新型ヤリス

新型ヤリスは2020年2月10日に日本国内で発売!エクステリア・インテリア・基本スペックを解説

新型ヤリスの最新情報を紹介!トヨタ・ヴィッツはヤリスへと車名を変更し東京モーターショー2019年に出展。2020年2月10日に日本国内で発売されます。エクステリアやインテリアのデザイン、先進装備、安全性能などを詳しくまとめました。

新型ヤリスは2020年2月10日に日本国内で発売!エクステリア・インテリア・基本スペックを解説

トヨタが新型ヤリスを発売!TNGAプラットフォーム採用でGRスポーツも順次発売予定

世界で車名を統一する新型ヤリスは、日本国内では2019年12月20日に発表して2020年2月10日に発売。ヤリスGRスポーツについては2020年10月に登場するとの噂が浮上しています。2019年10月の東京モーターショー開催中は、お台場のヴィーナスフォートに展示されました。

2020年3月までの受注目標台数を3万台に設定しているトヨタの新世代コンパクトカー「ヤリス」のエクステリア/インテリアデザインやパワートレイン、トヨタ初採用の先進機能などを徹底解説します!

ヤリスクロスが2020年8月に日本市場投入 ロバストを表現した力強いSUVに

ヤリスクロスのエクステリアヤリスクロスはロバストを表現する力強いスタイルが特徴

ヤリスクロスはジュネーブモーターショー2020でワールドプレミア予定だった新型SUVで、ジュネーブモーターショー2020の中止に伴い発表は後ろ倒しになっていましたが、2020年4月23日にトヨタ公式がヤリスクロスを正式発表しました。

ヤリスクロスオーバーのスタイリングはロバスト(頑強さ)を表現した直線基調のスタイルが特徴で、ヤリスからの派生車種と言ってもボディ形状やインテリア、足回りなどは全て専用設計になっているようです。
TNGAのGA-Bプラットフォームを採用するヤリスクロスのライバルはホンダのヴェゼルで、最低地上高を引き上げたアグレッシブなスタイルで販売台数を競います。

販売価格はC-HRより低く抑えた200万円スタートで、最上級モデルでも300万円を切るプライスになるようで、この辺りもヴェゼルを意識した価格設定にしていると考えます。
装備内容も電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド、ディスプレイオーディオを標準搭載している、コストパフォーマンスの高い1台になるでしょう。

欧州市場では2021年半ばに市場投入、日本市場では欧州市場より早い2020年10月頃に日本市場へ投入します。

  ガソリンモデル ハイブリッドモデル
ヤリスクロスの緒元
全長 4,180mm
全幅 1,765mm
全高 1,560mm
ホイールベース 2,560mm
エンジン 直列3気筒1.5L
ダイナミックフォースエンジン
直列3気筒1.5L
ダイナミックフォースエンジン+THS2
トランスミッション Direct Shift-CVT  
駆動方式 2WD(FF)/4WD 2WD(FF)/4WD(E-Four)

ヤリス・クロスオーバーと思われる開発車両をカメラが目撃!

トヨタ・ヤリスをベースとした新型コンパクトSUV「ヤリス・クロスオーバー」と思われるプロトタイプが、雪道でのテスト走行中の姿をスパイショットされました。

前から見たヤリスクロスオーバー プロトタイプヤリスクロスオーバー プロトタイプのフロントビュー

横から見たヤリスクロスオーバー プロトタイプヤリスクロスオーバー プロトタイプのサイドビュー

後ろから見たヤリスクロスオーバー プロトタイプヤリスクロスオーバー プロトタイプのリヤビュー

今回目撃された個体はカモフラージュが厚く、標準仕様の新型ヤリスにも見えますが、ワイドなフェンダーを装着するほか、リフトアップされていることからクロスオーバーモデルであると推測されます。
現時点では開発途中の段階と見られ、今後迫力のあるフェンダーアーチやアンダーガードなどを備えることで、よりSUVらしいエクステリアに近づくと考えられます。車内スペースもホイールベースを延長することで拡充されるでしょう。

ヤリス・クロスオーバーのパワーユニットは、1.5L直列3気筒ガソリンエンジン、1.5L直列3気筒エンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムの2つ。2020年夏までにはワールドプレミアを迎えるでしょう。

トヨタが新型ヤリスの受注状況を発表 1ヶ月でおよそ37,000台に到達!

