ベンツのクラスの違い

メルセデス・ベンツ クラス別の価格やボディスタイルの特徴

ベンツのクラスは5つのランクがあり、更にオープンタイプ・SUVタイプと分けられていきます。ミニバンにはVクラスが存在していて、あらゆる人のニーズに応え、クラスごとに満足感・安心感を与えてくれるメーカーがメルセデス・ベンツです。

メルセデス・ベンツ クラス別の価格やボディスタイルの特徴

ベンツのクラスを違いや車種ごとにまとめた

ドイツの高級車メーカーとして世界中で有名な「メルセデス・ベンツ」では、A・B・Cなどクラスごとに分けられて様々な車種が販売されています。それぞれのクラスは、どのようなボディタイプで、どんな機能が備わっているのでしょうか?

そこで、メルセデス・ベンツのクラスをボディタイプや装備・価格ごとにまとめました。どの車種を購入しようか迷っている、どんな車種があるのか知りたいなどベンツのクラスを事前に調べておくのも大切です。

EQVはミニバンVクラスをベースにしたEVモデル

EQの市販車第2弾EQV電動車専門のサブブランドEQの市販車第2弾EQV

EQVは、ベンツ唯一のミニバンであるVクラスをベースにした電気自動車です。2019年8月、ベンツ初のピュアEV「EQC」に続いての発売がアナウンスされました。Vクラス同様、標準ボディとロングボディの2種類が設定されますが、内外装には大きな変化を加えます。

EQVは全長・ホイールベースが違う2種類を設定EQVは全長・ホイールベースが違う2種類を設定

標準ボディは全長5140mm・ホイールベース3200mm、ロングボディは全長5370mm・ホイールベース3430mm。90kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、航続可能距離は最大405km。最高出力204hp、最大トルクは36.9kg、最高速は160km/hです。

インテリアには、メルセデス・ベンツの対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を搭載しています。

EQCはメルセデスベンツのEVブランド「EQ」から初めて発売された電気自動車

メルセデス・ベンツ初の電気自動車EQCメルセデス・ベンツ初の電気自動車EQC

メルセデス・ベンツ「EQC」は、メルセデス・ベンツのEV専門サブブランド「EQ」から発売された電気自動車のクロスオーバーSUVです。ハイブリッドではなく、電気のみを動力とするピュアEVは、メルセデス・ベンツ市販車としては初となります。

対話型インフォテインメントシステム「MBUX」対話型インフォテインメントシステム「MBUX」により充電ステーション探しも簡単

EQCは、ベンツの人気クロスオーバーSUV「GLC」をベースに、大幅改良を加えて開発。前後に1基ずつ電動モーターが存在する4WDで、バッテリー容量は80kwh、最高出力408PS、最大トルク765Nmを発生し、後続可能距離はWLTCモードで400kmを誇ります。
2019年7月から日本導入されましたが、価格は1000万円~1200万円と高額です。

Aクラスはメルセデス・ベンツ最小クラスのコンパクトハッチで女性からの評価も高い人気クラス

メルセデス・ベンツ Aクラスのエクステリア

メルセデス・ベンツAクラスは1997年に初代が発売し、2018年に4代目(W177)へとフルモデルチェンジしたコンパクトハッチバックの車種です。メルセデス・ベンツのエントリーモデルで、1,600ccのエンジンを積み駆動方式はFFの「A180」「A180Style」「A200d」、AMGラインでは「AMG A 35 4MATIC」「AMG A 40 4MATIC」などがラインナップしています。

メルセデス・ベンツ Aクラスの内装

Aクラスのインテリアは黒を基調とした落ち着いた雰囲気で、センターコンソールには3つのエアコンルーバー、インフォメーションディスプレイ、オーディオスイッチなどが配置されています。

メルセデス・ベンツ Aクラスのメーター

セーフティシステムには、車速に応じて適切な車間距離を保つ「ディスタンスパイロット・ディストロニック」、死角にいる車の存在を教えてくれる「ブラインドスポットアシスト」、自動ブレーキで追突を回避・被害軽減してくれる「アクティブブレーキアシスト」などが装備されています。

