三菱の歴代車種

三菱の歴代車種90!ラリーやオフロードで活躍した名車を画像つき解説

三菱の歴代車種、約90種類を画像付きで紹介。現行車種のデリカD5、ekクロスをはじめ、60~70年代の人気車ギャランGTO、80年代にサーキットで活躍したスタリオン、90年代のバブル期のヒットカーとなったディアマンテ、そしてラリーで活躍したランサーエボリーション、パジェロなどの名車を解説。

三菱の歴代車種90!ラリーやオフロードで活躍した名車を画像つき解説

三菱の歴代車種90種!ラリーやオフロードで活躍した国産名車を振り返る

三菱自動車工業は、三菱重工業時代も含めると1917年から自動車製造を行ってきた日本最古の自動車メーカーであり、2009年発売の「i-MiEV」によって量産型電気自動車の開発に世界ではじめて成功した会社でもあります。

パジェロやデリカD5などRV車やSUV車に定評があり、1990年代にランサーエボリーションが国際ラリー界を席巻したことを覚えている方も多いでしょう。
三菱が開発し、国内で販売した約90車種を画像付きで解説します!

三菱で国内販売している現行車一覧

三菱が国内販売している現行車種一覧です。
ロングセラーSUVのパジェロ、オフロードに強いミニバンのデリカD5、2019年3月に新型eKクロスを追加した軽自動車ekシリーズ、世界一売れているプラグイン・ハイブリッド車のアウトランダーPHEVなどがラインアップしています。

パジェロ(1982~)

パジェロのエクステリアスキーブーム時に誕生した初代パジェロ メタルトップ バン 2.0T / 2.3DT XL

2代目パジェロのエクステリア大ヒットカーとなった2代目パジェロ 中期型 キックアップルーフワイド XR

3代目パジェロのエクステリア3代目パジェロ 前期型 エクシード

4代目パジェロのエクステリア現行車種4代目パジェロ 2014年7月改良型

80年代のレジャーブーム期に登場。1992年には国内月間販売台数1位を獲得するなど誰もが知るヒットカーに!ダカール・ラリーでは総合優勝12回。しかし、2018年2月ショートボディの生産を終了。SUVブームに押されて日本では2019年に販売終了。

アウトランダー(2005~)

アウトランダーのエクステリア初代アウトランダー 2010年GTモデル

2代目アウトランダーのエクステリア2代目アウトランダー アジアクロスカントリーラリー参戦車

国内ではトヨタ・ハリアーやマツダ・CX-5などと競争を繰り広げるミドルサイズSUV。海外ではプジョー4007とシトロエンCクロッサーのベース車にもなっている。ボディはランエボで培った技術を惜しみなく投入したと三菱は語る。福島警察のパトロールカーにも採用。

アウトランダーPHEV(2013~)

アウトランダーPHEVのエクステリアプラグインハイブリッド仕様車 アウトランダーPHEV

PHEVとは、プラグイン・ハイブリッド・エレクトリック・ビークルの略。主に電気自動車として走行するが、長距離では電気とガソリンのハイブリッド車となる。欧州で爆発的に売れているが、災害時の電源車にもなるため日本での注目度も増している。

エクリプスクロス(2018~)

エクリプスクロスのエクステリア2018年に登場したコンパクトSUV エクリプスクロス

エクリプスクロスのリアビューエクリプスクロス リアの様子

2018年3月にコンパクトSUV市場に投入した三菱ひさびさの新型車。80~90年代の人気クーペ「エクリプス」の名前を冠し、自ら「クーペSUV」を名乗る都会的なスタイリッシュさが売り。価格は2WDのMグレードで2,539,080円~。

RVR(1991~)

RVRのエクステリアコンパクトSUVとして車名が復活した3代目RVR

新型ASXのエクステリア2019年3月のジュネーブモーターショーで披露したASX(日本名RVR)の2020年モデル

初代と2代目はオフロード走行もできるSUV風トールワゴンとしてヒットしたが、2002年生産終了。2010年に車名が復活し、コンパクトSUVとしての道を歩むことに。海外では「ASX」の名前で販売されており、2020年にフロントマスクを大幅に変更予定。

