eKクロスの内装

新型eKクロスの内装はシックな黒×ネイビーで居心地の良い空間が広がる

MITSUBISHI新型eKクロスの内装をグレード間の装備差に触れつつ紹介します。新型eKクロスの内装は黒のインテリアカラーにネイビーのファブリックシートを標準装備。安全装備e-AssistやMI-PILOT(マイパイロット)など、先進機能も搭載しています。

新型eKクロスの内装はシックな黒×ネイビーで居心地の良い空間が広がる

MITSUBISHI新型eKクロスの内装を徹底解説!コックピットやシートはどうなってる?

2019年3月18日にデビューした新型eKクロスの内装を紹介します。軽SUVのeKクロスはeKワゴンの派生車種で、「THE CUTE BEAST」をコンセプトとして開発されました。力強さを感じさせるかっこいいビジュアルはもちろん、内装も質感の高いデザインで注目されています。

コックピット・シートデザイン・安全装備・ラゲッジルーム・おすすめの内装向け純正アクセサリーなどを中心に、三菱新型eKクロスの内装について詳しくまとめていきます。

現行型eKクロスのコックピットは先進性に満ちた快適な運転環境が完備される

新型ekクロスのコックピット新型eKクロスのT・G・Mのコックピット画像を比較(上からT・G・Mグレード)

黒を基調としつつ先進的なブルーを取り入れた新型eKクロスのコックピット。インパネ周りの操作もしやすく設定されていて、メーターも視認性が高いデザインとなっています。

新型ekクロスのメーカーオプションのコックピット質感アップに努めたMITSUBISHI eKクロスのメーカーオプション装着車のコックピット

こちらはメーカーオプションのブラック&タンの内装色を装着した新型eKクロス Tのコックピット画像です。インパネ周りはピアノブラック調の加飾で標準仕様と共通していますが、ダッシュボードやドアトリムにはシートと同様タンカラーを採用しています。

新型ekクロスのメーター

先進的な雰囲気が漂う新型eKクロスのメーター周り。メーターの間に配置されるマルチインフォメーションディスプレイは、さまざまな車両・走行情報をわかりやすくドライバーに知らせてくれます。

新型ekクロスのシフトレバー新型eKクロスはシフトレバーの操作感にもこだわっている

ドライバーにとってどの高さ・位置・角度が操作しやすいのか、新型eKクロスはシフトレバーのレイアウトにもとことんこだわっています。非力なドライバーでも軽い力で操作が可能です。

新型ekクロスのフルオートエアコンフルオートエアコンは新型eKクロスのMを除く全車に標準装備される

タッチパネル式のフルオートエアコンはG・Tの2グレードに標準装備されており、スマホを操作するような感覚で設定可能。操作音が鳴るので使いやすいのもポイントです。

新型ekクロスのアクセサリーソケットアクセサリーソケットは標準装備、ビルトインUSBポートはディーラーオプションで装着可能

スマートファンやタブレット端末の充電に便利なアクセサリーソケットはセンタートレイ付近に設置。新型eKクロス全車に標準装備されています。ディーラーオプションではビルトインUSBポートがラインナップしています。

三菱eKクロスのシート内装はおしゃれで飽きのこないデザイン

新型ekクロスのシート新型eKクロスに標準装備されるファブリックシートと、メーカーオプションの合皮×ファブリックのシート

新型三菱eKクロスには、標準装備としてカジュアルなファブリックシートがM・G・Tの全グレードに設定されています。上級グレードのGとTには合成皮革とファブリックのコンビシートがメーカーオプションで装備可能です。

新型ekクロスのシート生地シート生地をアップで見てみると細部までのこだわりが実感できる

標準設定のファブリックシートもシンプルでおしゃれですが、メーカーオプションのコンビシートは特に高級感があります。背もたれ部分のファブリックにあしらわれたラインが遊び心のあるデザインです。

新型ekクロスの二ールームリアシートの二ールームも余裕があるゆったり設計

大人が余裕で足を組めるほどのゆとりを持たせたリアシート。ロングドライブ中、どの席に座っても快適にeKクロスとの旅を楽しめます。

新型ekクロスのシートヒーター

また、シートヒーターはオプション扱いというケースも多いですが、新型eKクロスには全グレードに標準装備されています。冬場の寒い日のドライブも快適です。

新型eKクロスのラゲッジルームは積載性抜群でシートアレンジも多彩

新型ekクロスのテールゲート

新型eKクロスの荷室はテールゲートの地上高が低く作られており、荷物の積載がスムーズに行えます。2WD車にはラゲッジアンダーボックス、4WD車にはラゲッジフロアボードをそれぞれ設置しているので、高さのある荷物も載せられます。

