BMW 1シリーズのモデルチェンジ

BMWの1シリーズがモデルチェンジ!欧州は2018年後半で日本では2019年以降に導入か

BMWの1シリーズのモデルチェンジは2018年後半に行われ、改良型エンジンやプラットフォーム変更などが行われます。1.5Lターボエンジンと2.0Lターボエンジンが搭載され、直列3気筒と直列4気筒のエンジンがラインナップします。

BMWの1シリーズがモデルチェンジ!欧州は2018年後半で日本では2019年以降に導入か

BMW 1シリーズが2018年後半にモデルチェンジ!セダンデザインに変化か?

青いボディカラーのBMW 1シリーズ

BMWのエントリーモデルである1シリーズが2018年後半にもモデルチェンジするという噂があります。気になるエクステリアは、中国での専売モデルである1シリーズ セダンのデザインになると言われていて、スパイショットも撮影されています。

そこで、中国専売モデルの1シリーズセダンのエクステリアやインテリア、搭載エンジンやスペック、スパイショットの様子など、2018年後半に行われると言われている1シリーズのモデルチェンジ情報をチェックしていきましょう。

BMWの1シリーズにPHVモデルの「Mi140e」が新設定!

BMWがCセグメントハッチバック新型1シリーズの上位グレードとして、PHVモデル「Mi140e」のラインナップを計画していることが明らかとなりました。
1シリーズは2019年に第3世代を発売したばかり。BMWは2023年までに25車種のEV車をラインナップする計画を発表していますが、1シリーズの「Mi140e」はそのうちの1台でしょう。

Mi140eに搭載されるパワートレインは、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンと電気モーター。最高出力は400hp、最大トルクは400Nmを発生すると予想します。なお、Mi140e は2020年にはデビューを迎える可能性が濃厚です。

BMW新型「M135i xDrive」専用のカーボンファイバを使用したM専用パフォーマンスパーツが公開

BMW新型「M135i xDrive」専用のカーボンファイバを使用したM専用パフォーマンスパーツBMW新型「M135i xDrive」専用のカーボンファイバを使用したM専用パフォーマンスパーツが公開

BMWのハッチバックモデルの新型「1シリーズ」がワールドプレミアされたばかりですが、引き続きハイパフォーマンスモデルの「M135i xDrive」専用のMパフォーマンスパーツも発表され、話題になっています。

選択できるキドニーグリル“選択できるキドニーグリル

Mパフォーマンスパーツを装着したボディはかなりスポーティでスタイリッシュです。キドニーグリルはヴァーカルタイプとメッシュタイプから選択可能です。

Mパフォーマンスデカールと、グロスブラックのサイドスカートMパフォーマンスデカールとグロスブラックのサイドスカート

ドザサイドにはMパフォーマンスデカールと、グロスブラックのサイドスカートがホワイトのボディに映えてとても目立ちます。

カーボンファイバ製のサイドミラーキャップ"カーボンファイバ製のサイドミラーキャップ

「BMW M Performance」のロゴカーボンファイバ製のリヤディフューザー

サイドミラーキャップやリヤディフューザーにはカーボンファイバが採用されています。

青いボディカラーのBMW 1シリーズ

ドアを開けると、ドアカードの下からLEDプロジェクターを設定することで、地面に「BMW M Performance」のロゴが映し出される遊び心あふれるカーテシープを追加することも可能です。

新型「M135i xDrive」のインテリア新型「M135i xDrive」のインテリア

スポーティなインテリアでは、ステアリングはアルカンターラ製で、シルバーのステッチが施され、ステアリングの上部にはレッドのストライプもプラスされ、目立つアクセントになっています。

「M135i xDrive」専用のMパフォーマンスパーツで、自慢の1台をよりドレスアップしてみてはいかがでしょうか。

BMW新型プレミアムコンパクト「1シリーズ」登場!日本をはじめ9月28日よりグローバル展開開始

新型「1シリーズ」のエクステリアBMW新型「1シリーズ」は9月28日発表へ

BMWはFRからFFへと変貌を遂げた新型プレミアムコンパクト「1シリーズ」を発表しました。1シリーズのフルモデルチェンジとなり、2019年9月28日よりグローバル展開を始めます。