トヨタは2020年3月10日、2020年2月10日に発売した新型ヤリスの受注状況を発表しました。 ヤリスのこの1ヶ月の受注台数は約37,000台と、月販目標台数としていた7,800台の約5倍。ハイブリッドモデルの内訳は約45%です。このうち人気のグレードは「Z」「G」の2グレードで、どちらも受注実績のうち30%を占めます。

装着率が高いのは、バックガイドモニターやインテリジェントクリアランスソナー、ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートアラート+インテリジェントクリアランスソナーなどのメーカーオプションです。

ワイドandローでスポーティーなデザインが特徴の新型ヤリスは、ハイレベルな安全装備や多彩な先進装備を有し、新開発となるTNGAプラットフォームを採用。今後も順調に販売台数を伸ばしていくと考えられます。

ヤリス新型クロスオーバーSUVの発表が延期に 2021年3月に発売予定

ジュネーブモーターショー2020でワールドプレミアを予定していたトヨタ・ヤリスベースの新型クロスオーバーSUVですが、ジュネーブモーターショー2020の開催を中止したため、発表が延期となりました。他のメーカーがオンラインストリーミングなどで新型モデルを発表する中、発表を延期したのは、発売時期は2021年3月を予定していて、世界初公開も急ぐ必要はないと判断したためとのこと。

プラットフォームにTNGA-Bを採用する新型クロスオーバーSUVはフランス「TMMF」で製造予定。パワートレインには1.5L直列3気筒ハイブリッドが採用されると予想されています。日本市場へ投入されるかは現時点では未定です。

ヤリスベースのSUVが2020年3月開催のジュネーブモーターショーに出展!

トヨタ新型コンパクトSUVのティザーイメージトヨタ公式が発表したヤリスSUVのティーザーイメージ

2020年3月に開幕するジュネーブモーターショーに、新型ヤリスをベースとしたSUVモデルが世界初公開されることが明らかになりました。新開発のG-ABプラットフォームに4輪駆動、パワートレインは新型ヤリスと同じハイブリッドシステムを採用します。システム全体での出力は115bhpに到達します。

ライバル車はルノーキャプチャーや日産ジュークで、全長はヤリスより数ミリほど延長され、全高が40mm程度高くなると見込まれています。クラスとしてはC-HRの下という位置付けです。

キャビン内には大型センタータッチスクリーンつきインフォテインメントシステム(Apple Car Play・Android Auto対応)、10インチサイズのヘッドアップディスプレイが搭載されると予想されます。

大阪オートメッセ2020にGRヤリスの特別仕様車「RZ“High-performance・First Edition”」が出展!

GRヤリス ハイパフォーマンスファーストエディションGRヤリス特別仕様車RZ“High-performance・First Edition”のエクステリア

2020年2月14日から3日間開催される大阪オートメッセで、GRヤリス特別仕様車「RZ“High-performance・First Edition”」が出展されました。大阪オートメッセ2020ではGRヤリスRZ“High-performance・First Edition”のほか、東京オートサロンでも出展されていたヤリスWRCやGTヤリス ラリーコンセプトなども展示されています。

今回出展されたのは鮮やかな「エモーショナルレッドII」のボディカラーに身を包んだ個体。RZ“High-performance・First Edition”のパワートレインは直列3気筒DOHC 1.6リッター直噴ターボエンジンに6速MTの組み合わせで、最高出力200kW(272PS)、最大トルク370Nmを発揮します。駆動方式は新開発のスポーツ4WDシステム“GR-FOUR”です。

