様車は、氷点下20度以下の状況においても、車両に不具合が起こらないように改良が加えられている車です。北海道や東北などの雪国で暮らしているドライバーにとっては、お馴染みの車です。

真冬の底冷えするような寒さでも車を安全に運転するために、どのような工夫をこらしているのかをプリウスなどの具体的な車種を用いてその特徴を紹介します。

寒冷地仕様車の特徴「バッテリー」・「ワイパー」・「エアコン」などの機能面を強化している

寒冷地仕様の車は通常の車とどこが違うのでしょうか。寒冷地仕様は外気温が低くても運転い支障がないように、バッテリーを大型化したり、ワイパーを動かすモーターの出力を上げたりしています。

バッテリー上がりを起こさないためにサイズは大型化している

寒冷地仕様のバッテリーに交換する男性

車のエンジンをかける・暖房設備に必要な電力を送るバッテリーが厳しい寒さのために上がってしまっては大変です。

寒冷地仕様車では、底冷えする冬にバッテリー上がりを起こさないために普通仕様車よりも容量が大きなバッテリーを搭載しています。バッテリーのサイズを大きくすることで、オルタネーター(電気を生成する発電機)などの内部パーツを強化できるためバッテリーは上がりにくくなります。

寒冷地仕様のワイパーはガラスに付着しにくくて・雪を掃き出すパワーがすごい

寒冷地仕様車で用いられるワイパーは、スノーワイパーブレードと呼ばれるブレード全体をゴムで覆っている着氷雪時においてガラスと付着しにくいタイプのものです。

雪によって視界が遮られやすい冬の季節においてはワイパーの役目は重要です。フロントガラスとワイパーがくっついてしまっては大変です。そのため冬用のワイパーにはガラスと付着しにくい構造が求められます。

寒冷地仕様車ではワイパーモーターが強化されています。雪質が重い場合であっても、ワイパーモーターのパワーが優れていれば、フロントガラスの視界を確保する事が可能です。

寒冷地仕様車ではエアコンなどの暖房設備を充実させている

エアコンを作動させるドライバー

寒冷地仕様車は厳しい寒さに見舞われる地域で運転をする車であるので、当然のようにエアコンなどの暖房設備の充実が求められます。エアコンの機能性を単に強化するだけではなく、エアコンの外気流入口の積雪対策を行って冷たい空気が入らないようなに設計を工夫しています。

その他にはシートヒーター機能を充実させる、ヒーターリヤダクトで後部座席も温まりやすくする、ウェザーストリップの材質を変更することで車内に冷たい外気が入りこまない・温かい空気が逃げないようにするなどして車内の暖房機能を強化しています。

LLC(ロングライフクーラント)を高濃度としている

寒冷地仕様車ではLLCの濃度を普通仕様車よりも上げています。LLCの役目は温まったエンジンを冷やす事です。エンジンはLLCによって冷やされることでオーバーヒートを防ぐことができます。

LLCの凍結温度は濃度によって異なります。北海道では地域によっては真冬日に氷点下20℃以下となる日もあるので、寒冷地仕様の車においてはLLC濃度は50%の高濃度にする必要があります。

濃度 凍結温度
LLC30% -12℃
LLC50% -35℃

ドアミラーが凍結しないようにヒーターを設置している

車線変更時やバック駐車をする際に多用するドアミラーが凍結してしまうと運転に支障をきたします。寒冷地仕様車では厳しい寒さを想定してドアミラーにヒーターを内蔵して凍結を防止する機能をつけています。

寒冷地仕様車は装備を充実させている分だけ販売価格が高い

雪深い地域を走る車

寒冷地仕様車は、冬の寒さにも問題なく対応できるよう設備を充実させている分だけ販売価格が高くなってしまうというデメリットがあります。

しかし、冬の運転には危険はつきものなので「雪道で立ち往生しにくい」「冬でも視界を確保しやすい」などの機能性が備わっている寒冷地仕様車と普通仕様車を比較すれば、冬の季節の運転の安全性は寒冷地仕様車の方が圧倒的に高いです。

