スズキの歴代車種

スズキの歴代車種まとめ!軽自動車や小型車の名車一覧

スズキの歴代車種を一覧解説。軽自動車やホットハッチ、SUVなどの現行車全車種と生産終了となった旧車を画像とともに紹介。当時の新車価格やスペック、現在の中古車としての人気にも言及。スズライト、アルト、アルトワークス、スプラッシュなど、思い出の名車を振り返りましょう。

スズキの歴代車種まとめ!軽自動車や小型車の名車一覧

スズキの歴代車種まとめ!現行型や旧車の名車を一覧解説

スズキ自動車株式会社(旧社名:鈴木自動車工業)は、1973年~2006年まで30年以上にわたり、軽自動車年間販売台数NO.1に君臨し、長きにわたり日本の軽自動車産業を支えてきた存在です。

小型車開発に注力するため、一時期はトップの座を明け渡しましたが、2014年には軽自動車SUVハスラーの大ヒットで再び年間販売台数NO.1に返り咲き、2018年にフルモデルチェンジしたジムニーは「納車1年待ち」とやはり大ヒット。

軽自動車以外にも、スイフトスポーツなど走りを楽しむ本格ホットハッチも誕生させています。スズキの歴代車種、国内販売した軽自動車やコンパクトカーの名車を振り返りましょう。

スズキが現在国内で販売する軽自動車一覧

スズキの現行型軽自動車を紹介。
アルトやワゴンRなどは、日本の軽自動車界を代表するロングセラーです。2014年発売のハスラーやモデルチェンジしたジムニーも大ヒット中!

ジムニー(1970~)

4代目ジムニーのエクステリア現行型4代目ジムニー 初代や2代目への原点回帰で四角いエクステリアに

3代目ジムニーのエクステリア3代目ジムニー 初代・2代目に比べて丸みを帯びたデザインには戸惑いの声も聞かれた

2代目第1期ジムニーのエクステリア2代目第1期ジムニー(1981~1984)

初代第1期ジムニーのエクステリア初代第1期ジムニー 1970~1972年発売 まさにジムニーの原点

ラダーフレーム&パートタイム4WDの本格小型四駆。世界中にジムニストと呼ばれるファン多数。2018年20年ぶりのフルモデルチェンジにより、納車1年待ちの事態に。一般ニュースでも取り上げられるなど人気は社会現象の域に達していた。

ハスラー(2014~)

ハスラー2型のエクステリアハスラー 2型 キュートなルックスで女性にも大人気

ハスラークーペのエクステリア東京モーターショーに参考出品されていたハスラークーペ

軽トールワゴンとSUVの融合で大ヒット!SUVブームに突然生まれたように思われがちだが、セダンとSUVを融合させた車「Keiを復活してほしい」というユーザーの声により開発がスタートしている。スズキに8年ぶりの軽自動車年間販売台数NO.1をもたらした。

アルト(1979~)

初代アルトのエクステリア初代アルト 軽自動車は1~2名乗車が多いというデータをもとに開発

8代目アルトのエクステリア現行型8代目アルト2014年~ テーマは「原点回帰」で初代アルトを意識したモデル

鈴木修が社長就任直後に指揮。「中古で50万円台の車が売れてるから、新車価格47万円にしよう」と開発スタート。後部座席を荷室と同等以下の広さにして、物品税が課されない軽貨物車登録で販売。バカ売れして当然お上からは睨まれる。

アルト ワークス(1987~)

現行型アルトワークスのエクステリア現行型アルトワークス(2015年~)

アルトのホットモデル。初代RS-Xグレードは、規格550ccで50PSぐらいが標準の時代に、軽自動車唯一のツインカムターボで、最高出力64PS。異次元すぎて軽の馬力規制のきっかけを作る結果に。現行型の新車価格は151万円~。

アルトラパン(2015~)