A180 Style諸元
全長 4,420mm
全幅 1,800mm
全高 1,420mm
ホイールベース 2,700mm
車両重量 1,430kg
最低地上高 130mm
最小回転半径 5.0m
エンジン 直列4気筒ターボ
排気量 1,331cc
最高出力 100kW(136PS)/5,500rpm
最大トルク 200Nm(20.4kgm)/1,460~4,000rpm
駆動方式 FF
乗員定員 5人
ハンドル設定
価格 3,760,000円~

Bクラスはプレミアムハッチバックが欲しい方におすすめのクラス

メルセデス・ベンツ Bクラスのエクステリア

メルセデス・ベンツBクラスは2005年に初代が発売し、2019年にはフルモデルチェンジした3代目(W247)が日本で発売されています。ボディタイプはプレミアムコンパクトハッチバックで、旅行などに使うツアラー寄りの車種です。

メルセデス・ベンツ Bクラスの内装

プラットフォームをAクラスと共有しているのでインテリアは同じデザインになりますが、LEDイルミネーションなどが装備されています。後部座席用にシートバックテーブルが用意されていたり、運転席と助手席にはメモリー付きのパワーシートが装備されています。また、Aクラスと同様のセーフティシステムが搭載されているので安心して運転ができます。

B180諸元
全長 4,425mm
全幅 1,795mm
全高 1,565mm
ホイールベース 2,730mm
車両重量 1,440kg
最低地上高 120mm
最小回転半径 5.0m
エンジン 直列4気筒ターボ
排気量 1,331cc
最高出力 100kW(122ps)/5,500rpm
最大トルク 200Nm(20.4kgm)/1,460~4,000rpm
駆動方式 FF
乗員定員 5人
ハンドル設定
価格 3,920,000円~

Cクラスは日本で一番売れているクラスでボディも取り回しやすいサイズ

メルセデス・ベンツ CクラスのセダンCクラスのセダン

メルセデス・ベンツ CクラスのステーションワゴンCクラスのステーションワゴン

メルセデス・ベンツ CクラスのクーペCクラスのクーペ

メルセデス・ベンツ CクラスのカブリオレCクラスのカブリオレ

メルセデス・ベンツCクラスは1993年に初代が登場し、2014年からは4代目(W205)へとフルモデルチェンジされ日本でも販売されました。日本では1番売れているクラスで、ボディタイプはセダンの他に、ステーションワゴン、2ドアクーペ、そしてオープンタイプのカブリオレの4種類用意されています。

メルセデス・ベンツ Cクラスの内装

インテリアは、ピアノブラック加飾が使われA・Bクラスに比べて高級感が増しています。インテリアはベースグレードのC180にはファブリック素材が使われ、ローレウスエディション以上のモデルになるとレザーや本革、ナッパレザーが用意されています。

搭載されるエンジンは、1,600ccの直列4気筒ガソリンターボエンジンの他に、2,200ccの直列4気筒ディーゼルターボエンジンも用意されていて、ガソリンモデルの燃費は15.7km/L、ディーゼルモデルの燃費は20.3km/Lを記録しています。

C180諸元
全長 4,690mm
全幅 1,810mm
全高 1,445mm
ホイールベース 2,840mm
車両重量 1,490kg
最低地上高 130mm
最小回転半径 5.1m
エンジン 直列4気筒ターボ
排気量 1,496cc
最高出力 115kW(156PS)/5,300~6,100rpm
最大トルク 250Nm(25.5kgm)/1,500~4,000rpm
駆動方式 FR
乗員定員 5人
ハンドル設定
価格 4,630,000円~