GRヤリスが北米市場にも進出か トヨタの米国部門がツイッターでユーザーの意見を呼びかける

現在、欧州市場や日本に導入を予定しているGRヤリスですが、北米市場にも投入される可能性があります。
トヨタの米国部門は2020年1月30日、TwitterでGRヤリスの写真とともに北米投入を検討すべきか、顧客の意見を求めるツイートを投稿。これまでGRヤリスが北米市場に導入するという情報はありませんでした。しかし、この投稿に対するユーザーの反応次第では、北米投入の可能性も大いにあり得ます。

トヨタがヤリスをベースとしたSUVを開発中!デビューは2020年後半が濃厚か

トヨタの新型コンパクトSUVの画像ヤリスと同じTNGA-Bプラットフォームを採用する新型コンパクトSUVのティザーイメージ

現在トヨタが新しいコンパクトSUVを開発しており、ラインナップに追加するとの噂があります。
新型小型SUVのベースとなるのはヤリスで、車名は「ヤリス・クロス」。新世代プラットフォームの「TNGA-B」を採用します。クラスとしてはC-HRの下に位置し、ルノー・キャプチャーや日産ジュークなどがライバルにあたります。

ヤリスは全長3,940mm、C-HRは4,390mm(GR SPORTは4,385mm)のため、新型コンパクトSUVの全長は4mほどとなるでしょう。ヤリスと同等、またはそれ以上となるハイレベルな安全装備やApple Car Play/Android Auto対応の最新インフォテインメントシステムの搭載も期待されます。

欧州トヨタは今回発表した新型コンパクトSUVについて「2025年までにヨーロッパでのトヨタ販売台数の約30%を占める」と発表するなど、期待を寄せています。2025年に普及を目指すということで、パワートレインにはEVやPHVを搭載する可能性もあるでしょう。
グローバル市場で販売するかどうか明言されていませんが、北米やアジア地域でも販売する可能性があります。しかし日本市場を見ると、先日発売されたC-HRの下のクラスにあたるライズと競合するため発売を見送ることも考えられます。

東京オートサロンにGRヤリスが登場!2020年夏頃に発売を予定

GRヤリスFirst EditionのエクステリアGRヤリスFirst Edition

GRヤリス RALLY CONCEPTのエクステリアGRヤリス RALLY CONCEPT

GRヤリスCVT CONCEPTのエクステリアGRヤリスCVT CONCEPT

東京オートサロン2020で、ついにGRヤリスがワールドプレミアされました。今回展示されているのはGRヤリスFirst Edition、GRヤリス RALLY CONCEPT、GRヤリスCVT CONCEPTの3台です。

GRヤリス1st EditionGRヤリス1st Editionのエクステリア

GRヤリス1st Editionには、マットブラック塗装のディフューザーやスポイラーを採用することでスポーティーかつ精悍なスタイルを演出。ワイドandローなアスリートを思わせるボディフォルムが目をひきます。また、ルーフにフォージドカーボン素材を、左右リヤのドアパネルやエンジンフードにはアルミを採用するなどハイレベルな軽量性も追求しています。RZ"High performance"には18インチの鍛造アルミホイールが装着されます。

新開発の1.6L直列3気筒直噴ターボエンジン「G16E-GTS」は最高出力272ps(200kW)、最大トルク37.7kgf·m(370Nm)のハイパフォーマンスを発揮。トランスミッションは6速マニュアルトランスミッションを組み合わせます。

GRヤリスRZ"High  performance"の内装GRヤリスRZ"High performance"のインテリア

コックピットはGRヤリス専用デザインを反映し、スポーツ走行に適した作りに。スモークシルバーの加飾がクールです。プレミアムスポーツシートやJBLサウンドシステムなどのプレミアムな専用装備を用意します(RZにはスポーツシートが設定されます)。

なお、GRヤリスの発売時期は2020年夏ごろを予定。先行予約限定モデルの特別仕様車「 RZ“First Edition”」「RZ“High-performance・First Edition”」を設定し、2020年1月10日から6月30日まで先行予約受付を行います。特別仕様車 RZ“First Edition”は3,960,000円、RZ“High-performance・First Edition”は4,560,000円です。