初代アルトラパンのエクステリア初代アルトラパン お弁当箱をイメージしたゆるめの外観

2代目アルトラパンショコラのエクステリア2代目アルトラパン派生車ショコラ

現行型アルトラパンのエクステリア現行型アルトラパン(2015~)箱型エクステリアだがやや丸みを帯びた

ラパンと呼ばれることも多い。うさぎのエンブレムが特徴で、箱型エクステリアはお弁当箱がモチーフ。2代目には派生車ショコラも誕生。9割が女性ユーザー(うち6割が20~30代)というデータも。落ち着いたカラーの特別仕様車「モード」も人気。

ワゴンR(1993~)

6代目ワゴンRのエクステリア2017年発売6代目ワゴンR HYBRID FZ

初代ワゴンRのエクステリア現代まで続く軽トールワゴンの人気車種 初代ワゴンR

軽トールワゴンの人気を牽引したロングセラー。室内が開放的で運転しやすいのはもちろん、座面を高くしたため男性の体にも優しい設計に。現行型にも5速MT設定あり。「スポーツカーじゃないMT車が欲しい」という希望を叶えてくれる有難い車。

ワゴンR スティングレー(2007~)

現行型ワゴンRスティングレーのエクステリア現行型ワゴンRスティングレー

3代目ワゴンRに追加され、後に独立した車種に。エアロパーツなどを装着したアクの強いエクステリアが特徴。ボディカラーは黒が基調となることが多い。現行型(2017年~)は大半のグレードがマイルドハイブリッド仕様。

スペーシア(2013~)

2代目スペーシアのエクステリア2代目スペーシア(2017年~)

2代目スペーシアカスタムのエクステリア2代目スペーシアカスタム(2017年~)

スペーシアギアのエクステリアスペーシアギア(2018年~)

パレットの両側スライドドアを受け継いだ軽トールワゴン。初代よりフロントマスクが大きく違うスペーシアカスタムが存在。現行型2代目は全車マイルドハイブリッド仕様で、2018年にはSUV風デザインのスペーシアギアも誕生。

エブリィ(1982~)/エブリイワゴン(1999~)

エブリィのエクステリアエブリィ

商用車はエブリィ、後に追加された乗用車モデルは「エブリィワゴン」と区別。国内ではマツダ、日産、三菱、国外では韓国GMなどにOEM供給している。

キャリイ/スーパーキャリイ(1961~)

スーパーキャリィのエクステリアスーパーキャリィ(2018~)

初代スズライトキャリィのエクステリア初代スズライトキャリィ(1961~)

現行型キャリィのエクステリア現行型キャリィ(2013~)

初代は「スズライトキャリィ」の車名で販売し、商用軽四輪車として大ヒット。OEM供給、海外輸出などを繰り返すスズキの長寿モデル。現行型は2013年から発売されている11代目で、2018年にはラージキャブの派生モデル「スーパーキャリイ」も誕生。

スズキが現在国内で販売する普通車(登録車)一覧

スズキが開発し、国内販売している普通車(白ナンバー)を一覧解説。
軽の人気車であるジムニーの普通車モデル・ジムニーシエラ、小型ホットハッチ・スイフトスポーツなど、個性豊かなコンパクトカーが揃っています。

クロスビー(2017~)

クロスビーのエクステリアずんぐりしたルックスと明るいカラーが楽しいクロスビー

2017年登場の新型コンパクトSUV。大ヒットした軽自動車SUVハスラーの普通車版といったデザインだが、プラットフォームはソリオやイグニスと共通。4WD車は急な下り坂では自動で速度制御するヒルディセントコントロールなどを搭載。

イグニス(2016~)

イグニスのエクステリアイグニス 激戦区のコンパクトカー市場に登場したニューフェイス!

