BMW 3シリーズのモデルチェンジ

BMW3シリーズがモデルチェンジ!ボディサイズが拡大し新開発エンジンを搭載

BMW3シリーズのモデルチェンジについて紹介します。パリモーターショー2018に登場した新しい3シリーズは、ボディサイズが少し拡大しBMWの象徴であるキドニーグリルが大きくなりました。新開発のガソリンエンジンと8速ATの組み合わせで燃費も向上しています。

BMW3シリーズがモデルチェンジ!ボディサイズが拡大し新開発エンジンを搭載

BMW3シリーズがモデルチェンジ!パリモーターショー2018で登場

BMWが販売する3シリーズの新型モデル(第7世代)が2018年10月に開かれたパリモーターショー2018に登場しました。ボディサイズは第6世代よりも少し大きくなりホイールベースも延びたため安定性が増しています。

インテリアにはBMWオペレーティングシステム7.0が搭載されフルデジタル化されています。インフォメーションディスプレイだけではなくメーターなども全てデジタル化されており、近年のスマートフォンのように直感的な操作ができるようになっています。

搭載されるエンジンは新開発の直列4気筒ガソリンエンジンとディーゼルエンジンが搭載され、欧州では2019年3月、日本では2019年3月9日です。またディーゼルエンジンモデルは2019年中の導入を予定しています。
新しくなるBMW3シリーズのエクステリアやインテリア、搭載エンジンなどをチェックしていきましょう。

3シリーズのPHE「330eセダン」には新型8シリーズから導入されたリバースアシストも搭載!

BMW新型3シリーズセダンのPHV「330eセダン」については、2019年7月欧州で発売すること、XtraBosstによる走行性能などを記事以下で紹介していますが、運転支援システムについて新たな情報が入りましたので、紹介します。

「300eセダン」は、高性能3眼カメラ、高性能プロセッサー&レーダーによって前走者や道路状況を正確に把握できる先進運転支援システム(ADAS)を採用。
特筆すべきは、新型8シリーズから新登場しているパーキングアシスタント機能の「リバースアシスト」です。車両が直前走行したルートを最大50mまで記録することにより、同じルートをバックで戻ることが可能。路地での対向車とのすれ違い時にも活躍します。

「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」も搭載。AI技術により、ドライブを繰り返す度にオーナーの好みを学習。適切な時に、適切なサービスを誘導してくれる相棒として活躍してくれます。

BMWが新型3シリーズに新開発の2ステージターボを採用することが明らかに!

BMWの3シリーズである「320d xDrive」に搭載されている2.0L直列4気筒ターボディーゼルエンジンには、アメリカの自動車部品メーカーであるボルグワーナーが新開発した2ステージターボチャージャー「R2S」を採用することが明らかになりました。

低回転域でのスムーズなレスポンスと加速を実現し、最大出力は190hp/4000rpm、最大トルクは40.8kgm/1750~2500rpmを発生します。
新開発のターボエンジンがどのような走りを実現するのか期待が高まります。

BMW3シリーズに新型「M3セダン」と「M3シリーズツーリング」が開発中!?

BMW3シリーズ新型「M3セダン」と「M3シリーズツーリング」BMW3シリーズ新型「M3セダン」と「M3シリーズツーリング」を開発中か!?

先日、BMW新型「3シリーズツーリング」が欧州で発表されたばかりですが、イギリスの自動車雑誌「Autocae」によると、今度は3シリーズの最強モデル、「M3セダン」を開発しているのではないかとの情報をキャッチしました。「M3セダン」の開発と同時に、「M3ツーリング」も開発しているとの噂もあります。

「M3ツーリング」については2018年に一度発売の噂がありましたが、噂の域を出ることはありませんでした。ですが、今回「M3セダン」の開発とともに、「M3ツーリング」の開発も同時に進められていると囁かれています。

「M3セダン」は9月に行われるフランクフルトモーターショー2019にワールドプレミアすると予想されていますが、「M3セダン」に「M3ツーリング」が設定される場合は、早くても2020年秋以降の公開になると考えます。

BMWから新世代のスポーツワゴン 新型「3シリーズ ツーリング」を欧州で発表!

