コロナの歴代モデル

コロナ歴代モデル11代を解説!多くの愛称で親しまれた人気セダンの歴史

トヨタ コロナの歴代モデルを年代順に解説。昭和期の名車として中古市場でも人気の型式やグレード、フルモデルチェンジの際の変更点、ダルマコロナ、アローラインコロナ、ブラボーコロナなどの愛称も紹介。マークⅡに派生した経緯、後継となる現行車種プレミオについてもまとめました。

コロナ歴代モデル11代を解説!多くの愛称で親しまれた人気セダンの歴史

トヨタ コロナの歴代モデル解説!マイカーブームを牽引した日本の代表的なセダンの系譜

トヨタ コロナは、1957(昭和32)年~2001年(平成13)年まで44年、モデル11代の歴史を持つ小型乗用車です。ボディタイプはセダンが基本で、タクシーにも採用されました。時代に応じて、ハードトップやリフトバックなどのスタイルも取り入れ、商用車モデルのバンも存在しています。

コロナはサラリーマンの所得がどんどんあがり、高速道路が整備されたことで訪れた60年代のマイカーブームに爆発的にヒットし、国内販売台数1位を記録したこともあります。その後も大衆車、ファミリーセダンとして安定した人気を博したコロナは、実は海外で初めて販売されたトヨタ車です。

コロナなくして、トヨタの、日本の自動車の歴史は語れません。コロナ歴代モデルの11代特徴、44年の歴史を後継や競合車種、現代の中古車市場での人気モデルを解説します。

コロナの歴代車種一覧!1957年から2001年までの昭和の名車を振り返る

昭和期の名車として人気のコロナ。日産のダットサン ブルーバードと大規模な販売競争を繰り広げた際にはお互いの頭文字をとって「BC戦争」とも呼ばれました。他にも日本車初となる5ドアハッチバックのモデルを追加したり、マークⅡを生み出したりと、44年間11度のフルモデルチェンジの度に進化を続けました。

トヨペット コロナ T10型(1957~1960)初代…タクシー業界から販売を急かされつなぎ販売

トヨペット コロナ T10型のエクステリアトヨペット コロナ T10型

トヨペット コロナ T10型のリヤビュートヨペット コロナ T10型

正式名はトヨペット コロナ。コロナは初代だけが丸く、ダルマコロナの愛称がある。1955年に販売されたクラウンからの流用部分も多いが、トヨタ初のモノコック構造な点は意欲的。後のマイナーチェンジで5人乗りが可能になった。

トヨペットコロナ(ST)セダン 諸元表
車両型式 T
全長 3,912mm
全幅 1,470mm
全高 1,518mm
ホイールベース 2,400mm
車両重量 960kg
乗車定員 4名/5名
エンジン型式 P
エンジン種類 直列4気筒側弁式
総排気量 995cc
最高出力 33PS
全ボディタイプ 4ドアセダン
3ドアバン

トヨペット コロナ T20型(1960~1964) 2代目…本格開発するも自動車メーカー国内2位の屈辱

トヨペット コロナ RT20型の緒元トヨペット コロナ RT20型のスペック

トヨペット コロナ RT20型のエクステリアトヨペット コロナ RT20型

トヨペット コロナ RT20型のリヤビュートヨペット コロナ RT20型

トヨペット コロナ RT20型のサイドビュートヨペット コロナ RT20型

トヨペット コロナ RT20型のフロントビュートヨペット コロナ RT20型

小型タクシー市場の競争相手だった日産ダットサンに対抗するため本格開発したT20型。販売前にボディの一部分を新聞紙に掲載するなど斬新な広告手法をとった。デザイン性は高く評価されたが、タクシー業界から耐久性や強度不足を指摘され、販売は先細りに。

トヨペットコロナ(SD) 諸元表
車両型式 PT20
全長 3,990mm
全幅 1,490mm
全高 1,440mm
ホイールベース 2,400mm
車両重量 940kg
乗車定員 5名
エンジン型式 P
エンジン種類 直列4気筒頭上弁式(P)
総排気量 997cc
最高出力 45PS
全ボディタイプ 4ドアセダン
3ドアバン
トラック

