アウディA8のモデルチェンジ

アウディA8がモデルチェンジして自動運転レベル3を条件付きで実現

アウディA8のモデルチェンジ情報を紹介します!日本仕様のアウディA8は2018年10月15日に発売します。パワートレインに変更はなく値段も据え置きですが、レーザースキャナーを使った運転支援システムを搭載し自動運転レベル3を実現します。

アウディA8がモデルチェンジして自動運転レベル3を条件付きで実現

アウディA8のモデルチェンジは2018年10月15日!自律運転機能レベル3を搭載しマイルドハイブリッドを採用

アウディのフラッグシップセダンであるA8が8年ぶりにフルモデルチェンジします。発売日は2018年10月15日になりました。ボディサイズは全長5,170mm・全幅1,945mm・全高1,470mmで、3代目のD4系よりも少し大きくなります。

新型アウディA8は先進運転支援システムにレーザースキャナーと呼ばれるセンサーを使った初めての量産車で、従来のレーダーやカメラ・センサーを使ったシステムよりもより多くの情報を取得することができ、より安全・安心な運転支援を提供してくれます。

また、新型アウディA8のパワートレインは一体どのようなものになるのでしょうか?V型6気筒の3.0L直噴ターボエンジンと4.0LのV8ツインターボの2種類がラインナップし、マイルドハイブリッドエンジンも搭載しますが日本仕様ではガソリンエンジンのみになるかもしれません。

価格帯は1,140万円から1,640万円で、V6エンジンの「55 TFSI クアトロ」が1,140万円・V8エンジンの「60 TFSI クアトロ」が1,510万円・ロングボディの「L 60 TFSI クアトロ」が1,640万円になります。さっそく、新型アウディA8のエクステリアや搭載エンジンスペックなどのフルモデルチェンジ情報をチェックしていきましょう。

アウディA8フルモデルチェンジ後のボディサイズはD4系よりも少しだけ大きくなる

新型アウディA8のエクステリアボディサイズが拡大したアウディの新型A8

アウディA8のフルモデルチェンジ後のエクステリアは、シングルフレームグリルを継続採用し六角形になったグリルを装備しています。ヘッドライトは先進性のあるデザインで、見かけだけではなくHDマトリクスLEDと呼ばれる技術を使い前走車や対向車が眩しくないよう配光しつつ明るい視界も確保します。

気になるボディサイズは、標準モデルで全長5,170mm・全幅1,945mm・全高1,470mmのホイールベースは3,000mmです。3代目のD4系では全長5,145mm・全幅1,950mm・全高1,465mmで、新型アウディA8では少しだけ大きくなっています。
また、ロングボディは全長5,300mm・全幅1,945mm・全高1,470mmでホイールベースは3,130mmになります。標準ボディと比べて全長とホイールベースが130mm伸びているため、後部座席の足元に余裕が生まれます。

新型アウディA8のボディサイズ
標準ボディ ロングボディ
全長 5,170mm 5,300mm
全幅 1,945mm 1,945mm
全高 1,470mm 1,470mm
ホイールベース 3,000mm 3,130mm
A8 55 TFSI クアトロのスペック
エンジン種類 V型6気筒DOHCインタークーラー付ターボ
総排気量 2,994cc
最高出力 250kW(340PS)/5,000-6,400rpm
最大トルク 500Nm(51.0kgm)/1,370-4,500rpm
トランスミッション 電子制御8速 ATトランスミッション(ティプトロニック)
タイヤ 255/45R19
車両重量 2,040kg
トランク容量 505L
燃料タンク容量 82L
JC08モード燃費 10.5km/L
CO2排出量 221g-CO2/km
A8 60 TFSI クアトロのスペック
エンジン種類 V型8気筒DOHCインタークーラー付ターボ
総排気量 3,996cc
最高出力 338kW(460PS)/5,500rpm
最大トルク 660Nm(67.3kgm)/1,800-4,500rpm
トランスミッション 電子制御8速 ATトランスミッション(ティプトロニック)
タイヤ 265/40R20
車両重量 2,110kg
トランク容量 505L
燃料タンク容量 82L
JC08モード燃費 8.7km/L
CO2排出量 267 g-CO2/km
A8 L 60 TFSI クアトロ
エンジン種類 V型8気筒DOHCインタークーラー付ターボ
総排気量 3,996cc
最高出力 338kW(460PS)/5,500rpm
最大トルク 660Nm(67.3kgm)/1,800-4,500rpm
トランスミッション 電子制御8速 ATトランスミッション(ティプトロニック)
タイヤ 265/40R20
車両重量 2,180kg
トランク容量 505L
燃料タンク容量 82L
JC08モード燃費 8.7km/L
CO2排出量 267g-CO2/km