Eクラスはメルセデス・ベンツの中間クラスでボディサイズが4種類用意された人気のクラス

メルセデス・ベンツ EクラスのセダンEクラスのセダン

メルセデス・ベンツ EクラスのステーションワゴンEクラスのステーションワゴン

メルセデス・ベンツ EクラスのクーペEクラスのクーペ

メルセデス・ベンツ EクラスのカブリオレEクラスのカブリオレ

メルセデス・ベンツEクラスは初代が1985年に販売され、最新の5代目(W213)は2016年に発売されました。ベンツの中では中間に位置するクラスで、Cクラスと同様にセダンのほか、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4種類ボディタイプが用意されています。

2020年夏には改良新型が発売されることが決定。新世代の先進運転支援システムを採用し、「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」「アクティブテールバックアシスト」「アクティブブラインドスポットアシスト」などの多彩な機能でドライバーの安全運転をサポートします。

クーペとカブリオレは2019年10月に一部改良を実施。48V電気システムとBSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)を組み合わせた新型の直列4気筒エンジンを搭載し、新たに「E300スポーツ」グレードを設定しました。

また、2019年10月24日にはプラグインハイブリッドモデルの「E 350 de(ディーゼル)」と「E 350 e(ガソリン)」を発表。E 350 deでは航続距離最長50kmに、E 350 eにおいても電気モーターによる走行距離を51kmまで伸ばしています。

メルセデス・ベンツ Eクラスの内装

インテリアは、黒を基調としピアノブラック加飾の大きなセンターコンソールにはエアコンコントローラーのほかに、アナログ時計、64色のLEDインテリアライトが装備されています。ヘッドライトにはマルチビームLEDが装備され、適切な配光によって対向車や全走者にとって眩しさが軽減されます。

また、フロントグリルやドアミラー、リアにカメラが設置されていて、360度全方位の状況をモニターに映し出すことができます。

搭載されるエンジンは、2,000ccの直列4気筒ターボエンジン、3,500ccのV型6気筒ツインターボエンジン、2,000ccの直列4気筒ディーゼルターボエンジンの3種類が用意されています。

E200アバンギャルド諸元
全長 4,930mm
全幅 1,850mm
全高 1,455mm
ホイールベース 2,940mm
車両重量 1,670kg
最低地上高 130mm
最小回転半径 5.4m
エンジン 直列4気筒ターボ
排気量 1,991cc
最高出力 135kW(184PS)/5,800~6,100rpm
最大トルク 280Nm(28.6kgm)/3,000~4,000rpm
駆動方式 FR
乗員定員 5人
ハンドル設定
価格 7,340,000円~

CLSクラスは流麗なクーペスタイルが人気でセミアニリン本革を使った豪華な内装も魅力

メルセデス・ベンツ CLSクラスのシューティングブレークCLSクラスのシューティングブレーク

メルセデス・ベンツ CLSクラスのクーペCLSクラスのクーペ

メルセデス・ベンツCLSクラスはEクラスをベースにしたモデルで、初代は2005年に発売されフルモデルチェンジした3代目( C257)は2018年に発売されました。ボディタイプは、4ドアクーペと5ドアのシューティングブレークの2種類用意されています。

メルセデス・ベンツ CLSクラスの内装

インテリアは黒を基調とし、シートには本革とセミアニリン本革、シートカラーにはブラック、ブラック・ポーセレン、シルクベージュ・エスプレッソブラウンの3種類用意されています。インフォメーションディスプレイは8インチ、インテリアLEDライトは3色設定です。

搭載されるエンジンは、2,200ccの直列4気筒ディーゼルターボエンジン、3,500ccのV型6気筒ツインターボエンジン、4,700ccのV型8気筒ツインターボエンジンの3種類が用意されています。

CLS220d スポーツ諸元
全長 5,000mm
全幅 1,895mm
全高 1,430mm
ホイールベース 2,940mm
車両重量 1,820kg
最低地上高 120mm
最小回転半径 5.4m
エンジン 直列4気筒ターボ
排気量 1,949cc
最高出力 143kW/3,800rpm
最大トルク 400Nm(40.8kgm)/1,600~2,800rpm
駆動方式 FR
乗員定員 4人
ハンドル設定
価格 8,300,000円~