トヨペット コロナ T40/T50型(1964~1970)3代目~祝BC戦争初勝利!コロGも登場

トヨペット コロナ RT40型の緒元表トヨペット コロナ RT40型のスペック

トヨペット コロナ RT40型のエクステリアトヨペット コロナ RT40型

トヨペット コロナ RT40型のリヤビュートヨペット コロナ RT40型

トヨペット コロナ RT40型のフロントビュートヨペット コロナ RT40型

トヨペット コロナ RT40型のサイドビュートヨペット コロナ RT40型

トヨペット コロナ RT50型の緒元表トヨペット コロナ RT50型のスペック

トヨペット コロナ RT50型のエクステリアトヨペット コロナ RT50型

トヨペット コロナ RT50型のリヤビュートヨペット コロナ RT50型

トヨペット コロナ RT50型のフロントビュートヨペット コロナ RT50型

トヨペット コロナ RT50型のサイドビュートヨペット コロナ RT50型

アローラインという独特の曲線デザインで、愛称アローラインコロナ。自家用車を所有する人が増加する日本において、日産ダットサン・ブルーバードと「BC戦争」と呼ばれる販売競争を繰り広げ、販売台数1位をついに獲得!日本初の高速・名神高速道路での耐久試験も話題に。

コロナ(T40)系)をベースに作った「トヨタ・1600GT」というスポーツカーはトヨタ・2000GTの弟として親しまれている。2000GTがトヨタが開発したスーパースポーツカーなのに対し、1600GTは大衆向けのスポーツクーペ。「コロG」という可愛い愛称で親しまれた。

コロナ・デラックス 諸元表
車両型式 RT40-D(RT40-DC)
全長 4,110mm
全幅 1,550mm
全高 1,420mm
ホイールベース 2,420mm
車両重量 945kg
乗車定員 5名
エンジン型式 R
エンジン種類 直列4気筒頭上弁式(P)
総排気量 1490cc
最高出力 70PS
全ボディタイプ 4/5ドアセダン
3/5ドアバン
ピックアップトラック

トヨペット コロナ T80型(1970~1973)4代目…高級路線のマークⅡが注目され影が薄くなる

トヨペット コロナ T80型 後期型のエクステリアトヨペット コロナ T80型 後期型

トヨペット コロナ T80型 後期型のリヤビュートヨペット コロナ T80型 後期型

型式が飛んでいるのは、T40型のコロナ上級モデル(初代マーク2)をT60/T70としたため。4代目からはボディサイズが一回り大きくなる。愛称はブラボーコロナだが、初代コロナマーク2やカローラの登場により、人気に陰りが見え始めた。

コロナ 1500 諸元表
車両型式 RT80
全長 4,170mm
全幅 1,570mm
全高 1,400mm
ホイールベース 2,430mm
車両重量 905kg
乗車定員 5名
エンジン型式 R
エンジン種類 直列4気筒OHV
総排気量 1490cc
最高出力 77PS
全ボディタイプ 4ドアセダン
2ドアハードトップ
5ドアバン

トヨペット コロナ T100/T110/T120型(1973~1978)5代目…安全性アピールで人気が復活!

トヨペット コロナ T100型 前期型のエクステリアトヨペット コロナ T100型 前期型

トヨペット コロナ T100型 前期型のリヤビュートヨペット コロナ T100型 前期型

愛称は安全コロナ。当時としては珍しく、車の予防安全性をPRし、OKモニターという異常を知らせる警告灯を配置して話題に。現代でも昭和らしい内装で旧車の人気車種。2000GTモデルはDOHCを搭載し、145馬力を実現。5代目以降はホイールキャップのないデザインが特徴。

コロナ 2000GT 諸元表
車両型式 RT104-MQFG
全長 4,250mm
全幅 1,610mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2,500mm
車両重量 1,090kg
乗車定員 5名
エンジン型式 18R-G
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量 1968cc
最高出力 145PS
全ボディタイプ 4ドアセダン
2ドアハードトップ
3 / 5ドアバン

