アウディA6のモデルチェンジ

アウディA6のモデルチェンジは2019年3月20日で四輪操舵システムを搭載する

アウディA6のセダンとワゴンがモデルチェンジを実施します。シングルフレームグリルが大きくなりフロントマスクに迫力が与えられています。quattroや3.0LのV6ターボはもちろん、四輪操舵システムも搭載します。

アウディA6のモデルチェンジは2019年3月20日で四輪操舵システムを搭載する

アウディA6セダン/アバントがモデルチェンジで4輪操舵を搭載!2019年3月20日より発売開始

アウディのアッパーミドルクラスに位置するA6にモデルチェンジが行われます。フロントマスクはシングルフレームグリルの面積が大きくなり、スポーティな顔つきになりました。ボディサイズも少しだけ拡大し迫力のある見た目になっています。

インテリアには10.1インチのインフォメーションディスプレイを装備し、先進的なインテリアを手に入れたのと同時に頭上や足元の空間が先代モデルよりも広くなっているため同じクラスでも広々とした空間が広がっています。

搭載するエンジンは、3.0LのV6ターボエンジンで、48Vマイルドハイブリッドエンジンを採用しています。トランスミッションには7速Sトロニックを搭載し、駆動方式はquattroの4WDが採用されています。ほかにもダイナミックオールホイールステアリングと呼ばれる四輪操舵も出来るため、狭い場所での切り替えしや高速走行での安定性に寄与します。

新型アウディA6は2019年3月に発売となり、価格帯は920万円からとなります。それでは、新しいアウディA6のエクステリアやインテリア、搭載エンジンやスペック、各グレードの価格帯をチェックしてみましょう。

アウディA6のエクステリアはシングルフレームグリルの面積が大きくなりボディサイズも若干大きくなった

新型アウディA6のフロントビュー新しいアウディA6のデザインは先代モデルよりグリルが大きくなり迫力が増し、ボディサイズも若干の拡大を行った

新型アウディA6のデザインはセダン・アバントともに基本的なコンセプトは変わりませんが、シングルフレームグリルが大きくなり迫力が増しています。また、ヘッドライトのインナーデザインが変わっていてよりシャープな見た目になっています。

ボディサイズは、Audi USAの諸元表を見ると全長4,937mm(194.4inch)・全幅1,887mm(74.3inch)・全高1,457mm(57.4inch)となっていて先代モデルよりも若干のボディサイズ拡大が行われます。

アウディA6のボディサイズ比較
新型 先代
全長 4,937mm 4,933mm
全幅 1,887mm 1,874mm
全高 1,457mm 1,455mm
ホイールベース 2,923mm 2,912mm

アウディA6のサイドビューサイドビューは上級セダンの証であるシックスライトキャビンを継承しテールランプの加飾が直線に通ったデザインとなった

アウディA6のサイドビューは、先代A6と比べると変更点は少ないように見えます。ルーフからトランクへと続くラインは美しく流れていて、新型アウディA6は先代よりも若干ルーフからトランクのラインが伸びているように見えます。

テールレンズの形状はシャープなデザインとなっていて、中央にはメッキの加飾が見えます。レンズ部分だけではなく、トランクを横一直線に貫いたデザインになっています。

アウディA6のリアビューアウディA6のリアビューはどっしりとした印象を受け、流れるウインカーを採用している

アウディA6の後ろ姿はセダンらしく頼りがいのあるイメージを受けます。ウインカーには流れるウインカーが採用されていて、メッキ加飾下部のテールライトも鍵のロック・アンロックで流れるようになっています。

新型アウディA6のインテリアは10.1インチディスプレイを装備し先進的なデザインとなった

新型アウディA6のコックピット新しいアウディA6のインテリアは10.1インチのディスプレイを採用しエアコン設定などができるタッチディスプレイも装備した

新型アウディA6のインテリアはミニマリズムを取り入れたデザインを採用し、余計なものは付けないシンプルなインテリアになっています。センタークラスターから助手席に繋がるピアノブラック部分には、10.1インチのインフォメーションディスプレイがシームレスに装着されています。

センタークラスターには、インフォメーションディスプレイの下にエアコンやナビの設定ができるタッチパネル、助手席側のコンソールにはドリンクホルダーが2個あり、運転席側にはシフトノブが設置されているのが見えます。運転席や助手席のドアトリムやセンターコンソールなどにアンビエントライトが装着されていて、青・赤・黄色や紫など30色に変更することができます。

新型アウディA6のブラック基調のコックピットアウディA6のインテリアはホワイト基調だけではなく、ブラック基調のインテリアも用意されている

アウディA6のシートは標準装備のスタンダードシートとオプションのコンフォートシートが用意されていて、レザーシートマテリアルは、ホワイト基調のほかにブラックやブラウンなど4種類用意されています。