GRヤリスの先行予約は順調なようで、発表の場であった東京オートサロン期間中に約1,000台の予約を受け付けたと公式発表がありました。その後2020年1月19日時点で約2,000台に達したということです。
内訳はハイパフォーマンスが予約数の8割を占めるなど、本格的なスポーツモデルを望んでいたユーザーが多い事がわかります。

GRヤリス特別仕様車 RZ“High-performance・First Edition”の主要諸元表
全長 3,995mm
全幅 1,805mm
全高 1,460mm
車両重量 1,280kg
乗車定員 4名
エンジン 直列3気筒DOHC直噴ターボチャージャー(G16E-GTS)
排気量 1,618cc
最高出力 200kW(272PS)
最大トルク 370Nm(37.7kgm)
トランスミッション iMT(6速マニュアルトランスミッション)
駆動方式 4WD
差動装置 スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”
トルセンLSD×2(フロント、リヤ)
電子制御多板クラッチセンターデファレンシャル
4WDモードダイヤルスイッチ(NORMAL/SPORT/TRACK)
サスペンション フロント:マクファーソンストラット式
リヤ:ダブルウィッシュボーン式
ブレーキ フロント:ベンチレーテッドディスク
リヤ:ベンチレーテッドディスク
タイヤ フロント:225/40ZR18
リヤ:225/40ZR18

トヨタ・GRヤリスが東京オートサロンでワールドプレミア!

新型ヤリスGRのエクステリア最終テスト走行中のGRヤリス

2020年1月開催の東京オートサロンで、トヨタはGRヤリスを世界初公開すると発表しました。
GRヤリスはTOYOTA GAZOO Racingが手掛けるGRスープラに次ぐスポーツモデル。12月11日からは、豊田章男氏がGRヤリスの最終テストを行った動画も配信されています。12月15日のTOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2019でもテストカーの走行を実施します。

GRヤリス プロトタイプのワールドプレミアが延期に…WRCラリー・オーストラリア中止のため

GRヤリスのプロトタイプが2019年11月17日のラリー・オーストラリアにて初公開される予定でしたが、ニューサウスウェールズ州で発生した森林火災のため、トヨタ・オーストラリア部門が延期を発表しました。
GRヤリス プロトタイプのワールドプレミアの予定については現時点では未定で、決まり次第公表するとのことです。

Toyota GR Yaris Prototype「GR-4」のティーザーイメージが発表!

Toyota GR Yaris Prototype「GR-4」のティーザー画像Toyota GR Yaris Prototype「GR-4」のティーザー画像

Toyota GAZOO Racingが2019年11月6日、GRヤリス プロトタイプ「GR-4」のティーザー画像を発表しました。GR-4は2019年11月17日に開催されるラリー・オーストラリアで実車を公開することが分かっています。

公開されたティーザーイメージには、GR-4のリヤスタイルが写っています。ダズル迷彩のカモフラージュのボディにC型形状のテールランプが点灯し、その横にGR YARISのロゴバッジが配置されています。パワートレインは従来モデルから変更になる、あるいはチューンする可能性が高く270psを超えてくると言う噂もあるので期待が高まります。

新型ヤリスはTNGAプラットフォーム(GA-B)を初採用

新型ヤリス

新型ヤリス新型ヤリス カラーによって印象が違う

新型ヤリスの諸元表新型ヤリスの諸元表

初採用となるTNGAプラットフォーム(GA-B)でねじり剛性・軽量性を両立した新型ヤリス。環状構造ボディやフロントサイドメンバ×メンバリヤ結合を採用したことで、強度を高め、衝突時のダメージを軽減しています。

サスペンションについては、フロントはマクファーソンストラット式を採用し、軸を最適化してアブソーバの摺動摩擦を減らしています。2WD駆動のヤリスのリヤにはトーションビーム式を、4WD駆動のE-Fourには2リンク・ダブルウィッシュボーン式を採用して安定性を追求。低重心ボディで乗り心地のよい一台になりました。