BMW新型「3シリーズ ツーリング」BMWが新世代のスポーツワゴン 新型「3シリーズ ツーリング」を欧州で発表した

BMWは2019年6月12日、欧州において新世代のスポーツワゴン、新型「3シリーズ ツーリング」を発表しました。40年の歴史を持つ3シリーズのキドニーグリルやプレスラインなどの伝統デザインを受け継ぎつつ、新しいBMWのデザインコンセプトを取り入れています。

BMW新型「3シリーズ ツーリング」BMW新型「3シリーズ ツーリング」は前モデルよりもサイズアップしている

新型「3シリーズ ツーリング」のボディサイズは、全長4,709mm、全幅1,827mm、全高1,470mm、ホイールベース2,851mmとなっており、前モデルよりも若干サイズアップしています。

BMW新型「3シリーズ ツーリング」BMW新型「3シリーズ ツーリング」のキドニーグリルが立体的になった

新型「3シリーズ ツーリング」では、これまで2つに分かれていたデザインのキドニーグリルを1つのフレームで囲まれたデザインにすることで立体的なイメージになり、鋭くてインパクトのあるヘッドライトと一体となって水平に広がっていることで、低重心さをアピールし、アグレッシブな印象を強くしています。ルーフレールも標準装備されています。

BMW新型「3シリーズ ツーリング」の電動テールゲートBMW新型「3シリーズ ツーリング」のゲートは電動になり、荷室も広くなっている

電動テールゲートやパーティションネット、ガラスハッチ、床下収納が標準装備されていて、荷室も前モデルと比較すぃて、5リットル容量が増加しています。後席を格納することで荷室は最大1,510リットルまで広げることが可能です。

BMW新型「3シリーズ ツーリング」のインテリアBMW新型「3シリーズ ツーリング」のインテリア

インテリアでは、「BMW オペレーティングシステム7.0」を採用し、必要な情報を最適なタイミングでドライバーに画面に表示したり操作をすることをコンセプトにしています。

BMW新型「3シリーズ ツーリング」のインテリアBMW新型「3シリーズ ツーリング」のデジタルコックピット

また、デジタルコックピットは最新のものを搭載し、各ドライバー向けに10.25インチとコントロールディスプレイと12.3インチのフルデジタルメーターパネルをカスタマイズできるようにしています。
タッチ操作に対応したコントロールディスプレイは使いやすくなったメニュー表示で機能や設定が行いやすいようになっています。

BMW新型「3シリーズ ツーリング」のインテリアBMW新型「3シリーズ ツーリング」は音声でさまざまな機能や設定が行える

ステアリングホイールにエッチされているボタンや「iDriveコントローラー」が配置されているセンターコンソール、タッチ操作対応のディスプレイ、音声コントロール、ジェスチャーコントロールに対応しているため、ドライバーは姿勢や視線をほとんど動かさなくても、知りたい情報や設定に簡単にアクセスできるようになっています。

12.3インチのディスプレイを持つフルデジタルメーターパネルでは、速度計や回転数メーターの中央にナビゲーションマップの一部を表示することも可能になっています。ヘッドアップディスプレイも改良され、より運転中に情報を受け取りやすくなっています。

新開発の「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」ではAIが活用されており、システムの使用頻度によってドライバーの好みを学び、自然な会話のような言葉で話しかけても指示や質問を理解でき、ドライバーの望むサービスや機能を起動することができます。
また、これまでの「OK、BMW」の呼びかけだけでシステム起動するだけではなく、任意の名前を設定することが可能です。

安全面では、新型「8シリーズ」から導入された機能が採用されています。「パーキングアシスト」の「リバーアシスト機能」で、最大50m、直前に全身したルートを記憶して、細い道で対向車が来てバックが必要になった際、正確に同じルートで後進できるシステムです。

