BMW MINI マイナーチェンジ

BMWミニがマイナーチェンジで発売開始!インテリアや外装・強化されたトランスミッション

ミニがマイナーチェンジを行いました。キュートなルックスとゴーカートフィーリングが世界的に評価される「ミニ」の新型モデルの情報です。エクステリアやインテリアの特徴、進化したトランスミッションの魅力、グレード別の販売価格についても取り上げます。

BMWミニがマイナーチェンジで発売開始!インテリアや外装・強化されたトランスミッション

ミニの新型モデルが2018年5月16日、日本で発売をスタート

その愛らしいキュートなルックスと、ゴーカートフィーリングとも呼ばれる走行中の臨場感を誇る、「ミニ」は世界中で人気のコンパクトハッチバックです。

ミニの親会社であるBMWの日本法人は、マイナーチェンジを行って誕生した新型「MINI3ドア」「MINI5ドア」「MINIコンバーチブル」を、2018年5月16日から日本でも発売する事を発表しました。

ここでは、新型モデルの内外装の特徴や、マイナーチェンジ後のグレード別の販売価格、強化されたトランスミッションの魅力についても紹介します。

ロゴマークは平面的となり、リヤコンビランプはユニオンジャックのデザインを採用

新型ミニのフロントビュー六角形のワイドなフロントグリルが特徴

日本市場では、2018年5月16日に発売をスタートした新型ミニも、特徴的な丸形ヘッドライトやフォグランプ、ワイドサイズの六角形フロントグルリを採用します。

新型ミニのヘッドライトヘッドライトにLEDデイライトを標準装備

丸形ヘッドライトは、LEDのデイタイムランニングランプを標準装備させて、デザイン以外の安全性にも力を入れています。

新型ミニのロゴマーク最新のミニのロゴマーク

MINIのロゴマークは、最新のCI(コーポレート・アイデンティティ)に基づいて、平面的な新しいデザインに変更されました。

新型ミニのサイドビュー丸みを強調する配色で個性抜群のスタイリングに

フェンダーアーチモールやルーフ部に配色するツートンカラーや、丸みを帯びたシルエットがミニのサイドビューに個性を与えます。

新型ミニのリヤビューリヤコンビネーションランプにはユニオンジャックをデザイン

リヤビューでは、ミニのルーツであるイングランドをイメージさせる、ユニオンジャックのデザインを取り入れた左右非対称のコンビネーションランプが特徴的です。

新型ミニのテールランプ個性的なリヤコンビネーションランプ

リヤコンビネーションランプは、夜間走行時には、オシャレな光であたりを照らすことで、更なる個性を発揮します。

ミニ・マイナーチェンジ後のインテリアの特徴

新型ミニのインパネ新型ミニもクラシカルデザインを引き続き採用

ミニのエクステリアはクラシカルな雰囲気が漂っていますが、インテリアは、コックピットを中心に「MINI Connected」等のデジタルなパーツが存在感を発揮します。

新型ミニのステアリングスイッチシンプルで使いやすいステアリングスイッチ

ステアリングホイールのセンター部の左右設置される、パドルシフトを操作すれば、運転の爽快感は高まります。

新型ミニのインフォテインメントディスプレイタッチスクリーンのMINI Connected スマートフォンとも連動

「MINI Connected」は、タッチスクリーン操作で簡単に音楽などのメディアを利用でき、外部との通信を行う事で様々なサービスを受けることができます。また、スマホアプリと連携させれば、更なる利便性を追求できます。

新型ミニのヘッドアップディスプレイ視認性の高いグラフィカルHUD

ミニに搭載されるヘッドアップディスプレイは、運転をサポートするマルチな情報をグラフィカルに表示します。

新型ミニの空調スイッチ空調スイッチも可愛らしいデザイン

空調設備等を起動及び調整できる、操作スイッチは使いやすさに配慮しながらも、デザインにもこだわります。

新型ミニのリヤシートミニらしさを感じるハイセンスなリヤシート

リヤシートはミニらしく、キュートさとブリティシュテイストの格式が備わるデザインを採用します。

新型ミニのインパネ装飾インパネ上部のユニオンジャックが浮かび上がる装飾

助手席側のインパネ上部には、バックライトが備わるデジタル装飾パーツが設置されます。同パーツでは、ブルーやオレンジのカラーが鮮やかにユニオンジャックを映し出します。

マイナーチェンジでトランスミッションは強化された

2018年5月16日に日本でも発売を開始した、新型ミニのトランスミッションは強化され、ミニの醍醐味とも言えるゴーカートフィーリングもアップしました。

今回のマイナーチェンジでは、ジョンクーパーワークス(JCW)以外のグレードのガソリンエンジン車は、2ペダル・トランスミッションから、よりダイレクトな操作感覚を楽しめる7速ダブル・クラッチ・トランスミッションへと刷新し、シフトノブは電子制御式を採用します。

