マツダ ビジョンクーペ

マツダの次世代ビジョンクーペは日本の美を表現したコンセプトカー

マツダのビジョンクーペが東京モーターショー2017で世界初公開されました。4ドアクーペのコンセプトカーである同車のスポーツカーなのに窮屈感がないインテリアや、日本の美意識の本質が詰まっている美しきエクステリアの特徴を紹介します。

マツダの次世代ビジョンクーペは日本の美を表現したコンセプトカー

マツダ ビジョンクーペが東京モーターショー2017で世界初公開

マツダは2017年10月25日からスタートした東京モーターショーで「マツダ 魁 CONCEPT (マツダ・カイ・コンセプト)」と「マツダ VISON COUPE(マツダ ビジョンクーペ)」の2台のコンセプトカーを世界初公開しました。

魁コンセプトは、マツダの次世代を担うコンパクトハッチバックコンパクトカーで次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」や深化した魂動デザインを採用します。一方のマツダ ビジョンクーペは圧倒的に美しいエクステリアが魅力的な、4ドアタイプのスポーツクーペです。車本来の走る歓びも追求する車であるマツダ ビジョンクーペの魅力を解説します。

マツダのFRクーペが2022年にデビューするとの噂が浮上

東京モーターショー2017で登場したヴィジョン・クーペコンセプトをベースとしたマツダの新型FRクーペが、2022年に登場するのではないかという情報が飛び込んできました。
マツダの新型FRクーペには、最高出力350psを発生する排気量3.0L 直列6気筒SKYACTIV-X(SPCI+マイルドハイブリッド)を搭載する可能性が高いとのこと。ボディサイズは全長4,750mm、全幅1,890mm、全高1,350mm程度で、価格帯は500~600万円となると見込まれています。

ビジョン・クーペには直列6気筒SKYACTIV-Xを搭載し、2020年市販化する?

2019年5月、マツダは2020年3月期からの「中期経営方針」で、直列6気筒SKYACTIV-Xの開発を明言しました。

この直列6気筒エンジンは、MAZDA6(旧車名アテンザ)への搭載が有力ですが、もう1つの搭載車種として新型車の登場が噂されています。その新型車がまさしく「ビジョン・クーペ」をもとにしたFRクーペです!

アテンザは2018年5月にマイナーチェンジを行い、2019年8月に車名を「MAZDA6」に変更したばかりです。フルモデルチェンジは2020年以降と予想されます。
2020年にビジョン・クーペの市販化モデルがMAZDA6より先にお披露目されることもあり得るでしょう。

ただし、次期型MAZDA6(旧車名アテンザ)に直列6気筒エンジンを積み、FRに変更し、ビジョン・クーペのデザインを踏襲する可能性もあり得ます。マツダの直列6気筒エンジンが誕生するのはほぼ確定路線ですが、この点は続報に期待しましょう。

なお、ビジョン・クーペにはロータリーエンジン搭載の噂がありましたが、「VISHION COUPEは2015年発表のRX-VISIONの進化系ではない」「ロータリー搭載予定はない」と発表時からマツダは説明しています。

ビジョン・クーペのエクステリアには日本の美意識の本質が詰まっています

マツダ ビジョンクーペのサイドビュー

ビジョン・クーペは4ドアタイプのスポーツカーです。独自のデザイン哲学を持ちながら普遍性を探るマツダ車のエクステリアは世界的に評価が高いです。

ビジョン・クーペは、デザインで日本の美意識の本質を突き詰める事をテーマとして掲げます。スポーツ車らしい美しさを追求した結果たどり着いたのが「引き算の美学」であり、クーペとしての魅力を最大限に高めるため、意図的にシンプルさを狙って疾走感が際立つワンモーションフォルムを採用します。
徹底的に無駄な部分が省かれたボディラインには絶対的な美しさとリズミカルな躍動感があります。

マツダ ビジョンクーペのフロントグリル

フロントグリルを中心としたフロントマスクにも、マツダの魂動デザインが更なる深みに達したかのように感じさせるエレガンスさがあります。ボディパーツの光沢感には人を引き付ける魅力があります。

マツダ ビジョンクーペのホイール

ビジョン・クーペのホイールは、他社のアルミホイールでカスタマイズする必要がないくらいに完成しきっています。等間隔に配置されながらも、1本1本が個性的で存在感のあるスポークが全体として規律的に組み合わせられる造形美には、日本に古来から続く和を以て貴しとなす的なニュアンスを察する事ができます。

ビジョン・クーペのインテリアには窮屈感がありません

マツダ ビジョンクーペのインパネ

スポーツカーの室内スペースは、走りの魅力や臨場感を高めるために多少の窮屈感がともないます。しかし、ビジョン・クーペでは、室内空間に立体の奥深さと前後方向に軸を取り入れることで室内スペースの窮屈感を解放させる事に成功しています。

マツダ ビジョンクーペのコクピット

ビジョン・クーペでは、インテリアでも和のテイストを取り入れます。シフトレバー周辺等を木目調のデザインで大胆に表現します。

インテリア空間のグランドデザインは、日本の伝統建築様式に見られる「間」の考え方を採用します。その考えを車の構造設計に活かす形で室内空間が作られます。インストルメントパネルとドアリム等の室内空間を構築するパーツ同士に「間」を取り入れることで心地のよい空間演出を施します。そうした、空間的演出も窮屈感が解消される理由の一つです。

マツダ ビジョンクーペは走る歓びを最大限に与えてくれる車

マツダは、これからの車づくりの具体的な目標として環境にも十分に配慮しながら、車本来の走る歓びを追求していくことで、ドライバーの心を元気にし、ユーザーの人生をハッピーにしていく事を掲げます。ビジョン・クーペはマツダが掲げる目標を実現する可能性を大いに秘めている車です!

人々に走る歓びを体感させてくれるだけではなくて、エクステリアで日本の美意識を感じさせてくれる魅力的な車であるマツダ ビジョンクーペは、東京モーターショー2017で直接目にする事が出来ます。