イグニスのリアビューイグニスのリアデザインはフロンテクーペを意識

取りまわしやすいNEWコンパクトカー。SUV風スタイルで、視界も良好。リアデッキのデザインは70年代の人気車スズキ・フロンテクーペからインスピレーションを得ている。マイルドハイブリッド搭載で、JCO8モードでの燃費28.0km/L。

スイフト(2000~)

現行型スイフトのエクステリア現行型スイフト(2016年~)

燃費良し、走り良しのコンパクトハッチ。初代から一貫してMT設定あり。現行型は2018年ワールド・カー・アワーズTOP3に選出されるほど海外での評価が高い。スポーツ走行向けのスイフトスポーツが存在するが、ベースモデルでも運転の楽しさは味わえる。

スイフトスポーツ(2003~)

スイフトスポーツのエクステリア現行型スイフトスポーツ ZC33S型

現行型スイフトスポーツのエクステリア2017年フルモデルチェンジした現行型スイフトスポーツ

日本でトップクラスに運転が楽しい車! 200万程度でスポーツ走行が楽しめるため「コスパ最強」の声多し。現行型は新プラットフォーム・ハーテクト採用した1トン未満の軽量ボディに、1.4L直4DOHCターボを搭載。世界に誇れるホットハッチの傑作。

エスクード(1988~)

初代エスクードのエクステリア初代エスクード ハードトップ

2代目エスクードのエクステリア2代目エスクード(1997~2005)

現行型エスクードのエクステリア現行型エスクード(海外では「ビターラ」の車名で販売)2018年マイナーチェンジモデル

80年代のスキーブームに普段使いしやすいパートタイム4WDの「ライトクロカン」として登場。3代目以降はラダーフレーム一体型モノコックボディにフルタイム4WDのクロスオーバーSUVの世界戦略車に。現行型4代目はハンガリーで生産中。

ジムニー シエラ(1993~)

現行型ジムニーシエラのエクステリア現行型ジムニーシエラ ジムニーにはないオーバーフェンダーが装備されている

国内登録車版ジムニー。海外には軽自動車規格が存在せず、エンジン排気量660ccの縛りがないため、シエラの方がバランスが良いと評されることもある。2018年発売の現行型は1.5Lの直4DOHC16バルブの新エンジンを搭載。高速での安定感・静寂性が持ち味。

バレーノ(2016~)

バレーノのエクステリアマルチ・スズキ・インディアで生産するバレーノ

インドで生産されている5ドアハッチバック。日本や欧州でも輸入販売中。スイフトより全長・全幅はやや長く、全高は低め。ラゲッジスペースは広く、背の高さに頼らない居住性の良さを目指した。日本仕様は1.2L直4と1.0L直3エンジン搭載車が存在。

ソリオ(2000~)

行型ソリオのエクステリア現行型ソリオ  HYBRID SX

ワゴンRワイドの後継として登場。2010年発売の2代目からはプラットフォームも新開発。スライドドアで広いコンパクトトールワゴンの人気車だが、トヨタ・タンク/ルーミー、ダイハツ・トール、スバル・ジャスティなど、他社とのガチ競争で最近ちょっと辛い。

ソリオ バンディット(2012~)

現行型ソリオバンディットのエクステリア現行型ソリオバンディット

エクステリアやインテリアに変更を加え、ボディカラー設定、装備などが異なるソリオの派生モデル。現行型の2代目はマイルドハイブリッドとフルハイブリッドモデルのみ。OEM提供しており、三菱はデリカD:2の車名で販売。

SX4 S-CROSS(2006~)

初代SX4のエクステリアジウジアーロが創業したイタルデザインが手掛けた初代SX4

2代目SX4のエクステリア2代目SX4 S-CROSS

初代は2006~2014年販売のフィアットと共同開発したSX4。初代はセダンも存在したが、現行型2代目(2013年~)はボディサイズを拡大し、クロスオーバーSUVのみに。ハンガリーのマジャールスズキで生産されており、日本では輸入車として販売。

ランディ(2007~)

現行型ランディのエクステリア現行型ランディ 日産セレナのOEMだがデザインには変更が加えられている

エブリイランディの後継ミニバン。日産セレナのOEM車だが、「e-POWER」は存在しない。スズキにとっては他社からOEM供給を受ける唯一の車種だが、無理にラインアップを揃える必要もなさそうなのでたびたび終売(OEM終了)が噂される。