FCVファイン・コンフォート・ライド

次世代FCV仕様ファイン・コンフォート・ライド 次世代を担う燃料電池のミニバン

FCVのミニバン ファイン コンフォート ライドが第45回東京モーターショー2017で初公開されます。ダイヤモンド型に絞り込まれたシャープなエクステリア、自由なレイアウトが楽しめる画期的なインテリア、そして燃料電池FCVを搭載したJC08モード燃費1,000kmを達成する脅威の次世代コンセプトモデルとなっています。

次世代FCV仕様ファイン・コンフォート・ライド 次世代を担う燃料電池のミニバン

トヨタのFCV(燃料電池自動車)「ファイン コンフォート ライド」を紹介

10月25日から開催される第45回東京モーターショー2017に初出展されるトヨタの次世代FCV(燃料電池自動車)が「ファイン コンフォート ライド(Fine-Comfort-ride)」です。
トヨタはすでにMIRAIというFCV仕様車を世界に先駆けて市販しています。

世界がEVシフトする中、トヨタが20年以上も開発しているFCVの今後を占うに相応しい完成度を誇るのがファイン コンフォート ライドです。

ファイン コンフォート ライドのエクステリアやインテリア、ボディサイズなどの基本性能、FCVの今後の可能性や噂されるエスティマFCVについて考察します。

「新しいかたち」を実現した燃料電池ミニバンのエクステリア

新たなFCVコンセプトとして発表されたファイン コンフォート ライドはミニバン型の実用的なエスクテリアとなっています。

燃料電池自動車のためエンジンを積む必要も無く、スペースを自由に使った「プレミアムサルーンの新しいかたち」して提案されています。
フロントとリヤの前後左右を絞り、中央を膨らませたダイヤモンド型に造形されているため、2列目シートを広く快適な空間にし、空力性能を最大化することで走行性能は安定しています。

モーターをタイヤに内蔵するインホイールモーターを採用、タイヤの四隅やボディ下部をプロテクトすることで今まで以上の静粛性も手に入れています。

ファイン コンフォート ライドのフロントビュー

ファイン コンフォート ライドのサイドビュー

ファイン コンフォート ライドのリヤビュー

ドアが開いたファイン コンフォート ライド

ファイン コンフォート ライドのボディサイズはトヨタの車種で言えばエスティマとアルファードの中間に位置します。
後席はスライドドアとなっているので狭い駐車場でも乗り降りしやすい、使い勝手も考慮されたデザインとなっています。

Fine-Comfort Ride
全長 4,830mm
全幅 1,950mm
全高 1,650mm
ホイールベース 3,450mm
乗車人数 6名

「個の空間」を大切にしたインテリア

「Wearing Comforts(快適な空間に包まれる)」をテーマにしたインテリアは、快適性と未来感を兼ね備えた空間となっています。内装はエクステリアと同色のパープルカラーとなっていて、LEDライトが車内を彩ります。
シートアレンジを自由に変えられる「個の空間」を大切にしているため、2列目シートに乗車する方も快適に過ごせる工夫となっています。

運転席のインストルメントパネルやステアリングホイールには最新鋭のエージェント機能やタッチディスプレイを搭載し、ドライバーへ運転支援を行います。フロントガラスには特徴的な丸型ヘッドアップディスプレイも搭載されています。
フロントシートから2列目へのアクセスも考慮され「個×個のコミュニケーション空間」を提案しています。

ファイン コンフォート ライドの内装

自由にシートが動くファイン コンフォート ライド

シートが光るファイン コンフォート ライド

フラットシートになるファイン コンフォート ライド

ファイン コンフォート ライドのステアリングホイール