トヨタの歴代車種

トヨタの歴代車種120種類を解説!日本国内で販売した車まとめ

トヨタの歴代車種を解説。トヨタ自動車創業期のクラシックカー、クラウン・ランドクルーザー・カローラなど現在も販売が続く伝統の乗用車、大ヒットしたコロナやマーク2などの人気車種、2000GT、MR2、スープラなどのスポーツカー、現代に続くSUV車やセダン、ハイブリッドカーなどの系譜を紹介。

トヨタの歴代車種120種類を解説!日本国内で販売した車まとめ

トヨタの車種一覧!約120種類の歴代車種をCOBBYライターが解説

トヨタが開発・製造した歴代車種を解説。ランドクルーザー、クラウン、カローラ、ハイエースなど現在まで続く伝統車種。2000GT、1600GT、マーク2、セリカ、MR2、スープラなど、今でも多くの自動車好きに愛される名車たち。1990年以降のSUVブームを生み出した人気車種も紹介。

憧れのクラシックカーや懐かしの旧車、現在の人気車種など80年以上の歴史を持つ日本最大の自動車会社トヨタの歴史と名車は知っておいて損はありません!
※トヨタが市販化し、日本国内で販売した車種を対象としてまとめています。コンセプトカー、トラックやバスなどの業務用車両は対象外。

1930年~1960年代のトヨタ車種一覧

豊田自動織機製作所自動車部からトヨタの歴史は始まります。AA型乗用車の開発に成功したのち、戦中・戦後の日本でトヨタは自動車会社としての地位を確立していきます。
1950年代には現在もトヨタを代表する車種であるクラウンを、1960年代にはカローラとマーク2を、また名車と名高い2000GTや1600GTなどのスポーツカーも開発しました。

トヨダ・AA型乗用車(1936)

トヨダ・AA型のフロントビュートヨダ・AA型

トヨダ・AA型のリヤビュートヨダ・AA型

1936年4月に販売されたトヨタ初の量産型自動車。トヨ「ダ」なのがポイント。豊田自動織機製作所自動車部によって市販され、1937年には「トヨタ自動車工業株式会社」として独立したので、その後は無事トヨタに。トヨタ博物館には、シンボルカーとして入口そばに展示。

トヨタ AB型フェートン(1936)

トヨタ AB型フェートンのフロントビュートヨタ AB型フェートン

トヨタ AB型フェートンのリヤビュートヨタ AB型フェートン

トヨタ初の量産型自動車AA型をモデルにしたオープンモデル。日中戦争の影響もあり、市販にはほとんど流通せず、大半が帝国陸軍に納入された。カーキー色に塗装された軍モデルは「ABR」型(Rは陸軍の意)とも呼ばれ、歴史的価値のある1台。

トヨタ AC型乗用車(1943)

トヨタ AC型のフロントビュートヨタ AC型

トヨタ AC型のリヤビュートヨタ AC型

AA型のマイナーチェンジモデル。戦時中は大衆向けの自動車販売が制限されており、陸軍の要望が強く反映されたため外観が地味。納入先はほとんどが陸軍。1943年~1947年に製造された戦中・戦後の両方を生きたトヨタ車であり、戦後初の国産車としても認定された。

トヨタAE型乗用車 新日本号(1939)

AA型以降、開発を続けていた2.3リッターC型エンジンを搭載した5人乗りの中型車。名称等を一般公募したところ「新日本号」に決定し、試乗会も開かれたが、戦時中のため本格的な生産は延期に。1結局、生産台数100台未満というまさに幻の車。

トヨペット SA型小型乗用車(1947)

トヨペット SA型のフロントビュートヨペット SA型

終戦後、当時の先端技術のもと開発を進めた2ドアの小型乗用車。トヨタ初の小型車用エンジン「S型」を搭載。トヨペットというブランド名は一般公募したものだが、すっかりお馴染みに。戦後の混乱期のため売り上げは芳しくなかったが、トヨタの技術開発には大きく貢献した。

トヨペット SD型小型乗用車(1949)

1949年に販売されたトヨペット ブランドの小型乗用車で、自家用車SA型とともに開発が進められていた車。SD型は需要の多いタクシーなどの営業車としての納入を目指していた。SB型トラックの技術や部品を流用したため、強度や耐久性に優れている。

トヨタ SF型小型乗用車(1951)

乗用車・商用車のどちらにも使えるように基本構造は共通。ボディは荒川板金工業製・関東自動車工業製・中日本重工業名古屋製作所製によって製造され、細部に違いがある。ホイールベース2500mmと乗り心地が大幅に改善。タクシーとしても人気で、3500台以上のヒット!