寒冷地仕様の車は暖かい地域で乗って問題ありません

寒冷地仕様の車は以前でしたら、冬の厳しい寒さに対応できるためだけに各バーツが設計されていました。そのため、転勤などによって夏には猛暑日に見舞われる地域に移り住んでしまえば、エンジンがオーバーヒートしてしまうというケースがありました。

しかし、最近の寒冷地仕様車は技術力が向上し現在はそのようなケースはほとんど起こっていません。
寒冷地仕様車は冬の厳しい寒さや夏の暑さにも耐えることが出来る日本の四季に対応できる車でもあります。

エンジン冷却水の濃度を上げ凍結し難いようにするトヨタ プリウス

ワインディングロードを走るプリウス

プリウスの寒冷地仕様車はエンジン冷却水(LCC)の濃度を50%として、氷点下35℃以下でなければ凍結しないように調整しています。

プリウスの寒冷地仕様車では、雪がちらつく際や悪天候に見舞われた際に後続車へシグナルを伝える事ができるリヤフォグランプを設置し、雪を解かすためにウインドシールドデアイザーと呼ばれる電熱線を設けるなどしています。

その他には、

  • PTCヒーター:電気を流せば熱が多く発生する素子を用いて、暖房システムの効率化を行う
  • ヒーターリヤダクト:後部座席に暖気をおくる
  • サブマフラー:排気熱をリユースしてエンジンを暖める。冬季の燃費の悪化を防ぐ

などの装備がプリウスの寒冷地仕様車には備わっています。

トヨタの車種では、プリウス以外でも「アクア」や「SAI」の寒冷地仕様車でも同様の装備が備わっています。

日産 エクストレイルはヒーターやワイパーを強化

雪道走破性に優れたエクストレイル

日産のエクストレイルは雪国・北海道でNo.1の人気を誇るSUVです。寒冷地仕様車ではリヤヒーターダクト・ヒーター付きドアミラー・寒冷地対応バッテリー・スチール製リヤワイパーなどを備えています。

エクストレイルの4WD車に搭載されているインテリジェント電子制御システムは、アクセルを踏み込めば、各種センサーから送られてくる様々な情報をもとにして、コンピューターが走行状況に応じたトルク配分に切換えます。その技術力により雪道の登り坂やわだちであっても安定走行がサポートされます。

スズキ ジムニーランドベンチャーは室内も快適な運転席・助手席シートヒーターを装備

冬道も安定した走りをするジムニー

スズキは、人気車種である軽自動車「ジムニー」と普通自動車「ジムニーシエラ」において寒冷地仕様車であるランドベンチャーをラインナップしています。

ランドベンチャーでは、冬の季節の安全性を強化するために「カラードサイドアンダーミラー」「電動格納式ヒーテッドドアミラー」などを、室内で快適に過ごすため「運転席・助手席シートヒーター」など普通仕様車にはない装備を導入しています。

レクサス CTはLEDリヤフォグランプやウインドシールドデアイサーを装備

市街地を走るレクサスCT

レクサスはCTやLSなどの車種にオプション設定をすることで普通仕様車を寒冷地仕様の車へとチェンジします。LEDリヤフォグランプやウインドシールドデアイサー、ポップアップ式ヘッドランプクリーナーなどを追加する事で、寒い地域においても日本が誇るラグジュアリーブランドの車に乗りたいというユーザーの声にも応えています

なお北海道地区で販売されているCTなどのレクサスの車は、寒冷地仕様車として対応できるオプションが標準装備されています。

寒冷地仕様車は冬という季節を楽しみたいドライバーにはおすすめの車

寒冷地仕様車は、北海道・東北・北陸などの雪国で暮らすドライバーだけではなくて、冬はアクティブにウィンタースポーツを満喫したいというユーザーの方にとってはおすすめの車です。

冬の季節には、猛吹雪となって視界が遮られてしまうなど危険な事もともないます。寒さが厳しいときにエンジンがかからずに身動きが取れなくなってしまう危険を回避するためにも、寒冷地仕様車の充実した装備が求められます。

冬という季節は、夏に比べれば多くの人は活動的ではなくなってしまいます。冬という季節をアクティブに楽しみたいという方には、室内空間が快適でバッテリーが上がりにくい寒冷地仕様車がおすすめです。