コロナ T130型(1978~1982)6代目…流行デザインやスタイルを取り入れスタイリッシュに変身

トヨタ コロナ T130型 前期型のエクステリアトヨタ コロナ T130型 前期型

トヨタ コロナ T130型 前期型のリヤビュートヨタ コロナ T130型 前期型

トヨペットの名称を廃止しトヨタへ。前期型は『太陽にほえろ』に登場し、殿下コロナの愛称もある。2ドアセダンは消滅し、セダンより車高が25mm低い5ドアのリフトバックを新設、角形4灯ヘッドライトを採用など当時流行していたスタイルやデザインを採用している。

コロナ 2000・GT 諸元表
車両型式 E-RT132-TEMOF
全長 4,445mm
全幅 1,655mm
全高 1,405mm
ホイールベース 2,525mm
車両重量 1,120kg
乗車定員 5名
エンジン型式 18R-GEU
エンジン種類 直列4気筒
総排気量 1968cc
最高出力 135PS
全ボディタイプ 4ドアセダン
2ドアハードトップ
5ドアリフトバック
5ドアバン

コロナ T140型(1982~1998)7代目…ファミリカーからスポーティーに本格イメチェン!

トヨタ コロナ T140型 前期型のエクステリアトヨタ コロナ T140型 前期型

トヨタ コロナ T140型 前期型のリヤビュートヨタ コロナ T140型 前期型

トヨタ コロナ T140型 後期型のエクステリアトヨタ コロナ T140型 後期型

リフトバックの採用は見送ったものの、プラットフォームはカリーナやセリカと共通のため、車高が低く、スポーティーになったT140型。イメチェン背景には、人気を盛り返していた日産ブルーバード910型への対抗意識がある。ツインカムターボ搭載モデルGT-TとGT-TRが人気。

コロナ 2000ツインカム・GT諸元表
車両型式 E-RT141-TEMQF
全長 4,570mm
全幅 1,660mm
全高 1,395mm
ホイールベース 2,500mm
車両重量 1,160kg
乗車定員 5名
エンジン型式 18R-GEU
エンジン種類 4気筒DOHC-EFI
総排気量 1968cc
最高出力 135PS
全ボディタイプ 4ドアセダン
2ドアハードトップ
5ドアバン

コロナ T150/160型(1983~1987)8代目…T140型と並行販売されたコロナ初の前輪駆動車

トヨタ コロナT150型 後期型のエクステリアトヨタ コロナT150型 後期型

T140型の1年後に販売された8代目T150/160型。コロナ初のFF式であり、ユーザーの心理的抵抗を考えて併売となった。スポーティーなT140に対し、T150系はあくまでファミリカーの地位を守る役割もあり、5ドアハッチバックを基本モデルとした。

コロナ 1800・GX諸元表
車両型式 E-ST150-TLMNL
全長 4,330mm
全幅 1,670mm
全高 1,395mm
ホイールベース 2,515mm
車両重量 990kg
乗車定員 5名
エンジン型式 1S-iLU
エンジン種類 水冷直列4気筒OHC
総排気量 1832cc
最高出力 105PS
全ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアリフトバック

コロナ T170型(1987~1992)9代目…「SF」というサブネームを付けFF式が基本に!

トヨタ コロナ T170型 後期型のエクステリアトヨタ コロナ T170型 後期型

FF式が基本となり、5ドアハッチバックには「SF(センセーショナル・フィーリング)」というサブネームを付けた。1988年からはセダンに4WDモデルも追加。コロナ人気は下火だったが、累計1000万台を達成し、記念車コロナスーパールーミーを販売。

コロナ 2000・3S-FE・EXサルーンG 諸元表
車両型式 E-ST171-AEMGK
全長 4,440mm
全幅 1,690mm
全高 1,370mm
ホイールベース 2,525mm
車両重量 1,100kg
乗車定員 5名
エンジン型式 3S-FE
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量 1,998cc
最高出力 120PS
全ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアリフトバック
バン

コロナ スーパールーミー(1990)限定車…ファミリカーコロナをリムジンに仕立てた謎車

トヨタ コロナ スーパールーミーのエクステリアトヨタ コロナ スーパールーミー

T170型をベースに作ったトヨペット店コロナ累計1000万台を記念して作った限定車。見た目はコロナなのにホイールベースを210mmも延長して作った5ナンバーの謎リムジン。500台限定だったのに、今も中古市場で安い。バブルカーらしい迷車。

