スペイドのモデルチェンジ

スペイドのフルモデルチェンジ情報 姉妹車ポルテとの統合は不可避?

スペイドのフルモデルチェンジはいつなのか、発売から2020年までのモデルライフの中での改良や特別仕様車について振り返ります。残念ながらスペイドは新型モデルが登場せずに一代限りで廃止となる可能性も高いです。スペイドの購入を検討中の方に、現行型の魅力と比較対象になりえる車種を紹介。

スペイドのフルモデルチェンジ情報 姉妹車ポルテとの統合は不可避?

スペイドはフルモデルチェンジせず一代限りで生産終了の可能性が高い?

2012年7月に登場したトヨタ・スペイドは、ラウムの後継車種で、2代目ポルテとは姉妹車関係にあたる小型トールワゴンです。

助手席側に1020mm×1250mmの大型電動スライドドアを標準装備している一方、運転席側は2枚のヒンジドアを採用している左右非対称の特徴的なレイアウト。子育て世帯やお年寄りにも優しい低床フラットフロアを採用しており、ファミリー層にも人気があります。

スペイドのフルモデルチェンジはいつ?改良&特別仕様車まとめ

現行型スペイドの改良や特別仕様車の変遷をまとめてみました。

年/月/日 内容
2012/7/23 スペイド発売
2014/4/1 特別仕様車「スペイドF"Jack"」発売
2015/7/1 一部改良
1.3Lエンジン搭載車は廃止
特別仕様車「スペイドF“Queen”」発売
2016/6/30 一部改良
特別仕様車「スペイドF“Queen II”」発売
2017/12/11 一部改良
特別仕様車「スペイドF“Queen III”」発売
2018/11/5 特別仕様車「スペイドF"Noble collection(ノーブルコレクション)"」発売
2019/7/3 一部改良
特別仕様車「スペイドF"Noble collection"」の新仕様モデルを再発売
2019/10/4 特別仕様車「スペイドF"GLAMPER(グランパー)"」発売

スペイドは2012年の発売から3年目以降は、ほぼ毎年のように一部改良と特別仕様車の販売が行われています。
一方で、発売から8年目に突入する2020年になってもフルモデルチェンジの話は聞こえてきません。

スペイドはトヨタ販売店の全店舗全車種販売でモデル廃止の可能性が高い

残念ながら、スペイドがフルモデルチェンジする可能性は低いと言わざるを得ないでしょう。
スペイドはがカローラ店とネッツ店販売車種、姉妹車ポルテはトヨタ店とトヨペット店販売車種として区別されてきました。

しかし、2020年5月以降は全販売店で全車種の取り扱いが基本となります。もともとは2025年に実施となっていたのですが、計画が大きく前倒しされました。

2020年以降、取り扱い販売店違いの姉妹車などは積極的に統合されていく見込みです。
ポルテは2004年に初代モデルが販売されており、いうならばスペイドの先輩です。ポルテ&スペイドの場合、スペイドはポルテに一本化される形でモデル廃止となる可能性が高いでしょう。

スペイドがフルモデルチェンジなしで生産終了の場合の後継モデルは?

スペイドがフルモデルチェンジせず生産終了となった場合、後継として新型車種が登場する可能性はほとんどありません。
スペイドの後継モデルのポジションとなるのは、ポルテ、タンク(&ルーミー)、シエンタなどでしょう。

ポルテ:スペイドを廃止して一本化!スペイドらしさは特別仕様車に期待

スペイドが生産終了となりポルテに一本化される場合、当然ポルテにはスペイドの後継モデルとしての役割を担うことも期待されます。

ポルテとスペイドはフロントマスクが大きく違い、ポルテが大きくて丸みのあるヘッドライトがかわいらしいのに対し、スペイドは男性も違和感なく乗れるようなスタイリッシュなルックスです。
ボディカラーも、ポルテはクリームベージュやアクアブルーなど淡い色が多いのに対し、スペイドはボルドーマイカメタリック(濃紫)やフレッシュグリーンマイカメタリックなどが存在します。

ブロンズマイカメタリックのポルテ黒いルーフが都会的でスタイリッシュなポルテ「F“Raffine」ブロンズマイカメタリック」

もっともポルテには、アウトドアテイストの「GLAMPER(グランパー)」や2トーンカラーの特別仕様車「F“Raffine(ラフィネ)」なども存在しており、これらは男性が乗っても違和感がありません。
スペイドがポルテに一本化された場合、ポルテからはよりスタイリッシュなデザインの特別仕様車が登場したり、新型へのフルモデルチェンジにはエクステリアが刷新されるでしょう。

タンク&ルーミー:スペイドより小さい両側スライドドアの小型トールワゴン

ルーミーのエクステリアルーミー ダイハツ・トールのOEM車でタンクの姉妹車

もし国内車種整理の影響で、スペイドだけでなく姉妹車ポルテもモデル廃止となる場合、トヨタ内での後継車種は「タンク」「ルーミー」が最も有力です。

タンク&ルーミーは2016年11月発売の小型トールワゴン。
スペイドよりボディサイズは小さく、エンジンも1.0L(ターボモデルあり)と明確にはスペイドより下のクラスに位置しますが、両側スライドドアを採用しており、乗降性の高さや多彩なシートアレンジがファミリー層に好評です。

