ベンツCLSのモデルチェンジ

CLSがモデルチェンジ メルセデス・ベンツの新型クーペは799万円から

CLSがモデルチェンジして2018年6月25日に日本で発売開始されました。2017年12月のLAモーターショーで発表後、日本での発売というスケジュールでした。新しいヘッドライトの「デジタルライト」を搭載し、CLEクラスに改められるCLSに期待が高まります。

CLSがモデルチェンジ メルセデス・ベンツの新型クーペは799万円から

CLSがモデルチェンジ!2018年6月25日から日本でも販売開始

メルセデス・ベンツの上級クーペモデル「CLSクラス」が、2018年にモデルチェンジしました。ロサンゼルスモーターショー2017でワールドプレミアされた新型CLSは欧州市場を中心に海外で2018年3月に発売し、日本でも2018年6月25日遂に販売開始されました。

エクステリアはよりブラッシュアップされ、ヘッドライトには最新のLEDヘッドライトが導入、安全装備や自動パーキング機能などが搭載されています。

2017年12月に開催されるロサンゼルスモーターショーで発表された模様やスパイショットなども含めて日本販売が開始されたメルセデス・ベンツ新型CLSクラスのモデルチェンジ情報を紹介します。

日本発売が開始したメルセデス・ベンツ新型CLSのエクステリア

日本で発売した新型CLSのエクステリア流れるようなクーペスタイルとヘッドライトが特徴的

日本で発売した新型CLSのリヤビュー剛性の高い曲面で表現されたボディラインや透明感のあるテールライトが美しい

2018年6月25日から日本発売が開始した新型CLSはメルセデス・ベンツの上級セダンのEクラスをベースに制作されています。
今回のフルモデルチェンジで、以前までラインナップしていたスポーツワゴンのシューティングブレークを廃止して「4ドアクーペ」のみのラインナップになっています。

日本で発売した新型CLSのフロントグリル「これぞメルセデス・ベンツ」押し出しの強い顔にはダイヤモンドグリルとスリーポインテッドスターが輝く

新型CLSの流れるようなクーペスタイルは世界中最高峰の美しさがあります。 フルモデルチェンジによりヘッドライトデザインが変更、内向きに傾斜した細く長いデザインで奥行き感や先進性を表現しています。
メルセデス・ベンツの証、スリーポインテッドスターやダイヤモンドグリルも新型CLSにマッチしています。

また従来まで4人乗りだった4ドアクーペのCLSは、フルモデルチェンジにより5人乗りに変更しています。これまで扱いにくさもあったCLSですが、家族でも使える実用性の高さを備えました。

先進のドライビング環境をもつ新型CLSのコクピット

日本で発売した新型CLSのコクピット12.3インチの大型ディスプレイにドライビング情報を表示

7年ぶりにフルモデルチェンジを行った新型CLSのコクピットは先進的な装備が満載です。
運転席中央のドライビングモニターには12.3インチの大型ディスプレイを採用、速度計やタコメーター、燃費情報などドライブしたときのデータをリアルタイムで表示します。

日本で発売した新型CLSの送風口温度により色が変わるエアコンの吹き出し口

エアコンの吹き出し口にはメルセデス・ベンツ伝統のジェットエンジンのタービンをモチーフにしたデザインを採用、温度を上げると赤く光り、温度を下げると青く光るLEDイルミネーションが気分を盛り上げます。

日本で発売した新型CLSのドアトリムドアトリムはクローム仕上げのウェーブデザイン

メルセデス・ベンツは内装の評価がとても高い自動車メーカーです。それはドアトリムを見ると一目瞭然で、細部まで作りこまれたデザインがとても美しいです。
日本車ではあまり見られないデザインで統一された車内空間になっています。

日本で発売した新型CLSのHUD視線を外さずに確認できるヘッドアップディスプレイ

ヘッドアップディスプレイを前方2mの位置に映し出します。
本国のドイツでは速度制限のないアウトバーンという高速道路があるため、ヘッドアップディスプレイには視線移動を少なくし安全にドライブできる仕組みが求められます。そのため新型CLSのヘッドアップディスプレイは視線を外さずに視認できるよう工夫されています。