CLAクラスはwi-fiやテザリング機能など最新システムを搭載するコンパクトクラス

メルセデス・ベンツ CLAクラスのクーペCLAクラスのクーペ

メルセデス・ベンツ CLAクラスのシューティングブレークCLAクラスのシューティングブレーク

メルセデス・ベンツのCLAクラスはCLSのコンパクトモデルで、2013年に初代が発売され、2019年に2代目(C118/X118)にモデルチェンジしました。CLSと同じく4ドアクーペと5ドアシューティングブレークの2種類ボディタイプが用意されています。

メルセデス・ベンツ CLAクラスの内装

インテリアは、黒を基調としインテリアパネルにはグレーの配色が使われています。8インチディスプレイのCOMANDシステムは、ナビゲーションのほかWi-fiテザリング機能、USBインターフェイス、データ通信により最新の地図や周辺情報を得ることができます。

また、トランスミッションには、デュアルクラッチを採用した「7G-DCT」を装備していてスムーズな変速を実感できます。パドルシフトを装備しているほか、ステアリングでシフトポジションの切り替えができる「ダイレクトセレクト」も装備しているので、如何なる時でもハンドルから手を離さずに操作ができます。

CLA180 AMG Style諸元
全長 4,690mm
全幅 1,830mm
全高 1,430mm
ホイールベース 2,730mm
車両重量 1,420kg
最低地上高 120mm
最小回転半径 5.1m
エンジン 直列4気筒ターボ
排気量 1,331cc
最高出力 100kW/5,500rpm
最大トルク 200Nm/1,260~4,000rpm
駆動方式 FF
乗員定員 5人
ハンドル設定
価格 4,460,000円~

SLCクラスは天井がオープンになるカブリオレで格別の解放感があるクラス

メルセデス・ベンツ SLCクラスのエクステリア

メルセデス・ベンツSLCクラスはCクラスベースのクーペカブリオレタイプの2人乗りスポーツカーで、先代はSLKクラスと呼ばれていました。2016年に初代(R172)が誕生し、電動でルーフが開閉するバリオルーフを採用しています。

メルセデス・ベンツ SLCクラスの内装

インテリアはスポーツカーらしく、赤と黒、シルバーを基調としたデザインで、シルバーリングに黒いメーターはスポーティな気持ちにさせてくれます。搭載されるエンジンは、1,600cc直列4気筒と2,000cc直列4気筒の2種類用意されていて、トランスミッションは9速オートマチックを装備しています。

レーダーを用いたセーフティシステムはもちろん、ヘッドライトにはLEDを採用し自動的に配光を切り替えてくれるモードが備わっていたり、ハイビームの際には前方のカメラが車両を判断し眩しくないように対向車部分だけ減光したりする機能が備わっています。

SLC180諸元
全長 4,140mm
全幅 1,845mm
全高 1,305mm
ホイールベース 2,430mm
車両重量 1,480kg
最低地上高 125mm
最小回転半径 4.8m
エンジン 直列4気筒ターボ
排気量 1,595cc
最高出力 115kW(156ps)/5,300rpm
最大トルク 250Nm(25.5kgm)/1,250~4,000rpm
駆動方式 FR
乗員定員 2人
ハンドル設定
価格 5,620,000円~

SLクラスはオールアルミボディをベンツで初めて採用したプレミアム2シーター

メルセデス・ベンツ SLクラスのエクステリア

メルセデス・ベンツSLクラスは1954年に初代が発売され、フルモデルチェンジを繰り返し2011年に6代目(R231)が発売になりました。メルセデス・ベンツ初のオールアルミボディで、SLKクラスと同様に電動のバリオルーフが搭載されています。