トヨタ SH型小型乗用車(1953)

SはトヨタS型エンジン、Hは新しいシャシ(基本構成部)であるH型を指す。小型車規格の改定により1.5リッターエンジンR型の開発を目指していたトヨタ。トヨペット スーパーRH型で実現するが、その前にH型シャシを使ったのがこのSH型。

トヨペット スーパーRH型(1953)

トヨペット スーパーRHN型のフロントビュートヨペット スーパーRHN型

トヨペット スーパーRHK型のフロントビュートヨペット スーパーRHK型

S型エンジン(1L)に変わる1.5リッターエンジンR型を初搭載した小型乗用車。S型より21馬力もアップ!外車にも負けない性能を持つ国産車として認められ、トヨタの主力モデルに。ボディによりRHN(新三菱重工)とRHK(関東自動車工業)の2種類が存在。

トヨタ・ランドクルーザー(1951年~)

歴代トヨタ・ランドクルーザーのエクステリア トヨタ・ランドクルーザーは日本だけでなく海外でも高い評価を得るキングオブSUV

トヨタ・ランドクルーザー 70系の右サイドビュートヨタ・ランドクルーザー 70系

トヨタ・ランドクルーザー 200系 AX Gセレクションのフロントビュー200系ランドクルーザー AX Gセレクション

トヨタ・ジープ BJ・FJ型。1954年にランドクルーザーに改名されたため(「ジープ」は商標なのでまずい)、実質初代ランクル。大型クロスカントリーSUV車として自衛隊への納車を目指して開発された。モデルチェンジの度に大型化が進んでいる。

クラウン(1955~)

歴代ランクルとプラドのエクステリアクラウンは誰もが憧れた日本を代表する高級セダン

トヨペット・クラウン RSD 1957年式のフロントビュー初代クラウン RSD 1957年式 豪州ラリー参戦車(レプリカ)

クラウン 2.5RS HYBRID ADVANCE FOURの左サイドフロントビュー15代目クラウン 2.5RS HYBRID ADVANCE FOUR

現代まで続くトヨタを象徴する高級車で初代の正式名称はトヨペット クラウン。初代クラウンは当時の小型車最大規格で、デザインはアメリカ車の影響が見られた。純国産方式・自社でのボディ製造にこだわり、10億の設備投資を要した。

トヨペット マスター(1955~1956)

トヨペット マスターのエクステリアトヨペット マスター

トヨペットスーパーの後継モデル。クラウンと同時発売で10万円ほど安い。タクシーなど営業車需要を見越して開発したが、クラウンの出来が良過ぎために人気がでないという事態に。だが、マスターの技術は後の初代コロナにも活かされたので無駄ではなかった!

トヨペット マスターライン(1955~1967)

トヨペット マスターラインのエクステリアトヨペット マスターライン

マスターをベースに、バンやトラックに仕立てた商用車R10系。クラウンと同時発売したマスターの販売がこけたので開発費を償却する目的で生産したモデルだが、乗り心地が良い(元はタクシーなので当たり前)と意外に売れて、2代目、3代目と1967年まで生産が続いた。

トヨペット コロナ(1957~2001)

トヨペット コロナT10型のエクステリアトヨペット コロナは1957年から44年間製造されたロンセラーモデルでRT20型やRT50型などの型式は今でもファンに愛される

トヨペット コロナ RT20型 1961年式の左サイドフロントビュートヨペット コロナ RT20型 1961年式

トヨペット コロナ RT50型 1966年式のフロントビュートヨペット コロナ RT50型 1966年式

T10型は記念すべき「初代コロナ」と言いたいが、基本構造はクラウンの姉妹車マスター、足回りはクラウン、エンジンは1940年代から搭載しているS型で、技術的革新はあまりない。トヨタはまだ開発を続けたかったが、タクシー業界から販売を急かされたという経緯がある。

パブリカ(1961~1988)

パブリカ UP10型のエクステリアパブリカ UP10型

パブリカ UP20D型のエクステリアパブリカ UP20D型

パブリカ UP20S型のエクステリアパブリカ UP20S型

パブリックカーから名付けられたトヨタ初の大衆車。エンジンも空冷水平対向2気筒と小型化&コストダウンを図り、外装・内装は実用性を重視。だが「自家用車=夢の車」だった労働者には響かず。高級路線のパブリカ・デラックスを生産したところ、販売が上向きに。

クラウンエイト(1964~1967)

クラウンエイトのエクステリアセンチュリーの開発に繋がる最高級車クラウンエイト

RS40系(2代目)をベースにしたVIP向けの大型高級セダンで歴代最大スケールのクラウン。国産車初のV型8気筒エンジン搭載し、公用車として採用され、総理大臣・佐藤栄作も乗車している。1967年トヨタ最高級車のセンチュリーの誕生により交代。

トヨタ スポーツ800 UP15型(1965~1969)

トヨタ スポーツ800(UP15型)浮谷東次郎レース車のスペックトヨタ スポーツ800(UP15型)浮谷東次郎レース車のスペック

トヨタ スポーツ800(UP15型)浮谷東次郎レース車の左サイドフロントビュートヨタ スポーツ800(UP15型)浮谷東次郎レース車(レプリカ)

トヨタ スポーツ800(UP15型)浮谷東次郎レース車の左サイドリアビュートヨタ スポーツ800(UP15型)浮谷東次郎レース車(レプリカ)