4ドアクーペに相応しいスタイリッシュなインテリア

日本で発売した新型CLSのベルガレッドの内装情熱的なベルガレッドの内装

日本で発売した新型CLSのマキアートグレーの内装爽やかなイメージのあるマキアートグレーの内装

日本で発売した新型CLSのリヤシート5人乗りになった新型CLSのリアシート

メルセデス・ベンツの中でも特にスタイルが良いと言われているのがCLSです。新型になってもそのスタイルは変わらず、内装の魅力もさらに向上しています。
内装色はベンガルレッドやマキアートグレーのカラーをはじめ、6色が用意されています。

日本で発売した新型CLSのスカッフプレートメルセデス・ベンツのイニシャルが刻印されたスカッフプレート

日本で発売した新型CLSのベンチレーション夏のドライブも快適に過ごせるベンチレーション

日本で発売した新型CLSのガラス・スライディングルーフ全自動のガラス・スライディングルーフはオプション装備

CLSに乗り込むときに目に入る足元のスカッフプレートには「メルセデス・ベンツ」のイニシャルが刻まれています。
前席には暑い日に便利なシートベンチレーションを装備、自動でチルトポジションになるガラス・スライディングルーフがオプション設定されています。

日本で発売した新型CLSのアンビエントライト夜のドライブが楽しくなる64色のアンビエントライト

新型CLSには近未来の室内空間を表現する、全64色の間接照明「アンビエントライト」が装備されています。ドアやダッシュボードなど前席を中心にしたイルミネーションシステムはメルセデス・ベンツならではの装備で、とても満足度の高い室内空間を体験できます。

新型CLSのスペック・パワートレイン・価格

2018年6月25日から日本市場で販売開始された新型CLSのパワートレインは2.0Lの4気筒ターボディーゼルと、新開発の3.0Lの直列6気筒マイルドハイブリッドエンジンです。2.0Lのターボディーゼルは「CLS 220dスポーツ」に搭載され、マイルドハイブリッドエンジンは「CLS 450 4マチック スポーツ」に搭載されます。 それぞれのスペックや価格を紹介します。

日本仕様の新型CLSのスペック
グレード 220d スポーツ 450 4マチック スポーツ
全長 5,000mm
全幅 1,895mm
全高 1,430mm 1,425mm
ホイールベース 2,940mm
最低地上高 120mm
トランクスペース 490L
車両重量 1820kg 1950kg
最小回転半径 5.4m 5.5m
総排気量 1.949cc 2.996cc
エンジン型式 654 256
エンジン最高出力 194ps/3800rpm 365ps/5500-6100rpm
エンジン最大トルク 40.8kgm/1600-2800rpm 51.0kgm/1600-4000rpm
モーター型式 EM0014
モーター最高出力 10kW/16kW
モーター最大トルク 250Nm(25.5kgm)
使用燃料 軽油 無鉛プレミアムガソリン
JC08モード燃費 18.6km/L 11.9km/L
乗車定員 5名
価格 7,990,000円~ 10,380,000円~

CLSモデルチェンジ前に撮影されたスパイショット

新型CLSフロントビューのスパイショット

CLSのモデルチェンジ後のエクステリアの詳細は、カモフラージュによって分かりにくいですが、現行CLSとヘッドライトの形状が違うように見えます。エンブレムは隠されていますが、メルセデス・ベンツのロゴ形状にとても似ています。

新型CLSのサイドビから見たスパイショット

サイドビューは流れるようなデザインが美しいクーペデザインで、天井にサンルーフが装着されているのが見えます。

新型CLSのリヤから見たスパイショット

リアビューでは、テールランプにもカモフラージュが施されているので新しいデザインに変更になっています。

ドイツの街を走る新型CLS

新型CLSでは2016年7月に発表された、Eクラス(W213)がベースとなっています。

モデルチェンジ前のCLSボディサイズ
全長 4,940mm
全幅 1,880mm
全高 1,415mm
ホイールベース 2,875mm
最低地上高 120mm
車両重量 1,840kg
定員 4人