スペイドとルーミーの比較(2020年モデルのスペック)
  スペイド(2WD・X) ルーミー(2WD・X)
エンジン総排気量 1,496cc 996cc
エンジン種類 直列4気筒DOHC 直列3気筒DOHC
全長 3,955mm 3,700mm
全幅 1,695 mm 1,670 mm
全高 1,690 mm 1,735 mm
最小回転半径 5.0m 4.6m
燃費(JCO8モード) 21.8km/L 24.6km/L
価格 1,862,300円 1,490,500円

なお、タンクとルーミーは販売店違いの姉妹車であり、ともにダイハツ・トールのOEMモデルです。今後、タンクとルーミーは一本化される可能性もあります。

シエンタ:スペイドより大きい7人乗り可能な小型ミニバン

シエンタのエクステリアシエンタ 7人乗りも可能な人気コンパクトミニバン

2015年に販売を開始した現行型2代目シエンタは、登録車の月間新車販売台数で常に上位をキープしているコンパクトミニバンの売れ筋モデルです。
「トヨタ最小ミニバン」のキャッチコピーがついており、全長は約4.2mm、全幅は1,695mmとギリギリ5ナンバーサイズを維持したうえで、両側スライドドアが採用されています。

シエンタは、ハイブリッドモデルや3列シート7人乗り仕様もラインアップしており、一般的にはスペイドより1ランク上のモデルと見なされます。

スペイドとシエンタの比較(2020年モデルのスペック)
  スペイド(2WD・X) シエンタ(G・7人乗り・ガソリン車2WD)
乗車定員 5名 7名
エンジン総排気量 1,496cc 1.496cc
エンジン種類 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC
全長 3,955mm 4,260mm
全幅 1,695 mm 1,695mm
全高 1,690 mm 1,675mm
車両重量 1,160kg 1,320kg
最小回転半径 5.0m 5.2m
燃費(JCO8モード) 21.8km/L 20.2km/L
価格 1,862,300円 2,058,100円〜

しかし、スペイドが生産終了になれば、少し奮発してシエンタへの乗り換えを検討するファミリー層も少なからず出てくるでしょう。人気車のため、リセールバリューも期待できる点がスペイドとの大きな違いでもあります。

スペイドの魅力を再考!フルモデルチェンジ前の現行型スペイドの特徴

新型モデルが登場しない恐れもあるトヨタ・スペイド。
タンク&ルーミー、シエンタなど、後継として活躍できそうな車種も多いですが、「スペイドだからこその魅力」をもう1度確認してみましょう。

1枚の大型スライドドアこそスペイド最大の特長

スペイドの助手席リフトアップ車大開口スライドドアの特徴を生かした福祉車両「スペイド助手席リフトアップシート車Aタイプ」

スペイド最大の特徴は、助手席側にある1枚の大開口スライドドアでしょう。スペイドは車椅子仕様など、トヨタのウェルキャブ(福祉車両)としても根強い人気を誇っています。加えて低床フラットフロアですから、助手席の乗り降りのしやすさは別格です。

1990年代のミニバンがそうだったように、子供の乗り降りのためならスライドドアは片側だけでも充分という声も意外によく聞きます。
そもそも1990年代のミニバンが片側スライドドアだったのは、剛性の問題もありましたが、「スライドドアは子供の飛び出しに気が付きにくい」と危険性が指摘されていたからです。

スペイドのようなコンパクトカーの場合、1人での買い物などの用途も多いはず。ヒンジドアを開けて後部座席にさっと買い物袋を置けるのはむしろメリットともいえます。

パワー不足を感じにくい必要十分なエンジン

利便性ばかりが取り上げられがちなコンパクトミニバン(プチバン)ですが、スペイドは1.5Lの直列4気筒エンジンを搭載しており、大型スライドドアを採用しているにもかかわらず車両重量は1.2t未満に抑えられています。
1.5Lの必要十分なスペイドのエンジンは、パワー不足を感じにくく、「走りを楽しむクルマ」ではないものの走行性能に大きな不満を感じる人は少数派でしょう。

なお、もともとは1.3Lエンジン搭載モデルもラインアップされていましたが、発売3年目の2015年に廃止、エンジンは1.5Lの新型「2NR-FKE」に換装されています。
スペイドの中古車を狙いたい人は、この点に留意してください。

スペイドは「ちょうどいい」が詰まった車!新型誕生なら安全装備の強化は間違いなし

スペイドは、走りがすごく良い、燃費がものすごく優秀、ものすごくたくさん荷物が詰めるなど、わかりやすい個性がある車ではありません。

しかし、やり過ぎないバランスの良さがスペイドの魅力でもあります。運転しやすく、乗り心地良く、室内の快適性も高い。天井に圧迫感はないけれど、背が高すぎるほどでもない。飽きのこないシンプルなデザイン。
左右非対称スタイルを楽しみながら、肩肘張らずに付き合える日常の相棒としては「ちょうどいい車」です。

もし仮に新型モデルが登場する場合でも、スペイドが急に個性的で独創的なクルマに生まれ変わることはないでしょう。基本はキープコンセプトで、予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」の内容を充実させるなど、「安全・安心なクルマ」として堅実な進化を遂げるはずです。