レクサスESのフルモデルチェンジ

レクサスESフルモデルチェンジ 世界初デジタルアウターミラーを設定し2018年10月24日に日本発売

レクサスESがフルモデルチェンジします。北京モーターショー2018で世界初公開された新型ESは2018年10月24日に日本に導入します。新型ESのエクステリア、インテリア、パワートレインなどを具体的に解説します。上質な快適性をさらに進化させた待望のレクサス新型車の日本デビューに期待しましょう。

レクサスESフルモデルチェンジ 世界初デジタルアウターミラーを設定し2018年10月24日に日本発売

レクサスESがフルモデルチェンジ!2018年10月24日に日本市場へ投入

レクサスが誕生した1989年からフラッグシップセダンのLSと共にレクサスブランドを牽引してきた「ES」がフルモデルチェンジに合わせて遂に日本市場に投入されます。
日本市場ではウィンダムが販売されていたため、ベースを同じとするESは長らく海外専売車になっていました。

日本でも長らくESの販売を求める声がありましたが、待望の日本上陸になりました。
2018年4月25日から開催されている北京モーターショーで世界初公開された新型ESのエクステリアやインテリア、パワートレインなどをフルモデルチェンジで進化した新型ESを紹介します。

レクサスの新型ESの日本発表・発売は2018年10月24日でグレードはハイブリッドモデルの「ES300h」のみ 販売価格は5,800,000円から

新型ESは2018年秋に導入予定と公式発表されましたが、2018年10月24日に発表・発売されます。
レクサスから2018年10月下旬に発売されると公式発表がされていて、2018年末に発売を控える新型SUVのUXと発売を被らせないためには最適な時期と言えるかもしれません。

グレード構成は今まで考えられていた通りのベースグレード、ベースグレードの上位モデルのLパッケージ、内外装に専用パーツを装備したFスポーツの3つになります。ガソリンモデルはラインナップされず全てが最大出力218ps、燃費23.2km/Lの2.5Lのハイブリッドモデル「ES300h」になります。
駆動方式は2WDのFF駆動のみ設定され、レクサスの他のラインナップにあるようなAWDが設定されてないことに注意が必要です。

また新型ESの日本導入でレクサスGSが統合され廃止すると考えられていましたが、GSも継続販売します。
発表・発売が2018年10月24日で予約は9月中旬から始まっています。

また「ES300h」の各グレードの販売価格も判明しています。ベースモデルになる「ES300h」が5,800,000円から、「ES300h Fスポーツ」が6,290,000円から、最上位グレードになる「ES300h バージョンL」が6,980,000円からになっています。全てのグレードはFF駆動になっています。
レクサスで現在ラインナップしている新型ESよりも車格が上の「GS300h」の販売価格は6,164,000円からなので、最新装備満載の新型ESのお買い得感が際立つのではないでしょうか。

新型ESはサイドミラーにカメラシステムを使った「デジタルアウターミラー」を量産車で世界初設定

新型ESにはサイドミラーの位置にカメラを設置して車内モニターに映し出すデジタルアウターミラーを採用します。ドライバーから見て左右に搭載された車載モニターで後方を確認する驚きの技術は量産車では世界初搭載になります。

レクサス新型ESのデジタルアウターミラー外側の見え方量産車では世界初採用のデジタルアウターミラー 新型ESから始まり今後はレクサスの他の車種にも採用される可能性が高い

今までサイドミラーが付いていた位置にデジタルカメラ内装の小型ユニットが配置され車内のAピラー部にある5インチディスプレイに表示、夜間など周囲の状況により明るさを調整して雨にも影響を受けにくい構造にしています。

新型ESのデジタルアウターミラーの車内側の見え方新型ESのフロントピラー(Aピラー)の位置にある5インチモニターへ表示 夜間・雨天・寒暖差などあらゆる状況でも対応できる工夫がされている

冬など温度差が激しい時にカメラが曇るのを防止するためカメラにヒーターを内蔵するなど、天候を受けにくい工夫がされているので今までのサイドミラーと同等かそれ以上の使い勝手を実現しています。
またウインカーを操作したときや、バックするときのリバース連動機能が付いていてカメラで表示するエリアを自動的に拡大してくれる機能も嬉しいです。

デジタルアウターミラーによりボディに耳のように付いていたサイドミラーが小さくなり目立ちにくくなります。デジタルアウターミラーはこれまで技術的な問題やデザイン上の理由で賛否両論がありましたが、ついに新型ESにオプション設定されます。
デジタルアウターミラーのオプション価格は216,000円で最新技術をこの価格で体験できるならお買い得なオプションではないでしょうか。

他にもムーンルーフが全てのグレードで標準装備され後席シートにもリクライニング機能が付くなど、レクサスのフラッグシップセダンLSに並ぶ最新技術が搭載されているのが新型ESの特徴です。