新型ekクロスのラゲッジスペース

ラゲッジスペースの拡大も非常に簡単で、スライド操作はリアシートの肩口にあるレバーを引くだけ。後部座席は分割可倒式で多彩なシートアレンジを実現しています。

MITSUBISHI新型eKクロスの多彩な収納スペースをチェック

新型ekクロスのちょい置きスペース三菱新型eKクロスの運転席周りのちょい置きスペース

新型eKクロスは運転席周りの収納が充実しているのもポイントです。ドリンクホルダーやアッパーオープントレイなど多彩な収納スペースが確保されています。

新型ekクロスの大きめボックス三菱eKクロスの大きめボックスにはさまざまな小物を入れられる

大きめのボックスも充実していて、箱ティッシュやドリンク、重要書類などかさばるものもスマートに保管できます。助手席の足元には靴を置けるシートアンダートレイも設置されます。

MITSUBISHI新型eKクロスはベースモデルでも安全装備が充実している!ロングドライブアシスト機能も強化

三菱新型eKクロスの安全装備は、エントリーモデルであるMグレードを選んでも非常に充実したものとなっています。以下はeKクロス全車に装備される安全システムです。

  • イモビライザー
  • e-Assist
  • オートライトコントロール
  • フロント3点式ELR付シートベルト
  • リヤ3点式ELR付シートベルト
  • シートベルト非着用ウォーニング
  • ソナー(フロント×4、リヤ×4)

e-Assistは三菱独自の先進安全機能をパッケージ化したものです。車種により搭載される機能は異なりますが、新型eKクロスには「衝突被害軽減ブレーキシステム」「踏み間違い衝突防止アシスト」「車線逸脱警報システム・車線逸脱防止支援機能」「オートマチックハイビーム」が搭載されています。

新型ekクロスのマルチアラウンドモニターとデジタルルームミラー

G・Tに装備できるマルチアラウンドモニターとデジタルルームミラー。デジタルルームミラーは軽自動車では初採用となる

新型eKクロスのGとTには、マルチアラウンドモニターとデジタルルームミラーがセットになった先進安全パッケージがメーカーオプションで装着可能です。デジタルルームミラーにはマルチアラウンドモニターの映像を表示できます。

新型ekクロスのマイパイロット

また、MITSUBISHI新型eKクロスはパッケージメーカーオプションとして、ロングドライブをアシストする「MI-PILOT(マイパイロット)」が装着可能です。アダプティブクルーズコントロールと車線維持支援機能を搭載し、高速道路などを走行する際のドライバーの負担を減らしてくれます。

新型eKクロスの内装をドレスアップするおすすめの純正アクセサリー

新型ekクロスのガーニッシュセットドアスイッチパネルとエアアウトレットガーニッシュのセット

ドアスイッチパネルとエアアウトレットガーニッシュをセットで購入すると、単品購入よりもお得になります。

ドアスイッチパネルはホワイトパールとサンドイエローメタリックの2種類、エアアウトレットガーニッシュはピアノブラック・ホワイトパール・サンドイエローメタリックの3種類がラインナップしています。

新型ekクロスのインパネトレイマットインパネトレイマットはeKクロスのロゴ入りデザインを採用

インパネトレイを保護するシリコン製のトレイマット。車両アイコン入りドット柄とハニカム柄のいずれかを選択できます。

新型ekクロスのユーティリティマットパッケージレジャーシーンで活躍するユーティリティマットパッケージ

オールウェザーマット4点とラゲッジマットがセットになったお得なパッケージも用意されています。雨や雪の日、汚れを気にせずガシガシ使える便利なアイテムです。

三菱eKクロスの内装は質感の高いおしゃれなデザインと実用性を備える

三菱の新しい軽SUVモデルとして登場した新型eKクロスの内装は、外装のヤンチャな印象に反して品のある上質なデザインが採用されています。標準装備はシックなイメージですが、純正アクセサリーのインパネセットやメーカーオプションのプレミアムインテリアパッケージの装着でガラリと様変わりします。

その他にも、充実した安全装備や使いやすい荷室スペースなど、さまざまな魅力が詰め込まれている新型eKクロス。三菱の次世代モデルとして、若者を中心に多くのドライバーから愛される軽自動車となるでしょう。