2019年6月25日から27日の3日間、BMWグループがミュンヘンで開催する「#NEXTGen」イベントで世界初公開する予定です。

新型「1シリーズ」のトランスミッション

新しくなった「1シリーズ」の大きな変化は、これまで後輪駆動だったFRから、前輪駆動のFFに変わり、ラゲッジスペースが大きく拡大し、1シリーズ初の電動テールゲートが装備されています。トランスミッションは3種類で6速MTと7速DCT、8速ATの設定があります。

新型「1シリーズ」のエンジン

エンジンはディーゼルを3種類、ガソリンが2種類のラインナップになります。

新型1シリーズのエンジンのラインナップ

  • 116d:1.5Lディーゼルターボ
  • 118d:2.0Lディーゼルターボ/span>
  • 120d xDrive:2.0Lディーゼルターボ
  • 118i:1.5Lガソリンターボ
  • M135i xDrive:2.0Lガソリンターボ

ボディサイズは全長4,319mm、全幅1,833mm、全高1m447mm、ホイールベースが2,670mmとなっています。前輪駆動とすることでキャビンスペースにゆとりができ、後部座席の足元は33mm拡大し、ラゲッジスペースも前モデルに比べるとかなり広い380Lを確保、後部座席を格納することで、最大1,200Lまで広げることができます。

走行面では「ARB」を採用し、タイヤの空転情報を直接「EUC」へ入力して情報の中継速度をこれまでの3倍へと高速化することで、駆動力を適宜制御することで、前輪駆動のFFでもコーナリング時の駆動力で意図しない方向へ曲がってしまうことを明確に抑制できます、

先進運転支援システムでは、車両周辺の状況をカメラやレーダー、超音波センサーを使って監視します。また、欧州仕様では標準装備で「衝突回避・被害軽減ブレーキ」「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」を備えます。

新型「1シリーズ」の大型ディスプレイ

また、「3シリーズ」に採用されている「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスト」も今回の新型「1シリーズ」に採用し、「へい!BMW」などのコマンドワードを投げかけることで、声で車両設定や情報にアクセスすることができます。

オプションで、「BMWデジタルキー」を採用しています。これは、Android8.0以上に対応可能なサムソン製のスマートフォンをNFC技術を用いてキーの代わりにできるシステムです。登録済みのスマホで操作可能で、ドアの開錠やエンジンの始動をすることができ、最大5人まで機能を共有化できます。

BMWが新型「1シリーズ」が2019年内登場と公式Twitterでアナウンス!次々と明らかになる新型「1シリーズ」の情報

先日、BMW新型「1シリーズ」が一部カモフラージュを取り払い、フロントマスクのデザインが見えている画像を紹介しましたが、BMWは公式Twitterで一部カモフラージュが取れた開発車両を公開し、2019年内に新型「1シリーズ」を発表するとアナウンスしました。

これまでの1シリーズでは縦置きエンジンで駆動方式はFR(後輪駆動)でしたが、新型「1シリーズ」では横置きエンジンに変わり、駆動方式も2WD(FF・前輪駆動)を採用するほか、4WDの「xDrive」モデルも用意します。

横置きエンジンを採用したことに加え、低いセンタートンネルを装備した新しくなった前輪駆動構造により、後部座席の足元がこれまでのモデルに比べて33mm、ヘッドルームが19mm広くなり、ゆったりとしました。

最上級モデルの「M135i xDrive」に搭載される2.0L4気筒ターボエンジンには大型ターボチャージャーやコネクティングロッド、新しいピストンを採用したほか、インジェクターの最適化やクランクの強化により、最高出力306hpを現実化させました。

BMW次期「1シリーズ」がカモフラージュを脱いでフロントデザイン現る!コックピットも明らかに!

BMW次期1シリーズのティーザー画像BMW次期1シリーズのティーザー画像がついに解禁!

