トヨタコンセプト愛iシリーズ

トヨタコンセプト愛iシリーズ ドライバーを理解するAIを搭載した未来の車

トヨタ コンセプト-愛iシリーズが10月25日に開催される東京モーターショー2017に出展されます。人を理解する能力を持った人工知能と、自動運転・エージェント技術とを組み合わせる事で安全性と利便性が高まる車である「i-RIDE」や「i-WALK」など計3台には注目が集まります。

トヨタコンセプト愛iシリーズ ドライバーを理解するAIを搭載した未来の車

トヨタコンセプト-愛シリーズの特徴を紹介

トヨタは2017年10月16日のプレスリリースで、第45回東京モーターショー2017に「TOYOTA Concept-愛i」シリーズを出展する事を発表しました。

出展される車両は、同年の1月にアメリカのラスベガスで開催された2017 International CESにて世界初公開された「TOYOTA Concept-愛i」これからの高齢化社会を見据えた「TOYOTA Concept-愛i RIDE」行楽地での散策等の乗り物として利便性の高い「TOYOTA Concept-愛i WALK」です。

「TOYOTA Concept-愛i」シリーズの車には、人を理解できる人工知能(AI)が搭載されドライバーの感情認識や思考推定が行われます。同技術が導入される事でドライバーが想定している次の運転行動は先読みされ、AIがサポートすることで安全性が確保されます。

トヨタがこれからの車社会の可能性の一つとして提示する「新しいFun to Drive」を実現するConcept-愛 iシリーズの特徴を紹介します。

トヨタコンセプト-愛iシリーズは人を理解できる車

トヨタコンセプト-愛iシリーズ

トヨタコンセプト-愛iシリーズには、各センサーから送られる情報をもとにして人の感情認識や嗜好を読み解いて、人を理解できる能力を持ったAIが搭載されます。

人を理解する技術は、自動運転技術と組み合わせることで、車という乗り物のさらなる安全・安心性が実現されます。また、エージェント技術と組み合わせることで車に乗る楽しみが広がっていきます。

人を理解する技術

コンセプト-愛iシリーズは「more than a machine, a partner」をテーマとして開発が進められる車です。実現化されたコンセプト-愛iシリーズは、AIがドライバーの感情や好みを理解し、人とクルマとが協調し合いながら成長するという未来の車のあるべき一つの姿を提示します。

トヨタコンセプト-愛iのデザイン

コンセプト-愛iのリヤビュー

2017 International CESに出展されたトヨタコンセプト-愛iはシリーズを代表する四輪車です。ホワイトカラーを基調とした斬新なデザイン、パソコンのマウスのようなボディラインがエクステリアの特徴です。

コンセプト-愛iの内装

インテリアは、ステアリングホイールやシートなど全てがスタイリッシュな仕上がりで、フロアや各パネル等のLEDの発色が室内空間の鮮やかさをさらにグレードアップさせます。

トヨタコンセプト-愛iでは、ドライバーの表情・動作・声のトーンなどの生体情報から感情等を推測します。SNSへの投稿内容や位置情報、車の中での会話履歴や個人の蓄積した情報を比較検討する形でドライバーの嗜好を読み解き、「ヒト」と「クルマ」のコミュニケーションの充実化を図ります。

トヨタの自動運転の考え方は「Mobility Teammate Concept」です。ドライバーのストレス状態が高い・疲労が蓄積している・眠気に襲われているとAIが判断すれば、自動運転モードを発動しドライバーをサポートします。

趣味・嗜好をAIが読み解く技術力はビッグデータと組み合わせることで、ドライバーがより楽しめるようなルート選択をクルマ側が提示するシステムを構築する事が可能となります。

Concept-愛i スペック
全長 4,510mm
全幅 1,830mm
全高 1,475mm
ホイールベース 2,700mm
パワートレーン EV
航続距離 300km程度
乗車定員 4人