アウディA8のボディはアルミニウムだけではなく様々な素材を使い剛性をアップ

新型アウディA8のボディにはアルミニウムだけではなく、スチールやマグネシウム、カーボンファイバープラスチックなどの素材で作られていて、3代目のアウディA8よりもねじり剛性が24パーセントアップしています。

ガッシリとしたボディを手に入れたことで、より安全になっただけではなく走行する時にも安心感のあるドライブフィーリングを実感することができます。

新型アウディA8のエンジンにマイルドハイブリッドシステムを継続採用

新型アウディA8のエンジン新型A8は従来モデルと同じマイルドハイブリッドを搭載

新しいアウディA8にはマイルドハイブリッドシステムが搭載され、回生ブレーキによる発電や時速22km以下でのアイドリングストップ、55~160km/hでの走行時にアクセルペダルから足を離すと惰性走行モードによる燃費の向上が期待できます。

アウディA8のモデルチェンジ後の燃費は「55 TFSI クアトロ」が10.5km/Lで「60 TFSI クアトロ」が8.7km/L

3代目アウディA8の燃費はV6エンジンモデルの「55 TFSI クアトロ」が10.5km/Lで、V8エンジン搭載モデルの「60 TFSI クアトロ」が8.7km/Lを記録しています。新型アウディA8では燃費の向上はなく据え置きになっています。

モデルチェンジが行われてもパワートレインやマイルドハイブリッドの改良は行われず、エクステリアや先進装備が進化するため燃費などは、新型アウディA8が発売してから数年後のマイナーチェンジで向上すると予想します。

アウディA8の日本仕様のフルモデルチェンジは2018年10月15日

アウディジャパンは新型A8を2018年10月15日に発売しました。モデルチェンジ後のアウディA8は、レーザースキャナーやレーダー・センサー・カメラなどを駆使したシステムで世界初の自動運転レベル3(条件付き)を実現します。

高速道路などでの運転が自動になるとドライバーも楽々移動することができ、運転席に座っているだけで長距離移動も楽になるのではないかと考えます。また、アウディA8は時速60km以下の条件つきですがハンズフリー運転が可能となっています。

モデルチェンジした新型アウディA8日本仕様の販売価格は11,400,000円から

アウディA8のモデルチェンジ後の価格帯は、V型6気筒モデルの「55 TFSIクアトロ」が11,400,000円、V8エンジンモデルの「60 TFSIクアトロ」が15,100,000円、ロングホイールベースの「L 60 TFSIクワトロ」が16,400,000円になっています。これも3代目アウディA8と同じ価格帯であり、本格的に機能がアップデートされるのはマイナーチェンジ後の4代目アウディA8の後期型ではないかと予想します。

新型アウディA8の販売価格一覧
A8のグレード 販売価格
55 TFSI クアトロ 11,400,000円~
60 TFSI クアトロ 15,100,000円~
L 60 TFSI クワトロ 16,400,000円~

新型アウディA8のモデルチェンジは剛性アップなどの安全性を強化しパワートレインや燃費は維持する

2018年10月15日に日本仕様が発売されるアウディA8は、V6エンジンやV8エンジンと組み合わせるマイルドハイブリッドシステムにより燃費を10.5km/L(V6)と8.7km/L(V8)を維持し、市販車では初めて搭載するレーザースキャナーを使った先進運転支援技術により自動運転レベル3(条件付き)を実現可能としています。

ボディサイズは3代目のアウディA8より少し大きくなりますが、若干大きくなるくらいで大幅なサイズ変更はなく全長5,170mm・全幅1,940mm・全高1,470mmとなります。V8エンジン搭載のロングボディであるLでは全長が130mm伸びて5,300mmとなり室内も広くなるため快適に過ごすことができます。

価格帯も3代目アウディA8と変わらず1,140万円からで、大きなシステム変更があると考えられる後期型へのマイナーチェンジで値上がりがあるのではないかと予想します。ドライバーの負担を減らしてくれる自動運転技術がどんどん進化しているアウディA8はラグジュアリーさの満足感だけではなく、先進技術も持っている安心感を与えてくれる車です。