デリカD5(2007~)

デリカD5 アーバンギアのエクステリアデリカD5 アーバンギア G 2019年2月改良型

デリカD5 アーバンギアのリヤビューデリカD5 アーバンギア G 2019年2月改良型リア

SUVとミニバンを融合させた5代目デリカ。2018年に12年ぶりのフルモデルチェンジを発表かと思ったら、ビックマイナーチェンジと意外な選択(ガソリン車はほぼ従来型)。フロントマスクが賛否両論だったが、5000台を超える受注台数で、根強い人気を見せつけた。

デリカD3(2011~)

デリカD3のエクステリアBM20型 デリカD3

全長4.40mm×全幅1695mmとギリギリ5ナンバーサイズのミニバン。日産NV200バネットのOEM車種だが、フロントバンパーとフロントグリルが違うため、やや顔つきは異なる。

デリカD2/デリカD2カスタム(2011~)

2代目デリカD2のエクステリアハイブリッド専売車となった2代目デリカD2

スズキ・ソリオのOEM車で、違いはエンブレム程度。現行車は2015年から販売されているMB36S型とMB46S型だが、ガソリン車は存在しない。三菱はミニバンを「デリカ」の名前で統一しており、「2」というのは軽自動車より1つ大きいサイズの意味。

ミラージュ(1978~)

ミラージュのエクステリア三菱初のFF車だった初代ミラージュのハッチバック

6代目ミラージュのエクステリア先代よりコンパクトになった6代目ミラージュ(2012~)

三菱初のFF車として登場し、初代は副変速機スーパーシフトを搭載していたミラージュ。2000年に5代目で国内販売を終了するも、2012年に車名を復活。現行型6代目はよりコンパクトになり、欧州ではAセグメントに位置する世界戦略車となった。

i-MiEV(2009~)

i-MiEVのエクステリア東京モーターショー2007に出展されたi-MiEV

世界初の量産型電気自動車として誕生し、近未来的なデザインが国内外で話題を集めたアイ・ミーブ。歩行者保護のためにフロントバンパーを大型化する必要があり、2018年4月に軽自動車から登録車へ異例の白ナンバー変更を遂げる。

eKワゴン(2001~)

ekワゴンのエクステリア2015年10月に改良した3代目ekワゴン

三菱を代表するロングセラー軽自動車であり、車名のeKは「いい軽」というダジャレ。2005年より日産オッティへOEM供給を開始し、3代目B11W型は日産との合弁会社NMKVで開発し、デイズとプラットフォームを共有する姉妹車。2019年3月フルモデルチェンジ。

eKスペース/eKスペースカスタム(2014~)

eKスペースのエクステリア2016年12月に改良したB11A型eKスペース

三菱と日産の合弁会社NMKVで開発された軽スーパーハイトワゴン。eKスペースは日産デイズルークス、eKスペースカスタムは日産デイズルークスハイウェイスターの姉妹車にあたる。グレードや装備が大きく違うので、購入の際はしっかり比較した方が良い。

eKクロス(2019~)

eKクロスのエクステリア2019年3月28日発売 eKクロス

2019年3月にデビューした軽ハイトワゴン。SUVテイストの外観にこだわり、三菱のデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を採用。「ミニデリカD5」と呼ばれても納得。価格は141万円~で、最新の安全装備つきはお買い得感満載。

タウンボックス(1999~)

初代タウンボックスのエクステリア初代タウンボックス

タウンボックスワイドのエクステリア小型車登録(白ナンバー)のタウンボックスワイド

3代目タウンボックスのエクステリア現行型3代目タウンボックス スズキ・エブリイワゴンのOEMモデル

初代は1999~2011年まで販売されていたロングセラー軽ワンボックス車。派生車種にタウンボックスワイドという普通車も存在した。2014年にスズキ・エブリイワゴンのOEM車として車名が復活したが、両車の違いはエンブレム程度。