BMW新型「3シリーズ ツーリング」の安全機能と先進運転支援システム

  • パーキングアシスト
  • ストップ&ゴー付アクティブクルーズコントロール
  • レーンチェンジウォーニング
  • レーンディパーチャーウォーニング
  • ステアリング&レンーンコントロールアシスト
  • サイドコリジョンプロテクション
  • 事故回避ステアリング付 衝突回避・被害軽減ブレーキ
  • クロストラフィックウォーニング

「330i」グレードには、改良された直噴2.0L直列4気筒ガソリンターボエンジンが搭載され、最大出力258hp、最大トルク40.8kgmを発揮、0-100km/h加速は5.9秒、トランスミッションは8速ステップトロニックとなっています。

BMW新型「3シリーズセダン」のPHV「330eセダン」が2019年7月欧州で発売へ

BMW新型「3シリーズセダン」のPHV「330eセダン」BMW新型「3シリーズセダン」のPHV「330eセダン」が欧州で発売へ

BMWは2019年7月、新型「3シリーズセダン」のPHV車、「330eセダン」を欧州にて発売開始すると発表しました。

エンジンは、最大出力184hpの2.0L直列4気筒ガソリンターボに、最大出力109hpモーターの組み合わせです。EVモードでは37km/hの排ガス0走行が可能となっています。

BMW新型「3シリーズセダン」のPHV「330eセダン」BMW新型「3シリーズセダン」のPHV「330eセダン」が高性能になって登場

「BMW e ドライブ」技術は330eセダンに搭載されてきましたが、今回新しくなる新型「330eセダン」では、一時的に40hpのパワーをシステム全体でアップして292hpにする「エクストラブースト」モードを新しく採用しています。「エクストラブースト」モードの効果は、0~100km/h加速が5.9秒、最高速度230km/hの性能を発揮します。

新型3シリーズセダン「330eセダン」の主要緒元(PHVシステム全体)
エンジン 2.0L直列4気筒ガソリンターボ
最大出力 252hp
最高トルク 42.8kgm
0~100km/h加速 6.1秒
最高速度/EVモード 225km/h / 140km/h
EVモード航続距離 最大66km

BMW新型「3シリーズ」のクリーンディーゼル搭載モデル「320d xDrive」「320d xDrive M Sport」を発売!

BMW新型「3シリーズ」のクリーンディーゼル搭載モデルBMW新型「3シリーズ」のクリーンディーゼル搭載モデルを追加!

BMWは2019年1月に発売した新型「3シリーズ」に、クリーンディーゼルエンジン搭載モデルの「320d xDrive」「320d xDrive M Sport」を発売し、同時にPHVモデルの「320d xDrive」「320d xDrive M Sport」のプレオーダーの受付も開始しています。こちらは9月下旬以降の納車となります。

また、全グレードに3眼カメラを搭載するなど、運転支援システムを最新のものにして標準装備するだけではなく、2019年夏以降「ハンズ・オフ付き渋滞運転支援機能」を追加搭載することを発表しています。

「ハンズ・オフ付き渋滞運転支援機能」は高速道路で渋滞にあった場合、ドライバーの運転負荷を軽くし、安全に貢献する運転支援システムになります。この機能は、常に前方を注意し、周囲の状況に対してすぐにハンドル操作を確実に操作が可能な状態において、手離しで車の走行が可能になるシステムです。

M340i xDriveモデルは直列6気筒エンジンを搭載し、サーキットでのスポーツ走行や一般道での走りを両立させたハイパフォーマンスモデルです。「Mスポーツディファレンシャル」「Mスポーツブレーキ」「アダプディブMサスペンション」「ハイパフォーマンス冷却システム」「Mテクノロジーパッケージ」をサーキットでの走行を想定して搭載しています。

BMW新型「3シリーズ」のクリーンディーゼル搭載モデルBMW新型「3シリーズ」のクリーンディーゼルの320d xDrive M SportはPHVモデル

320d xDrive M Sportはハイブリッドモデルですが、約80%もの容量を先代モデルから拡大している10.3kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、電機モーダーだけの走行で最低59km/h、最高120km/hの走行が可能になっています。

320d xDriveの主要緒元
  320d xDrive 320d xDrive M Sport M340i xDrive
エンジン 2.0L直列4気筒ターボディーゼルエンジン 2.0L直列4気筒ガソリン+モーダーエンジン 3.0L直列6気筒エンジン
最高出力 190ps 215ps 387ps
最大トルク 400Nm 420Nm 500Nm
0-100km/h加速 7.1秒 5.9秒 4.4秒

気になる価格ですが、「320d xDrive」が5,780,000万円、「320d xDrive M Sport」が6,290,000万円、「330e M Sport」が9,540,000万円、「M340i xDrive」が9,620,000万円となっています。

BMW3シリーズのグランツーリスモが現行型限りで姿を消す!?

