ボルボS60のフルモデルチェンジ

VOLVO S60がフルモデルチェンジ!全グレードに先進安全システム「インテリセーフ」標準装備

S60がフルモデルチェンジし3代目モデルへ移行。S60はボルボのミッドサイズセダンでスポーティーな走りと美しい内外装が特徴。特別仕様車「S60 T8 Polestar Engineered」も同時発売しましたが、こちらは発売初日で完売となりました。

VOLVO S60がフルモデルチェンジ!全グレードに先進安全システム「インテリセーフ」標準装備

ボルボS60がフルモデルチェンジで新型モデルに進化!エクステリア・インテリア・安全装備などを紹介

ボルボのプレミアム・ミッドサイズスポーツセダンであるS60が8年ぶりにフルモデルチェンジされ、2019年11月5日より日本市場に投入されました。

新型S60は2018年に稼働をスタートした米国サウスカロライナ州のチャールストン工場で初めて生産が行われたモデルです。これからの電動化に向けて、ディーゼルエンジンは設定されていません。従来モデルよりも全幅を15mm抑え、日本の道路状況を考慮したボディサイズとした使い勝手の良い一台としています。

今回のフルモデルチェンジで3世代目を迎えたボルボ新型S60のエクステリア・インテリア、基本スペックや安全装備などを詳しく掘り下げていきます。

新型ボルボS60のグレード構成や価格設定など基本スペックをチェック!特別仕様車「T8 Polestar Engineered」は初日に完売

VOLVOの新型S60は「T4 Momentum」「T5 Inscription」「T6 Twin Engine AWD Inscription」の3グレード構成です。価格はT4 Momentumが489万円、T5 Inscriptionが614万円、T6 Twin Engine AWD Inscriptionが779万円となります。

なお、発売時点では特別限定車「T8 Polestar Engineered」も30台限定、919万円で販売されていましたが、発売初日で既に完売するほどの人気ぶりでした。2020年夏にはV60やXC60にも特別限定車「T8 Polestar Engineered」を追加設定するとのことです。

T4 MomentumとT5 InscriptionのパワートレインにはDrive-E 2.0リッター4気筒直噴ガソリンターボエンジンを搭載。トランスミッションは電子制御式8速ATギアトロニックを採用します。
T6 Twin Engine AWD InscriptionとT8 Polestar EngineeredはDrive-E 2.0リッター4気筒直噴ターボスーパーチャージャーガソリンに電気モーターを組み合わせます。

新型S60の諸元リスト
グレード T4 Momentum T5 Inscription T6 Twin Engine AWD Inscription T8 Polestar Engineered
(特別限定車)
エンジン Drive-E 2.0リッター4気筒直噴ガソリンターボエンジン Drive-E 2.0リッター4気筒直噴ターボスーパーチャージャーガソリン+電気モーター
最高出力 140kW 187kW 186kW
(電気モーターは65kW)
333kW
(電気モーターは65kW)
最大トルク 300Nm 350Nm 350Nm
(電気モーターは240Nm)
430Nm
(電気モーターは240Nm)
トランスミッション 電子制御式8速AT(ロックアップ機構つき)ギアトロニック
前2輪駆動方式
電子制御式8速AT(ロックアップ機構つき)ギアトロニック
電子制御AWDシステム(エンジン+モーター)
価格 4,890,000円 6,140,000円 7,790,000円 9,190,000円

ボルボ新型S60のエクステリアは従来のスポーティーなスタイリングはそのままに先進性をプラス

ブラックブラック

アイスホワイトアイスホワイト

バーチライトメタリックバーチライトメタリック

オニキスブラックメタリックオニキスブラックメタリック

ペブルグレーメタリックペブルグレーメタリック

パイングレーメタリックパイングレーメタリック

ブライトシルバーメタリックブライトシルバーメタリック

サヴィルグレーメタリックサヴィルグレーメタリック

オスミウムグレーメタリックオスミウムグレーメタリック

フュージョンレッドメタリックフュージョンレッドメタリック

デニムブルーメタリックデニムブルーメタリック

クリスタルホワイトパールクリスタルホワイトパール

メーブルプラウンメタリックメーブルプラウンメタリック

新型S60のボディカラーは全13色がラインナップ。ショルダーラインはすっきりとした印象で、4,760mm、全幅1,850mm、全高1,435mm、ホイールベース2,870mmとちょうどいいサイズ感です。T字型LEDヘッドライトとC字型が向かい合ったLEDテールランプを搭載し、先進的でスタイリッシュなデザインとなっています。

新型ボルボS60のインテリアはスカンジナビアンデザインで上質な室内空間を演出!上級グレードInscriptionだけの特別装備にも注目

S60 MomentumのインテリアS60 Momentumのインテリア

ボルボS60 Momentumのインテリアにはスタイリッシュなアイアンオレ・アルミニウム・パネルを採用。モダンで落ち着きのあるデザインとしていて、 “City Weave”のT-Tec/テキスタイル・コンビネーション表皮またはチャコールカラーのシート表皮が標準装備となります。オプションでレザーシートもセレクト可能です。