これまでカモフラージュに覆われたプロトタイプをスクープされてきたBMW次期「1シリーズ」ですが、ティーザー画像が解禁になったとともに、カモフラージュを取り払ったフロントとリヤの一部分が明らかになったことから、「M135i」とみられ、最上位グレードの1シリーズと考えられます。

2眼タイプのヘッドライトにコの字に連なったLEDデイタイムランニングライトがかなりスタイリッシュです。キドニーグリルはグリルシャッターの設定はなく、予想していたほどは大きくはありませんが、「Z4」にも似たアクティビティにあふれた印象です。

BMW次期1シリーズのコックピットBMW次期1シリーズのコックピットにはフルデジタルインストルメントクラスターを採用

インテリアはフルデジタルインストルメントクラスターを採用しています。これは、3シリーズ、8シリーズ、Z4やX5にも設定されていて、「BMWオペレーティングシステム7.0」と呼ばれる次世代デジタルコックピットです。ディスプレイはカスタマイズができ、車の状態が分かるだけではなく、最新の情報を表示されることができます。

エンジンはガソリンとディーゼルですが、PHEVモデルも追加されると予想します。ハイパフォーマンスモデルの「M135i xDtive」のパワートレインは、2.0リットル直列4気筒ツインターボ、最高出力306psを誇るのではないかと予想します。

今回は一部のみでしたが、全貌が明らかになり次第、情報をお届けします。

開発中のBMW1シリーズの最新プロトタイプのインテリアの詳細が判明 PHEVの設定もあり!?

BMW1シリーズのプロトタイプはこれまでも公式に発表されていましたが、最新のプロトタイプの画像を入手しました。

これまではっきりと見ることのできなかったデジタルクラスタや、カモフラージュされていたインフォテインメントディスプレイが見て取れ、現行モデルに比べると、大幅に変わったことが分かります。

今回の最新プロトタイプでは、以前紹介したファンキートリム部分にブルーのアンビエント照明システムが見られないことから、グレードが違う車両と考えられます。

気になるパワートレインですが、エントリーモデルに1.5L直列3気筒ツインパワーターボ「118i」を搭載し、最高出力138psを発揮し、トランスミッションは7速DCTになります。さらに上のグレードとして、2.0L直列4気筒ツインタワーターボで、最高出力195psが設定されます。さらに、2.0L直列4気筒「120d」8速DCTが、ディーゼルのエントリーモデルに設定されます。

新しくなるBMW1シリーズで注目すべきは、初となるPHEVの設定です。1.5L直列3気筒ターボエンジン+デンキモーターを搭載。最高出力はシステム合計で221psになると予想します。新しい1シリーズの頂点には、2.0L直列4気筒ターボエンジンを搭載した「M1351i」が君臨、最高出力は306psを発揮するだろうと言われています。

注目は1シリーズ初のPHEVだ。1.5リットル直列3気筒ターボエンジン+電気モーターを搭載し、システム合計の最高出力は221psと予想される。また頂点には、『X2 M35』にも搭載されている2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力306psを発揮する『M135i』が君臨する。

ワールドプレミアは9月のフランクフルトモーターショーと紹介してきましたが、それを待たず、モーターショーの前にオンラインデビューするのではないかとささやかれています。

BMW1シリーズ新型プロトタイプをスクープ!9月のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアか!?

BMW1シリーズの最新の新型プロトタイプのインテリアがはじめてスクープされました。これまでプレミアムFRハッチバックだったものが、FFになって登場、プラットフォームは諸説あるものの、フロントホイール・ドライブ用の「FAAR」が採用されるのではないかとの説が有力と考えます。

エクステリアを見ると、車輪の直径が大きなツインエキゾーストパイプや活動的なリアバンパー、重厚感のあるリヤスポイラー、が装備され、青いMブレーキキャリパーの装備が見られることから、BMW1シリーズの高性能モデルである、「M140i」と予想できます。
9月に行われるフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされると考えます。

