ボルボV60のモデルチェンジ

ボルボV60がモデルチェンジ パワートレインにプラグインハイブリッドを採用

ボルボV60のモデルチェンジ情報を紹介します!ヘッドライトデザインをトールハンマーをモチーフにした最新デザインに変更、安全装備の強化、ディーゼルエンジンもラインナップするなど、2代目V60の情報をまとめました。

ボルボV60がモデルチェンジ パワートレインにプラグインハイブリッドを採用

V60が2018年に新型へモデルチェンジ!ジュネーブモーターショーで発表

スウェーデンの車メーカーであるボルボは、2018年に開催されたジュネーブモーターショーでエステートのV60をモデルチェンジすると発表しました。ヘッドライトデザインの変更やボディサイズの拡大などでよりプレミアムなルックスになっています。

そこで、2018年に新しくなった、ステーションワゴンのボルボV60 モデルチェンジ後のエクステリアやインテリア、搭載エンジンや装備、発売日や価格帯などをチェックしていきましょう。

ボルボV60のモデルチェンジ後のエクステリアXC60にも採用されているトールハンマーのヘッドライトが特徴的

新型V60のエクステリア

ボルボV60 モデルチェンジ後のエクステリアは、基本的なスタイリングは変わっていませんが、ヘッドライトには「T」を横にしたトールハンマーデザインが目頭を越えてグリルに迫る大胆なデザインへと変更されています。

このデザインは、SUVのXC90やXC60、セダンのS90や60に採用されているヘッドライトデザインで、旧デザインのV60のほかにセダンのS60もこのヘッドライトデザインに変わっていくと考えられます。

新型V60のフロントビューモデルチェンジ後のボルボ V60 リアサイドビュー

新型V60のリヤビューモデルチェンジ前のボルボ V60 リアサイドビュー

モデルチェンジ前と後を比べてみると、テールライトのデザインが変わっていることが分かり、リヤバンパーのデザインも後ろに張り出しているように見えます。ホイールデザインは変わっておらず、コンケイブ具合が美しいデザインです。

ボルボV60のモデルチェンジ後のボディサイズは、全長4,760mm、全幅1,850mm、全高1,435mmの3ナンバーサイズで、前のモデルと比べると全長は125mm伸び、全幅が15mm減少、全高は55mm低くなっています。

ボルボV60のボディサイズ比較
モデルチェンジ後 モデルチェンジ前
全長 4,760mm 4,635mm
全幅 1,850mm 1,865mm
全高 1,435mm 1,480mm
ホイールベース 2,870mm 2,775mm
最低地上高 145mm
車両重量 1,700kg 1,650kg
定員 5名 5名
最小回転半径 5.5m(T5)/5.7m(T6・T8) 5.8m

モデルチェンジした新型V60はシックなブラックインテリアがかっこいい

新型V60のコクピット

新しいボルボV60のインテリアはブラックで統一されたシックなインテリアで、モデルチェンジ後のV60のセンタークラスターには、インフォメーションディスプレイが装着されています。

新型V60のシフトノブ

センターコンソールには、シフトのほかにドライブモードセレクターや電動パーキングブレーキスイッチなどが並んでいます。インフォメーションディスプレイの下には再生ボタンが並んでいるスイッチがあるので、オーディオコントローラーと考えられます。

新型V60のセンターアーム

後部座席はセンターの座席に左右のアームレストが収納されていて、状況によって使い分けることができます。

新型V60のトノカバー

トランクの荷物を隠したり日差しを遮ったりすることができるトノカバーが設置されていて、トランク下収納に荷物を入れる際に便利なフックもあります。片手で上げた床を押さえながら収納することが無くなるので、1人でも楽に片づけができます。

モデルチェンジした新型V60のエンジンはガソリンエンジンとモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドエンジンをラインナップ

新型V60のエンジン

モデルチェンジ後のボルボV60には、2.0Lガソリンターボのほかに、プラグインハイブリッドエンジンが搭載されています。

2.0Lガソリンターボエンジンが搭載されるグレードは「T5」で、最高出力は254ps・最大トルクは350Nmです。

T5のエンジンにスーパーチャージャーを搭載し、モーターを組み合わせた「T6」は最高出力253ps・最大トルクは350Nmで、「T8」は最高出力318ps・最大トルクは400Nmに達するハイパワーエンジンです。

