BMW 3シリーズのモデルチェンジ

BMW3シリーズがモデルチェンジ!ボディサイズが拡大し新開発エンジンを搭載

BMW3シリーズのモデルチェンジについて紹介します。パリモーターショー2018に登場した新しい3シリーズは、ボディサイズが少し拡大しBMWの象徴であるキドニーグリルが大きくなりました。新開発のガソリンエンジンと8速ATの組み合わせで燃費も向上しています。

BMW3シリーズがモデルチェンジ!ボディサイズが拡大し新開発エンジンを搭載

BMW3シリーズがモデルチェンジ!パリモーターショー2018で登場

BMWが販売する3シリーズの新型モデル(第7世代)が2018年10月に開かれたパリモーターショー2018に登場しました。ボディサイズは第6世代よりも少し大きくなりホイールベースも延びたため安定性が増しています。

インテリアにはBMWオペレーティングシステム7.0が搭載されフルデジタル化されています。インフォメーションディスプレイだけではなくメーターなども全てデジタル化されており、近年のスマートフォンのように直感的な操作ができるようになっています。

搭載されるエンジンは新開発の直列4気筒ガソリンエンジンが搭載されると噂されています。ほかにも発売日は、欧州では2019年3月になるといわれていて、日本仕様の発売は2019年夏になるのではと考えます。
新しくなるBMW3シリーズのエクステリアやインテリア、搭載エンジンなどをチェックしていきましょう。

新型BMW3シリーズのボディサイズは第6世代のF30よりも大きくなった

新型3シリーズのフロントビュー新型3シリーズは従来モデルよりも大きく立体的なキドニーグリルが特徴

新型BMW3シリーズは、フロントフェイスに配置されたキドニーグリルが目を引きます。第6世代のものと比べて大きくなっていて、それに伴いボディサイズも少し拡大されています。全長4,709mm・全幅1,827mm・全高1,442mmで、ホイールベースは2,851mmです。

BMW3シリーズのボディサイズ比較
新型(第7世代) F30(第6世代)
全長 4,709mm 4,645mm
全幅 1,827mm 1,800mm
全高 1,442mm 1,440mm
ホイールベース 2,851mm 2,810mm

全長は64mm伸びていて全幅は27mm広がっているのが分かり、全高はさほど変わっていません。ホイールベースは41mm長くなり、安定性が増すものと考えます。

新型3シリーズのリヤビューデュアルマフラー・L字のテールランプ・小型リフレクターなど見所が多いリヤビュー

テールレンズは新しいデザインとなっていて、全て赤いレッドテールではなくL字型のストップランプと上部にウインカーとバックランプなどが配置されています。トランク付近に小さくリフレクターが装備されていて、マフラーはデュアルタイプを採用しています。

新型3シリーズのホイール新型3シリーズのホイール意匠は入り組んだスポークが特徴のメッシュデザイン

ホイールデザインは、第6世代とは違いスポーティなメッシュデザインを採用しています。とても偏平率が薄いタイヤを装着しているため18インチホイールのデザインになるのではないかと考えます。

インテリアには次世代のBMWオペレーティングシステム7.0が搭載されたためフルデジタルに移行した

新型3シリーズのコックピットコックピット周りの情報は全てデジタル化してBMWオペレーティング7.0に対応

新型BMW3シリーズにはBMWオペレーティングシステム7.0という機能を搭載しています。センタークラスターにあるインフォメーションディスプレイだけではなく、メーターも全てデジタル化された設計です。近年のスマートフォンのように直感でも操作がしやすく、1秒を争うドライビングの場面でもしっかりと情報を教えてくれます。

新型3シリーズのセンターコンソール新型3シリーズのセンターコンソールは操作性の高いシンプルなデザイン

センターコンソールのシフトレバー付近はシルバーとブラックのスッキリとした配色で、シフトレバーと各種モードスイッチ、コントロールダイヤルやパーキングスイッチが見えます。シフトレバー奥には、スライド式のフタが見えます。

新型3シリーズのスイッチスイッチ類は集中して配置されているのでドライブ中でもわかりやすい

センタークラスターにはワイド画面のインフォメーションディスプレイや、エアコン操作スイッチとハザードスイッチが見えます。エアコンスイッチも横長に整理されていてバラバラになっていないため、操作もしやすい配置です。また、ボディサイズが大きくなったことにより室内空間も広くなっていると考えます。

新型BMW3シリーズのパワートレインには直列4気筒ガソリンエンジンが搭載され330iには2.0Lターボエンジンが採用

新しくなるBMW3シリーズに搭載されるエンジンは、新開発される直列4気筒ガソリンエンジンが採用されます。ワールドプレミアされた「BMW3シリーズ 330i」には、2.0Lターボエンジンが搭載され最高出力は192kW・最大トルクは400Nmを発揮するという噂です。

トランスミッションは「ステップトロニック」と呼ばれる8速ATが使われ、燃費は16.8km/Lほどに向上すると考えます。
また、新型BMW3シリーズの発売日は欧州で2019年3月といわれていて、日本での発売は数ヶ月先の2019年夏頃になると予想します。

新型BMW3シリーズは欧州で先行販売して日本仕様の導入は数ヶ月先になるだろう

新世代のBMW3シリーズはキドニーグリルが大きくなっただけではなく、ボディサイズも拡大しています。全高はそれほど変わっていませんが、全長が64mm伸びて全幅は27mm広くなっています。

テールレンズのデザインが変わりストップランプの形状がL字のブーメラン型になりました。レッドテールではなくウインカーやバックランプはクリアスモークになっています。

インテリアには「BMWオペレーティングシステム7.0」と呼ばれるフルデジタル化されたインフォテインメントシステムが装備されています。エアコン操作や欲しい情報までの道筋は、直感で分かるように作られていて初めての操作でも戸惑うことが少なくなっています。
新型BMW3シリーズは欧州で2019年3月に発売すると噂されていて、日本発売は2019年の夏になるでしょう。