BMW1シリーズのラインナップを変更し同時に特別仕様車を3台投入

BMW1シリーズの特別仕様車Mスポーツエディションシャドウ・ファッショニスタ・エディションシャドウBMW1シリーズへ新たに追加された3つの特別仕様車エディションシャドウとエディションシャドウのMスポーツとファッショニスタ

BMWジャパンが2018年9月5日から既存の「スポーツ・スタイル・Mスポーツ」グレードを廃止して特別仕様車を3つラインナップすると発表しました。
特別仕様車のうち「118i/118d Mスポーツ エディションシャドウ」と「118i/118d ファッショニスタ」の2つは過去に導入されていたモデルで、「M140i エディションシャドウ」が完全新規の特別仕様車になります。

118i/118d Mスポーツ エディションシャドウの特別装備

  • ボディカラーの設定色
    アルピン・ホワイト
    ブラック・サファイア
    ミネラル・グレー
    サンセット・オレンジ
    エストリル・ブルー
  • 専用ダーク・ヘッドライト/リア・ランプ
  • 専用ハイグロス・ブラック・キドニー・グリル
  • 専用18インチ M ライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク
  • コーナー・クロス アンソラジット/グレー・ハイライト
  • ハイグロス・ブラック・トリム/パール・クローム・ハイライト
  • 専用インテリア・バッジ
  • ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール
  • 特別装備パーキング・サポート・パッケージ
  • 特別装備コンフォート・パッケージ

118i/118d ファッショニスタの特別装備

  • ボディカラーの設定色
    アルピン
    ホワイト
    ブラック・サファイア
    エストリル・ブルー
  • 専用ダーク・ヘッドライト/リア・ランプ
  • 専用ハイグロス・ブラック・キドニー・グリル
  • 専用18インチ M ライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク
  • 専用色ダコタ・レザー・シート ブラック/ブルー・ステッチ
  • 専用ハイグロス・ブラック・トリム/パール・クローム・ハイライト
  • 専用インテリア・バッジ
  • 特別装備HiFiサウンドスピーカー・システム

M140i エディションシャドウの特別装備

  • ボディカラーの設定色
    ミネラル・ホワイト
    メルボルン・レッド
    専用色シーサイド・ブルー
  • 専用17インチ アロイ・ホイールY スポーク・スタイル
  • 専用ダコタ・レザー・シート オイスター/ブラック・ステッチ
  • フロント・シート・ヒーティング
  • 専用インテリア・バッジ
  • ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール
  • 特別装備パーキング・サポート・パッケージ
  • 特別装備コンフォート・パッケージ
BMW1シリーズ特別仕様車の販売価格
BMW 1シリーズ 118i ファッショニスタ 3,790,000円~
BMW 1シリーズ 118i Mスポーツ エディションシャドウ 3,790,000円~
BMW 1シリーズ 118d ファッショニスタ 4,040,000円~
BMW 1シリーズ 118d Mスポーツ エディションシャドウ 4,040,000円~
BMW 1シリーズ M140i エディションシャドウ 6,520,000円~

2017年に発売された中国専売のBMW 1シリーズセダン

BMW 1シリーズセダン(中国専売モデル)のサイドビュー中国専売モデルの1シリーズ セダン

日本仕様2代目後期モデルのF20 LCI日本仕様2代目後期モデル(F20 LCI)

中国でのみ発売されているBMW 1シリーズのセダンは2017年中に販売が開始されていて、アウディA3などのライバル車種となっています。従来のBMW 1シリーズはFR駆動でしたが、1シリーズ セダンではUKLプラットフォームを使い、FF駆動になっているのが特徴です。

このUKLプラットフォームとFF駆動の方式は、モデルチェンジした1シリーズにも使われると考えられていて、室内空間が広がると予想できます。

セダンと日本仕様1シリーズの
ボディサイズ比較
5ドア1シリーズ セダン
全長 4,340mm 4,456mm
全幅 1,765mm 1,803mm
全高 1,440mm 1,446mm
ホイールベース 2,690mm 2,670mm