V60 T5の搭載エンジン
種類 直列4気筒+モーター2基
エンジン過給機 直噴ターボ
排気量 1.968L
エンジン最高出力 187kW(254ps)/5,500rpm
エンジン最大トルク 350Nm(35.7kgm)/1,500-4,800rpm
V60 T6の搭載エンジン
種類 直列4気筒+モーター2基
エンジン過給機 直噴ターボ+スーパーチャージャー
排気量 1.968L
エンジン最高出力 186kW(253ps)/5,500rpm
エンジン最大トルク 350Nm(35.7kgm)/1,700-5,000rpm
モーター最高出力 34kW(前)/65kW(後)
モーター最大トルク 160Nm(前)/240Nm(後)
システム最高出力 186kW(253ps)+65kW(87ps)
システム最大トルク 350Nm(35.7kgm)+240Nm(24.5kgm)

T8に搭載されるプラグインハイブリッドは、直列4気筒の2.0Lターボエンジンのほかにモーターが搭載されていて、最高出力は233kW、最大トルクは400Nm、モーターは前後に2基搭載されていて、リアのほうが出力・トルクともに大きいセッティングになっています。

V60 T8の搭載エンジン
種類 直列4気筒+モーター2基
エンジン過給機 直噴ターボ+スーパーチャージャー
排気量 1.968L
エンジン最高出力 233kW(318ps)/6,000rpm
エンジン最大トルク 400Nm(40.8kgm)/2,200-5,400rpm
モーター最高出力 34kW(前)/65kW(後)
モーター最大トルク 160Nm(前)/240Nm(後)
システム最高出力 233kW(318ps)+65kW(87ps)
システム最大トルク 400Nm(40.8kgm)+240Nm(24.5kgm)

新型ボルボV60に搭載されるインテリセーフは世界最高レベルの予防安全技術

新型V60のテールランプ

モデルチェンジ後のボルボ新型V60に搭載される装備は「INTELLI SAFE(インテリセーフ)」と呼ばれる世界最高峰の安全装備が標準装備します。

インテリセーフが搭載している装備

  • アダプティブ・クルーズ・コントロール
  • 360度カメラ
  • ブラインドスポット・インフォメーション・システム
  • アクティブ・ハイビーム制御
  • パーク・アシスト・パイロット
  • レーン・キーピング・エイド
  • オートブレーキ(自転車対応)
  • インターセクション・サポート

このほかに新型ボルボV60では、100km/hまでの速度で反応して回避行動をサポートするステアリング・サポート(衝突回避支援機能)、対向車が来ているのに対向車線へはみ出したときに走行車線へ戻る支援をする「オンカミング・レーン・ミディケーション」、側後方車両が接近しているのにその車両の前方へ車線変更しようとすると走行車線へ戻そうとステアリングを操作する「ステアリングアシスト付きブラインドスポット・インフォメーション・システム」が追加されます。

モデルチェンジしたボルボ新型V60の発売日は2018年9月25日で販売価格は5,140,000円から

モデルチェンジ後のボルボV60は2018年夏に欧州で販売が開始され、右ハンドルの日本仕様は2018年9月25日発表・発売されました。販売価格は初代V60よりも高く5,140,000円から8,490,000円の価格帯になっています。

ボルボ新型V60の価格
グレード 価格
V60 T5 MOMENTUM 5,140,000円
V60 T6 TWIN ENGINE AWD MOMENTUM 6,740,000円
V60 T5 INSCRIPTION 6,140,000円
V60 T6 TWIN ENGINE INSCRIPTION 7,790,000円
V60 T8 TWIN ENGINE INSCRIPTION 8,490,000円

新しいボルボV60は全長が伸びて荷室も広くなって快適な車へ

モデルチェンジで新しくなったボルボV60は、全長がわずかながらに伸びて荷室空間が広がり、使い勝手がよくなっています。搭載エンジンは直列4気筒ターボの2.0Lエンジンで、出力やトルクはある程度あり維持費も軽いバランスのいいエンジンとハイパワーのプラグインハイブリッドエンジンです。

日本でもラインナップが充実してきたディーゼルエンジンは投入されず、今後も導入予定はありません。
トールハンマーのT型デザインを手に入れ、荷室空間が広がり室内空間も快適になったモデルチェンジ後のボルボV60は大ヒットの予感です。