1シリーズのモデルチェンジ

1シリーズのモデルチェンジは2018年後半でFF駆動になる

1シリーズのモデルチェンジは2018年後半に行われ、改良型エンジンやプラットフォーム変更などが行われます。1.5Lターボエンジンと2.0Lターボエンジンが搭載され、直列3気筒と直列4気筒のエンジンがラインナップしています。

1シリーズのモデルチェンジは2018年後半でFF駆動になる

BMW 1シリーズが2018年後半にモデルチェンジ!セダンデザインに変化か?

青いボディカラーのBMW 1シリーズ

BMWのエントリーモデルである1シリーズが2018年後半にもモデルチェンジするという噂があります。気になるエクステリアは、中国での専売モデルである1シリーズ セダンのデザインになると言われていて、スパイショットも撮影されています。

そこで、中国専売モデルの1シリーズセダンのエクステリアやインテリア、搭載エンジンやスペック、スパイショットの様子など、2018年後半に行われると言われている1シリーズのモデルチェンジ情報をチェックしていきましょう。

2017年に発売された中国専売のBMW 1シリーズセダン

BMW 1シリーズセダン(中国専売モデル)のサイドビュー

※中国専売モデルの1シリーズ セダン

日本仕様2代目後期モデルのF20 LCI

※日本仕様2代目後期モデル(F20 LCI)

中国でのみ発売されているBMW 1シリーズのセダンは2017年中に販売が開始されていて、アウディA3などのライバル車種となっています。従来のBMW 1シリーズはFR駆動でしたが、1シリーズ セダンではUKLプラットフォームを使い、FF駆動になっているのが特徴です。

このUKLプラットフォームとFF駆動の方式は、モデルチェンジした1シリーズにも使われると考えられていて、室内空間が広がると予想できます。

セダンと日本仕様1シリーズの
ボディサイズ比較
5ドア1シリーズ セダン
全長 4,340mm 4,456mm
全幅 1,765mm 1,803mm
全高 1,440mm 1,446mm
ホイールベース 2,690mm 2,670mm

全高はほぼ変わりませんが、全長は16mm伸び、全幅は38mm広くなっているのが分かり、ホイールベースは逆に20mm短くなっています。

1シリーズ モデルチェンジ後のエクステリア

新しくモデルチェンジされる1シリーズのスパイショット

※新しい1シリーズと見られている車両のスパイショット

2代目後期の1シリーズと中国専売のセダンを見比べると、キドニーグリルの部分にメッキが追加されているなど、ほぼキープコンセプトで登場していて、スパイショットの車両はカモフラージュされて分かりにくいですが、基本的なデザインは変わっていないと考えられます。

カモフラージュされた1シリーズのリアビュー

リアビューでは2本出しのマフラーが見え、ボディ側のテールランプは三角のデザインになっているように見えます。2代目後期ではバックドア側にもテールランプが装着されていましたが、テスト車両ではなくなっているように見えます。

テールランプのデザインもボディ側面からバックドアまで繋がるデザインは変わらないものと考えられます。

1シリーズ モデルチェンジ後の搭載エンジン

1シリーズに搭載されているエンジン

モデルチェンジ後に搭載される1シリーズのエンジンは、直列3気筒の1.5Lターボと直列4気筒の2.0Lターボになると考えられています。

モデルチェンジ後 1シリーズの搭載エンジン
種類 直列3気筒ターボ 直列4気筒ターボ
排気量 1,500cc 2,000cc
最高出力 100KW/4,400rpm 141KW/5,000rpm
最大トルク 220Nm/1,250~4,300rpm 280Nm/1,250~4,600rpm
トランスミッション 6AT 8AT
駆動方式 FF FF

なんといっても最大のポイントは、駆動方式がFRからFFに変わっている点です。中国専売の1シリーズ セダンでは、UKLプラットフォームを採用してエンジンを横置きにして駆動方式をFFにしたことで室内空間が広がっています。

1シリーズ モデルチェンジ後の搭載装備

1シリーズを運転する男性

モデルチェンジ後の1シリーズに搭載される装備は、2代目後期に搭載される装備を受け継ぐと考えられます。

1シリーズに搭載されている安全装備

・ダイナミック・スタビリティ・コントロール
・レーン・ディパーチャー・ウォーニング
・アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付き)
・前車接近警告機能
・衝突回避・被害軽減ブレーキ
・パーキング・アシスト
・パーク・ディスタンス・コントロール
・リヤ・ビュー・カメラ

ダイナミック・スタビリティ・コントロールは、車両がスリップやスライドしたことを感知してエンジン出力の抑制や各車輪にブレーキをかけて挙動を安定させるシステムで、雨で濡れた路面状況でも安心して走ることができます。

ほかにも、車線を検知しはみ出しを確認した時に警告してくれるレーン・ディパーチャー・ウォーニングや、前の車についていくストップ&ゴー機能がついたアクティブ・クルーズ・コントロールなどが搭載されています。

1シリーズ モデルチェンジ後の発売日・価格帯

走行中の1シリーズ セダン

BMW 1シリーズのモデルチェンジ後の発売日は、2018年後半になると予想されています。気になる価格帯は、2代目後期モデルが317万円から632万円で、エントリーグレードは据え置き、高級グレードは値上がりになると考えられます。

モデルチェンジ後 1シリーズの価格帯(予想)
118i 300万円
120i 450万円
M140i 650万円

1シリーズはBMWのエントリーモデルでもありますので、購入しやすいようにエントリーグレードは300万円を維持し、高級モデルであるM140iでは逆に値上がりする可能性もあります。

1シリーズのモデルチェンジで質感が向上する

正面を向いている1シリーズ

2代目後期モデルでも十分に質感が高いBMWの1シリーズですが、2018年後半のモデルチェンジで更なるブラッシュアップが行われます。中国専売モデルの1シリーズ セダンで採用されているUKLプラットフォームを装備し、横置きエンジンで駆動方式がFFになる新しい1シリーズは室内空間が広くなると噂されています。

価格帯はエントリーグレードが300万円前後で値下がり、高級グレードが650万円前後の値上がりになると見られています。発売は2018年後半ですので、新しくなる1シリーズの登場が楽しみです。