新型アウディQ1

アウディQ1の発売時期はいつ?新型SUVのパワートレインや価格などを大予想!

アウディQ1の発売時期やスペックを予想します。A1をベースに開発されるAudi A1はQシリーズの中で最もコンパクトなSUVとして登場する予定です。ボディサイズはQ2よりも小さく、EV化されるという情報もあります。

アウディQ1の発売時期はいつ?新型SUVのパワートレインや価格などを大予想!

アウディQ1の発売時期や価格など基本スペックを大予想!

アウディQファミリーにA1をベースとする「Audi Q1」が登場するという情報があります。
Qシリーズの「Q」は「quattro(クアトロ)」に由来し、SUVモデルを指します。Qシリーズの現在のラインナップは「Q2」「Q3」「Q5」「Q7」「Q8」。A3をベースとした「Q2」が同社では最小となる小型SUVですが、今後Q1が登場した場合はその座を譲ることになります。
ここでは新型Q1のスペックやデザインを予想するとともに、現在明らかとなっている最新情報を紹介していきます。

アウディQ1の発売時期は2020年末以降と考えられる

アウディA1スポーツバックQ1のベースとなるアウディA1 Sportbackのエクステリア

Q1のベースとなるアウディA1スポーツバックが2018年(日本では2019年)に発売されたことで、Q1の開発も順次進められていくと考えられます。早ければ2020年末頃には何らかの情報解禁が期待されます。また、もし2020年発売となった場合、日本への導入は2021年から2022年となるでしょう。

Audi Q1のボディサイズはQ2よりもコンパクト!

アウディQ2アウディQ2のエクステリア

Audi Q2よりもコンパクトなクラスに属するアウディQ1のボディサイズは、全長4,150mm、全幅1,750mm、全高1,450mm、ホイールベースは2,570mm程度になると予想します。タイヤ・ホイールサイズについてはQ2やA1と同様、16~17インチが装着される可能性があります。

なお、比較のため参考にしたAudi Q2とAudi A1 Sportbackのボディサイズ数値は以下の通りです。

モデル Q1(予想値) Q2 A1 Sportback
全長 4,150mm 4,200mm 4,040~4,045mm
全幅 1,750mm 1,795mm 1,740mm
全高 1,450mm 1,500mm 1,435mm
ホイールベース 2,570mm 2,595mm 2,560mm

新型アウディQ1のインフォテインメントシステムは最新版のものを採用するだろう

アウディのコックピットアウディのバーチャルコックピットとスマートフォンインターフェイス

アウディQ1には、走行中も最小限の視線移動で必要な情報を得られる、高精細な液晶モニターで構成される「バーチャルコックピット」を採用するでしょう。
Android AutoやApple Car Playにも対応し、車載ディスプレイでスマートフォンのアプリを操作可能に。施設の予約手配サービスや緊急SOSコール発信機能など、多彩なサービスを利用できる「Audi connect」も搭載され、エントリーモデルながら先進性に満ちた一台になると予想します。

Audi Q1の安全装備はA1と共通あるいは+αの機能が期待される

アウディQ1に搭載される安全装備は、ベースのA1と共通となる可能性が高いでしょう。現行型A1に搭載されている先進安全装備は以下の通りです。

A1に搭載されている先進テクノロジー

  • アダプティブクルーズコントロール
  • アクティブレーンアシスト
  • アウディプレセンスフロント
  • アウディプレセンスベーシック
  • アウディパーキングシステム(APS)
  • LEDヘッドライト

新型アウディQ1のパワートレインはEVをラインナップする?日本市場への導入の可能性は?

アウディのドライブセレクト自分で走行モードを設定できるアウディ・ドライブセレクト

新型アウディQ1に搭載されるパワートレインについては、A1と同様、1.0L直列3気筒ターボガソリンエンジン、1.5L直列4気筒ターボガソリンエンジンに7速ATの組み合わせなどが予想されます。また「オート」「ダイナミック」「エフィシェンシー」「インディビジュアル」など、走り味を自分好みに選べる「アウディ・ドライブセレクト」が搭載される可能性もあります。

また、Q1はガソリンモデルだけでなく、近年、各メーカーが積極的に進めているEV普及の流れに乗ってピュアEVやPHEVモデルがラインナップするという噂も。Audiは2020年後半より初のEV車「e-tron」を日本国内に投入すると発表しています。Q1がEVモデルとして登場した場合も、日本導入の可能性は十分に考えられるでしょう。

アウディQ1の予想価格はQ2よりも買い得な250万前後からと予想!

Q2のエントリーグレード「30 TFSI」が3,120,000円、「30 TFSI sport」が3,860,000円、最上級グレード「35 TFSI cylinder on demand sport S tronic」が4,190,000円に設定されていることを考慮すると、新型アウディQ1の新車価格はこれよりも低く設定されると考えられます。エントリーグレードであれば250万円前後からと、多くのユーザーが手を伸ばしやすい値段設定となるでしょう。

コンパクトSUVアウディQ1の2020年以降の動向に注目!

ここ数年で、発売に関する情報が浮かんでは消え…を繰り返していたQ1。しかし、ベースとなるアウディA1が発売された現在、プロトタイプなどがスクープされる日もそう遠くはないかもしれません。アウディA1はAファミリーの中のエントリーモデルですが、デザイン性や質感も高く、安全装備も充実しています。新型Q1についても、完成度の高い一台となることが期待されます。
COBBYでは今後もアウディQ1の最新情報を追っていきます。