全高はほぼ変わりませんが、全長は16mm伸び、全幅は38mm広くなっているのが分かり、ホイールベースは逆に20mm短くなっています。

モデルチェンジする1シリーズのエクステリアは従来型を踏襲するキープコンセプトか

2代目後期の1シリーズと中国専売のセダンを見比べると、キドニーグリルの部分にメッキが追加されているなど、ほぼキープコンセプトで登場していて、スパイショットの車両はカモフラージュされて分かりにくいですが、基本的なデザインは変わっていないと考えられます。

リアビューでは2本出しのマフラーが見え、ボディ側のテールランプは三角のデザインになっているように見えます。2代目後期ではバックドア側にもテールランプが装着されていましたが、テスト車両ではなくなっているように見えます。

テールランプのデザインもボディ側面からバックドアまで繋がるデザインは変わらないものと考えられます。

新型1シリーズのエンジンは直列3気筒の1.5Lターボと直列4気筒の2.0Lターボの2種類か

1シリーズに搭載されているエンジン

モデルチェンジ後に搭載される1シリーズのエンジンは、直列3気筒の1.5Lターボと直列4気筒の2.0Lターボになると考えられています。

新型1シリーズの搭載エンジン
種類 直列3気筒ターボ 直列4気筒ターボ
排気量 1,500cc 2,000cc
最高出力 100KW/4,400rpm 141KW/5,000rpm
最大トルク 220Nm/1,250~4,300rpm 280Nm/1,250~4,600rpm
トランスミッション 6AT 8AT
駆動方式 FF FF

なんといっても最大のポイントは、駆動方式がFRからFFに変わっている点です。中国専売の1シリーズ セダンでは、UKLプラットフォームを採用してエンジンを横置きにして駆動方式をFFにしたことで室内空間が広がっています。

1シリーズ モデルチェンジ後の搭載装備

1シリーズを運転する男性

モデルチェンジ後の1シリーズに搭載される装備は、2代目後期に搭載される装備を受け継ぐと考えられます。

1シリーズに搭載されている安全装備

  • ダイナミック・スタビリティ・コントロール
  • レーン・ディパーチャー・ウォーニング
  • アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付き)
  • 前車接近警告機能
  • 衝突回避・被害軽減ブレーキ
  • パーキング・アシスト
  • パーク・ディスタンス・コントロール
  • リヤ・ビュー・カメラ

ダイナミック・スタビリティ・コントロールは、車両がスリップやスライドしたことを感知してエンジン出力の抑制や各車輪にブレーキをかけて挙動を安定させるシステムで、雨で濡れた路面状況でも安心して走ることができます。

ほかにも、車線を検知しはみ出しを確認した時に警告してくれるレーン・ディパーチャー・ウォーニングや、前の車についていくストップ&ゴー機能がついたアクティブ・クルーズ・コントロールなどが搭載されています。

モデルチェンジした1シリーズの発売は2018年後半で販売価格は300万円前半 日本発売は2019年以降か

走行中の1シリーズ セダン

BMW 1シリーズのモデルチェンジ後の本国での発売日は、2018年後半になると予想されていて日本発売は2019年以降になると考えられます。気になる価格帯は、2代目後期モデルが317万円から632万円で、エントリーグレードは据え置き、高級グレードは値上がりになると考えられます。

モデルチェンジ後 BMW 1シリーズの価格帯(予想)
118i 300万円
120i 450万円
M140i 650万円

1シリーズはBMWのエントリーモデルなので、購入しやすいようにエントリーグレードは300万円を維持し、高級モデルであるM140iでは逆に値上がりする可能性もあります。

BMW 1シリーズはモデルチェンジで質感が向上

2代目後期モデルでも十分に質感が高いBMWの1シリーズですが、2018年後半のモデルチェンジで更なるブラッシュアップが行われます。中国専売モデルの1シリーズ セダンで採用されているUKLプラットフォームを装備し、横置きエンジンで駆動方式がFFになる新しい1シリーズは室内空間が広くなると噂されています。

価格帯はエントリーグレードが300万円前後で値下がり、高級グレードが650万円前後の値上がりになると見られています。日本発売は2019年以降で、新しくなる1シリーズの登場が楽しみです。