シルフィ ゼロ・エミッション

シルフィのEVモデルが北京モーターショーで発表!リーフの技術を受け継いだセダン

シルフィEVは北京モーターショーで発表された車種で、中国専売車種になると考えられます。シルフィは日本ではあまり人気のないセダンタイプの車ですが、中国市場では売れに売れていて大人気の車種になっています。

シルフィのEVモデルが北京モーターショーで発表!リーフの技術を受け継いだセダン

シルフィのEVモデルが北京モーターショーでワールドプレミア

2018年4月25日に始まった北京モーターショー2018で、リーフのセダン版と噂されていたモデルの詳細が発表され、ミドルセダンであるシルフィのEVバージョンであることが判明しました。

日本市場では人気がなくなってきたセダンタイプの車ですが、中国市場では日産のシルフィが売れに売れていて、都市部へ出稼ぎに来た若者がこの車を買って故郷へ帰ると自慢できるとも言われています。

さっそく、中国市場で販売されるシルフィEVのエクステリアやインテリア、パワートレインや発売日などをチェックしていきましょう。

シルフィEVのエクステリア

新型シルフィEVのエクステリア北京モーターショー2018で発表された新型シルフィEV

中国市場で販売されるシルフィEVは、2018年北京モーターショーで発表されたモデルで、リーフのパワートレインをシルフィのボディに載せたイメージです。エクステリアはシルフィそのもので、フロントフェイスは2代目リーフに似たものになっています。

新型シルフィEVのリヤトランク「ZERO Emission」がEVの証

リアトランクには車名のエンブレムのほかに、EVモデルを示す「ZERO Emission」のエンブレムが輝いています。

新型シルフィEVのサイドビューセダンらしい完成されたスタイリング

サイドビューでは、セダンらしい落ち着いたスタイリングを見せていて、ボディはホワイトですがルーフはブラックの2トーンカラーになっています。

中国事業を担当する日産のCPOは、シルフィEVは今後5年(2018年~2023年)で、市場投入を計画している電気自動車20車種の内の1種類と述べていて、中国市場では電気自動車の車種がまだまだ増えていく未来が見えます。

シルフィEVのパワートレイン

新型シルフィEVのフロントビューe-NV200と同じ「EM57」モーターを搭載

シルフィEVのパワートレインは、リーフやe-NV200と同じもので、EM57のモーターを搭載していると考えられます。

シルフィEV搭載のパワートレイン
モーター型式 EM57
定格出力 85kW
最高出力 110kW/3,283~9,795rpm
最大トルク 320Nm/0~3,283rpm

シルフィEVの航続可能距離は、中国の基準で338kmを達成していて長距離ドライブを楽しむことができます。ホイールデザインやインチなどが同じに見えますのでので、日本の基準では400kmの航続可能距離であると考えられます。

シルフィEVの発売日・価格帯

シルフィEVの発売日は、2018年後半に予定していると発表されています。気になる価格帯は発表されていませんが、ガソリンモデルのシルフィは11.9万元ですし、日本のリーフの価格帯に合わせると18万元ほどになると予想します。

シルフィEVの価格帯

標準グレード:18万元
上級グレード:20万元
最上級グレード:23万元

シルフィEVは法人にも使いやすい1台

シルフィEVはセダンタイプの車両で、ガソリンモデルのシルフィは中国市場で売れに売れているモデルですので、法人需要も高いと考えられます。

セダンタイプなのである程度高級感があり、メンテナンス製もいいEVですので手もかからず、個人需要も見込めるシルフィEVは、今後5年間で市場投入する20車種のスタートを切るモデルになります。

やはり課題は広大な土地がある中国で、充電ステーションがないところでの電池切れで走行不能になることだと思いますし、充電インフラの整備が今後のEV普及の鍵になってくると思います。