新型ヤリスのエンジンシステム新型ヤリスのエンジンシステム

ガソリンモデルにはグレードごとに「直列3気筒1.0Lエンジン」と新開発の「直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン」、ハイブリッドモデルには「M15A 1.5L ダイナミックフォースエンジン」を搭載、トランスミッションはCVTまたは6MTが用意されています。

トヨタ・ヤリスのグレード構成
グレード X X “M package” G X G Z X G Z
エンジン 1KR(1.0L) M15A(1.5Lダイナミックフォースエンジン)
トランスミッション Super CVT-i Direct Shift-CVT 6速マニュアル
駆動 2WD(FF) 2WD(FF)または4WD 2WD(FF)
グレード HYBRID X HYBRID G HYBRID Z
エンジン リダクション機構付のTHSⅡ(M15A 1.5L ダイナミックフォースエンジン)
駆動 2WD(FF)またはE-Four(電気式4WDシステム)

新型ヤリスのグレード別の販売価格は1,395,000円から2,493,000円 燃費は35.8km/L

新型ヤリスには1.0Lガソリン、1.5Lガソリン、1.5Lハイブリッドの3つのパワートレインを設定。1.0LガソリンのグレードにはXとG、1.5LガソリンとハイブリッドにはXとGとZのグレードを設定しています。

新型ヤリスのエントリーグレードは1.0LガソリンモデルのBパッケージで1,395,000円。ホンダの軽自動車N-BOXのエントリーグレードが1,411,300円なのでお買い得感の強い価格設定になりました。

新型ヤリスのグレード別販売価格・燃費一覧
エンジン グレード 駆動方式 ミッション 販売価格 WLTCモード燃費
1.0Lガソリン X Bパッケージ 2WD(FF) CVT 1,395,000円~ 20.2km/L
X 1,455,000円~ 20.2km/L
G 1,613,000円~ 20.2km/L
1.5Lガソリン X 2WD(FF) 6速MT 1,543,000円~ 19.6km/L
CVT 1,598,000円~ 21.6km/L
4WD CVT 1,831,000円~ 19.2km/L
G 2WD(FF) 6速MT 1,701,000円~ 19.6km/L
CVT 1,756,000円~ 21.4km/L
4WD(CVT) CVT 1,954,000円~ 19.2km/L
Z 2WD(FF) 6速MT 1,871,000円~ 19.6km/L
CVT 1,926,000円~ 21.6km/L
4WD(CVT) CVT 2,124,000円~ 19.2km/L
1.5Lハイブリッド X 2WD(FF) CVT 1,998,000円~ 36.0km/L
4WD(E-four) 2,241,000円~ 30.2km/L
G 2WD(FF) 2,130,000円~ 35.8km/L
4WD(E-four) 2,338,000円~ 30.2km/L
Z 2WD(FF) 2,295,000円~ 35.4km/L
4WD(E-four) 2,493,000円~ 30.2km/L

新型ヤリスのエクステリアは「B-Dash!」をコンセプトとした躍動感あふれるスタイル

新型ヤリスのデザインコンセプトイメージ新型ヤリスのデザインコンセプトイメージ

今回登場したトヨタ・ヤリスは「B-Dash!」をデザインコンセプトとしています。「B-Dash!」の”B”は「大胆(BOLD)」「活発(BRISK)」「美しく(BEAUTY)」の頭文字を取ったものです。
鋭いヘッドライトはアグレッシブなフロントマスクを表現。ボディ全体はアスリートのように肉感的で、今にも駆け出すかのような躍動的なエクステリアデザインになっています。

新型ヤリスのボディカラー一覧

  • コーラルクリスタルシャイン(33,000円高)
  • アイスピンクメタリック
  • サーモテクトライムグリーン(44,000円高)
  • シアンメタリック
  • ダークブルーマイカメタリック
  • センシュアルレッドマイカ(33,000円高)
  • ボルドーマイカメタリック
  • ブラック
  • アバンギャルドブロンズメタリック
  • シルバーメタリック
  • ホワイトパールクリスタルシャイン(33,000円高)
  • スーパーホワイト2
  • ブラック×コーラルクリスタルシャイン(77,000円高)
  • ブラック×アイスピンクメタリック(55,000円高)
  • ブラック×シアンメタリック(55,000円高)
  • ブラック×アバンギャルドブロンズメタリック(55,000円高)
  • ホワイト×センシュアルレッドマイカ(77,000円高)
  • ホワイト×ブラック(55,000円高)