一方のJCWのディーゼル車では、6速MTに加えて、新開発の8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションを導入します。

エンジン性能は前モデルと変わらない

ミニは、マイナーチェンジ後も、1.5L直列3気筒、2.0L直列4気筒のガソリンエンジンとディーゼルエンジンを設定です。

今回のマイナーチェンジでは搭載するエンジンに変更はなく、排気量・パワーともに前モデルからの変化はありません。

ミニ 3ドアのスペック
グレード MINI ONE 3ドア (6MT)
全長 3,835mm
全幅 1,725mm
全高 1,430mm
ホイールベース 2,495mm
総排気量 1.498L
エンジン 水冷直列3気筒ガソリンエンジン
最高出力 75kW/3,900rpm
最大トルク 190Nm/1,380‐3,600rpm
乗車定員 5名
販売価格 238万円~

マイナーチェンジでミニはコネクテッド機能を充実させる

新型ミニのMINI Connectedドライバーとミニを繋ぐMINI Connectedを標準装備

ミニは、エントリーグレードであるMINI ONE以外のグレードに、ドライバーとクルマ、それらを取り巻く周辺環境をネットワークでつなぐ、総合テレマティクスサービス「MINI Connected」を標準装備させます。

車がネットワークとつながる事で、外部との通信が可能となり様々な情報提供を受けることができます。「MINI Connected」では、事故が発生した際のSOSコールを自動的に行う、メンテネンス情報の自動通知、オペレーターによるサポートを有償で行うサービス等を可能とするシステムを構築します。

新型ミニのMINI ConnectedアプリMINI Connectedは専用アプリを使って車両情報を確認できる

また、Apple向けのスマートフォンアプリ「MINI Connectedアプリ」と連動させれば、車両の位置情報の入手、遠隔操作によるドアの施錠・解錠、事前に検索した目的地情報をカーナビに送信して、速やかな目的地検索を行う事も可能です。

ミニのマイナーチェンジ後の販売価格

ミニマイナーチェンジ後の販売価格を機種ごとに、グレード別に紹介します。その価格帯は、238万円~523万円と幅広く展開している事も、日本市場で販売台数が増える理由の一つとして挙げられます。

MINI 3ドア
グレード 販売価格
MINI ONE 3ドア(6MT) 238万円~
MINI ONE 3ドア(7AT<DCT>) 256万円
MINIクーパー 3ドア(6MT) 294万円~
MINIクーパー 3ドア(7AT<DCT>) 312万円~
MINIクーパーD 3ドア(6AT) 329万円~
MINIクーパーS 3ドア(6MT) 354万円~
MINIクーパーS 3ドア(7AT<DCT>) 372万円~
MINIクーパーSD 3ドア(6AT) 389万円~
MINI JCW(6MT) 432万円~
MINI JCW(8AT) 450万円~
MINI 5ドア
グレード 販売価格
MINI ONE 5ドア(7AT<DCT>) 271万円~
MINIクーパー5ドア(7AT<DCT>) 328万円~
MINIクーパーD 5ドア(6AT) 347万円~
MINIクーパーS 5ドア(7AT<DCT>) 388万円~
MINIクーパーSD 5ドア(6AT) 407万円~
MINI コンバーチブル
グレード 販売価格
MINI クーパーコンバーチブル(7AT<DCT>) 373万円~
MINIクーパーS コンバーチブル(7AT<DCT>) 425万円~
MINI JCW コンバーチブル(8AT) 523万円~

ミニはマイナーチェンジ後も販売台数を伸ばし続ける

ミニは、世界的に有名なコンパクトハッチバックです。コンパクトハッチバック市場は、多くの自動車メーカーが参入するシェア争いの激しい市場です。そうした中でも、ミニは2009年から2017年まで8年連続で日本市場においての販売台数を増やし続けています。

2017年の販売台数は2万5427台と、2009年の販売台数と比較すれば+131%もの数値を記録します。販売台数が好調な理由には、様々なボディタイプとパワートレインを用意し、ラインナップを豊富とし、その中からユーザーが最も満足できる1台を見つけることができるという、経営戦略が大きく関わっています。

今回は、「3ドア」「5ドア」「コンバーチブル」といった基幹モデルのマイナーチェンジが行われました。ユニオンジャックデザインの左右非対称のリヤコンビネーションランプを採用し、新開発の7速DCTトランスミッションを搭載し、コネクテッド機能も充実させました。

マイナーチェンジによって、更なる魅力を増したミニは、2018年以降も日本市場での販売台数を伸ばし続けます。