LF-30 Electrified

LF-30 Electrifiedはガルウィングドアを採用したレクサスの電動コンセプトカー

LF-30 Electrifiedはレクサスの電動化ビジョンを示すコンセプトカーとして東京モーターショー2019に登場。ガルウィングドアを採用した独自の個性を放つエクステリア、インテリアは人馬一体を目指す「手綱コンセプト」のコックピットや最新の自動運転技術を盛り込んでいます。

LF-30 Electrifiedはガルウィングドアを採用したレクサスの電動コンセプトカー

TMS2019でデビューしたLF-30 Electrifiedのエクステリア・インテリア・基本スペックを紹介!

東京モーターショーで、レクサスは電動化ビジョン“Lexus Electrified”を体現したコンセプトEVモデル「LF-30 Electrified」を発表しました。LF-30 Electrifiedはガルウィングドアを導入した未来を感じさせるエクステリアに、スタイリッシュなインテリアを有する電動車です。

未来的なデザインとスペックを備えるLF-30 Electrifiedのエクステリアやインテリア、搭載される最新の自動運転技術などについて詳しく掘り下げていきます!

LF-30 Electrifiedのエクステリアはガルウィングドアを採用した先進的なデザイン

LF-30 ElectrifiedのエクステリアLF-30 Electrifiedのエクステリア

レクサスLF-30 Electrifiedの足回りレクサスLF-30 Electrifiedの足回り

ボンネットレスのボディ全体にスピンドルを組み合わせ、アグレッシブなエクステリアデザインのLF-30 Electrifiedは、空力性能にも配慮した機能美を表現しています。翼形状となったライトも特徴的です。

ボディサイズ(全長×全幅×全高)は5,090 mm×1,995 mm×1,600 mm、ホイールベースは3,200 mmです。バッテリー容量は110 kWh、航続可能距離は500 kmに到達。0-100km加速は3.8秒、最大速度は200 km/hとなります。

LF-30 ElectrifiedのサイドビューLF-30 Electrifiedのサイドビュー

レクサスLF-30 Electrifiedはガルウィングドアを採用した自由度の高い造形としています。ボディカラーは青緑の金属皮膜を採用した専用色「Voltaic Sky」を採用。周囲の目をひく独特な輝きを放ちます。

LF-30 Electrifiedの諸元表
全長 5,090 mm
全幅 1,995 mm
全高 1,600 mm
ホイールベース 3,200 mm
重量 2,400 kg
航続距離[WLTP] 500 km
バッテリー容量 110 kWh
充電電力 150 kW
0-100km加速 3.8秒
最大速度 200 km/h
最大出力/最大トルク 400 kW/700 Nm

LF-30 Electrifiedのインテリアは「TAZUNA(手綱)コンセプト」を取り入れ人馬一体の乗り心地を実現

レクサスLF-30 ElectrifiedのコックピットレクサスLF-30 Electrifiedのコックピット

レクサスLF-30 ElectrifiedのリアシートレクサスLF-30 Electrifiedのリアシート

「TAZUNA(手綱)コンセプト」を掲げ、レクサス独自の世界観を表現したLF-30 Electrifiedのコックピット。独立したシートを備え、それぞれの席に居住性を確保。シャフトやエンジンルームがないため、ゆとりある車内空間の実現に成功しています。

フロアやステアリングホイールには焼杉を採用し、日本らしい落ち着きのある意匠に。さらにレクサスが特注した最高品質のアルカンターラを運転席や天井、ステアリングに採用しています。その他にもリサイクル金属をドアトリムに採用するなど、再生素材も取り入れることで環境への配慮にもこだわっています。

ヘッドアップディスプレイはステアリングスイッチと連携しており、運転への集中を妨げることなくオーディオやナビゲーションシステムへのアクセスを可能としています。航空機のファーストクラスにインスパイアされたLF-30 Electrifiedの助手席には、ジェスチャーコントロール機能対応のディスプレイを設置し、多彩な情報が得られるようになっています。

LF-30 Electrifiedの天井に搭載されるグラスルーフLF-30 Electrifiedの天井に搭載されるグラスルーフ

後部座席にはリラクゼーション・リクライニング・アラートといった多彩な機能を設定。アルカンターラ特注の素材を使用したシートは人口筋技術を応用し、乗員の体型にしっかりフィットする構造となっています。ディスプレイウインドウ「スカイゲート」を搭載したグラスルーフは、ジェスチャーや音声による操作でナビゲーションや星空の映像を映すことができます。

LF-30 Electrifiedのサウンド空間は、ハイエンドカーサウンドシステムのパイオニアであるマークレビンソンが設計。ヘッドレスト内臓のスピーカーはノイズキャンセリング機能つきで、車内の静粛性を大幅にアップしています。

LF-30 ElectrifiedはLexus Advanced Posture Controlなどの先進技術を投入

Lexus Advanced Posture  ControlLF-30 Electrified に搭載されるLexus Advanced Posture Control

レクサスLF-30 Electrifiedには、どんな路面状況でも安定した走りを実現する車両運動制御技術「Lexus Advanced Posture Control」を採用しています。ステアバイワイヤ技術を導入し、ステアリングフィールの向上も実現しています。

また、LF-30 Electrifiedは「ショーファー(自動運転)」と「ガーディアン(高度安全運転支援)」を備える最新の運転支援機能を搭載。家の駐車場から玄関までの自動運転迎車機能、自動駐車機能も利用可能で、ハイレベルな利便性を備えます。

車両搭載のAIシステムでは、個人端末「コントロールキー」や音声認識によってオーディオや室温などの調整を行ったり、ナビゲーションシステムの操作ができます。
専用アシスタント「Lexus Airporter」はドローン技術を応用したもので、玄関と車両までの荷物の自動運搬を可能としています。

LF-30 Electrifiedの充電方法にはワイヤレス充電技術を採用。電力の配分や充電制御といったエネルギーマネジメントを行うAIも搭載し、毎日の充電作業をより簡単なものに進化させています。

LF-30 Electrified に次ぐ2019年11月発表のレクサスブランド初の電動モデルに期待!

東京モーターショー2019で登場したLF-30 Electrifiedは、LEXUSの今後のEVモデルの象徴ともいえる一台です。車両運動制御技術「Lexus Advanced Posture Control」や最先端の自動運転技術を投入するほか、それらの先進性を思わせる未来的なエクステリア・インテリアデザインも魅力があります。

レクサスでは今後、LF-30 Electrifiedに搭載した「Lexus Advanced Posture Control」を、ハイブリッドモデルや発売予定のEVモデルに順次採用していく見込みとのこと。2019年11月にはレクサスブランド初のEVを発表、2020年前半にはPHVやEV専用モデルを発売するとも明かしており、EV市場におけるレクサスの今後の動向から目が離せません。