なお、2021年末ごろの登場が予想される次期型SLでは、次期型AMG GTと同様、アルミ製モジュラースポーツ・アーキテクチャが採用される説が濃厚です。さらに、電動バリオルーフから伝統的な折りたたみ式のファブリックルーフを復活させる可能性があるとのこと。
パワートレインは3.0L直列6気筒ターボチャージャーエンジン+マイルドハイブリッド、AMDは4.0L V型8気筒ツインターボエンジン+マイルドハイブリッドが予想されています。

2019年10月には日本向け特別仕様車「SL400グランドエディション」を新設定。SL400グランドエディションは最上位グレード「メルセデスAMG SL65」の装備を有し、価格は1416万円です。

メルセデス・ベンツ SLクラスの内装

インテリアは、ナッパレザーの本革を採用した高級感あふれるシートを装備しています。キャビンへの風の巻き込みを軽減するドラフトストップや、ヘッドレストから温風を出して首元を温めてくれるエアスカーフなど、オープンカーならではの装備も充実しています。

レーダーセーフティや、LEDインテリジェントヘッドライト、ハイビームアシストに加え、シフトやブレーキ・アクセルだけで縦列・並列駐車ができるアクティブパーキングアシストも全車標準装備されています。

SL400諸元
全長 4,640mm
全幅 1,875mm
全高 1,305mm
ホイールベース 2,585mm
車両重量 1,780kg
最低地上高 115mm
最小回転半径 5.5m
エンジン V型6気筒ツインターボ
排気量 2,996cc
最高出力 270kW(367ps)/5,500~6,000rpm
最大トルク 500Nm(51.0kgm)/1,800~4,500rpm
駆動方式 FR
乗員定員 2人
ハンドル設定 右・左
価格 13,290,000円~

Gクラスは世界的な価値がある本格クロスカントリーSUV

メルセデス・ベンツ Gクラスのエクステリア

メルセデス・ベンツGクラスは、ラダーフレームを採用した本格クロスカントリーSUVで、初代(W460)は1979年に、フルモデルチェンジした3代目(W463)は2018年に発売されました。

メルセデス・ベンツ Gクラスの内装

インテリアには、実用性のあるファブリック素材、高級感のある本革やdesignorレザーが使われ、黒だけではなくグレイやブラウン、ポーセレンなど全8色用意されています。

本格オフローダーとしての必須装備であるディファレンシャルロックは、3つすべてのギアに搭載されていて、雪道だけではなく急勾配の上り坂でも余裕で登っていきます。また、クロスカントリーギアが搭載されていて、トレーラーをけん引する時などパワーが必要な時にLOWギアへ入れると2倍の駆動力を得られます。

G350d 諸元
全長 4,660mm
全幅 1,930mm
全高 1,975mm
ホイールベース 2,890mm
車両重量 2,460kg
最低地上高 240mm
最小回転半径 6.3m
エンジン V型6気筒ディーゼルターボ
排気量 2,924cc
最高出力 210kW/3,400~4,600rpm
最大トルク 600Nm/1,200~3,200rpm
駆動方式 4WD
乗員定員 5人
ハンドル設定
価格 11,920,000円~

GLAクラスはメルセデス・ベンツ最小クラスのコンパクトクロスオーバーSUV

メルセデス・ベンツ GLAクラスのエクステリア

メルセデス・ベンツGLAクラスは、2014年に新たに加わったモデルで、Aクラスをベースとしている5ドアクロスオーバーSUVです。

メルセデス・ベンツ GLAクラスのコクピット

インテリアは、Aクラスと同様にセンターコンソールには3つのエアコン、オーディオやエアコンコントローラーなどが配置されています。セーフティシステムには、レーダーセーフティパッケージのほか、アクティブブレーキアシストと、長時間運転している時に休憩を促してくれるアテンションアシストが備わっています。

搭載エンジンは、1,600ccと2,000ccの直列4気筒ターボエンジンが積んであり、クロスオーバーモデルならではの4輪駆動モデルも存在します。

GLA180諸元
全長 4,430mm
全幅 1,805mm
全高 1,505mm
ホイールベース 2,700mm
車両重量 1,480kg
最低地上高 150mm
最小回転半径 5.7m
エンジン 直列4気筒ターボ
排気量 1,595cc
最高出力 90kW(122ps)/5,000rpm
最大トルク 200Nm(20.4kgm)/1,250~4,000rpm
駆動方式 FF
乗員定員 5人
ハンドル設定
価格 4,220,000円~