アウディA6のシートマテリアル

  • Black with Rock Gray stitching
  • Okapi Brown with Steel Gray stitching
  • Pearl Beige with Agate Gray stitching
  • Sarder Brown with Rock Gray stitching

新型アウディA6リアシートのサイドビュー後部座席は広々としたシートが広がりシートベルトバックルが3つ見えるため5人乗りとなっている

後部座席は足元も広く設計されていてドアトリムに青色のアンビエントライトがあるのが見えます。センターコンソール後部にはエアコン吹き出し口とタッチ式のエアコンコントローラーが装備されています。後部座席に座っている人が自ら暑い・寒いを調整できるため快適に過ごすことができます。

新しいアウディA6には48Vマイルドハイブリッドとquattro、7速Sトロニックを搭載しスポーティな走りを実感できる

走行中のアウディA6新型アウディA6には48Vマイルドハイブリッドエンジンを搭載している

新しいアウディA6に搭載されているエンジンは3LのV型6気筒エンジンで、48Vマイルドハイブリッドエンジンを搭載しています。最高出力は340PS(250kW)、最大トルクは500Nmあるパワフルなエンジンで、0-100km加速は5.1秒、最高速度はリミッター作動で時速250kmを発揮できます。

アウディA6搭載エンジンスペック
種類 V型6気筒
排気量 2,995cc
最高出力 335PS/5,000~6,400rpm
最大トルク 369Nm/1,370~4,500rpm

新型アウディA6の発売当初はV型6気筒の3Lモデルしかラインナップしていませんが、2Lの直列4気筒エンジンとディーゼルエンジンのTDIは、今後ラインナップに加わる予定とアナウンスされています。

新しいアウディA6に今後搭載されるエンジン
種類 直列4気筒TFSI 直列4気筒TDI
排気量 2.0L 2.0L
最高出力 252PS 207PS
最大トルク 370Nm 400Nm

新型アウディA6の4輪操舵システム「ダイナミックオールホイールステアリング」の動作イメージ新型アウディA6にはダイナミックオールホイールステアリングと呼ばれる4輪操舵システムを搭載

3.0LのV型6気筒エンジンに組み合わせるトランスミッションは、7速Sトロニックで駆動方式は4WDのquattroを採用しています。巡行している時はFFで走行し、状況によって4WDになるため効率のいい4WDシステムを搭載しています。

ほかにも、ダイナミックオールホイールステアリング(4輪操舵)を搭載していて、時速60km以下では前輪と逆方向に5度まで動き取り回しが良くなっています。高速で動いているときは前輪と同じ方向に最大1.5度切ってくれて走行安定性を高めています。

新型アウディA6の発売日は2019年3月20日で価格帯は920万円からとなる

新しいアウディA6の発売日は2019年3月20日で、グレードはモノグレードですが、期間限定の特別仕様車であるデビューパッケージが920万円からの価格帯で販売されます。通常モデルのセダンSラインは1,006万円、ワゴンのアバントSラインで1,041万円になっています。

5代目アウディA6の価格帯

  • アウディA6 TFSI quattro デビューパッケージ:9,200,000円
  • アウディA6 アバント TFSI quattro デビューパッケージ:9,550,000円
  • アウディA6 TFSI quattro Sライン:10,060,000円
  • アウディA6 アバント TFSI quattro Sライン:10,410,000円

期間限定車であるアウディA6デビューパッケージには、エクステリアにSラインパッケージと20インチホイール、LEDヘッドライトやパーシャルレザーシート、そしてフロントクロストラフィックアシストを装備しています。

新型アウディA6はシングルフレームグリルが大きくなりミドルアッパーセダンらしい威風堂々としたスタイリングとなった

新しくなるアウディA6は、期間限定車のデビューパッケージが発売し920万円からの価格帯で発表されました。ボディタイプはセダンとワゴンであるアバントの2種類で、ボディサイズは大きく変わっていませんがシングルフレームグリルが大きくなりヘッドライトのデザインもシャープになっています。

搭載エンジンは3.0LのV型6気筒エンジンで、トランスミッションには7速Sトロニック、駆動方式はquattroを採用しています。4輪操舵システムも搭載され、時速60km以下の低速時には前輪と逆に後輪を切り取り回しを良くしてくれ、60km/h以上では前輪と同じ方向に切り走行安定性を高めてくれるシステムです。

ミドルアッパークラスらしく迫力のあるデザインとなったアウディA6は、2019年3月20日に発売とアナウンスがありました。乗り出し価格は920万円とかなり高額ですが、600~700万円台となる直4ガソリン仕様やディーゼル仕様がラインナップするため、1年後などには乗り出し価格がダウンするでしょう。

4WDのquattroと4輪操舵を搭載したアウディA6は5メーター近くの大柄ボディでも取り回しがしやすいおすすめのモデルです。