コーラルクリスタルシャインコーラルクリスタルシャイン(33,000円高)

アイスピンクメタリックアイスピンクメタリック(33,000円高)

サーモテクトライムグリーンサーモテクトライムグリーン(44,000円高)

シアンメタリックシアンメタリック

ダークブルーマイカメタリックダークブルーマイカメタリック

センシュアルレッドマイカセンシュアルレッドマイカ(33,000円高)

ボルドーマイカメタリックボルドーマイカメタリック

ブラックブラック

アバンギャルドブロンズメタリックアバンギャルドブロンズメタリック

シルバーメタリックシルバーメタリック

ホワイトパールクリスタルシャインホワイトパールクリスタルシャイン(33,000円高)

スーパーホワイト2スーパーホワイト2

ブラック×コーラルクリスタルシャインブラック×コーラルクリスタルシャイン(77,000円高)

ブラック×アイスピンクメタリックブラック×アイスピンクメタリック(55,000円高)

ブラック×シアンメタリックブラック×シアンメタリック(55,000円高)

ブラック×アバンギャルドブロンズメタリックブラック×アバンギャルドブロンズメタリック(55,000円高)

ホワイト×センシュアルレッドマイカホワイト×センシュアルレッドマイカ(77,000円高)

ホワイト×ブラックホワイト×ブラック(55,000円高)

ボディカラーには新規カラーの「アイスピンクメタリック」「コーラルクリスタルシャイン」を含め12色がラインナップ。さらにホワイトやブラックのルーフカラーを用意し、6タイプの2トーンカラーもセレクト可能となりました。

新型ヤリスGR PARTS(TRD) 装着車のエクステリア新型ヤリスGR PARTS(TRD) 装着車のエクステリア

なお、2019年10月18日にオープンしたTRDの先行サイトでは、新型ヤリスにGR PARTS(TRD)を装着したフルエアロのエクステリア画像が公開されています。

新型ヤリス モデリスタカスタマイズのエクステリア新型ヤリス モデリスタカスタマイズのエクステリア

新型ヤリスのTRDアエロパーツTRDヤリスのエクステリアパーツ

新型ヤリスのTRDホイールTRDヤリスの16インチアルミホイールセット

TRDヤリスでは、ブラックとレッドのカラーリングでスポーティーに仕上げ、標準仕様よりもさらに厳ついアグレッシブなスタイリングに。GRスポーツサイドバイザーはハンドリング性能アップに貢献します。
足元には16インチのマットブラック鍛造アルミホイールを装着。その他、IRカットフィルムやGR サイドデカール、GR フロントバンパーガーニッシュなどもラインナップしています。

2019年10月22日には、モデリスタから新型ヤリスのカスタマイズパーツ装着車の画像が発表されました。モデリスタパーツは2020年2月頃からの発売を予定しています。

新型ヤリスのモデリスタエアロパーツモデリスタのヤリス専用エアロパーツ

新型ヤリスのモデリスタカス外装パーツモデリスタのヤリス専用エクステリアパーツ

「小粋足車~日々を楽しく気持ちよく走れるお洒落コンパクト~」をコンセプトに、質感の高いメッキ加飾をあしらったフロントスポイラーやボディ同色のリアバンパーガーニッシュ、リアスパッツ、サイドスカートを用意。これら4商品をセット販売する「MODELLISTA エアロパーツセット」もラインナップされます。

新型ヤリスのモデリスタカスタム内装パーツモデリスタのヤリス専用インテリアパーツ

インテリアでは、チェック柄をアクセントに加えたキャメル×ネイビーのシートカバーと、キャメルウッドカラーのインテリアパネルを販売。上質なぬくもりを感じられるカラーコーディネートで、ヤリスの室内が一気にラグジュアリーな空間となります。

