BMW X4のモデルチェンジ

BMW X4がモデルチェンジでクーペスタイルに 日本でディーゼルエンジン追加の可能性も

BMW X4のモデルチェンジは、ディーゼルエンジンの搭載、新型X3のデザインを引き継ぎ光源がすべてLEDになる、安全装備が充実する、ジュネーブモーターショー2018で世界初披露されるなど、BMW X4のモデルチェンジ情報をまとめた。

BMW X4がモデルチェンジでクーペスタイルに 日本でディーゼルエンジン追加の可能性も

BMW X4が2018年9月6日にモデルチェンジ!クーペスタイルのエクステリアに注目

走行中のBMW X4

BMWが販売しているクロスオーバーSUVの「X4」が、ジュネーブモーターショー2018で新型を発表、2018年9月6日にモデルチェンジして日本で発売されました。2014年に初代が発売されたX4は、どのように進化するのでしょうか?

2018年9月6日にモデルチェンジしたBMW新型X4のエクステリアやインテリア、搭載エンジンや装備、発売日や価格帯を紹介します。

BMW X4モデルチェンジ後のエクステリアはワイド&ローのクーペスタイル

ハイウェイを走るBMW X4

新しいBMW X4のデザインは、基本的なコンポーネントは変わっていないキープコンセプトですが、キドニーグリルが大きくなっている、初代では丸いフォグランプだけだったのが横長デザインのLEDに変更されているなど、進化しているポイントがたくさんあります。

BMW X4のサイドビュー

サイドビューではホイールのデザインがハッキリと見え、5本スポークなのは変わりませんがダブルになりよりスタイリッシュなデザインになっています。スタイリングはリヤに向かって下がっていくクーペスタイルを引き継いでいます。

BMW X4のリヤビュー

リヤビューでは、かなり傾斜したリヤウィンドウが見え、新しいデザインのテールランプが見えます。赤とスモークで上下に分かれた配色で、スモーク部分にウインカーとバックランプ、赤い部分にテールランプとストップランプがあると考えられます。

ボディサイズは、全長4,760mm、全幅1,917mm、全高1,625mm、ホイールベース2,865mmになっていて、初代X4より若干ボディサイズが拡大しています。

BMW X4ボディサイズ比較
2代目 初代
全長 4,760mm 4,680mm
全幅 1,917mm 1,880mm
全高 1,621mm 1,625mm
ホイールベース 2,865mm 2,810mm

カラーステッチとブラックの内装が目を惹く新型X4のインテリア

モデルチェンジをしたBMW X4のコックピット

BMW X4のモデルチェンジ後のインテリアは、グレーブラックと赤ステッチを基調としたシックなデザインで、センターコンソールには、上からインフォメーションディスプレイ・エアコン送風口・オーディオパネル・エアコンコントローラーが並んでいます。

モデルチェンジ後のBMW X4のシート

後部座席の雰囲気も変わり全体的に低いデザインとなっていて、スタイリッシュさがあります。シートベルトロック付近に見えるのは、チャイルドシートテザーアンカーで、子供も安心して乗せることができます。

BMW新型X4の搭載エンジンは3L直列6気筒エンジンと2L直列4気筒エンジンの2種類

モデルチェンジで搭載されるBMW X4のエンジン

新型のBMW X4に搭載されるエンジンは「B48B20B」「B58B30A」の2種類で、すべてBMWの4輪駆動システムである「xDrive」が採用されています。

BMW新型X4の搭載エンジン
グレード xDrive30i・Mスポーツ M40i
エンジン型式 B48B20B B58B30A
種類 直列4気筒ガソリン 直列6気筒ガソリン
排気量 1,998cc 2,997cc
最高出力 185kW(252ps)/5,200rpm  265kW(360ps)/5,500rpm 
最大トルク 350Nm(35.7kgm)/1,450-4,800rpm  500Nm(51.0kgm)/1,520-4,800rpm 

日本仕様の初代X4では、ガソリンエンジンのみラインナップしていますが、X3のようにディーゼルモデルも今後追加されるとかもしれません。

モデルチェンジしたBMW X4にはBMWの最新予防安全システムを標準装備する

BMW X3のコックピット

BMW X3にはヘッドアップ・ディスプレイや、BMWジェスチャーコントロールが搭載されています。指を差したり回したりすることで、ディスプレイの操作や音量調整を行うことができ、モニターの汚れなども気にしなくなります。

ほかにも先進の安全性能を搭載していて、真上からの視点で駐車をサポートしてくれる「トップ・ビュー+サイド・ビュー・カメラ」や、自車速度や道路標識を表示してくれる「BMWヘッドアップ・ディスプレイ」、車線のはみ出しを教えてくれる「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」など、様々な安全装備を搭載しています。

新型BMW X4に搭載される安全装備

・トップ・ビュー+サイド・ビュー・カメラ
・BMWヘッドアップ・ディスプレイ
・レーン・ディパーチャー・ウォーニング
・レーン・チェンジ・ウォーニング
・アダプティブLEDヘッドライト
・アクティブ・クルーズ・コントロール
・前車接近警告機能
・衝突回避・被害軽減ブレーキ
・パーク・ディスタンス・コントロール
・リヤ・ビュー・カメラ

BMW X4モデルチェンジ後の発売日は2018年9月6日で販売価格は7,640,000円から

駐車しているBMW X4のリヤビュー

新型BMW X4の発売日は2018年9月6日で、ジュネーブモーターショー2018で世界初公開されています。気になる価格帯は、北米の価格で50,450ドル(約565万円・112円換算)になり、日本の販売価格は「xDrive 30i」で発売は7,640,000円からになっています。

新型BMW X4の日本販売価格
xDrive 30i 7,640,000円
xDrive 30i M Sport 8,140,000円
X4 M40i 9,770,000円

モデルチェンジ後のX4は新しいデザインになり日本モデルは今後ディーゼルエンジンを採用するかもしれない

2018年9月6日にモデルチェンジした新型BMW X4はジュネーブモーターショー2018で世界初披露され、日本円の販売価格は764万円のスタートになりました。

デザインは新型X3に採用されたデザインを受け継ぎ、LEDヘッドライトやフォグライトを搭載したスタイリッシュな見た目に進化しています。エンジンは3L直列6気筒エンジンと、2L直列4気筒エンジンの2種類で、今後2.0Lの直列4気筒ターボのディーゼルエンジンが追加される可能性もあり、軽油を使用する経済的なエンジンが追加されるかもしれません。
ヘッドアップ・ディスプレイやレーン・ディパーチャー・ウォーニングなどの安全装備も充実しているBMW X4はとても快適で満足度の高いクロスオーバーSUVとなるでしょう。