レクサス新型ESが2018年9月に北米で販売開始!販売価格は3万9500ドルでハイブリッド燃費は18.7km/L

レクサス新型ESが2018年9月に北米(アメリカ)で販売される予定と発表されました。同時にハイブリッドモデルの詳細や販売価格、複合モードの燃費なども発表されたので紹介します。

2018年7月30日に発表されたのは新型ESのハイブリッドモデルとなる「ES300h」の詳細です。
ES300hにはレクサスでは4代目となる新世代のハイブリッドエンジンを搭載、2.5L直列4気筒と、ニッケル水素バッテリーで120mmサイズにコンパクト化されたハイブリッドシステムの組み合わせで最高出力215hpを発揮します。
トランスアクスルやパワーコントロールユニットも新たに開発されたものを採用してスポーツセダンらしい滑らかな加速とドライバーの操作にダイレクトに反応する操作感を追求したモデルです。

新型ESはEVを除く高級車では最も燃費に優れると高級車としていて、複合モードで18.7km/Lを達成しています。
気になるESのベース価格は北米で3万9500ドルと発表されました。日本円に換算すると約439万円となり、現在販売されているGSのガソリンモデルとハイブリッドモデルの差額が383,000円なので、新型ESのハイブリッドモデルはガソリンモデルから39万円ほど上乗せした約478万円から販売されると予想します。

米国仕様の新型ESは「セーフティシステム+2.0」を全てのグレードに標準装備

また米国で販売される新型ESにはレクサスの最新安全技術セーフティシステム+2.0が全グレードに標準装備されることが発表されました。この安全技術は今まで検知できなかった夜間の歩行者や、昼間の自転車も検知できるようにしたセーフティシステム+のアップグレード版です。

2.0の新たな機能では走行中に白線から逸脱しそうになった場合に警告、それでも白線から出る場合はステアリング操作を支援する機能を搭載しています。 全車速追従型のレーダークルーズコントロールの最中でも同様で、白線を逸脱しそうな場合はステアリング操作支援を支援してドライバーの負担を軽減し安全を確保します。
オールスピードレンジ・ダイナミックレーダークルーズコントロールにより、クルーズ中の加減速もスムーズになりユーザー満足度も向上しています。

センターメーターとHUD(ヘッドアップディスプレイ)に道路標識を表示するロードサインアシストにも対応し、レクサスのフラッグシップセダンのLSが搭載する安全技術と遜色のないレベルになっています。
新型ESの仕様は日本で導入されるESには適用されるのかはハッキリしませんが、そのまま導入される可能性は高いです。

最大12.3インチのマルチメディアモニターを装備!最新のコネクティビティも搭載

新型ESにはレクサスの最新コネクティビティ機能が搭載されます。レクサス初の「アップルカープレイ(Apple CarPlay)」や、アマゾンのAI音声アシスタント「アレクサ」にも対応していて、最大で12.3インチのマルチメディアモニターや第二世代のリモートタッチパッドコントロールからiPhoneやAndroidのスマートフォンを操作することも可能になっています。

また初年度無料の「Enform Remote」というアプリを使い、iOSやAndroidを搭載したスマートフォンでESのドアの開閉やエンジンのスタート・ストップを遠隔操作できます。
最新の機能満載の新型ESの日本仕様などうなるのか、2018年秋の日本上陸に期待しましょう。

2018年5月23日レクサスが新型ESの欧州仕様車を発表

レクサスが新型ESの欧州仕様車を発表しました。
注目は4世代目となる新型ハイブリッドエンジンの搭載です。

新型ESにはハイブリッドグレードの「ES300h」がラインナップされ、パワートレインには新開発の「2.5L 直列ガソリンエンジン+モーター」を採用します。
ガソリンエンジンとモーターの組み合わせにより最大出力218ps発揮、世界トップレベルの熱効率を達成することにより、運動性能と環境性能を両立するハイブリッドシステムです。

この新世代ハイブリッドエンジンは二次電池にニッケル水素をバッテリーを採用、高さ120mmのコンパクト設計し後席の下に配置することで、新型ESの軽量化と定住進化に貢献しています。

レクサスES欧州仕様車の発売日は2018年12月を予定しています。
今回レクサスが5月23日に発表したのは欧州仕様車で日本では仕様が異なる可能性があります。

エクステリアにはレクサス初の縦フィン形状スピンドルグリルを採用

新型ESのスピンドルグリル新型ESのスピンドルグリル 波紋のように連続する縦フィン形状が特徴

中国で行われた北京モーターショー2018でフルモデルチェンジしたレクサス新型ESがワールドプレミアされました。
ESはフラッグシップセダンのLSと共にレクサス創設期からラインナップされるモデルで、レクサスの「原点」とも言えるセダンです。
今回のフルモデルチェンジでも先にフルモデルチェンジを行ったLSに似ている部分が多々ありますが、大きな違いはデザインアイコンの「スピンドルグリル」になります。