コロナ T190型(1992~1996)10代目~完成形にほぼ近づきスポーツグレードは廃止

トヨタ コロナ T190型 前期型のエクステリアトヨタ コロナ T190型 前期型

トヨタ コロナ T190型 後期型のエクステリアトヨタ コロナ T190型 後期型

ホイールベースを延長し、室内空間は広く、低床で乗り降りしやすく改善。トランクはクラス最大容量。4WD仕様あり。モデル末期だけあってファミリカーとしての用途はほぼ満たし、完成形に近づいたコロナ。一方でGTなどのスポーツグレードは消滅した。

コロナ 2000(3S)・EXサルーンG 諸元表
車両型式 E-ST191-AEPGK
全長 4,520mm
全幅 1,695mm
全高 1,410mm
ホイールベース 2,580mm
車両重量 1,210kg
乗車定員 5名
エンジン型式 3S-FE
エンジン種類 直列4気筒DOHC 16バルブ
総排気量 1,998cc
最高出力 140PS
全ボディタイプ 4ドアセダン
5ドアリフトバック

コロナ T210型(1996~2001)11代目~44年の歴史に幕を下ろし、今後は「プレミオ」に託す

トヨタ コロナプレミオ T210型 前期型のエクステリアトヨタ コロナプレミオ T210型 前期型

トヨタ コロナプレミオ T210型 後期型のエクステリアトヨタ コロナプレミオ T210型 後期型

「コロナ プレミオ」とサブネームが与えられている。これ以降、プレミオとして独立するので、コロナの名前がついた最後の車。4ドアセダンのみで、安全装備を充実。40年記念の特別仕様車を販売し、2001年に44年の歴史に一度ピリオドを打つ。

コロナ 2000(3S)・EXサルーンG 諸元表
車両型式 E-ST210-AEPGK
全長 4,520mm
全幅 1,695mm
全高 1,410mm
ホイールベース 2,580mm
車両重量 1,210kg
乗車定員 5名
エンジン型式 3S-FE
エンジン種類 直列4気筒DOHC 16バルブ
総排気量 1,998cc
最高出力 140PS
全ボディタイプ 4ドアセダン

歴代コロナのなかで中古市場で人気のモデルやグレードは?

コロナはトヨタの伝統であり、「懐かしい!」と感じるファンも多い人気車種です。外車クラシックカーのように高額な値が付くことは少ないものの、中古車市場では比較的安定して需要があるクルマです。

人気があるのは、国内販売台数1位を記録し、BC戦争で初勝利をあげた3代目コロナT40/50型。特に上級モデルのDX(デラックス)モデルは値が付きやすいです。
また、それ以前のトヨタ初の本格開発だったT20型は希少性が高く、クラシックカーとして人気です。

それ以降は、5代目の最上級モデル2000GT。OKモニターといった当時としては最先端の設備、現代では昭和らしいレトロなインテリアにファンが多くいます。馬力も高く、中期コロナらしいホイールキャップのないデザインが魅力です。
7代目コロナ140型GT-TとGT-TRツインカムターボ搭載モデルも人気があります。

今も受け継がれる歴代コロナの系譜…コロナなしにトヨタ車は語れない!

1957年に初登場したコロナ。昭和期の多くのモデルには、ダルマコロナ、アローラインコロナ、ブラボーコロナ、安全コロナ、殿下コロナなど多くの愛称が付けられたことからも、いかに人々に愛された親しみやすい自動車だったかが伺えます。

バブル期にハイソカーとして爆発的にヒットするマークⅡも、もとはコロナ(T40)の上級モデル「コロナ マーク2」から独立分離した派生車種です。現在は実質的な後継マークXが現行車種となっています。

コロナの後継プレミオは、セダン人気の下落に伴い苦戦していますが、それでも企業や官公庁などに安定して納車は続けています。コロナはトヨタはもちろん、日本の自動車業界全体にとって、欠かすことのできなかった愛すべき名車といえるでしょう。