ロサンゼルスモーターショー2017で公開された新型CLSのインテリア

新型CLSの内装

CLSモデルチェンジ後のインテリアは自発光式の見やすいメーターや、ワイド画面のモニターが先進的なインテリアで、ダッシュボードがバイザーの役割も持っているデザインなので、日差しが強い日でも見えにくくなることが少なくなっています。

ステアリング左奥に見えるエアコンベゼルと同様のデザインがモニター下に4つ設置されていて、これもエアコン吹き出し口になっていると予想できます。エアコン下には様々なボタンがシームレスに配置されていて、手元にはドライブモードコマンダーなどが配置されています。

新型CLSに搭載されると噂されていたパワートレイン

新型CLSのエンジン

2017年11月の時点で販売されているCLSクラスでは、直列4気筒ターボのディーゼルエンジンと、V型6気筒ツインターボエンジンの2種類を搭載しています。

旧型CLSのパワートレイン
エンジン型式 276型 651型
種類 直列4気筒 V型6気筒
過給機 ターボ ツインターボ
排気量 2,142cc 3,497cc
最高出力 177PS/3,200~3,800rpm 333PS/5,250~6,000rpm
最大トルク 400Nm/1,400~2,800rpm 480Nm/1,200~4,000rpm

新型のCLSには、新しくなった海外モデルのEクラスエンジンが搭載されると考えられていました。276型・651型のほかに「3LのV型6気筒ディーゼルエンジン」、「3LのV型6気筒ガソリンエンジン」のいずれか、AMGモデルには「4LのV型8気筒ツインターボガソリンエンジン」が搭載されるとみられていましたが2.0Lのガソリンエンジン「654型」と3.0Lのハイブリッドエンジン「256」型が採用されています。

CLSモデルチェンジ後の搭載装備

新型CLSを運転する男性

CLSのモデルチェンジ後の搭載装備は、ヘッドライトに最新の「デジタルライト」が装備されます。マイクロミラーで動作するLEDチップが200万以上使用し、まるでプロジェクターのように明るく前方を照射します。高度な技術によりナビの行先を道路に投影する技術も搭載しています。

赤いボディカラーの新型CLS

また、X218型でも標準装備している「インテリジェント・ドライブ」が、2018年のCLSでも標準装備になります。

CLSに搭載されているインテリジェント・ドライブ機能

・レーダーセーフティパッケージ
・マルチビームLEDヘッドライト
・アダプティブハイビームアシスト・プラス
・LEDインテリジェントライトシステム
・アテンションアシスト
・アダプティブブレーキライトなど

このほかにも、車や歩行者・路上の障害物などの危険を察知し衝突回避をサポートする「アクティブブレーキアシスト」や「PRE-SAFEブレーキ」、後方衝突警報システムの「リアCPA」、ドアミラーに後方死角に車両がいることを教えてくれる「アクティブブラインドスポットアシスト」、自動ステアリング機能がついてシフトとアクセルだけを操作して駐車できる「アクティブパーキングアシスト」など、様々な支援システムが備わっています。

CLSモデルチェンジ後の発売日や価格帯

運転テストをする新型CLS

CLSのモデルチェンジは2018年初頭に行われると見られていて、価格帯は800万スタートになると考えられます。新しいLEDヘッドライトなどを装備して価格帯は据え置きになると購入するほうも嬉しいポイントです。

CLS2018モデル価格表予想
標準モデル 800万
上級モデル 1,000万
最上級モデル 1,350万
AMGモデル 2,000万

新型CLSはクーペモデルに集約

以前のCLSモデルは「クーペ」と「シューティングブレーク」の2モデルです。2018年モデルになり、スポーツワゴンのシューティングブレークを廃止してクーペのみの展開になりました。