LSと新型ESの比較左がレクサスLS 右がレクサス新型ES スピンドルグリルの形状が異なる

LSのスピンドルグリルはメッシュパターンを採用しているのに対して新型ESは縦に伸びる縦フィン形状を採用しています。またESはスピンドルグリルの左右の枠が上に伸びている形状に変更されLSと差別化されています。
レクサスで初めて採用された縦フィン形状のスピンドルグリルは新型ESのシャープなラインを強調する秀逸なデザインになっています。

新型ESのフロントビュー新型ESのフロントビュー 威厳を感じる堂々としたフロントマスク

新型ESのサイドビュー新型ESのサイドビュー Cピラーが傾斜して引き締まったシルエットに

新型ESのリヤビュー新型ESのリヤビュー立体感のあるL字が重なる

今回のフルモデルチェンジで日本でも販売されているカムリがベースになりました。
GA-Kプラットフォームを新たに採用し、重心が低いワイド&ローを強調するプロポーションになっています。

新型ESのヘッドライトLED3眼ヘッドライトを採用 アローヘッドの上にはシーケンシャルウインカー(流れるウインカー)を装備

SUVではRXやNX、セダンではLS、クーペではLCなどに採用しているLED3眼ヘッドライトを新型ESにも採用、立体構造で鋭くインパクトのある表情になっています。
ポジションランプとデイライトを兼ねるアローヘッドもヘッドライトと一体感があります。アローヘッドの上にはシーケンシャルウインカーも装備され華やかさも十分です。

新型ESのリヤコンビネーションランプ立体的なL字リヤコンビネーションランプ リヤスポイラーも大型になった

L字が3つ並んだリヤコンビネーションランプも奥行がある立体的な構造になっていて、レクサスらしい高級感が感じられます。
クラストップレベルの空力性能を目指したボディ形状をとっているため、リヤスポイラーも大きめで個性的なデザインが採用されています。

新型ESのアルミホイールホイールは全部で4種類

グレード体系は発表されていませんが、FスポーツやLパーケージ、ハイブリッドモデルで違うホイールが用意される予定です。
2018年秋の日本発売までには判明するので続報に期待しましょう。

レクサス新型ESのスペック
全長 4,975mm
全幅 1,865mm
全高 1,445mm
ホイールベース 2,870mm

レクサスESはフルモデルチェンジで「上質な快適性」のインテリアに進化

GA-Kプラットフォームを採用したことで「上質な快適性」が進化した新型ESのインテリアは細部まで作りこまれた美しい造形や、搭乗者全員が快適に過ごせる広い室内空間が特徴です。

新型ESのインストルメントパネル水平基調インパネを採用して空間の広がりを表現

新型ESのシート上質な仕上がりのシートは電動リクライニングを採用

レクサスの考える人間を中心に据える空間コンセプトが新型ESにも採用され、乗員全員が快適に過ごせる空間になっています。
コクピットはペダル配置やステアリング傾斜、シートのホールド性などドライバーが快適に運転できるよう徹底的に考えられています。

日本発売のESにも搭載が期待できるパワートレインに2.5L新型ハイブリッドエンジン

新型ESのハイブリッドエンジン新開発の2.5L直4ハイブリッドエンジン 世界最高レベルの熱効率を実現

新型ESに採用されるエンジンは2.5L直列4気筒のハイブリッドエンジンを採用します。
新開発のこのエンジンは世界最高レベルの熱効率を実現しているため、新型ESもクラストップの低燃費になるでしょう

トランスミッションやパワーコントロールユニットも新開発されているため、ダイレクトな加速感を楽しめます。
スポーツ走行を求めるドライバーも新型ESの走行フィールに期待できると思います。

レクサスESは予防安全技術は第2世代のレクサスセーフティシステム+(Lexus Safety System +)を採用

新型ESにはフラッグシップセダンLSにも搭載されている第2世代の安全技術Lexus Safety System +とLexus CoDriveを搭載します。
Lexus Safety System +は

  • 昼夜の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」
  • 全車速の「レーダークルーズコントロール」
  • ハイビーム照射をコントロールする「アダプティブハイビームシステム」
  • ヘッドアップディスプレイで道路標識を読み取る「ロードサインアシスト」

これらの機能を搭載しています。
また、Lexus CoDriveは2018年現在LSのみの搭載されている安全技術で、レーダークルーズコントロールの作動時にステアリング操作をして車線を維持します。レクサスの自動運転技術として注目される最先端の安全装備になります。

フルモデルチェンジした新型ESが2018年10月24日に日本上陸

日本初導入になるレクサス新型ESが2018年10月24日にいよいよ日本上陸を果たします。
スペックやグレード体系などは発表されていませんが、気になるデジタルアウターミラーの情報など続報が入り次第紹介します。
また新型ESの導入に伴い現在ラインナップされているGSがESに統合されるという噂もあるので、こちらも注目されています。