マッドガードとは

マッドガードの取り付け効果やデメリットから必要性を考える

マッドガードの必要性を泥や小石が跳ね上がり車体が汚れる・傷つく事を防ぐ効果、燃費が悪くなるといったデメリットから考えましょう。その他には、ホンダ「ヴェゼル」「フィット」や日産「スカイライン」などの純正アクセサリーの特徴についても取り上げます。

マッドガードの取り付け効果やデメリットから必要性を考える

マッドガードって?取り付け効果やデメリットから必要性を考えよう

マッドガードはトラックや馬力がすごいスポーツカーではよく装着しています。

車両重量が軽く馬力がそれほどではないコンパクカーや軽自動車でも、マッドガードを装着すべきか議論が分かれるところです。ホンダのようにコンパクトカーにおいてもマッドガードの純正商品を取り扱っている自動車メーカーもあれば、用意していないメーカーもあります。

今回は、マッドガードの取り付け効果やデメリットを紹介します。双方を読み進め、ご自身の車事情も照らし合わせてマッドガードの必要性を考えていきましょう!

マッドガードの泥除けパーツで最近の商品は装飾効果も高い

マッドガードを装備したSUV

自動車のフロントタイヤやリヤタイヤの後ろに取り付ける泥除けパーツの事をマッドガードと言います。マッドガードには、走行中のタイヤから跳ね上がる水しぶき・泥・砂・小石が、自車や他車へ飛び散ってしまう事を防ぐ効果があります。

最近のマッドガードは、デザイン性に優れ装飾効果の高いアイテムも数多く登場しています。そのため、車のドレスアップ目的で装着される方もおります。

マッドガードが標準装備される事はあまりなく、オプション設定で追加するケースがほとんどです。普通自動車に比べれば、トラックの装着率は高いです。トラックは重量が重い分、タイヤによって小石などが跳ね上がる勢いが強いため、周りを走行している車へも配慮して取り付けています。

マッドガードの取り付け効果は「車体の保護」「汚れを防ぐ」

泥道を走るランドクルーザー

車体に傷がつきにくくなる

海水浴やキャンプなどのアウトドアシーンで、目的の場所に到着するまでには舗装されていない道路を走行しなければならない事もあります。

舗装がされていない道路を走行する際には、小石の飛び散りが想定されます。タイヤとの接触によって小石が飛び散ってしまってもマッドガードを取り付けていれば、車体に向かって飛んでくる障害物は防げるため車体が傷つきにくくなります。

車が汚れにくくなる

オフロード走行に限らずとも、雨の日は水しぶきや泥はねが起こりやすいコンディションです。マッドガードには水しぶきや泥はねを受け止める効果があるため、装着することで車が汚れにくくなります。

マッドガードを装着すれば、車は汚れにくくなるので洗車の回数を減らす事も可能です。その他にも、タイヤ周辺のパーツに汚れが付着しにくくなるため、それらパーツが錆びにくくなるというメリットもあります。

マッドガードのデメリットは「燃費」「地上高が下がる」

マッドガードは車の抵抗が強くなり燃費が悪くなったり、車高が下がり走破性に影響ができる可能性もあります。マッドガードを取り付けるデメリットを紹介します。

車の燃費が下がる

マッドガードを装着する事のデメリットは燃費が悪くなることです。マッドガードは構造的に走行中の空気の流れを受け入れてしまうため、取り付ける事で車に余分な抗力が発生します。

空気抗力は速度の2乗に比例して大きくなるため、街中走行ではさほど抗力の影響を受けませんが、高速道路ではその影響が大きくなってしまいます。車がスムーズに進もうとするのを邪魔する力である空気抵抗が大きくなると、車の燃費は下がってしまいます。

設置部分の地上高が下がる

マッドガードを車に取り付けると設置部分の地上高は下がります。地上高が下がるという事は、その分だけ車が縁石や段差の大きな場所と接触しやすくなるという事でもあります。

マッドガードを取り付けた後には、地上高が下がっている事を意識しないでいれば以前よりも縁石などと接触しやすくなってしまいます。
マッドガードの素材には、車が障害物に乗り上げてしまった際に対応できるように弾力性と耐屈曲性を備えている樹脂製のものを使います。

マッドガードは純正の商品を取り付けてもらった方が便利

Jeep純正のマッドガード

マッドガードの利用を考えるなら純正の商品を取り付けてもらった方が便利です。

純正のマッドガードは取り付け費用込みで20,000円程が相場で、純正パーツ以外の商品は5,000円ほどが相場です。

純正パーツ以外の商品では、ネジやクリップといった取り付け器具を別途で購入するケースも多くあります。また仮に付属されていたとしても、ネジ取りつけ後にすぐに錆びてしまうケースもあります。

自分で取り付ける労力をなくして長期間安定した状態でマッドガードを利用したいという方には、多少値が張っても純正の商品を取り付けてもらう事をお勧めします。

ホンダ「ヴェゼル」「フィット」などの純正パーツの特徴

マッドガードは自動車メーカーが純正パーツとして販売しているケースもあります。今回は大人気のSUVヴェゼルとコンパクトカーのフィットの純正マッドガードを紹介します。

ホンダ ヴェゼル

ヴェゼルのガンメタリック塗装マッドガード

※ガンメタリック塗装

ヴェゼルのクルスタルブラック・パール塗装のマッドガード

※クリスタルブラック・パール塗装

ホンダの世界的にも人気の高いコンパクトクラスのSUV「ヴェゼル」では、純正アクセサリーでマッドガードを用意しています。

装飾効果の高い「クリスタルブラック・パール塗装」・「ガンメタリック塗装」、リーズナブルな価格が魅力的な「ブラック」を用意します。別途料金はかかりますが、メーカー側に取り付けてもらう事も出来ます。

ホンダ フィット

ホンダ フィットのマッドガード

コンパクトカーとして認知度が高いホンダのフィットでも、純正アクセサリーでマッドガードを取り扱います。フィットのマッドガードは、スタイリッシュなデザインが魅力的です。

マッドガードを取り付ければ、他のアクセサリーである「ロアガーニッシュ(サイド)」「ホイールアーチ」「クロススタイルパッケージ」を同時に利用することは出来ません。

日産 スカイライン

日産スカイラインのマッドガード

日産の代表的なスポーツカーであるスカイラインでは、スポーツタイプとベーシックタイプのマッドガードをラインナップします。

スカイラインは加速力に優れているため、小石や泥が跳ねあがる力も比例して大きくなるのでマッドガードの装着効果は高いです。また、取り付け効果でエクステリアが全体的に引き締まって美しさがアップします。

スバル レガシィ アウトバック

スバル レガシィ アウトバックのマッドガード

スバルの代表的な車であるレガシィの派生車であるクロスオーバーSUV「レガシィ アウトバック」でも、オリジナルのマッドガードを取り扱っています。

スバルでは、他の車種にもラインナップしているマッドガートの事をスプラッシュボードと呼んでいます。呼び名こそ違いますが、泥はね等からボディを守ってくれる効果には変わりがありません。

マッドガードの必要性は「車事情」や「地域特性」も含めて判断

車にマッドガードが必要かどうかは、アウトドアに出かける機会が多いといった車事情、未舗装の道路が多い・冬には雪が多いなどの地域特性も含めて個別的に判断していきしましょう!

諸事情を考慮して「自分の車には必要だ!」と、思ったドライバーさんほどマッドガードの取り付け効果は高まります。