BMW3シリーズグランツーリスモ1台限りで姿を消すことになったBMW3シリーズグランツーリスモ

BMW3シリーズのグランツーリスモですが、2013年にデビューして以来、モデルチェンジがありませんでしたが、1代限りで姿を消すことが分かりました。BMWグループが決算発表にて、後継車はないとアナウンスしたのです。

BMWシリーズの派生車種としてジュネーブモーターショー2013でワールドプレミアされた3シリーズグランツーリスモですが、「3シリーズツーリング」のワゴンやセダンよりもボディサイズを拡大して作られており、乗り心地だけではなく、乗降性にも優れた1台です。

2013年からの短い間、1台限りで姿を消すのは寂しい限りですが、3シリーズではPHVのセダンが発表されたりと、話題に事欠きませんので、今後もBMW3シリーズに注目していきたいと思います。

BMW新型3シリーズの日本発売は2019年3月9日 グレード構成は320iと330iで販売価格は4,520,000円から

新型3シリーズのエクステリア遂にBMW新型3シリーズが3月9日販売スタート

BMW新型3シリーズが2019年3月9日に発売します。先代3シリーズはガソリンエンジンとディーゼルエンジンにそれぞれ4グレードを設定した全8グレード展開でしたが、今回の新型3シリーズは320iに3グレード、上級グレードの330iに1グレードの全4グレード展開です。
日本で人気のディーゼルモデルは2019年中に導入予定のため、今後グレード数が増えることが考えられます。

BMW新型3シリーズの販売価格一覧
グレード ミッション ステアリング位置 販売価格
320i SE 8速AT 4,520,000円~
320i スタンダード 8速AT 5,230,000円~
320i Mスポーツ 8速スポーツAT 5,830,000円~
330i Mスポーツ 8速スポーツAT 6,320,000円~

BMW新型3シリーズの販売価格はベースグレードの320i SEが4,520,000円から、最上級グレードの330i Mスポーツが6,320,000円からになっています。 ディーゼルモデルの価格は発表されていませんが、先代3シリーズを参考にするとガソリンモデルよりも販売価格は上昇するでしょう。

「320i」を日本専用のモデルとして取り入れ、スポーティ性やデザイン、新しい技術もふんだんに取り入れられ、セダンの市場が縮小する中、根強い人気を誇るBMW3シリーズが新しい風を吹かせてくれることを期待します。

BMW3シリーズの新型セダンにPHV登場!ジュネーブモーターショー2019でワールドプレミア

新型3シリーズのPHVのエクステリアジュネーブモーターショー2019でBMW3シリーズ新型セダンのPHVが初披露

3月に行われるジュネーブモーターショー2019で、最新の「BMW eドライブ」技術を搭載したBMW3シリーズセダンのPHV車「330eセダン」が世界初披露されることが発表されました。

パワーとトルクは現行車と変わりはありませんが、一時的にシステム全体のパワーを41hpにアップし、293hpとする「エクストラブースト」モードを採用が採用されたことで、走行性能が0~100km/h加速6秒、最高速230km/hを実現できています。最大積載量を積んだ際のEVモードでは、60kmとこれまでの1.6倍になり、速度も最高140km/hとなっています。

新型BMW3シリーズのボディサイズは第6世代のF30よりも大きくなった

新型3シリーズのフロントビュー新型3シリーズは従来モデルよりも大きく立体的なキドニーグリルが特徴

新型BMW3シリーズは、フロントフェイスに配置されたキドニーグリルが目を引きます。第6世代のものと比べて大きくなっていて、それに伴いボディサイズも少し拡大されています。全長4,709mm・全幅1,827mm・全高1,442mmで、ホイールベースは2,851mmです。