GLCクラスはLEDを上手く使った近未来感が特徴のミドルサイズクラス

メルセデス・ベンツ GLCクラスのクーペGLCクラスのクーペ

メルセデス・ベンツ GLCクラスのSUVGLCクラスのSUV

メルセデス・ベンツGLCは、2016年から販売を開始した新モデルでGLKクラスの後継モデルでもあります。セダンでいうところのCクラスに位置するモデルで、SUVスタイルとクーペスタイルの2種類のボディタイプがあります。

メルセデス・ベンツ GLCクラスの内装

GLCのインテリアは、近未来感あふれる雰囲気があり、ブルーやオレンジなどに輝くインテリアLEDが出迎えてくれます。搭載されるエンジンは、2,000ccの直列4気筒、2,200ccのディーゼルターボの2種類あります。

GLC220 4MATIC諸元
全長 4,670mm
全幅 1,890mm
全高 1,645mm
ホイールベース 2,875mm
車両重量 1,860kg
最低地上高 160mm
最小回転半径 5.6m
エンジン 直列4気筒ターボ
排気量 1,991cc
最高出力 143kW(194ps)/3,800rpm
最大トルク 400Nm(40.8kgm)/1,600~2,800rpm
駆動方式 4WD
乗員定員 5人
ハンドル設定
価格 6,900,000円~

GLEクラスは最上級のナッパレザーなどを使った豪華な内装が魅力のクラス

メルセデス・ベンツ GLEクラスのSUVスタイルGLEクラスのSUVスタイル

メルセデス・ベンツ GLEクラスのクーペスタイルGLEクラスのクーペスタイル

メルセデス・ベンツGLEクラスは、Mクラスの後継モデルで2015年にはSUVスタイルが、2016年にはクーペスタイルが発表されました。2019年には2代目(W167)にモデルチェンジしています。SUVのボディタイプを表す「GL」に「E」が続くクラス名なので、セダンでいうところの「Eクラス」に相当します。

メルセデス・ベンツ GLEクラスの内装

インテリアには、ファブリックと人工皮革のレザーツインシート、本革、ナッパレザーの3種類用意されていて、いずれもブラックのシートカラーです。SUVモデルならではの見通しのいいアイポイントで、運転もしやすくなっています。

搭載されるエンジンは3,000ccのディーゼルエンジンで、トランスミッションは9速オートマチックを装備しています。アイドリングストップ機能なども搭載されているので、燃費も12.9km/Lあります。

GLE350 d 4MATIC諸元
全長 4,825mm
全幅 1,935mm
全高 1,795mm
ホイールベース 2,915mm
車両重量 2,250kg
最低地上高 200mm
最小回転半径 5.5m
エンジン V型6気筒ディーゼルターボ
排気量 2,986cc
最高出力 258PS/3,400rpm
最大トルク 620Nm/1,600~2,400rpm
駆動方式 4WD
乗員定員 5人
ハンドル設定
価格 8,960,000円~

GLSクラスはSUVのGLシリーズのフラッグシップでボディサイズや排気量も最大

メルセデス・ベンツ GLSクラスのエクステリア

メルセデス・ベンツGLSクラスは、2015年に初代(X166)が登場した高級クロスオーバーSUV。GLクラスの後継モデルで、2019年に2代目(X167)にモデルチェンジしています。ジープのグランドチェロキーとプラットフォームを共有していて、3列シート7人乗りの車種です。

メルセデス・ベンツ GLSクラスの内装

インテリアは、「GL」シリーズの「S」クラスらしくラグジュアリーなインテリアになっています。標準装備では、ブラックの本革、ナッパレザー、AMGナッパレザーの3種類、パッケージオプションではエスプレッソブラウン・ポーセレンのExclusiveレザーが選べます。