新型ヤリスのインテリアはスポーティーで居心地の良い室内空間

新型ヤリスのインテリアイメージ新型ヤリスのインテリアイメージ

新型ヤリスのインテリアは無駄のないシンプルなデザインとしています。上方にレイアウトされたディスプレイオーディオは全車に標準装備され、Apple CarPlay・Android Autoにも対応(オプション設定)。スマートフォンとの連携やコネクティッドサービスの利用も可能です。ヘッドアップディスプレイはグレード別で設定します。

また、スポーティーで操作性に優れた小径ステアリングホイールを採用しており、車との一体感も高まります。

新型ヤリスのシートやセンターコンソール周り新型ヤリスのシートやセンターコンソール周り

ヤリスのシートはグレードごとに異なる素材やカラーを設定。「ブラック」「クレアトープ」「トープ」など落ち着きのあるカラーリングで、シート表皮にはファブリックや合成皮革を採用します。

新型ヤリスは先進予防安全パッケージ「トヨタ・セーフティ・センス」を標準装備!快適装備も充実

新型ヤリスはトヨタ独自の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を、“M package”以外の全グレードに標準装備しています。

高度駐車支援システム「Advanced Park」

Advanced Park

さらにトヨタ初となる高度駐車支援システム「アドバンストパーク」や、二次衝突のダメージを最小限とする「セカンダリーコリジョンブレーキ」、トヨタ初機能の”交差点シーン対応”となる「プリクラッシュセーフティ」、バック時に左右後方から来る車両を検知しブレーキ操作を行う「リヤクロストラフィックオートブレーキ」、車線変更の際、斜め後方の車両を検知する「ブラインドスポットモニター」など、多彩な機能をメーカーオプションで用意します。

アドバンストパークでは、白線がない駐車場の駐車位置を記録してパーキング操作を支援する機能が備えられています。切り返しをしないことを目指しており、素早い駐車操作を実現しています。駐車速度も遅め、標準、速めといった3段階でセレクト可能です。

その他にも、前回乗車時と同じドライビングポジションを簡単に設定できる「イージーリターンシート」、フロントシートを回転させ乗降をスムーズに行える「ターンチルトシート」を用意。

また、ハイブリッドモデルにはオプションでAC100V アクセサリーコンセントが設定されます。このアクセサリーコンセントを装備することで、AC100V 最大消費電力1500W以下の家電の使用が車内でも可能に。パーキングブレーキとフットブレーキを作動し、「AC100V」スイッチをプッシュすると作動します。

発電機・電源としても使用可能で、ガソリン満タン時にはおよそ4日間持つとのこと。アウトドアや停電が起こった緊急時においても活躍してくれます。

新型ヤリスのラゲッジルームはシートアレンジ多彩で高い積載性を誇る!

新型ヤリスのラゲッジスペース

新型ヤリスのシートアレンジ

新型ヤリスの荷室スペースは広々としていて、開口部が大きく積載性に優れます。後部座席は6:4分割可倒式を採用。操作も簡単で、荷物や乗車人数に合わせて多彩なシートアレンジを実現します。
HYBRID Z・Zの2WDに標準装備されているアジャスタブルデッキボードでは、荷室フロア高を2段階で調整可能です。

新型ヤリスの室内収納スペース

気の利く収納スペースも前後左右席に散りばめられている新型ヤリス。ボトルホルダーやシートバックポケット、グローブボックス、シートアンダートレイなどがコンパクトな車内の中に用意されています。

新型ヤリスが2020年2月10月に発売開始

日本国内では発売に先駆けて東京モーターショー2019へ出展した新型ヤリス。新開発のプラットフォームを採用し、さまざまな先進装備を備える本モデルは、従来のヴィッツを超える一台となることは確実です。
同じくコンパクトクラスのホンダフィットも2020年2月に発売するため、ライバル同士の販売台数にも注目しましょう。