BMW3シリーズのボディサイズ比較
新型(第7世代) F30(第6世代)
全長 4,715mm 4,645mm
全幅 1,825mm 1,800mm
全高 1,440mm 1,440mm
ホイールベース 2,850mm 2,810mm

全長は64mm伸びていて全幅は27mm広がっているのが分かり、全高はさほど変わっていません。ホイールベースは41mm長くなり、安定性が増すものと考えます。

新型3シリーズのリヤビューデュアルマフラー・L字のテールランプ・小型リフレクターなど見所が多いリヤビュー

テールレンズは新しいデザインとなっていて、全て赤いレッドテールではなくL字型のストップランプと上部にウインカーとバックランプなどが配置されています。トランク付近に小さくリフレクターが装備されていて、マフラーはデュアルタイプを採用しています。

新型3シリーズのホイール新型3シリーズのホイール意匠は入り組んだスポークが特徴のメッシュデザイン

ホイールデザインは、第6世代とは違いスポーティなメッシュデザインを採用しています。とても偏平率が薄いタイヤを装着しているため18インチホイールのデザインになるのではないかと考えます。

インテリアには次世代のBMWオペレーティングシステム7.0が搭載されたためフルデジタルに移行した

新型3シリーズのコックピットコックピット周りの情報は全てデジタル化してBMWオペレーティング7.0に対応

新型BMW3シリーズにはBMWオペレーティングシステム7.0という機能を搭載しています。センタークラスターにあるインフォメーションディスプレイだけではなく、メーターも全てデジタル化された設計です。近年のスマートフォンのように直感でも操作がしやすく、1秒を争うドライビングの場面でもしっかりと情報を教えてくれます。

新型3シリーズのセンターコンソール新型3シリーズのセンターコンソールは操作性の高いシンプルなデザイン

センターコンソールのシフトレバー付近はシルバーとブラックのスッキリとした配色で、シフトレバーと各種モードスイッチ、コントロールダイヤルやパーキングスイッチが見えます。シフトレバー奥には、スライド式のフタが見えます。

新型3シリーズのスイッチスイッチ類は集中して配置されているのでドライブ中でもわかりやすい

センタークラスターにはワイド画面のインフォメーションディスプレイや、エアコン操作スイッチとハザードスイッチが見えます。エアコンスイッチも横長に整理されていてバラバラになっていないため、操作もしやすい配置です。また、ボディサイズが大きくなったことにより室内空間も広くなっていると考えます。

新型BMW3シリーズのパワートレインには直列4気筒ガソリンエンジンが搭載され330iには2.0Lターボエンジンが採用

新しくなるBMW3シリーズに搭載されるエンジンは、新開発される直列4気筒ガソリンエンジンが採用されます。ワールドプレミアされた「BMW3シリーズ 330i」には、2.0Lターボエンジンが搭載され最高出力は192kW・最大トルクは400Nmを発揮するという噂です。

トランスミッションは「ステップトロニック」と呼ばれる8速ATが使われ、燃費は16.8km/Lほどに向上すると考えます。
また、新型BMW3シリーズの発売日は欧州で2019年3月で、日本での発売3月9日に決定しました。

新型BMW3シリーズは欧州で先行販売して日本仕様の導入は数ヶ月先になるだろう

新世代のBMW3シリーズはキドニーグリルが大きくなっただけではなく、ボディサイズも拡大しています。全高はそれほど変わっていませんが、全長が64mm伸びて全幅は27mm広くなっています。

テールレンズのデザインが変わりストップランプの形状がL字のブーメラン型になりました。レッドテールではなくウインカーやバックランプはクリアスモークになっています。

インテリアには「BMWオペレーティングシステム7.0」と呼ばれるフルデジタル化されたインフォテインメントシステムが装備されています。エアコン操作や欲しい情報までの道筋は、直感で分かるように作られていて初めての操作でも戸惑うことが少なくなっています。