新型クロスオーバーSUV ベンツGLB

ベンツGLBが2020年に日本発売か?ロングはサードシートを搭載

ベンツGLBは、新しくラインナップされるクロスオーバーSUVです。ボディの後ろに向かってルーフが下がっていくクーペタイプではなくリヤウィンドウの傾斜がほとんどないスクエア型で、ロングモデルはサードシートを搭載しファミリーカーとしても使えると予想します。

ベンツGLBが2020年に日本発売か?ロングはサードシートを搭載

メルセデス・ベンツの新型GLBが2019年に登場!

雪上を走るメルセデス・ベンツGLB

メルセデス・ベンツのSUVシリーズに、2019年GLAとGLCの間にあるBクラスに当てはまるGLBクラスが発表されるという噂があります。2014年にGLAクラス、2016年にはGLCクラスが日本で発売されていて、GLBクラスは2019年に発表、日本での発売は2020年になると考えられています。

さっそくメルセデス・ベンツのクロスオーバーSUVの中でも最新モデルとなるGLBクラスのエクステリアやインテリア、搭載装備やエンジン、発売日や価格帯などをチェックしていきましょう。

ベンツGLBのエクステリア

メルセデス・ベンツGLBのスパイショット

メルセデス・ベンツのGLBと言われている車両のスパイショットです。GLAクラスと比べるとリヤルーフが下がっておらず四角いイメージがあります。GLA・GLCともに5人乗りですが、サードシートを搭載した7人乗り仕様の存在もあるかもしれません。

GLAの全長は4,430mm、GLCの全長は4,670mmになっていて、間のBクラスの全長は4,500~4,600mmになると考えられます。短すぎず長すぎない絶妙なサイズ感ですが3列目があるとするならば、サードシートの室内空間は少し狭いものになると考えられます。

また、4,600mmの標準モデルが5人乗り、4,700mmのロングモデルがサードシートを備えて7人乗りになるとも考えられていて、どちらのモデルが日本に導入されるのか詳細は残念ながら不明です。

メルセデス・ベンツGLBのサイドビュー

サイドビューはカモフラージュが施されていて詳細なボディラインが分かりにくくなっていますが、リヤ付近はウィンドウが傾斜しておらず直角に近い角度となっています。サードシートがあるならば、頭上の空間にも余裕が生まれると考えられます。ヘッドライトやリヤテールは市販仕様ではないと思われ、ボンネットや全体的な見た目からはガッチリとした印象を受けます。

メルセデス・ベンツGLBのリア

リアビューから見るとトレーラーヒッチが装着されているのが分かりますが、日本仕様ではオプション設定になると予想します。GLAやGLCはクーペ気味なのに対しGLBクラスはスクエアに近いボディラインになっています。

ベンツGLBのインテリア

ベンツGLBのコックピット

新しく発表されるベンツGLBクラスでは、新型Aクラスに採用されているインテリアをベースに開発されると考えられます。

2枚のディスプレイからなるAI搭載のインフォテインメントディスプレイや、飛行機のエンジンをイメージするエアコンルーバーなど、先進的な技術やインテリアでデザインされる車内は快適そのものです。

インテリアライトが搭載されたベンツGLBのインテリア

LEDを使ったインテリアライトを装備していて、気分によって車内の雰囲気を変えることができます。ベースとなるBクラスにはレザーツインシートが使われているので、新しく発売されるGLBクラスにも同様のシートが装備されると考えられます。

ベンツGLBの搭載エンジン

ベンツGLBに搭載されるエンジン

新しいGLBクラスに搭載されるエンジンは、次期型Bクラスに搭載される新型の1.6L直列4気筒ガソリンと、2.0Lの直列4気筒ガソリンエンジンが搭載されると噂されています。

2代目Bクラスの搭載エンジン
型式 270型 270M20型
種類 直列4気筒ターボ 直列4気筒ターボ
排気量 1,595cc 1,991cc
最高出力 90KW/5,000rpm 155KW/5,500rpm
最大トルク 200Nm/1,250~4,000rpm 350Nm/1,200~4,000rpm

2012年から発売されているBクラスに搭載されているエンジンスペックは上記の通りです。GLBクラスにも搭載されるであろう改良型の1.6Lと2.0Lのエンジンは最高出力やトルクがアップし、燃費も向上していると思われます。

ベンツGLBの搭載装備

ベンツGLBの内装

ベンツGLBに搭載される装備は、AI搭載のインフォテイメントシステムの他に、安全装備であるインテリジェントドライブを装備します。

インテリジェントドライブの機能

・パーキングパイロット
・アクティブブレーキアシスト
・ディスタンスパイロット・ディストロニック
・PRE-SAFE
・ブラインドスポットアシスト
・アクティブハイビームアシスト
・レーンキーピングアシスト
・アテンションアシストなど

駐車をサポートするパーキングパイロットや、自動ブレーキ機能のアクティブブレーキアシスト、車間距離を保ち車線維持もサポートしてくれるディスタンスパイロット・ディストロニックなど、ドライバーの運転を支援するシステムや周囲の安全を確保したり状況を教えてくれる装備が充実しています。

ベンツGLBの発売日・価格帯

ベンツGLBのフロント

ベンツGLBクラスの発売日は2019年に欧州で発表・発売され、2020年に日本仕様が販売開始されると予想します。

販売価格はGLAクラスとGLCクラスの間に位置するため、販売価格もGLA180の406万円とGLC200の609万円の間である500万円ほどになると考えられます。

GLBクラスの予想販売時期と価格帯

2019年に欧州で発売し、日本では2020年に登場
GLAとGLCの間である500万円台からの価格帯になる。

ベンツGLBはファミリーカーとしても使えるSUVになる

GLAとGLCの間に位置するGLBクラスは、2019年に欧州で登場すると見られています。5人乗りの標準モデルと、7人乗りのロングモデルがラインナップすると考えられ、ファミリーカーとしても使えるクロスオーバーSUVです。

搭載エンジンは1.6Lと2.0Lの直4ターボが搭載され、次期型Bクラスに装備される新しいエンジンをラインナップする予定です。2代目Bクラスでは同じ排気量のエンジンを搭載していますが、それの改良型であり同じ排気量でも最高出力や燃費がアップすると予想します。

GLAではエントリークラスだしGLCでは少し高いと思っていた人にピッタリのGLBクラスが日本で発売する2020年が楽しみです。