搭載されるエンジンは、3,000ccのV型6気筒ディーゼルエンジンで、最高出力は258PS・最大トルクは620Nmを発揮します。アイドリングストップ機能なども備え燃費は12.4km/Lを記録しています。

サスペンションは、電子制御のエアスプリング「AIRマティックサスペンション」を装備していて、重い荷物をカーゴスペースに乗せていても、7人フル乗車していても一定の車高を保ってくれます。また、段差の幅が大きい場所を通る際に車体をぶつけないよう車高を高くすることもできます。

さらに、パッケージオプションの「ON&OFFROAD」を装備すると、ローレンジギアボックスとセンターデフロックを装備し、6つのドライブモードを選択することができます。また、エンジンアンダーカバー・強化アンダーフロアパネルやオフロードライトも装備されるので、安心して走ることができます。

GLS350 d 4MATIC諸元
全長 5,140mm
全幅 1,980mm
全高 1,850mm
ホイールベース 3,075mm
車両重量 2,580kg
最低地上高 200mm
最小回転半径 5.7m
エンジン V型6気筒ディーゼルターボ
排気量 2,986cc
最高出力 190kW(258ps)/3,400rpm
最大トルク 620Nm(63.2kgm)/1,600~2,400rpm
駆動方式 4WD
乗員定員 7人
ハンドル設定
価格 12,610,000円~

Vクラスは7人乗りのベンツ唯一のミニバンで国産車にはない高級感が人気

メルセデス・ベンツ Vクラスのエクステリア

メルセデス・ベンツのVクラスは1998年にデビュー。2019年10月にマイナーチェンジし、内外装ともに刷新された新型Vクラスが発表されました。
Vクラスは7人乗りのミニバンで、セカンドシートを180度回転させてサードシートと向い合わせになれるなどの、多彩なシートアレンジが可能です。新型Vクラスではアクティブブレーキアシストやアダプティブハイビームアシスト・プラスを搭載し、安全性能も向上。2019年12月からは対話型インフォテインメント・システム「MBUX」を設定しています。

メルセデス・ベンツ GLSクラスの内装

インテリアに使用される素材は、ファブリック・本革・ナッパレザーの3種類で、シートカラーはブラックの他に、アバンギャルドモデルにはベージュが用意されています。インテリアトリムも、ピアノラッカー調・ウェーブ調マットアンスラサイト・カーボン調・ブラウンウッド調・アンスラサイトウッド調の5種類用意されています。

また、新型Vクラスの一部グレードにはエクスクルーシブシート(ベージュまたはブラック)がオプション設定。シートヒーターやシートベンチレーター、各種リラクゼーション機能を備え、プレミアムな移動体験を提供します。

搭載されるエンジンは、直列4気筒のBlueTECエンジンで、最高出力163PS、最大トルク380Nmを発揮します。また、快適装備には両側電動スライドドアや電動テールゲートが装備されていて、苦労して開ける必要がなくなります。

V220 d アバンギャルド諸元
全長 4,985mm
全幅 1,928mm
全高 1,907mm
ホイールベース 3,200mm
車両重量
最低地上高
最小回転半径 -/td>
エンジン 直列4気筒ディーゼルターボ
排気量 2,142cc
最高出力 120kW(163ps)/3,800rpm
最大トルク 380Nm(38.7kgm)/1,400~2,400rpm
駆動方式 FR
乗員定員 7人
ハンドル設定
価格 7,400,000円~

Sクラスはメルセデス・ベンツで最大サイズのフラッグシップモデルが揃うクラス

メルセデス・ベンツ SクラスのセダンSクラスのセダン

メルセデス・ベンツ SクラスのクーペSクラスのクーペ

メルセデス・ベンツ SクラスのカブリオレSクラスのカブリオレ

メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルであるSクラスは、1972年に初代が発売されフルモデルチェンジを繰り返し2013年には6代目(W222)へと進化しています。ボディタイプは、セダンの他にクーペとカブリオレの3種類が用意されています。また、新型Sクラスが2017年8月9日に発表・発売されています。

