ビートルEVモデル

ビートルEVは4ドアモデルに?電気自動車のIDシリーズが鍵を握る

ビートルEVは4ドアモデルになると噂されていて、構想中の段階ですが実現するかもしれません。2022年にはEVモデルのIDシリーズが続々とリリースされる予定で、その結果によっては構想段階のビートルEVが世に出る可能性も高まります。

ビートルEVは4ドアモデルに?電気自動車のIDシリーズが鍵を握る

フォルクスワーゲンのビートルがEVとなって生まれ変わる?IDシリーズの派生モデルとなって登場か

2011年から販売されているザ・ビートルが2019年に販売終了することとなり、後継モデルの発表はありません。ですが、将来的にEVとして復活する可能性も出てきました。ザ・ビートルではフロントエンジン・フロントドライブのFF車で、タイプ1と呼ばれる初代のRRではなくなっていますがモデルチェンジを繰り返し販売継続されてきました。

ガソリン車のビートルは3代目の「ザ・ビートル」で終了となりますが、ID.Buzzのようにタイプ2がインスパイアされた車種が展開されるとタイプ1をインスパイアしたIDシリーズが誕生する可能性もあります。ガソリン車の「ザ・ビートル」の今後や、ビートルのEV化について紹介します。

ガソリン車のビートルは2019年に生産終了!後継モデルは発表されていない

フォルクスワーゲン ビートルのエクステリア2019年に生産終了が決まったフォルクスワーゲンの名車ビートル

ガソリン車のビートルは2019年に生産終了となることが決まっていて、フォルクスワーゲンでは「See You The Beetle」キャンペーンを行っています。2019年までの販売終了までに特別仕様車を続々発表していて、第1弾ではフェンダー社のサウンドシステムを搭載した「The Beetle SOUND」が発売され、第2弾ではダイヤモンドステッチを施したナッパレザーを装備した「The Beetle Exclusive」が発売されています。

2018ビートル特別仕様車の価格帯
The Beetle SOUND 294万円(全国限定300台)
The Beetle Exclusive 333万円(全国限定500台)

2019年の販売終了までにSOUNDやExclusiveのほかにも様々な特別仕様車のビートルが発売されると考えられます。残念ながら後継モデルは販売される予定がなく、ワーゲンバスとも呼ばれるタイプ2をインスパイアしたID.Buzzがレトロ路線の後継となります。

ID.Buzzが出たあとにビートルは4ドアEVとして生まれ変わる?

ID.BuzzのエクステリアEVのID.Buzzは2022年に販売予定でビートルの後継車になる可能性もある

タイプ2をインスパイアした電気自動車のID.Buzzは、2022年に発売予定でそれまで「タイプ1をインスパイアした電気自動車」というモデルは発売されないでしょう。噂ではありますが4ドアモデルの電気自動車が開発されていて、それがビートルやタイプ1の後継モデルになるのではないかと言われています。

ビートルEVの予想エクステリアビートルEVの予想エクステリア

ボディタイプはザ・ビートルやタイプ1に酷似しているデザインで、Bピラー付近にドアハンドルが2つ見えることから4ドアタイプになるのではないかと言われています。ビートルEVの量産の前にはEVモデルであるIDシリーズの成功を収めなければならず、フォルクスワーゲンにはその手腕が問われると考えられます。

ビートルEVは構想中の段階で実現しないことも十分にあり得る

フォルクスワーゲンのビートルは2019年に生産終了し、日本仕様のものは手に入らなくなります。タイプ1から続いてきた道は一旦途絶えることになるのか、ザ・ビートルが最終モデルになるのかは分かりません。4ドアのEVモデルになると見られているビートルEVは、構想中の段階で現実のものとなるのは同じEVであるIDシリーズにかかっています。