S60 InscriptionのインテリアS60 Inscriptionのインテリア

ナチュラルな風合いが魅力のドリフト・ウッド・パネルを標準装備としたボルボS60 Inscriptionのインテリア。パーフォレーテッド・ファインナッパレザー素材のシート表皮が標準装備され、上質な座り心地を実現しています。シートカラーはアンバーやチャコール、ブロンドなどが用意されています。

なお、8way電動調整機構はInscriptionに標準装備、Momentumにオプションで装備可能。マッサージ機能やシートベンチレーション機能、電動クッション・エクステンション、電動クッション・エクステンションなどはInscriptionに標準装備され、快適な座り心地を提供します。

新型S60に搭載されるタッチスクリーン式センターディスプレイ新型S60に搭載されるタッチスクリーン式センターディスプレイ

タッチスクリーン式センターディスプレイは9インチと大きく操作性に優れ、手袋を装着していても操作が可能です。ディスプレイには映り込み防止の特殊コートが施されており視認性も高い作りとなっています。A60 Inscriptionグレードはヘッドアップ・ディスプレイを標準装備し、走行中の情報チェックも容易に行えます。

インフォテインメントシステムにはApple Car PlayやAndroid Autoに対応する「SENSUS(センサス)」を採用。ナビゲーション機能のほか、通話やエアコン・オーディオの設定などが統合されています。

Inscriptionに標準装備されるharman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステムInscriptionに標準装備されるharman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム

Bowers and  Wilkinsプレミアムサウンド・オーディオシステムはInscriptionにオプションで装備可能Bowers and Wilkinsプレミアムサウンド・オーディオシステムはInscriptionにオプションで装備可能

A60 Inscriptionグレードには高音質オーディオシステムのharman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステムを標準装備。クリアでリアルな音質をユーザーに届けます。メーカーオプションでは黄色のスピーカーコーンが目立つBowers and Wilkinsプレミアムサウンド・オーディオシステムも用意されています。

オプション装備の電動パノラマ・ガラス・サンルーフはチルトアップ機構つきオプション装備の電動パノラマ・ガラス・サンルーフはチルトアップ機構つき

車内に気持ちの良い自然光が入るチルトアップ機構つき電動パノラマ・ガラス・サンルーフは、ボルボのセダンモデルでは初めての採用。新型S60の全グレードにオプションで装備できます。

新型ボルボS60は「IntelliSafe(インテリセーフ)」を全モデルに標準装備!

ボルボ新型S60にはVOLVO独自の運転支援・安全装備システムである「IntelliSafe(インテリセーフ)」を採用し、全グレードに標準装備しています。IntelliSafeの主な機能は以下の通りです。

IntelliSafeの主な機能

  • 歩行者・サイクリスト・大型動物検知機能
  • 対向車対応機能
  • インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)
  • ステアリング・サポート(衝突回避支援機能)
  • 衝突回避・被害軽減ブレーキ機能付 CTA(クロス・トラフィック・アラート)
  • 被追突時警告機能(静止時ブレーキ維持機能付)
  • ステアリング・アシスト付BLIS(後車衝突回避支援機能付ブラインドスポット・ インフォメーション・システム)
  • 全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
  • LKA(レーン・キーピング・エイド)
  • LCMA(レーン・チェンジ・マージ・エイド)
  • オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)
  • パイロット・アシスト(車線維持支援機能)
  • RSI(ロード・サイン・インフォメーション) / DAC(ドライバー・アラート・コントロール)
  • フル・アクティブ・ハイビーム(LEDヘッドライト)
  • パーク・アシスト・パイロット(縦列・並列駐車支援機能)
  • 360°ビューカメラ

シートやシステム構造についても事故による衝撃を吸収するよう作られており、上記の先進安全機能と連携しながらドライバーや乗員、対象物へのダメージを最小限とします。子供の安全を守るチャイルドセーフティも充実しています。

VOLVOのミッドサイズセダンS60はフルモデルチェンジでよりプレミアムな一台に

ボルボS60は8年ぶりのフルモデルチェンジを経て、内外装のデザインをブラッシュアップし先進装備を充実させました。ボルボ車の大きな魅力である優れた安全装備もしっかりと完備し、かつ走る喜びを感じられる一台です。

近年ではセダン人気の低迷もささやかれていますが、新型S60と同時発売されたハイエンドパフォーマンスセダン「T8 Polestar Engineered」は発売初日で完売。先進技術をプラスし、セダンならではのプレミアムな移動空間を提供することで、新規ユーザーの取り込みが期待されます。