メルセデス・ベンツ Sクラスのコクピットコクピット

メルセデス・ベンツ Sクラスの後部座席後部座席

シート素材には、本革・ナッパレザー・セミアニリン本革・designoエクスクルーシブナッパレザーの4種類用意されていて、モデル毎に設定されている素材が違います。レーダーセーフティパッケージも全部で10個の機能が備わっていて、自動ブレーキには歩行者だけではなく飛び出し検知機能もついているので安心です。

また、快適性では身体を包み込むような座り心地のいいシート・フットレスト・64色のアンビエントライト・リラクゼーション機能だけではなく、カーブを曲がっている際に身体が傾かないよう車両自体が傾き姿勢を安定させる「マジックボディコントロール」も備わっています。

搭載されるエンジンは、3,000ccのV型6気筒ツインターボエンジン、4,000ccのV型8気筒ツインターボエンジン、6,000ccのV型12気筒エンジンの3種類あり、V12型では最高出力530PS、最大トルク830Nmを誇ります。また、濡れた路面だけではなくオフロードや雪道などにも素早く対応する4輪駆動システムの4MATICを搭載したモデルもあるので、1年中安心して運転することができます。

S400d スポーツリミテッド諸元
全長 5,155mm
全幅 1,915mm
全高 1,495mm
ホイールベース 2,100mm
車両重量 1,970kg
最低地上高 110mm
最小回転半径 5.5m
エンジン V型6気筒ツインターボ
排気量 2,924cc
最高出力 250kW(340ps)/3,600~4,400rpm
最大トルク 400Nm(71,4kgm)/1,200~3,200rpm
駆動方式 FR
乗員定員 5人
ハンドル設定 右・左
価格 12,150,000円~

メルセデス・ベンツは、どのクラスでも安心して乗ることができる

メルセデス・ベンツには、エントリーモデルの「Aクラス」でも、レーダーセーフティパッケージや自動ブレーキ、長時間運転している時に休憩を促してくれる機能、最高水準の安全性能を備えたボディなど、安心を提供してくれます。

ボディタイプも、コンパクトハッチバックから、ラグジュアリーセダン、スポーツクーペ、オープンカーに、SUVやミニバンまで多種多様に揃えていますので、どんな使い方・趣味にも応えてくれる自動車メーカーです。

エントリーモデルは300万円から、フラッグシップモデルは1,128万円からと値幅は広いですが、どのクラスでも満足感を与えてくれるのがメルセデス・ベンツです。

メルセデス ベンツのクラス グレード 新車価格 中古車価格帯
Aクラス A180 Style 3,760,000円~ 2,798,000円前後~
Bクラス B180 3,920,000円~ 3,480,000円前後~
Cクラス C180 4,630,000円~ 1,310,000円前後~
Eクラス E200 アバンギャルド 7,340,000円~ 2,799,000円前後~
CLSクラス CLS220d スポーツ 8,300,000円~ 5,299,000円前後~
CLAクラス CLA180 AMG Style 4,460,000円~ 1,980,000円前後~
SLCクラス SLC180 5,620,000円~ 3,248,000円前後~
SLクラス SL400 13,290,000円~ 5,780,000円前後~
Gクラス G350d 11,920,000円~ 9,512,000円前後~
GLAクラス GLA180 4,220,000円~ 1,387,000円前後~
GLCクラス GLC220 4MATIC 6,900,000円~ 3,880,000円前後~
GLEクラス GLE350d 4MATIC 8,960,000円~ 3,380,000円前後~
GLSクラス GLS350d 4MATIC 12,610,000円~ 5,580,000円前後~
Vクラス V220 d アバンギャルド 7,400,000円~ 3,580,000円前後~
Sクラス S400d スポーツリミテッド 12,150,000円~ 9,756,000円前後~