アウディSQ8

アウディSQ8がカモフラなしで目撃!ローフォルムかつ攻めの走りを予感させるデザイン

アウディSQ8がカモフラージュなしで目撃されました!Q8のスポーティーモデルとなるSQ8は、エクステリアは大幅に変わりませんがグリルやマフラーエンドが変更になっています。搭載エンジンは3.0Lガソリン+モーターかSQ7の4.0Lディーゼルターボと見られていてパワフルな走りに期待できます。

アウディSQ8がカモフラなしで目撃!ローフォルムかつ攻めの走りを予感させるデザイン

アウディの新型モデル「SQ8」が登場!発表は2019年の予定か?

アウディのフラッグシップSUVであるQ8がアウディ・ブランド・サミットで初公開されましたが、早くもスポーティーモデルであるSQ8が公式ではないですがカモフラージュなしで登場しています。標準モデルのQ8との違いはどこにあるのでしょうか?

さっそく、エクステリアの違いや搭載エンジンなど、新型SQ8のパフォーマンスをチェックしていきましょう。一体、Q8からどのように手が加えられどのように進化しているのか探っていきます。

アウディSQ8と見られる車両がカモフラージュなしで目撃され細かい部分が変更されているのが分かる

アウディ新型SQ8のフロントビューSQ8のフロントグリルはブラック塗装に変更

アウディ新型SQ8のサイドビューベースのQ8と見た目は変わらないがローダウンしたスタイルになっている

新しいアウディのスポーティーモデルであるSQ8がニュルブルクリンク付近でカモフラージュなしで登場し話題を呼んでいます。そのスタイリングは発表されたQ8とほぼ変わりませんが、全体的にローフォルムで重心が低くなっていること、グリルがブラックになっていてシンプルなデザインになっていることがうかがえます。

アウディ新型SQ8のリアビューSQ8はマフラーの形状やディフューザーのカラーが変更されている

リアビューを見るとフォルムはほとんど変わっていませんが、リアバンパーのディフューザーがブラックアウトしていてマフラー出口も四角ではなく楕円の2本出しマフラーがデュアルに分かれたデザインです。リアハッチには「TDI」のエンブレムが装着されているのが分かります。

搭載エンジンはSQ7と同じV8ディーゼルや3.0Lエンジンにモーターを搭載するかもしれない

アウディSQ8のカモフラージュなしで登場した車体には、ディーゼルエンジンを表すTDIのエンブレムが装着されていましたが、Q8の3.0Lエンジンにモーターを組み込みパワーアップさせたパワートレインになると考えられています。

アウディSQ8のパワートレイン予想
搭載エンジン 55 TFSI+モーター
排気量 3.0L
最高出力 477PS
最大トルク 700Nm
0-100km/h加速 4.7秒
最高速度 275km/h

また、TDIのエンブレム通りにディーゼルエンジンが搭載されるならSQ7と同様のV8ディーゼルが搭載されると予想します。排気量は4.0Lあり最高出力は435PSですが、最大トルクは900Nmを持つパワフルなエンジンです。

アウディSQ8ディーゼルのパワートレイン予想
搭載エンジン 4.0TDIエンジン
排気量 4.0L
過給機 ツインターボ
最高出力 435PS
最大トルク 900Nm
0-100km/h加速 4.9秒

アウディSQ8は2018年末に発表して2019年内に販売すると予想される

アウディQ8のスポーティーモデルであるSQ8は、エクステリアは大きく変わっていませんがシングルフレームグリルのインナーやリアバンパーのディフューザーがブラックアウトされていたり、マフラーの出口が四角ではなく楕円の2本出しデュアルマフラーになっていたりと細かな変更があります。

搭載エンジンの噂は2つあり「Q8のガソリンエンジンにモーターを搭載したもの」と「SQ7のディーゼルエンジンであるV8の4.0Lツインターボを搭載する」といわれています。どちらもパワフルなエンジンで0-100km/h加速は4.7秒~4.9秒とかなり早いです。

日本のアウディではディーゼルエンジンを搭載したモデルを導入していないので、もし日本に来るなら3.0Lガソリンエンジンを搭載したモデルが発売になると考えられます。アウディSQはすでにカモフラージュなしで登場しており、2018年に発表ののち2019年に発売されると考えられます。