トヨタ スポーツ800(UP15型)浮谷東次郎レース車フロントウィンドウ部のアップフロントウィンドウ部のアップ

当時トヨタで最小規格だった大衆車パブリカの基本構成・エンジンを搭載した小型スポーツカー。エンジンは非力ながら、モノコック構造で軽量化を図り、重量はわずか580kg。最高速度は155km/h。愛称はヨタハチで、ホンダのSシリーズの好敵手。

カローラ(1966~)

歴代カローラのエクステリアカローラは世界累計販売台数4,600万台以上の世界で最も売れている車

大衆車パブリカが800cc、コロナが1500ccのエンジン搭載のため、初代カローラ(E10型)は中間に位置する1077ccの新型K型エンジンを搭載した高級大衆車として初登場。他の大衆車が1000ccのため「プラス100ccの余裕」というキャッチも上手かった(本当は77cc)。

ハイエース(1967~)

トヨタ ハイエース H10系のフロントビュートヨタ 初代ハイエース H10系

トヨタ ハイエース H10系のサイドビュートヨタ 初代ハイエース H10系

ハイエース ロングバン スーパーGLトヨタ 5代目ハイエース H200系

エンジンの上に運転席があるキャブオーバー型の車。初代はバンとトラックが販売されたが、現在でも製造が続くバンタイプのH200系は5代目にあたる。独自の市場を形成する一方で、盗難も多いことからトヨタにとっては少し悩みの種。

2000GT(1967~1970)

トヨタ 2000GT MF12L型のエクステリアトヨタ 2000GT MF12L型

トヨタ 2000GT MF12L型のフロントビュートヨタ 2000GT MF12L型

トヨタ 2000GT MF12L型のリヤビュートヨタ 2000GT MF12L型

トヨタ 2000GT MF10型スピードトライアルのフロントビュートヨタ 2000GT MF10型スピードトライアル

トヨタ 2000GT MF10型スピードトライアルのサイドビュートヨタ 2000GT MF10型スピードトライアル

トヨタ 2000GT MF10型スピードトライアルのリヤビュートヨタ 2000GT MF10型スピードトライアル

1960年代に国内でモータースポーツ人気が高まるなか、ヤマハ発動機が共同開発したトヨタ初の本格スポーツカー。持てる技術をすべて注ぎ、世界水準の性能を実現した。販売価格は現在に換算すると2000万円以上の超高級車だが、それでも赤字価格である。

1600GT(1967~1969)

1600GT RT55型 1967年式のフロントビュー1600GT RT55型 1967年式

1600GT RT55型 1967年式の左サイドフロントビュー1600GT RT55型 1967年式

型式はRT55 のみ。1年少しで販売終了。トヨタ 2000GTの弟とも呼べる大衆スポーツクーペ。コロナ・ハードトラップをベースとしているため「コロG」という愛称がある。1969年のJAFグランプリでのスカイライン・2000GTとの激闘が有名。

センチュリー(1967~)

センチュリー VG20型のエクステリア初代センチュリー VG20型

2代目センチュリー 2010年改良モデルのエクステリア2代目センチュリー 2010年改良モデル

3代目センチュリー UWG60型のフロントビュー3代目センチュリー UWG60型

3代目センチュリー UWG60型のサイドビュー3代目センチュリー UWG60型

トヨタの最高級乗用車。昔はもう少し安かったが、現行型3代目はハイブリッドや自動ブレーキシステムなどの安全設備をてんこ盛りにしたため、2000万円となった。皇室に納入しているのは2代目をベースにしたセンチュリーロイヤル。

ハイラックス(1968年~)

ハイラックス 10系のエクステリア初代ハイラックス 10系

8代目ハイラックス Xの左サイドフロントビュー8代目ハイラックス Xグレード

2018年現在8代目までが日本で販売されているピックアップトラック(7代目のみ日本未発売)。実は新興国を中心に、世界的にはカローラの次に販売台数が多いトヨタ車で、フォルクスワーゲンにOEM提供したこともある。旧車に隠れファンが多い。

トヨタ スプリンター(カローラ スプリンター)(1968~2002)

カローラ スプリンター E10型のエクステリアカローラ スプリンター E10型

カローラをよりスポーティーに仕上げた姉妹車種で、スプリンターはより若者受けを意識し、2ドアクーぺが主流モデル。2代目(E20型)以降はカローラの名前をはずし「スプリンター」のみに改名し、4ドアセダンも追加し、より幅広い層へアピールした。

マーク2(1968~2007)

マーク2 T60型 前期型のエクステリアマーク2 T60型 前期型

マーク2 T60型 中期型のエクステリアマーク2 T60型 中期型

マーク2 T60型 後期型のエクステリアマーク2 T60型 後期型

1968年に初登場時の名前は「コロナ マーク2」(T60型/70型)で、コロナが外れるのは5代目以降。クラウンとコロナの間を埋める派生車種として販売。チェイサー・クレスタを含めたマーク2三兄弟の長男的存在であり、80年代のハイソカーブームを牽引。後継はマークX。